LINEの友だちリストには、仲の良い友達や家族が並んでいます。一方、連絡を取らなくなった知り合いや、ほとんど読んでいない公式アカウントもありますね。「非表示」や「ブロック」で友だちを整理してもいいのですが、どちらもリストには残ります。

そこで、相手を自分のLINEから削除する方法を解説します。削除はやり方によって3通りの結果になりますが、完全に相手を削除する方法は「ブロックしてから削除」です。

LINEの友だちに対する「非表示」「ブロック」「削除」の違い

LINEの友だちリストから不要なアカウントを消すには、「削除」「非表示」「ブロック」の3種類の方法があります。

  • 非表示:友だちリストやトーク画面、タイムラインに表示しない
  • ブロック:相手からのトークや無料通話を受けない
  • 削除:友だちリストに表示せず、相手からの通話は通知のみ受信

「非表示」では友だち関係が解消されないので、相手からトークや通話が来ても変わりなく受けることができます。「ブロック」では、相手からの連絡を受けることはできません。「削除」は相手からのトークは受けられますが通話には出られません。「通話は出られなくて」と相手に断っておけば、削除したことは気づかれないかもしれません。

「友だちリストから削除」「非表示リストから削除」「ブロックリストから削除」の違い

LINEにおける「削除」は以前、友だちリストで「非表示」にして「非表示リストから削除」する方法、もしくは友だちリストで「ブロック」して「ブロックリストから削除」する方法の2種類でした。しかし現在は、友だちリストから直接「削除」を選択でき、その結果は「非表示リストから削除」した場合と同じになります。

友だちリストから削除
非表示リストから削除
ブロックリストから削除
トーク 自分も相手も送受信できる 相手は送信できる
自分は受信できない
ビデオ通話
音声通話
相手は発信できる
自分は着信通知のみで出れない
相手は発信できる
自分には着信しない
タイムライン 自分も相手も投稿を閲覧できる 相手は自分の投稿を閲覧できない

LINEで友だちを削除する方法

LINEで友だちを削除する方法には、「友だちリストから直接削除」、友だちリストで「非表示」にして「非表示リストから削除」、友だちリストで「ブロック」して「ブロックリストから削除」、の3つがあります。それぞれの手順を解説します。

友だちリストから直接削除する方法

友だちリストからダイレクトに削除する方法です。

  • LINEで友だちリストから友だちを削除する方法-1

    【1】ホーム画面の友だちリストで削除したいアカウントを長押しします

  • LINEで友だちリストから友だちを削除する方法-2

    【2】「削除」を選びます

  • LINEで友だちリストから友だちを削除する方法-3

    【3】確認画面で「削除」をタップします

非表示リストから削除する方法

友だちを非表示にしてから削除する方法です。削除後の動作は、友だちリストから直接削除した場合と同じです。

  • LINEで友だちを非表示にしてから削除する方法-1

    【1】ホーム画面の友だちリストで削除したいアカウントを長押しし、「非表示」をタップします

  • LINEで友だちを非表示にしてから削除する方法-2

    【2】確認画面が表示されるので「非表示」をタップします

  • LINEで友だちを非表示にしてから削除する方法-3

    【3】設定画面を開き、「友だち」をタップします

  • LINEで友だちを非表示にしてから削除する方法-4

    【4】「非表示リスト」をタップします

  • LINEで友だちを非表示にしてから削除する方法-5

    【5】削除したいアカウントの「編集」を押し、「削除」をタップします

ブロックリストから削除する方法

友だちをブロックしてから削除する方法です。相手を完全に削除したいときは、この方法を使います。

  • LINEで友だちをブロックしてから削除する方法-1

    【1】ホーム画面の友だちリストで削除したいアカウントを長押しして、「ブロック」を選びます

  • LINEで友だちをブロックしてから削除する方法-2

    【2】確認画面が表示されるので「ブロック」をタップします

  • LINEで友だちをブロックしてから削除する方法-3

    【3】ホーム画面右上の歯車アイコンから設定画面を開いて、「友だち」をタップ、友だち画面で「ブロックリスト」をタップします

  • LINEで友だちをブロックしてから削除する方法-4

    【4】削除したいアカウントをチェックして、「削除」をタップします

友だちをブロックしてから削除した場合、相手のアカウントがわからなくなります。もし、もう一度友だちになりたいときは、QRコードなどでアカウントを交換する必要があります。非表示リストや友だちリストから削除した場合は、相手に知られず、トークルームから友だちとして追加し直すことができます。

ブロックリストから削除したら、相手にバレる?

自分がブロックして削除したことを相手に知られる可能性が生じるのは、以下のようなときです。

  • (相手から自分に)送信したトークが既読にならない
  • (相手から自分に)かけた通話やビデオ通話に応答してもらえない
  • (相手が自分を)グループに招待すると招待待ちになる
  • (相手が自分を)グループに自動追加してもトークが既読にならない
  • (相手に)自分のタイムラインの投稿が流れてこない(プロフィールから公開投稿は見られる)
  • (相手から自分に)スタンプをプレゼントすることができない
  • (自分が相手に)アカウントを交換したいと申し出る

まとめ

「削除」とひと言でいっても、友だちリストから消したいのか、相手との交流を完全に断ちたいのかで選択すべき方法が異なります。「非表示にしてから削除」や「友だちリストから削除」ではLINEの整理にはなりますが、相手との交流は続きます。LINEでの交流をやめ、相手のアカウントも消したい場合は、「ブロックしてから削除」で対応しましょう。