制約の中、東京ビッグサイトで開催

Maker Faire Tokyoは例年8月に開催され、多くの参加者でにぎわう「作りたい人(Maker:メイカー)のお祭り」です。2020年は東京オリンピックに伴う東京ビッグサイトの利用不可によって、10月に延期されていました。ところが、新型コロナウイルスの影響によって東京オリンピックは延期、5月に予定されていたMaker Faire Kyoto(京都)は中止となってしまいました。

東京はどうなる? と思っていたのですが、色々と制約があったものの、10月3日・4日の2日間、無事に開催されました。ただしコロナ禍が続く中でのMaker Faire Tokyo 2020なので、色々な制約がありました。「密」を避ける意味で各種ワークショップはなし、人気のプログラミングカフェやミニチュアカーを作る大人気企画の「Nerdy Derby」がなくなってしまいました。

一般来場も当日券なしで前売り券のみ。前売り券も入場時間制限あり。事前に「氏名、携帯電話番号、メールアドレスの登録」が必須(登録終了画面をスタッフに見せる必要があります)。そして入場時に検温もあります。会場はソーシャルディスタンスに配慮してスペースを広めに確保。来場者数は例年より大幅に減っていると思いますが、それでも開催にこぎつけるまでには多くの苦労があったことでしょう。

  • 前売り券のみで当日券なし。東京ビッグサイトの会議棟にローソンがあるので、売り切れでない限り、東京ビッグサイトに到着してから前売り券を買えました。入場前に名前、携帯電話番号、メールアドレスを登録し、入場時に検温する必要があります

  • 10月3日15時ごろの会場内。例年からするとゆったりしています

CPUを作る!

以前から、リレーやダイオードでプロセッサを作った人はいましたが、LSIを発注して作っちゃいましたというのが「MakeLSI」です。RISC-VというCPUの縮小版を設計して、外部発注とはいえ作ってもらったというチップを展示、LEDを点滅させる「Lチカ」を実演していました(Lチカはテストの定番です)。

聞いたところ、トランジスタ数は3,000くらいとのこと。世界初のマイクロプロセッサ(i4004)よりも大規模です。ちょっと驚いたのは「10日ほど前にチップが届いたので、急ぎ手作業でチップからワイヤー配線をした」そうです。

  • 自作LSIの設計図。0.6umルールで作成し、チップサイズは1.49×1.24mmだそうです

  • 届いたLSIを基板上に取り付けて、LEDを点滅させる「Lチカ」を実行。基板とチップの接続は手作業!

ミニアーケードゲーム機は「裏」で合法性をアピール

「古いゲームを昔のゲーム機風にする」という試みは以前からされていましたが、どうしてもエミュレーター実行になってしまい、著作権法上グレーなものでした(エミュレーターは問題ないとしても、ゲームのコピー問題が発生し、個人では解決が困難)。これを見事に解決したのが「mono2qryの部屋」です。

表から見ると普通のミニアーケード風筺体ですが、裏に回るとメガドライブやPlayStation Classicが張り付いています。つまり、これらの正当なゲーム機を改造して卓上ゲーム機に仕立て上げているわけです。

  • ずらりと並ぶ卓上ゲーム機。この類は著作権法上いろいろとグレーなところがあるのですが……

  • 裏を見ると家庭用ゲーム機が! ディスプレイと公認製品を一体化することで解決しています

隣の「自宅ゲーセンプロジェクトミニ」では、卓上小型筺体のゲーム機が展示されていました。テーブルサイズは小型ですが、コントローラーは普通の大きさですし、ゲームの説明シートも入っており、かつてゲーセンに並んでいた往年のテーブル型筐体の雰囲気がすごく出ています(スリットの入れ方や鍵もいい雰囲気)。サイドを見るとJAMMA標準のコネクタらしきものも出ており、担当者が離席中で詳しい話は聞けなかったのですが、中身も業務用基板っぽいです。

  • こちらは往年のテーブル型筐体を卓上サイズにしたもの。テーブル筺体で遊んだことがあるオジサンの目で見ても、かなり見事に再現しています

  • 横から見ると、テーブルの厚みやサイドにあるヒューズボックス、鍵といったように、かなりのこだわりを感じます

お米をAIで判定! 判定基準は? 「AIが判定しているので……」

今回は農業系Makerが少なかった中、直球勝負していたのが「KETT AI研究会」。展示の1つは、瓶の中に玄米を入れて上から棒で突くという伝統的な方法で精米して、終了をセンサーで判断するというもの。玄米が突かれることで徐々にヌカが落ちて白米になるという原理上、白くなれば精米終了ですが、その勘と経験をセンサーの力で可視化します。

  • 一升瓶に玄米を入れて棒で突いて精米する昔ながらの方法は、電気がなくても精米できますが、これだと停電時ではダメですね

もう1つは、あらかじめ複数のコメを一粒ずつ撮影して特徴を機械学習しておき、サンプルを入れるとコメの品種を判断するというマシーン。

典型的な画像認識の応用例なので原理はわかりますが、エンジニアはコメのスペシャリストではないので「AIが(画像の)どこで品種の違いを判定しているかはわからない」と、正直に回答していました。ただ、多くのコメを学習させれば不良米の混入比率や品種指定米の正しさをある程度数値化できるので、コメ流通のどこに問題(偽装・混入)があったのかなど、調べることができるようになるかもしれません。

