10月6日、iPhone/Apple Watchで「Apple PayのPASMO」が利用できるようになりました。iPhoneで実際に試しながら、使い方や機能を整理してみました。

  • Apple PayのPASMO

    「Apple PayのPASMO」をさっそく試した

PASMOはSuicaと同じく、全国で使える交通系電子マネーです。首都圏の私鉄、地下鉄、バス会社の連合体「PASMO協議会」の傘下にある株式会社パスモが発行しており、全国相互利用対象の鉄道やバスのほか、コンビニやレストランなど幅広い店舗で支払いに利用できます。

Apple PayにおけるPASMOとSuicaの違いは、PASMOは首都圏の私鉄の定期券を載せたり、私鉄系のクレジットカードでオートチャージができたりすること。一方でApple PayのPASMOは、Suicaグリーン券などのJR東日本のサービスは使えません。

  • Apple PayのPASMO

「Apple PayのPASMO」は、iOS 14.0以降がインストールされているiPhone 8以降、またはwatchOS 7.0以降がインストールされているApple Watch Series 3以降で利用できます。端末側でFace ID、Touch IDまたはパスコードの設定が必要なほか、Apple IDの2ファクタ認証の設定も必要です。

  • Apple PayのPASMO

    「Apple PayのPASMO」はiPhoneとApple Watchで利用できる

「Wallet」やPASMOアプリで発行。Suica併用、複数枚の使い分けも

Apple PayのPASMOは、iPhoneの標準アプリ「Wallet」、またはiPhone用のPASMOアプリから発行可能。どちらのアプリで登録しても違いはありません。

  • Apple PayのPASMO

    WalletアプリのPASMO

Walletアプリから新しいカードを発行すると、無記名式PASMOとして登録されます。初期残額は1,000円、2,000円、5,000円などから設定でき、発行時の手数料やデポジットは不要です。

  • Apple PayのPASMO
  • Apple PayのPASMO

    WalletアプリでApple PayのPASMOを登録する流れ。新規発行すると、無記名PASMOになる

PASMOアプリから発行する場合、記名式PASMOやPASMO定期券として発行可能です。Walletアプリで無記名式PASMOとして発行した場合も、PASMOアプリから記名式に変えられます。記名式PASMOにしておくと、紛失・盗難時にPASMOのコールセンターなどで再発行の対応ができるようになります。また、定期券を登録する場合は記名式PASMOと同じ扱いになります。

  • Apple PayのPASMO

    PASMOアプリのメイン画面

手持ちのプラスチックカードのPASMOがある場合は、iPhoneで読み込むと残高や定期券を引き継げます(※編注:クレジットカードとの一体型PASMOなど、移行できないPASMOカードもあります)。iPhoneで情報を読み込んだ後、プラスチックカードのPASMOは利用できなくなります。

なお、プラスチックカードのPASMOは購入時にデポジットとして500円を支払っていますが、Apple Payに読み込むと、デポジットが残高に上乗せされる形で返金されます。デポジットを受け取るために駅までカードを返却しに行く必要はありません。

一度Apple Payに登録したカードの情報は、プラスチックカードへ移し替えることはできません。たとえばPASMO定期券をApple Payに移した後でプラスチックカードに戻したくなった場合は、一度払い戻しをして別途購入し直す必要があります。

  • Apple PayのPASMO

    手持ちのカード型PASMOも、iPhoneで読み込んで移行できる

Apple Payは、同じiPhone/Apple Watch上で複数枚のカードを発行でき、最大の保持枚数は他のApple Payカードとあわせて8枚まで、iPhone 8/Apple Watch 3以降のモデルなら最大12枚までとなっています。Apple PayのPASMOも、iPhone/Apple Watchにそれぞれ複数枚のPASMOを設定でき、1つのApple IDに対し最大8枚まで発行可能。Apple PayのSuicaと同時に登録し、支払い方法を使い分けることもできます。

  • Apple PayのPASMO

    Apple Payは、同じiPhone/Apple Watch上でPASMOを含めて複数のカードを登録可能。Suicaとの併用もできる

複数枚のPASMOを発行した場合、それぞれにチャージ残額や定期券を管理できます。たとえば仕事用と小遣い用で使い分けたり、複数の路線の定期券を別々に登録することも可能です。

  • Apple PayのPASMO

    複数枚のPASMOを発行・登録したところ。右端に2枚目のPASMOが見える

ちなみに、同じiPhone上でSuicaとPASMOの両方のカードを導入すると、JR東日本のサービスが使えない「Apple PayのPASMO」の弱点を補えます。

