日本の伝統文化のひとつである「茶の湯」。茶道具の中でも茶碗は、季節や趣向に応じてさまざまなものが用いられ、見どころのあるものは美術品として後世に残されています。そんな名茶碗に、最新の8K 3DCG映像と新開発の茶碗型コントローラーで“触れる”実証実験「8Kで文化財『ふれる・まわせる名茶碗』」が、東京・上野にある東京国立博物館(東博)の東洋館で8月2日まで公開されます。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    「8Kで文化財『ふれる・まわせる名茶碗』」の体験の様子

シャープと文化財活用センター(ぶんかつ)、東京国立博物館が協力し、「8Kで本物に触れる」をテーマに研究している文化財鑑賞ソリューションのひとつとして実施されるもの。国際展示会に出展されたり、法隆寺で一般公開もされていた「シャープ8Kインタラクティブミュージアム」がベースになっています。一般公開は日時指定による事前予約制(無料)となっており、実施期間は7月29日〜8月2日。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    最大2組(1組2人)が同時に体験できるコーナーを設置

「8Kで茶碗を回せて何が楽しいの?」と思う向きもあるかもしれませんが、シャープの70V型8Kモニターと8K 3DCG映像、実際の茶碗を元に制作されたという新開発の「茶碗型ハンズオンコントローラー」による鑑賞体験は、想像以上に面白いものでした。

残念ながら、ぶんかつのWebサイトで受け付けていた事前予約枠は、執筆時点ではすべて埋まってしまっています。ただし、会場は東博 東洋館 1階の展示室入口にほど近いラウンジの一角にあるので、期間中に訪れて運が良ければ、体験の様子を遠目に見られるかもしれません(一般来場者は入館料が必要)。

このレポート記事では、報道陣向けに公開された体験会の模様を、写真と動画を交えてお伝えします。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    東京国立博物館 東洋館は、正門を通って右手奥にある

8K 3Dの茶碗を、実物大の「茶碗型コントローラー」で回す

今回はシャープの70V型8Kモニターと、東博の所蔵品である重要美術品「大井戸茶碗 有楽井戸(うらくいど)」や、重要文化財「青磁茶碗 銘 馬蝗絆(ばこうはん)」、「志野茶碗 銘 振袖(ふりそで)」といった名茶碗を細部まで再現した3DCG、そして茶碗の大きさや重さを再現した茶碗型コントローラーを組み合わせたシステムを2台用意。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    シャープの70V型8Kモニターに8K 3DCGの茶碗が表示され、茶碗型コントローラーと連動してリアルタイムで動く

  • シャープ 8K 茶碗体験

    大井戸茶碗 有楽井戸をかたどった茶碗型コントローラー

茶碗型コントローラーは大井戸茶碗 有楽井戸をかたどったもので、茶碗の中にはジャイロセンサーを装備。さらに8Kモニターの下部には、コントローラーとの距離を測るカメラが設置されています、体験する人がコントローラーを手に取って動かしたり、画面(センサー)に近づけたり遠ざけたりすると、8Kモニター上の茶碗の3DCGがリアルタイムで連動し、滑らかに回転・拡大/縮小。360度好きな角度から茶碗をCGで鑑賞でき、まるで実物に触れているかのような臨場感が味わえます。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    茶碗の中にはジャイロセンサーを装備

  • シャープ 8K 茶碗体験

    8Kモニターの下部にはコントローラーとの距離を測るカメラがある

3DCGの茶碗をただ回せるだけではありません。鑑賞ビギナーにも見どころをやさしく解説するために、茶碗CGの複数のポイントにマーカーを用意しており、画面や説明員の案内に従ってそれを正面に持ってくることで、茶碗の特徴や歴史などの解説が画面に表示されます。自分の手と目で文化財の魅力を実感しながら、同時に理解を深められるわけです。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    天井に用意された指向性の高いスピーカーから音声が流れる

コンテンツは「有楽井戸をじっくりみる」「3つの茶碗を比較する」の2本で構成され、天井に用意された指向性の高いスピーカーからは体験者に向けてガイド音声が流れます。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    「有楽井戸をじっくりみる」の見どころをすべて見終えると……

  • シャープ 8K 茶碗体験

    次の「3つの茶碗を比較する」が始まるまでの間に、茶碗にまつわるこぼれ話を見られる

比較コンテンツでは、大井戸茶碗 有楽井戸に加えて青磁茶碗 銘 馬蝗絆、志野茶碗 銘 振袖の3DCGも表示。3つの茶碗の特徴や縦割りの断面形状を、コントローラーの動きに合わせて変化するリアルタイム3DCGでじっくり見比べられます。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    有楽井戸(の3DCG)の表面をどアップで体感

  • シャープ 8K 茶碗体験

    実際には見られない、茶碗の断面形状もCG映像で見られる

東博では、有楽井戸と振袖の実物を本館 日本ギャラリーで展示しています。キレイな薄緑色が印象的な馬蝗絆の実物だけは、上海の博物館に貸出中で見られないそうですが、有楽井戸と振袖を8K画面で体験したあとに実物を見ると味わい深さを感じられることでしょう。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    重要美術品 大井戸茶碗 有楽井戸
    朝鮮時代・16世紀 東京国立博物館蔵
    ※東京国立博物館および文化財活用センターに許可を得て撮影しています

