「FireCuda Gaming SSD」と「BarraCuda Fast SSD」は共にこの6月に登場したSeagateの外付けSSDだ。前世紀からの自作PCユーザーとしては「内蔵HDDベンダーのSEAGATE」だが、現在はSSDも内蔵外付け、さらにコンソールゲーム機含めて幅広く製品を展開している。PC用外付けSSDで軽量なモバイルタイプだけでもブランドは「Ultra Touch SSD」「One Touch SSD」「Expansion SSD」と多岐にわたる。

薄型軽量でも早いモバイルモデル

日本でも記事で紹介される機会が多いOne Touch SSDはメモリとの接続バス規格がSerial ATA 6Gbpsで、PCとの接続はUSB 3.0(Type-A)となる。

今回紹介するうちの1台、BarraCuda Fast SSDは、One Touch SSDの「薄型軽量のモバイルSSD」の後継となるモデルだ。PCとの接続ケーブルはUSB Type-C形状だが、バス規格としてはSerial ATA 6Gbps接続のUSB 3.0になる。サイズは、One Touch SSDの幅75×奥行き55.5×高さ10ミリ、重さ65グラムに対して、BarraCuda Fast SSDは幅93.45×奥行き79×高さ9.1ミリ、重さ82グラムと、薄くなったもののフットプリントは大きくなり、重くなった。ただそれでも、コンパクトで軽いことには変わりなく、One Touch SSDの「財布に収まる」とはいかないものの、ジャケットはおろかシャツの胸ポケットに問題なく収まる。

  • BarraCuda Fast SSD。スリットから輝く蛍光グリーンがデザインのアクセント

    BarraCuda Fast SSD。スリットから輝く蛍光グリーンがデザインのアクセント

  • 評価機材の重さは実測で82グラム

  • 付属するUSBケーブルの重さは25グラム。太くて硬くて取り回しは少し苦労する

スタイルは、ほぼ正方形(だけど角丸なので角が当たっても痛くない)のプレートにとても薄いシートを貼ったような形状で、全体がブラックのボディなれど薄いシートの側面をメタリックな蛍光グリーンに染めている。さらに、PCと接続して起動した状態では、ケーブルの差込口側、「SEAGATE」のロゴの向き的には下側のシート側面に内蔵したLEDで側面と同じ蛍光グリーンで輝く。この光は終始同じ輝度ではなく、明暗を不規則なパターンで繰り返す。公式なドキュメントはないが、PCのタスクモニターと一緒に輝度を目視で観察した限りでいうと、転送速度と輝度の高低が一致している「ようにも」思えた。なお、このLEDの輝度パターンと光る色についてはユーザーのカスタマイズはできない。

  • 薄いシートのようなプレートの側面だけを蛍光グリーンに染めている

パッケージにはPCとの接続ケーブルとしてUSBのType-C-Type-CコネクタとともにType-C-Type-Aコネクタも用意している。また、Adobe Creative Cloud Photographyプランのメンバーシップ2カ月のライセンスも付属するので、Lightroom CCとPhotoShop CCを登録日から2カ月間利用できる(ただし、利用期限は2021年1月31日まで)。

USB接続のストレージデバイスということで、Windows OS(Windows 7以降)を導入したPC、または、Mac OS 10.12以降を導入したMacのUSB 3.0に接続すれば、そのままストレージとして認識して使用可能だ。ただ、Seagateの外付けストレージに共通のユーティリティがBarraCuda Fast SSDにも用意されているので、BarraCuda Fast SSDのルートフォルダにあるインストーラを利用して導入しておきたい(このとき、製品登録をスキップしてもユーティリティは導入できる)。ここで導入できるToolkitの「Sync Plus」を利用すると、指定したフォルダ、もしくは、ドライブ全体とBarraCuda Fast SSDで同期をとることが可能になる。DropboxやGoogle Driveなどのクラウドに設定したリモートドライブと同じ感覚でファイルを同期できるので、複数のPCでそのような運用をしているユーザーには便利な機能だ。

