9月23日から9月27日までの5日間開催された「TOKYO GAME SHOW 2020 ONLINE(東京ゲームショウ / TGS 2020)」。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、さまざまなゲーム関連企業・団体が、新作タイトルや新サービスの情報、ゲームを通じたコンテンツを動画で配信するオンライン形式での開催だ。配信チャンネルは、TGS公式に加え、セガ・アトラス、スクウェア・エニックス、カプコン、KONAMIの関連企業など多岐にわたった。

同時多発的に動画が配信されたこともあって、気になっていた番組を見逃してしまったり、知らないまま番組が終了してしまったりした人もいるのではないだろうか。だが、今回のTGS動画は多くがアーカイブされている。そのため、見逃してしまった番組があっても、まだコンテンツを楽しめるのだ。

スクウェア・エニックスの公式チャンネルでは、「SQUARE ENIX PRESENTS at TGS 2020 Online」と題し、24日から27日まで4日間、1時間前後のプログラムをいくつも用意した。そのなかには、例年オフライン会場で物販ブースを構えていた「SQUARE ENIX MUSIC」も参戦。TGS2020のために特別に収録した音楽番組を放送した。

音楽番組は何度聴いても楽しめるもの。アーカイブ動画としては、非常に相性がいいのではないだろうか。しかも、「SQUARE ENIX MUSIC」の音楽番組は、騒がしいオフライン会場のブースでは難しい音楽の解説や楽曲をかみしめる体験を提供してくれるものばかり。そこで、今回は「SQUARE ENIX PRESENTS at TGS 2020 Online」で放送された番組から、アーカイブで楽しみたいオススメ音楽番組をピックアップし、それぞれ簡単に内容を紹介する。

  • SQUARE ENIX MUSIC

    SQUARE ENIX MUSIC

FF9/10の音楽を専門的に解説する「ゲームさんぽ出張編」

「ゲームさんぽ TGS 出張編」では、「この曲ヤバい!なんかイイ!からの卒業 ゲーマーのための語彙力教室/ファイナルファンタジー×音楽評論家×ピアニスト」をテーマに、音楽専門家を招いて『FF9/10』の音楽について語った。

ゲームさんぽとは、「気象予報士・石原良純さんと行くゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」や「歩荷の人と背負うデス・ストランディング」など、さまざまな専門家とゲーム内をさんぽすることで、世界の見えかたの違いを考えるというゲーム実況動画シリーズ。専門家ならではの視点をゲームに加えることで、普通にプレイしているだけでは気づきにくい新しい発見を楽しめるのが魅力だ。

今回のゲームさんぽに出演したのは、「モーニング娘。」の元メンバーで、RPG『FINAL FANTASY』が大好きな高橋愛さんと、ゲーム大好きなお笑い芸人ヤマグチクエストさん、そして、音楽評論家の小沼純一さんと、ピアニストの角野隼斗(かてぃん)さんだ。

  • SQUARE ENIX MUSIC

    ゲームさんぽ TGS 出張編のワンシーン

動画では、高橋さんやヤマグチクエストさんの好きなゲーム楽曲をいくつかピックアップ。それぞれの音楽を観賞しながら、音楽専門家ならではの視点で、曲の解説を行った。

たとえば、高橋さんイチオシのFF9「クジャのテーマ」では、「クジャという中性的な色気のあるキャラクターにぴったりで、曲もどこか惑わされるような色気があるんです」と曲の魅力を力説すると、それに対して小沼さんが「コード進行の転調や半音動くことで、不安定さが助長されていますね」と専門的な解説を加える。

さらに、かてぃんさんが「転調は、盛り上げたい場面や落ち着きたい場面などで使うことが多いのですが、この曲はそういう目的ではなく、転調を繰り返すことで不安定さ表現しています」と実際にピアノを弾きながら教えてくれた。

「クジャのテーマ」のほかにも、NHKで実施された「全ファイナルファンタジー大投票」の音楽部門で1位を獲得したFF10の「ザナルカンドにて」や、同じくFF10の「シーモアの野望」などについて、専門家ならではの視点を交えて解説。どれも、あまり音楽に詳しくない人からすると、思わず「へぇ」と、うなってしまいそうな内容だ。

また、番組のラストでは、高橋さんがFF9の「Melodies Of Life」を歌うスペシャルライブを披露。かてぃんさんのピアノ演奏とともに、高橋さんの“FF愛”詰まった歌を聴ける機会は、おそらく「ゲームさんぽ TGS 出張編」以外にないだろう。

  • SQUARE ENIX MUSIC

    ゲームさんぽスペシャルライブの様子

ゲームさんぽ TGS 出張編

ゲーム好きピアニストが自ら厳選した楽曲を語り、奏でる

「ピアニスト清塚信也が奏でるゲーム音楽の世界」では、ゲーム好きで知られるピアニストの清塚信也さんと、eスポーツ実況で活躍するゲーム好きアナウンサーの平岩康佑さんが、ゲームの音楽を語った。

