iPhone 7以降の機種は防水対応

現在利用されているiPhoneの多く(iPhone 7以降の機種)は、防水性能を備えています。スマホの防水性は本体の設計や素材によるところが多いため、後付けで防水性能を持たせることはできません。iPhoneを袋状の容器に密閉する「防水ケース」も販売されていますが、iPhone本体のみで防水性を実現したい場合は、iPhone 7シリーズ以降の機種に買い換える必要があります。

そのとき確認したいのが「保護等級」です。ここでいう保護等級とは、機器内部をホコリや砂などから守る「防塵性能」と、水分から守る「防水性能」を数値で表したものです。iPhone 7以降の機種は「IP67」あるいは「IP68」の保護等級に対応しており、高い防塵防水性能を備えているといえます。

  • 水に濡れたiPhone 7 Plus

    7シリーズ以降のiPhoneには防水性能があります

iPhoneの防水性能一覧

機種 保護等級 耐えられる水深、時間
iPhone 13シリーズ IP68 深さ6mまで、最長30分間
iPhone 12シリーズ IP68 深さ6mまで、最長30分間
iPhone 11 Pro / 11 Pro Max IP68 深さ4mまで、最長30分間
iPhone 11 / XS / XS Max IP68 深さ2mまで、最長30分間
iPhone SE 第2世代 / X / XR / 8シリーズ / 7シリーズ IP67 深さ1mまで、最長30分間
iPhone 6シリーズ以前 非対応 非対応

防塵防水規格「IP●●」とは?

「IP」から始まる文字列は、IEC(国際電気標準会議)によって世界標準規格となったハードウェアの外側に関する保護等級を意味します。IPに続く数値の1桁目は防塵性能レベル、2桁目は防水性能レベルを意味し、防塵・防水どちらかのみを表示する場合は「X」でもう一方を省略します。

たとえば、「IPX8」は防水性能のみを表し、その保護等級は8。「IP7X」は防塵性能のみで、その保護等級は7、と読み取ることができます。iPhone 12シリーズの「IP68」は防塵性能が6、防水性能が8という意味です。

防塵性能レベルは6が最大、防水性能レベルは8が最大と定められているので、iPhone 11シリーズ以降の「IP68」は最高水準の防塵防水性能を持つといえます。そのうえ、深さ6mまで/最長30分間に耐えられるなど、規格で定めた水準を超えるほど高性能になっています。

  • IP68を例とした防塵・防水性能の読み取りかた

    防塵・防水性能の読み取りかた

防水保護等級の性能レベル(IPX●)

性能レベル 防水性能
0 特に保護なし
1 鉛直に落下する水滴から保護される
2 15度以内で傾斜させても鉛直に落下する水滴から保護される
3 鉛直から60度の範囲で落下する水滴から保護される
4 あらゆる方向から水の飛沫を受けても有害な影響がない
5 あらゆる方向から噴流水を受けても有害な影響がない
6 あらゆる方向から強い噴流水を受けても有害な影響がない
7 約30分、1メートル程度の深さに水没させても有害な影響がない
8 継続して水中で使用(潜水)しても有害な影響がない

防塵保護等級の性能レベル(IP●X)

性能レベル 防塵性能
0 特に保護なし
1 手の接近からの保護(直径50mm以上の固形物が侵入しない)
2 指の接近からの保護(直径12mm以上の固形物が侵入しない)
3 工具の先端からの保護(直径2.5mm以上の固形物が侵入しない)
4 ワイヤーなどからの保護(直径1mm以上の固形物が侵入しない)
5 粉塵からの保護(機器の安全を損なう量の粉塵が侵入しない)
6 完全な防塵機構(粉塵の侵入が完全に防護)

iPhoneをお風呂で使っても平気?

では、防水性能を持つiPhoneであれば、お風呂で使っても大丈夫なのでしょうか。防水性能のテストは「常温(5~35℃)」の「真水」で行われますが、湯船やシャワーのお湯は40度前後で常温とはいえず、シャンプーや入浴剤などの成分が混じると真水ではありません。耐水性能は充電ケーブルの接続まで考慮していないうえ、Lightningポートに石けんなどが付着すると、浴室から出て乾燥させたあとでも問題が生じる可能性があります。

Appleはサポートページに「iPhoneやiPodが液体により損傷した場合、その修理はApple製品1年限定保証の対象になりません」と明記しています。わずかな時間使ったところで即故障とはならないものの、IPX8以上の高い防水性能があるからといってiPhoneをお風呂で利用すべきではないでしょう。

  • スマホを持って入浴するイメージ写真

    iPhone 7以降の機種でも、お風呂で使用してまったく問題ないという保証はありません

iPhoneが濡れたときの対処法

iPhoneが濡れてしまった場合は、柔らかい布などで拭き取りましょう。水以外の液体が付着してしまった場合は、その部分を水道水ですすいでから拭き取ればOKです。そのまま自然乾燥させれば、ふだんどおりに利用できます。急いで乾燥させたい場合は、風通しのよい場所に置くか扇風機をあてる程度にとどめ、ドライヤーの熱風をあてるのは避けましょう。

水没させたなどLightningポートに水分が付着したことが確実な場合は、ショートなどの事故でiPhoneを破損させてしまう可能性があるため、完全に乾くまでケーブルでの充電は厳禁です。ワイヤレス充電はボディに付いた水分をしっかり拭き取れば、すぐに充電を開始できます。

iPhoneのLightningポートの内側には、水などの液体と触れたかどうかを判定 するための液体浸入インジケータが装備されています。「充電はできません」という警告ダイアログが表示された場合は、ケーブル類をすべて取り外し、最低でも5時間以上は充電を避けましょう。

  • Lightningポートの内側から水分が検出されると、このような警告ダイアログが表示されます