  • Toolkitの「Sync Plus」ではクラウドストレージと同じ感覚で同期が可能だ

BarraCuda Fast SSDの接続規格はUSB 3.0とSerial ATA 6Gbpsということで、従来モデルのOne Touch SSDと同じだが、Seagateの公式仕様では最大転送速度がOne Touch SSDの400MB/秒に対して540MB/秒と高速化している。そこで、ベンチマークテスト「CrystalDiskMark 7.0.0G x64」で転送速度を測定してみた。なお、測定に用いたPCのシステム構成は、CPU:Core i7-10510U(4コア8スレッド、1.8GHz/最大4.9GHz、スマートキャッシュ8MB)、システムメモリ:LPDDR3 16GB(8GB×2)、ストレージ:512GB SSD PCIe OS:Windows 10 Home 64ビット版となる。また、比較対象として、CPU:Core i5-8265U(4コア8スレッド、1.6GHz/最大3.9GHz、スマートキャッシュ6MB)、システムメモリ:DDR4-2666 8GB、ストレージ:256GB SSD SATA 6Gbpsのシステムで測定した内蔵SSDのスコアを用意した。

CrystalDiskMark テスト BarraCuda Fast SSD 比較対象内蔵SSD
SEQ1M Q8T1 Read(MB/s) 565.18 527.38
SEQ1M Q8T1 Write(MB/s) 304.51 424.28
SEQ1M Q1T1 Read(MB/s) 423.20 441.26
SEQ1M Q1T1 Write(MB/s) 264.44 379.81
RND4K Q32T16 Read(MB/s) 236.84 216.54
RND4K Q32T16 Write(MB/s) 4.54 327.36
RND4K Q1T1 Read(MB/s) 27.32 18.74
RND4K Q1T1 Write(MB/s) 3.74 46.90

搭載するCPUの世代とグレードが1ランク違うが、それでも外付けSSDが内蔵SSDと同等の転送速度を発揮している。ちなみに、筆者が実作業で生成したデザインデータを40GBほど転送してみたところ、ストップウォッチによる手測定で書き出しが約2分15秒、読み込みは約1分44秒かかっている。なお、この処理における表面温度を非接触タイプの赤外線温度計で測定してみたところ、最高で40.9度だった。

とにかく速いゲーミングモデル

もう1つの新製品「FireCuda Gaming SSD」は、製品名にあるようにゲームユーザーに向けた外付けSSDだ。最近のPCゲームはとにかくサイズが大きい。ゲームを“長年にわたって”インストールしているとローカルストレージがパンク寸前というベテランゲーマーも少なくない。ストレージの増設が難しいゲーミングノートPCのユーザーの場合、外付けのストレージにゲームをインストールするという手もあるが、転送速度が遅いとゲームのローディングに時間がかかってしまう。このようなゲーミングユーザーの要望に応えるのが、FireCuda Gaming SSDとなる。

  • FireCuda Gaming SSD。こちらもスリットで輝くLEDがデザインのアクセントになる

本体サイズは幅52.5×奥行き104.4×高さ10ミリ、重さ100グラムとBarraCuda Fast SSDと比べて細身で長くて重い。数値上は100グラムだが手にすると意外とズシッとくる。形状は薄い板のような直方体で隅は直角だが、表面素材がラバー質なので角が当たってもそれほど痛くはない。カラーリングは暗めのグレーで統一しているが、小さくコンパクトに記したロゴの向き的に右側端近くに縦のスリットを設けてLEDが光るようにしてある。このLEDはSeagateのWebサイトからダウンロードできるユーティリティ「Toolkit」で、光る色とパターンをカスタマイズできる。パターンは事前に用意してある「点滅」「ブリーズ」「スペクトラム」の他、ユーザーがカスタマイズできるパターンを3種類まで保存できる。