番組では、清塚さんが「音楽が最高なスクエニ作品」として、『FINAL FANTASY 7』『NieR:Automata』『サガ』シリーズをチョイス。楽曲の音楽的要素を紐解いていきながら、生演奏を披露する。

  • SQUARE ENIX MUSIC

    ピアニストの清塚信也さん(左)と、アナウンサーの平岩康佑さん(右)

上で紹介した「ゲームさんぽ」同様、ピアニストの視点で語られるゲーム音楽の魅力がおもしろい。しかも、清塚さんは自分でもゲームをプレイしているため、「FF7のテーマは、ミファソレドと音階が続き、一度音が上がってから下がる緩やかな放物線を描きます。これが山や丘の形をしており、広さ・大きさを表すのに適している。初代FF7で初めてこの曲を聴けるのは、フィールドに出たときです。実際、世界がドーンと広がったでしょ。さらに、このなかに明るい和音と悲しい和音が続くことで、期待と解放感とともに、クラウドたちの先に待ち受ける不安を集約しているんです」と、FF7のシーンとともに解説してくれる。この話と音楽で、当時の映像が頭のなかでよみがえる人もいるだろう。

そのほか、FF7だけでも、「ティファのテーマ」「エアリスのテーマ」「片翼の天使」「闘う者達」など、ピアニスト視点の解説や演奏が盛りだくさん。それでいて『NieR:Automata』『サガシリーズ』も同様に解説してくれるうえに、ある程度時間をとってメドレーなどを披露してくれるのだから、かなり満足度の高いコンテンツだと言える。

  • SQUARE ENIX MUSIC

    実際に音を奏でながら解説してくれるので、わかりやすい

なお、これら番組以外でも、クラブミュージック風にアレンジされたスクエニのゲーム音楽をDJパフォーマンスとともに楽しめる「SQUARE ENIX MUSIC DJ MIX SHOW Feat. RAM RIDER」や、ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター版発売記念のミニライブ「星月夜の音楽祭 at Billboard Live Tokyo」といったSQUARE ENIX MUSICのコンテンツがTGSでは放送された。そちらもアーカイブが残っているので、興味のある人はチェックしてみては。

ピアニスト清塚信也が奏でるゲーム音楽の世界

SQUARE ENIX MUSIC DJ MIX SHOW Feat. RAM RIDER

~ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター発売記念~星月夜の音楽祭 at Billboard Live Tokyo

『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』では、楽曲制作裏話も

「SQUARE ENIX MUSIC」のコンテンツではないが、『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』TGS2020 SPECIAL SHOWでも、音楽要素満載の番組を放送。これは、「キングダム ハーツ」シリーズ初のリズムアクションゲーム『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』が2020年11月11日に発売されることを記念した特別番組で、実機プレイを交えつつ、その魅力を紹介した。

  • SQUARE ENIX MUSIC

    『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』をプレイ

番組では、『キングダムハーツ』シリーズをはじめ、『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』や『ファイナルファンタジーXV』などの楽曲を手がける作曲家の下村陽子さん、ピアニストの清塚信也さんがゲストで出演。下村さんは、自身が手がけた楽曲がリズムゲーム化されるわけだが、実機プレイを目の当たりにした感想を「ゲーム音楽は、常に縁の下の力持ちとして、目立ちすぎず、でも印象に残ってほしいというスタンスで考えているので、今回は主役みたいな扱いで、ずっと楽曲が流れているので、なんだか恥ずかしい気持ちになりますね」と照れた様子で答えていた。

同じくゲスト出演した清塚さんは、シリーズのなかで思い入れのある楽曲について聞かれると、タイトル画面で流れるピアノ曲「Dearly Beloved」をチョイス。「病的に美しい」と賛辞を送った。

それについて下村さんは、「最初はタイトル曲ではなく、ずっと使える場面が見つからなかった」と話す。しかし、「過去の東京ゲームショウのときに、タイトル画面の音楽が必要になり、急遽採用されたんです」と裏話を披露。そのため、「Dearly Beloved」には8小節しか曲がないのだとか。

番組の最後には、清塚さんが『キングダムハーツ』楽曲を生演奏。『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』では「Dearly Beloved」がスウィング・バージョンになるということで、その要素を取り入れつつ、メドレーでピアノ演奏を披露した。

  • SQUARE ENIX MUSIC

    下村洋子さん(左)と、清塚信也さん(右)

『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』TGS2020 SPECIAL SHOW

今回紹介した3つの動画含むコンテンツが放送された9月25日の「SQUARE ENIX PRESENTS at TGS 2020 Online」