  • コメの判別装置。中央左にコメを入れてスタートすると、銀色の円盤が回転してスリットにコメを一粒ずつ入れて、上のカメラで撮影します

  • 事前に5種類のコメの形や色を学習しておき、全体から一番可能性の高いものを表示します。一粒ずつの判定もできるそうです

ワークショップがなくてもお笑い要素満点

デイリーポータルZは毎回「技術力の低い人限定ロボコン:ヘボコン」という人気コンテンツを引っさげてMaker Faireに参加しています。が、今回はワークショップなしということで、ヘボコンもありません。

でも、いつもの「クスっとさせる展示」がいくつかありました。個人的にツボにはまったのは「特大スクリーンの前でプレゼンをしている風画面」。大会場のステージで特大スクリーンをバックにプレゼンをしている様子を再現するというもの。

  • 海外の大きな発表会ではよくあるアレを、ディスプレイ上で体現。割と雰囲気出てます

  • 翌日はプレゼンター拡大表示の例も。これも大発表会でよくあるパターン

コロナ禍ならではの展示として、マスクで隠された顔をAIで補完するというものが。最適な画像をAIが選ぶ内容ですが、お笑い要素が入っているような気がします。

  • 来場者は全員マスク……ということで、マスク下の顔を自動判別しますが、どうも口がデカイ(笑)

  • 「AIで最適なものを表示しています!(説明員)」。うーん、昨日と結果が違うような……

そのほかいろいろ

連続した動きの物に対して周期的に光るストロボを当てたり、回転するスリットを通じて見ることで動きがあるように見えるゾートロープを、カメラアプリで実現したのが「パンタグラフ」。アプリはiOS上で公開されており、これを使うと自宅のシャワーや噴水で面白い映像体験ができるでしょう。

【動画】ターンテーブルで回っている作品を、専用アプリを通して見ることで、まったく違う見た目に。アプリはiOSのApp Storeで「StroboScopeApp」と検索する見つかります

今回は食品ネタも少なかった中でデモを披露していたのは、ロボットカフェを展示していた「山田カフェ」。缶コーヒーを紙コップに注ぐだけ……ですが、タブトップを開けるために使われていたのがまさかの「ハンマー」。確かに、汎用ロボットアームなどでタブトップを開ける力を得るのは難しいでしょう。かなりの力技でビックリしました。

【動画】「缶コーヒーを開けて注ぐだけ」なのに楽しい展示。映像からはわかりにくいのですが、キッチンカーに乗っているので出張可能のようです
(音声が流れます。ご注意ください)

「南部鉄器」で作られたギターエフェクターを出したのは「チームいわて」。肉厚が3mm~4mmという重厚感がたまらない作りと、表面の素朴さがすてきです。ケースだけ販売する形式がいいと思うのですが、状況によってかなり固くなって加工が難しいというお話でした(製品はすでに販売されているほか、ふるさと納税の返礼品にも採用されています)。

  • 展示されていたエフェクター。左から「IRON 808(TS Overdrive)」、「あられ(Overdrive)」、「しずく(Booster / Overdrive)」

海洋プラスチック問題に対して「食べられるもので作ればいいじゃないか?」という提案をしたのが、「プラゴミ? 究極食べたらいいじゃん Project」です。寒天と砂糖を固めたカップは少しモロくて改良の余地があるそうですが、海藻由来(アルギン酸ナトリウム)で作ったストローは、割と太めでタピオカストロー的なイメージです。

  • 食品で容器を作れば? ということで、まず寒天と炭水化物(砂糖)で作ってみたそうです。まだちょっとモロい感じです

  • アルギン酸ナトリウムで作ったストロー。サンプルは「タピオカストロー」っぽい太さでしたが、十分な硬さがありました。ちなみに、アルギン酸ナトリウムは人工イクラでも使われている素材です

プロジェクションマッピングを入れたゲームを作ったのは「Diorama Shooting」です。手前の(緑に見える)砲台や敵の動きがどこかで見たことがあると思ったら、ソニーのtoioにカバーを付けたものだそうです。弾や爆発はプロジェクター投影で表現していました。

  • 動くものを相手にプロジェクションマッピングをするのは難しいと思ったのですが、toioはベースの紙に特殊な模様が付いているので、比較的精度よく動かせます

スポンサー企業あれこれ

Maker Faire Tokyo 2020を支えているのはスポンサー企業です。Maker Faire Tokyoは、個人・グループのMakerで物販を行わなければ出展料は不要ですが、企業出展や物販出展の場合は費用がかかります。

大きなブースを設置できるスポンサー企業として出展するには一層の費用が必要。その出展料が、個人やグループのMaker出展や、Maker Faireの運営と発展につながっているのです。スポンサー企業は単に自社の製品をアピールするだけでなく、Makerの取り組みを手伝うような製品やサービスの紹介、特価販売も行っているので見逃せません。