  • シャープ 8K 茶碗体験

    志野茶碗 銘 振袖
    安土桃山~江戸時代・16~17世紀 東京国立博物館蔵
    ※東京国立博物館および文化財活用センターに許可を得て撮影しています

なお、昨今のコロナ禍の影響もあり、東博では正門でのサーモグラフィによる検温の実施や、アルコール消毒液の設置、使用機器等の消毒・清掃・換気など、感染防止策を徹底。この体験コンテンツも、本来は複数人で同時に楽しめる予定だったそうですが、感染防止のために同時体験できるのは最大2組(1組2人)までとなります。また、今回の体験のために来館する人に向け、来館日時を記録するよう呼びかけています。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    東京国立博物館 本館

「8Kで文化財鑑賞」の舞台裏。茶碗コンは人工大理石製!?

東博では多数の収蔵品を展示していますが、実物がケース内にただ展示されているだけでは、その魅力や鑑賞の楽しさを来館者に感じてもらうことは難しい……という課題があったそうです。一方、シャープは8Kによる新しい体験やソリューションを提供して8Kの世界をより多くの人に伝えたいという思いがあり、文化財活用センター(ぶんかつ)を加えた三者で文化財鑑賞ソリューションの共同研究を進めてきたとのこと。

文化財活用センターでは、これまでにも8Kなど高精細データを活用した文化財の新たな楽しみ方を提案しており、今回はシャープが開発・制作した高精細な3DCG「8Kデジタルレプリカ」や8K機材、コントローラーによるインタラクションシステム、表示コンテンツ一式を用いた実証実験を実現させました。

今回使われている8Kモニターと、体験者の間の距離は約700mm(70cm)。これは70V型8Kモニターを見るのに最適な視聴距離となっています。約3,318万画素という高精細さのおかげで液晶のドットが目立たず、釉薬(うわぐすり)の模様やきらめき、階調表現なども3DCGながら本物の茶碗のようでした。

CG映像の制作にあたっては、表面の色味や光の加減の再現も重要なポイントで、シャープの担当者が東博に訪れて「一番良い状態で展示されている実物」を見学し、研究員らと協力してリアルな映像表現を追求。実物をよく知る研究員も納得の仕上がりになったと話していました。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    茶碗の映像は3DCGとは思えないくらい高画質

シャープの担当者によると、今回の茶碗CGは8Kをさらに上回る高解像度データを使い、別の場所に用意したPCを使って8Kモニターに表示させる仕組みを採用。使用機材やシステムの詳細は非公開ですが、将来的にはシャープグループの一員であるdynabookのノートPCでこのシステムが動くようにすることも検討しているようです。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    茶碗の表面の表現は、展示室の実物を参考にしてリアルさを追求したという

なお、使われている8Kモニターはタッチ操作に対応していますが、今回の実証実験では説明員がコンテンツを稼働させるためにタッチするだけで、来場者はモニターの代わりに茶碗型コントローラーを用いて操作するかたちとなります。

コンテンツの解説内容は、東博とシャープが共同で編集・制作。解説テキストを表示させるだけでなく、たとえば有楽井戸の色味をわかりやすく伝えるために果物(ビワ)のカラーイラストを加えるなど、鑑賞ビギナーにも配慮したデザインや工夫を凝らしたそうです。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    解説内容は、テキストだけでなくカラフルなイラストカットも添えるなど、鑑賞ビギナーに配慮した工夫が凝らされている

ひととおりコンテンツを体験したあと、茶碗型コントローラーもじっくり見てみました。人工大理石をNCマシンで削り出し、実物のサイズや重さに合わせて作られているそうで、見た目は真っ白ですが本物の焼き物のような手触りが実にリアル。茶碗の凸凹やヒビ、底にある高台(こうだい)のザラザラした質感もしっかり再現されています。

会場には3つの茶碗のレプリカが用意されていますが、CGと連動するコントローラーとして使えるのは、中央の大井戸茶碗 有楽井戸のみ。当初は3つともコントローラーとして使うことを検討していましたが、操作が煩雑になることもあり、残りの2つは触り心地の体験のみに留めたそうです。

個人的には茶碗以外にも、印鑑や石像、刀剣といった文化財をこの8Kシステムで体験できると面白そうだと感じました。複雑なカタチや表面加工の再現は難易度が高そうですが、近年は特に刀剣への関心が高まっていることもあり、もし刀剣の8K体験が実現すれば大きな注目を集めるのではないでしょうか。

ガラスケースに収められた文化財の実物を、厳重に管理された照明や空調の下で眺めるだけだった鑑賞体験は、新しい技術の活用で大きく進化しています。コロナ禍における感染防止策を徹底したリアル展示だけでなく、今後はオンライン体験への拡大にも期待したいところです。

  • シャープ 8K 茶碗体験

    実証実験の事前予約枠は、執筆時点ではすべて埋まっているが、会場は東博 東洋館 1階のラウンジの一角にあるので、運が良ければ遠目に見られるかも