Twitterには「位置情報」という、ツイートした位置を表示する機能があります。フォロワーに自分の今いる位置をアピールできる一方で、使い方を誤ると自宅や職場の場所を特定される危険性もはらみます。この記事では「位置情報」の活用方法と削除方法を紹介します。

Twitterの位置情報とは?

Twitterの位置情報はツイートを投稿した場所を示すものです。旅行先から投稿することで後々の思い出になったり、飲食店や美容院などが宣伝に利用することもあります。また、位置情報からツイートを検索することで、そのスポットでどのようなツイートが投稿されたかを見ることもできます。

  • Twitter、位置情報1

    Twitterでは、投稿時に位置情報を追加することができます

Twitterの初期設定は位置情報「オフ」

Twitterの位置情報機能は、なにも設定変更していなければオフになっています。つまり、自ら位置情報をオンに設定しなければ、知らないうちに位置情報を含んだツイートが投稿されることはありません。

位置情報をオンにすると何ができる?

位置情報をオンにすると、ツイートを投稿した場所の情報が付与されます。また、プロフィール欄にも位置情報を追加できます。位置情報から検索を行えば、「その場所でどんなツイートが投稿されているか」を調べるのに役立ちます。たとえば、予定している旅行先周辺の投稿を検索すれば下調べができます。位置情報を元にした検索は記事の後半で解説します。

  • Twitter、プロフィールに位置情報

    プロフィール欄にも位置情報を追加できます

ツイートの位置情報から個人情報がバレる?

位置情報に表示されるのは、基本的に「大まかな位置情報」です。市区町村名までは表示されますが、それより詳細には表示されません。それでもツイートする内容に注意すべきケースが二つあります。

一つは、「大まかな位置情報」と他のツイートや投稿した写真の内容を組み合わせることで、自宅や職場の場所、生活圏などの個人情報が割り出されてしまうケース。もうひとつは、お店や施設、公園などピンポイントな位置情報を手動で付与する場合です。自分の身を守る意味でも、位置情報の扱いには注意しましょう。

【iPhone/Android共通】Twitterの投稿に位置情報を追加する方法

ここではツイートに位置情報を付与する方法を紹介します。今回はAndroidスマホを使用していますが、iPhone(iOS)版のTwitterアプリで位置情報を追加する手順も同様です。

  • Twitter、iPhone/Androidスマホで位置情報を追加する方法1

    【1】Twitterでツイート文を入力し、位置情報アイコンをタップします

  • Twitter、iPhone/Androidスマホで位置情報を追加する方法2

    【2】「正確な位置情報」についての確認画面が表示されます。「OK」をタップします

  • Twitter、iPhone/Androidスマホで位置情報を追加する方法3

    【3】デバイスへの位置情報のアクセスを許可すると、ツイートに追加する位置情報を選べるようになります。一番上にある「東京 千代田区」のような位置情報が、前述した「大まかな位置情報」にあたります

  • Twitter、iPhone/Androidスマホで位置情報を追加する方法4

    【4】ツイートに位置情報が追加されました

PC版のTwitterで位置情報は付与できる?

かつてはPCからも位置情報をつけたツイートを投稿できましたが、2021年5月現在は不可になっています。ツイートに位置情報を追加する機能のオン/オフだけであれば、PC版(ブラウザ版)のTwitterからも設定できますが、編集部で試したところPCからのツイートに位置情報は追加されていませんでした。位置情報をつけたツイートの閲覧は可能で、位置情報からのツイート検索も行えます。

Twitterの位置情報をオフにする方法

プライバシーの観点などから自分のツイートに位置情報を付与したくないときには、iOSやAndoird OSの「設定」から位置情報機能をオフにするのが確実です。設定方法はiPhoneとAndroidスマホとで異なるので、それぞれの手順を紹介します。この設定によって位置情報が利用できなくなるのは、自分の新規ツイートに対してです。過去のツイートや他ユーザーのツイートに付与された位置情報は有効です。

【iPhone】Twitterの位置情報をオフにする方法

iPhone(iOS)で新規ツイートに位置情報を付加しない設定方法を説明します。

  • iPhone(iOS)でTwitterの位置情報を無効にする方法1

    【1】iPhoneの「設定」画面を開き、下にスクロールして「Twitter」をタップします

  • iPhone(iOS)でTwitterの位置情報を無効にする方法2

    【2】Twitterアプリ管理画面で「位置情報」をタップします

  • iPhone(iOS)でTwitterの位置情報を無効にする方法3

    【3】「なし」をタップすると、ツイートに位置情報が付与されなくなります

【Android】Twitterの位置情報をオフにする方法

Androidスマホで新規ツイートに位置情報を付加しない設定方法を説明します。

  • AndroidでTwitterの位置情報を無効にする方法1

    【1】Androidの「設定」画面を開き、「アプリと通知」から「Twitter」アプリをタップします

  • @AndroidでTwitterの位置情報を無効にする方法2

    【2】Twitterのアプリ情報から「権限」をタップします

  • AndroidでTwitterの位置情報を無効にする方法3

    【3】「位置情報」の項目をタップすると、「位置情報の権限」ページが出ます。「許可しない」をタップして設定完了です

過去ツイートの位置情報を一括削除する方法

過去に投稿した位置情報ツイートを一括削除する方法を紹介します。ただし、この設定変更が行えるのはWebブラウザ版のTwitterからのみ。iPhoneやAndroidのTwitterアプリからは一括削除ができません。

  • 過去ツイートの位置情報を一括削除する方法1

    【1】PCのWebブラウザでは画面左側の「もっと見る」から、スマホのWebブラウザでは画面左上にある自分のアイコン画像から、「設定とプライバシー」→①「プライバシーとセキュリティ」→②「位置情報」に進みます

  • 過去ツイートの位置情報を一括削除する方法2

    【2】「ツイートに位置情報を追加する」をクリックします

  • 過去ツイートの位置情報を一括削除する方法3

    【3】「ツイートに追加された位置情報をすべて削除する」をクリックして完了です

  • 位置情報削除4

    【4】過去ツイートした位置情報が削除されたことが確認できました

投稿した個別のツイートから位置情報のみ削除することは可能?

モバイルアプリからも、PCからも、位置情報のついた個別のツイートを選んで削除することは現時点ではできません。位置情報の一括削除はしたくないものの「特定のツイートの位置情報はどうしても削除したい」という場合は、自身のタイムラインをさかのぼり、位置情報のついたツイート自体を個別に削除しましょう。