2019年からプラチナスポンサーのベネッセは2020年も同様に、入場口から一番近いスペースにコンテストで選ばれた学校の展示発表スペースを設置。新型コロナウイルス感染症の拡大を予防する観点から、説明員の学生はすべてオンラインでした。

  • 事前コンテストによって選ばれた6校が会場で展示する「School Maker Faire」

  • 2020年は「全国の学校でがんばっている“意欲的な中高生Maker”と会場をオンラインでつなぐ」ということで、リモートプレゼン・Q&Aが随時可能になっていました

  • オンラインの説明員(学生)にはもちろん休憩時間も。ポスター展示だけでも楽しめました

そんなスポンサー企業、太陽インキ製造はMID(立体成型基板)のサンプルを展示。通常プリント基板は平面、フレキシブル基板でも曲げて利用する程度ですが、MIDは立体構造の基板に直接パターンを作る技術です。例として、ミニチュアカーとクリスマスツリーキットを展示しており、車の形をした樹脂に直接部品が載って動くというもの。MIDそのものは以前から提唱されていたのですが、現物を見たのは初めてでした。

  • 立体造形された樹脂の上にメッキを行うことで、基板にもなるというMID。ミニチュアカーの基板ができるまでの工程とともに、実際に動かしていました

  • 上の基板を組み立てて電池を入れると、光るツリーに

セメダインはMaker向けに接着剤をアピール。製作に欠かせない3Dプリンタは、本体の大きさによって作れる物のサイズが限定されますが、写真のバス模型は卓上の3Dプリンタでは作れない大きさ。セメダインは、分割して造形したものを接着剤で貼り合わせるといいとアピールしていました。

  • Makerがよく使うであろう樹脂に対して、最適な接着剤を紹介。写真の素材見本と小冊子を配布していました

  • 2020年は海洋堂が協力して大きな作品見本を展示。卓上の3Dプリンタ(大きなものが作れない)でも、複数の部品に分けて作って、接着剤で1つにして塗装したものです

Seeedは製品展示のに加えてガチャを実施。1から100の番号を付けた「Wio Terminal」のボタンを押すと、商品の画像が表示されるというもの。初日は一人2個まででしたが、1時間もたたずに完売。2日目は一人1個にして、20個ずつ時間限定で行っていましたが、かなりの人気を博していました。

ガチャに使ったWio Terminalは、いわゆる小型コンピュータの一種。小さな本体に2.4GHz帯と5GHz帯の無線LAN、ディスプレイを備えており、Raspberry Piほどのパワーはいらないけど、無乱LANと表示装置が欲しいという人にぴったり。Maker Faire Tokyo 2020でもこれを使った作品を展示しているところがありました。

  • Seeedガチャ。100個のWio Terminalが表示している番号(写真は朝イチに撮ったので全部選べる状態)を伝えると、スタッフがターミナルのボタンを押して、景品の写真が表示されます

  • 筆者の戦利品。Seeeduino XIAO(Arduino互換ボード)とWio Terminalという、いい感じのものが出てきました。作る時間が欲しい……目指せMaker Faire Tokyo出展!

以下、そのほかのスポンサー企業を写真で1枚ずつ紹介します。

  • アソビズムは開発用の教育ロボット「omochim」の体験会を実施。正面にカメラが付いており、マーカーの認識もできるという高機能

  • サイボウズは体験型の展示(居合切りとエンピツバトル)に加えて、さりげなくkintoneの知名度調査を実施中。アンケートはフットスイッチを踏むだけ

  • マクニカはSTEAM教育キットの紹介ですが、会場に説明員がおらず、オンラインで対応していました

  • ソニーはMESHの展示。新製品として充電台が出ていました。2020年の一般ブースではMESHよりもtoioのほうが人気のようでした

  • パナソニックのデザインスタジオ「FUTURE LIFE FACTORY」は、市販の電子部品や身の回りの素材で作れるデバイスのレシピ、「D+IO Product」を紹介。レシピはGitHubで公開されています

  • obnizは無線LANが入っており、インターネットと連携する「make」がしやすいCPUボード。使い方によっては乾電池で1年間動くという、「obniz Board 1Y」が新しく出ているので……買ってしまいました

  • スイッチサイエンスは物販を行っていましたが、説明ボードから用紙を取って精算するスタイルで「モノが目の前にある魔力」がやや薄かったのが残念。せめてパネルに現物が張り付けられていたらよかったのにと思います

***

ということで、Maker Faire Tokyo 2020は無事終了しました。2021年も東京オリンピックの関係で8月には開催できないと思いますが、現在、Maker Faire Tokyo 2021の開催日は発表されていません。

日本では、次のMaker Faireは「Ogaki Mini Maker Faire 2020」です(12月5日・6日の2日間、ソフトピアジャパン・センタービルで開催予定)。岐阜県大垣市で隔年開催されており、前回は140組以上のMakerが出展しています。今回は30組の出展に限定し、来場者も1時間ごとの入場指定というように、今回のMaker Faire Tokyo 2020以上の制限になるようです。