たとえば、PASMOをメインカードとして定期券や乗車券として使いつつ、JR東日本の普通列車グリーン車に乗車するときは、Suicaアプリでグリーン券を購入するといった使い方が考えられます。Suicaアプリでグリーン券を購入するときはクレジットカード決済またはApple Payで支払いますので、Suicaに残高を入れておく必要はありません。

エクスプレスカード登録で「かざすだけ」決済

Apple PayにSuicaとPASMOを登録している場合、優先して使うカードを1枚選択できます。それが「エクスプレスカード」という仕組みです。エクスプレスカードに登録すると、画面をアンロックしたりWalletアプリを立ち上げて券面を表示せずに、「かざすだけ」で決済できるようになります。

  • Apple PayのPASMO

    エクスプレスカードの登録画面

「予備電力機能付きエクスプレスカード」対応のiPhoneなら、電池残量がなくなってしまっても、エクスプレスカードに登録した交通系カードだけはそのまま使えます。Apple PayのPASMOでは、最新バージョンのiOSを搭載したiPhone Xs以降の機種で使えます。

なお、エクスプレスカード以外の交通系ICは、使う際に他のApple Payカードと同じ手順で画面に表示する必要があります。

PASMOアプリでできること

Apple PayのPASMOはWalletアプリから発行して、そのまま使うこともできますが、PASMOアプリでは定期券の購入なども行えます。PASMOアプリの主な機能は以下の通り。

  • 私鉄定期券とバス定期券の発行
  • 残高と利用履歴の確認
  • オートチャージの登録(申込)
  • PASMO IDの確認
  • 「バス特」の利用状況確認
  • 定期券・PASMO本体の払い戻し
  • Apple PayのPASMO

    PASMOアプリでは定期券の購入などが行える

PASMOアプリでの支払いは、Apple Pay決済のほか、独自のクレジットカード決済システムを選択できます。Apple Payで交通系ICへのチャージ非対応となっているクレジットカードでも、PASMOアプリでは使える可能性があります。

PASMOアプリでは複数枚のPASMOにそれぞれニックネームを付けられます。たとえば、「通勤用のPASMO」と「コンビニ用のPASMO」など、用途毎に管理する場合に便利です。

PASMOにチャージする方法

Walletアプリから残額をチャージする場合、Apple Payに登録したクレジットカードが使えます。ただし、Visaブランドのカードではチャージできません。

PASMOアプリは、アプリ上で登録したクレジットカードからのチャージが可能で、Visaブランドのカードも利用できます。ただし、登録できるのは国内カード会社が発行した3Dセキュア対応カードに限られます。なお、PASMOアプリではApple Payによる決済にも対応します。

駅のモバイル対応チャージ機では、現金チャージが可能です。複数枚のSuica/PASMOを登録している場合、使うPASMOを前面に表示した状態で、チャージ機に触れる必要があります。バスやコンビニなどの決済端末でも、現金チャージが可能です。

Apple PayのPASMOのチャージ残額はカードタイプのPASMOと同様に、最大2万円までとなっています。

  • Apple PayのPASMO

    駅のモバイル対応チャージ機でiPhoneのPASMOに現金チャージすることもできる

PASMOアプリで定期券を発行する

鉄道・バスの定期券はPASMOアプリ上から発行できます。通勤定期券の場合、スムーズに購入できます。発行画面ではまず、対応する私鉄・地下鉄各社、バス事業者の一覧が表示されます。発行会社を選んで、経路を登録します。

定期券の経路はプラスチックカードと同様に、複数の鉄道会社をまたぐ経路が登録可能です。JR東日本の路線が含まれている場合も、PASMO対応の私鉄の駅が発着駅のどちらかに含まれていれば発行可能です。

経路設定が済むとPASMOアプリ上で支払い画面に移行し、Apple PayかPASMOアプリに登録したクレジットカードで決済できます。

  • Apple PayのPASMO

    定期券の購入手順。支払いにApple Payを使うとスムーズに進む

PASMOアプリでは通学定期券も購入できますが、発行条件が限られています。通学定期券は、利用者が大学・専門学校相当以上の学校に在籍する場合に、18歳を迎える年の4月1日以降に購入できます(小学生・中学生・高校生の通学定期券は購入不可)。アプリで購入する前に、サポートセンターで登録が必要です。その際、通学証明書と学生証のコピーを郵送する必要があります。詳細は通学定期券の購入方法のページをチェックしてください(執筆時点では電子データ送付での購入方法は記載されていません)。

「バス特」の特典をPASMOアプリでチェック

Apple PayのPASMOは、モバイルPASMOと同様に、関東圏のバス各社が展開する割引制度「バス特(バス利用特典サービス)」が利用できます。登録などは不要で、一定回数バスに乗車すると、次回の乗車時に自動で値引きされるチケットが付与されます。