  • 評価機材の重さは実測で142グラムだった

  • ToolkitにLEDの設定項目を用意して、色、点滅パターンなどを設定できる

  • なかなか多彩で鮮やか

FireCuda Gaming SSDのToolkitでは、LEDパターンのカスタマイズの他、BarraCuda Fast SSDと共通のSync Plusが利用できる。さらに、「フルパフォーマンスの有効無効」を設定する項目も用意している。フルパフォーマンスが有効の場合、転送速度は最高で20Gbpsまで対応するUSB 3.2 Gen2x2モードでデータを転送する。ただし、この状態でPC側がUSB 3.2 Gen 2x2に対応していないと、FireCuda Gaming SSDとPC側の接続が強制的に解除するトラブルが発生する可能性がある。このような状況が発生する環境ではフルパフォーマンスを無効にするようにSeagateでは告知している。

  • フルパフォーマンスを無効にすると転送速度は最大で10GbpsのUSB 3.1 Gen2モードに移行する

このように、FireCuda Gaming SSDは転送規格がUSB 3.2 Gen2x2に対応する。その理論値の最高転送速度は20Gbpsに達する。ただ、この転送速度を出すには接続するPC側にもUSB 3.2 Gen2x2を搭載していなければならない。今多くのPCはUSB 3.1 Gen2までの対応で、その場合、転送速度は10Gbpsまでとなる。しかし、それでも高速なことに変わらない。BarraCuda Fast SSDと同じく、FireCuda Gaming SSDでもCrystalDiskMark 7.0.0g x64で測定してみた。比較対象としたのは、CPUにCore i7-9750H(6コア12スロット、2.6GHz/最大4.5GHz、スマートキャッシュ12MB)、システムメモリが16GB(DDR4-2666、8GB×2)、ストレージが512GB SSD PCIe 3.0の内蔵SSDだ。

CrystalDiskMark テスト FireCuda Gaming SSD 比較対象内蔵SSD
SEQ1M Q8T1 Read(MB/s) 1078.22 2171.28
SEQ1M Q8T1 Write(MB/s) 1039.53 1063.88
SEQ1M Q1T1 Read(MB/s) 833.33 911.64
SEQ1M Q1T1 Write(MB/s) 938.46 1099.22
RND4K Q32T16 Read(MB/s) 213.88 698.09
RND4K Q32T16 Write(MB/s) 141.07 478.15
RND4K Q1T1 Read(MB/s) 31.52 39.59
RND4K Q1T1 Write(MB/s) 40.00 104.21

シーケンシャルの読み込み、ランダムアクセスでは差が開いているが、少なくともシーケンシャルの書き出しではほぼ同等の転送速度に達している。そして、BarraCuda Fast SSDと比べると総じてほぼ倍の転送速度を出している。スコア的には内蔵SSDとほぼ同じ性能を発揮していることになる。

こちらでも、筆者が実作業で生成したデザインデータを40GBほど転送してみたところ、ストップウォッチによる手測定で書き出しが約1分39秒、読み込みは約1分23秒かかっている。この処理における表面温度を非接触タイプの赤外線温度計で測定してみたところ、最高で38.4度だった。

今回評価したモデルはどちらも容量1TBで、評価作業を実施した7月上旬における価格はBarraCuda Fast SSDが1万7,000円から2万円程度、FireCuda Gaming SSDが3万4,800円程度になる。なお、ラインアップには容量500GB、2TBもあり、価格はBarraCuda Fast SSDでそれぞれ約1万円と2万7,000円から、FireCuda Gaming SSDはそれぞれ2万2,800円、5万9,800円だ。

USBメモリのような気軽さで携帯でき、かつ、大容量でSerial ATA接続SSDの転送速度で十分なユーザーならBarraCuda Fast SSDが、複数のPCでゲームのみならず制作業務で使う大容量データを高速な転送速度で共有したいならFireCuda Gaming SSDがそれぞれ妥当な選択肢となるだろう。