バス特自体はモバイルSuicaなども対象の制度ですが、モバイルSuicaのiPhoneアプリには、バス特で「あと何回乗れば割引チケットが付くのか」を確認する方法がありません。Apple PayのPASMOやモバイルPASMOでは、バス特のポイント・チケット情報を確認できるページが用意されています。

オートチャージには私鉄系クレジットカードが必要

Apple PayのPASMOは、オートチャージ機能を設定できます。たとえば「PASMO残額が2,000円以下のときに、改札機で自動的に3,000円をチャージする」といったように、改札機を通る時の残額に応じて、クレジットカードから自動でチャージされます。オートチャージする条件や金額は、PASMOアプリで変更できます。

登録にはオートチャージ対応の私鉄系クレジットカードが必要です。申込手続き後にカード会社による審査が入るため、オートチャージ設定が完了するまで、約3週間かかります。

なお、すでにオートチャージを設定済みのカードタイプのPASMOを取り込んだ場合、新たな手続きをせずに、そのままオートチャージ機能を利用できます。

iPhone同士の機種変更なら、手軽にPASMOを引き継げる

iPhoneを機種変更したときは、同じApple IDでログインすれば、新しいiPhoneに残高や定期券情報ごとPASMOを移しかえることができます。Apple IDで手軽に移行できるのは、Apple Payならではの便利さといえます。

登録済みのiPhoneのWallet アプリから「このカードを削除」を選択すると、サーバーに情報が保存されます。同じApple IDを登録したiPhoneから、カードの新規登録の操作をすると、残額や定期券情報も含めて引き継ぎ可能です。

PASMO登録済みのiPhoneを初期化してしまった場合も、同じ操作で新しいiPhone上にPASMOを移し替えられます。

  • Apple PayのPASMO

    iPhoneからiPhoneへPASMOを移したいときは、Apple Payのカード情報から「このカードを削除」を選択。サーバー上にPASMOのデータが保存され、新しいiPhoneで同じApple IDでログインすると引き継ぎ操作ができる

AndroidからiPhoneへのPASMO引き継ぎは「一枚目だけ」

Androidで「モバイルPASMO」を利用している場合、「Apple PayのPASMO」へ切り替えることができます。ただし、Apple PayにすでにPASMOが登録されている場合には、切り替え操作はできません。

切り替えにはAndroid側とiPhone側、双方のPASMOアプリ上での操作が必要です。すでに登録している定期券情報やオートチャージの設定、バス特などの情報を引き継げます。

「Apple PayのPASMO」から「モバイルPASMO」には引き継げない

「Apple PayのPASMO」からAndroidの「モバイルPASMO」へデータを引き継ぐことはできません。iPhoneでPASMOを使っていて、Androidに機種変更することになった場合には、一度iPhone側で払い戻しの操作をして、新しいAndroid端末で改めて新規発行する必要があります。

同様に、Apple PayのPASMOからカードタイプのPASMOに移行することもできません。

払い戻しはPASMOアプリから

Apple PayのPASMOは、払い戻しが可能です。手続きはアプリ上で行います。チャージ残額は手数料を差し引いて銀行振り込みで払い戻されます。定期券の払い戻し額は鉄道会社の規約に応じて決まり、購入したクレジットカードに 返金されます。

なお、PASMO本体は払い戻しせず、定期券だけを払い戻すことも可能です。アプリ上で払戻額を確認できます。

  • Apple PayのPASMO

    払い戻し時に返金額を確認できる

iPhoneで普通に使えるPASMO。1日乗車券の販売にも期待

後発の「Apple PayのPASMO」ですが、使い勝手はApple PayのSuicaとほとんど同じ。すでにSuicaを使っているユーザーが移行するメリットは多くはありませんが、PASMOエリアの私鉄、バスユーザーにとっては定期券をiPhoneで使う貴重な手段になることでしょう。複数枚を登録できるため、JR東日本のSuica定期とバスのPASMO定期を併用できるのもポイントです。

使い勝手ではApple Payの便利なチャージシステムに対応し、チャージだけでなく定期券にも対応します。Apple PayがカバーしていないVisaブランドのクレジットカードもPASMOアプリでは利用できるなど、実用性の面でも配慮がみられます。

Apple PayのPASMO上で購入できるチケットは、現在のところ定期券のみですが、今後は1日乗車券の販売にも期待したいところです。2019年以来、カードタイプのPASMOで一日券のようなお得なきっぷが販売されるケースが増えてきました。たとえば東京メトロと都営地下鉄は、「Tokyo Subway Ticket」のカードPASMO対応版を販売しています。こうしたお得なきっぷをスマホで買ってそのまま使えるようになると、利便性はますます高まるでしょう。