テックワンは6月30日に東京都内で発表会を開催し、深センOne-Netbook Technology製のゲーミングUMPC「OneGx1」の国内正規版を発表した。One-Netbook公式サイトにほか、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ソフマップ、Amazon.co.jpにおいて、2020年8月中旬から発売する。公式サイトでの販売価格は89,800円(税別)から。

OneGx1の概要は別記事『625gの携帯型ゲーミングUMPC「OneGx1」、7型フルHDでCore i5、LTE版も』をご覧いただくとして、ここではOneGx1の実機写真や発表会の様子を紹介する。

  • 十束おとは、竹内佳菜子、OneGx1

    製品発表会のスペシャルゲストはアイドルの十束おとはさん(左)、プレゼンターの竹内佳菜子さん(右)

OneGx1の外観は、基本的には一般的なUMPCとそう大きく変わるものではない。ただ、アルミ合金のCNC削り出しボディからは安っぽいという印象は皆無で、シンプルながら高級感も十分に感じられる。

本体左右にオプションの専用コントローラを取り付けると、ゲーミングPCらしさが一気に高まり、他のUMPCとは違う魅力が出てくる。合わせて、本体後方に楕円形でブルーのイルミネーションが用意され、キーボードにも7色のRGBキーボードバックライトが備わっている点からは、いかにもゲーミングPCといった雰囲気が漂ってくる。

今回の展示機は英語キーボードのモデルだったが、日本市場では日本語キーボードを搭載するモデルのみ投入される予定だ。

  • OneGx1

    OmeGx1外観

  • OneGx1

    専用ゲームコントローラを装着した状態

  • OneGx1

    ディスプレイは7型IPS液晶で、1,920×1,200ドット表示に対応

  • OneGx1

    天板。ボディはアルミニウム合金でカラーはライトグリーン

  • OneGx1

    本体正面

  • OneGx1

    左側面

  • OneGx1

    背面

  • OneGx1

    右側面

  • OneGx1

    底面

  • OneGx1

    底面の側面付近には専用コントローラを装着する溝がある

  • OneGx1

    背面には青色LEDを利用したイルミネーションを用意

  • OneGx1

    キーボード。ゲーミング向けらしくWASDキーに印が付いている。こちらは英語配列だが、日本市場向けモデルは日本語配列のキーボードを搭載する

  • OneGx1

    RGBキーボードバックライトを搭載し7つのパターンで鮮やかに発光する

  • OneGx1

    ポインティングデバイスは光学式

  • OneGx1

    専用ゲームコントローラ

  • OneGx1

    本体左右にゲームコントローラを装着した状態。キーボードが左右に拡張されたような雰囲気となる

  • OneGx1

    ゲームコントローラは本体に接続することなく利用可能

日本は最も重要な海外市場、OneGx1は日本語キーボードなど日本に特化した仕様を採用

発表会では、冒頭にOne-Netbook Technology CEOのJack Wang氏がビデオで登場。Wang氏は、日本市場はOne-Netbookにとって最も重要な海外市場であり、新製品の発表も常に最初に行っている国であると述べた。今回のOneGx1も、非常に斬新で画期的な、One-Netbookにとって第1世代となるゲーミングUMPCであると紹介した。

OneGx1の日本市場向けモデルは日本語キーボードを採用しているが、こちらは日本のファン数名が協力して配列を考案するとともに、投票によって採用が決定したとのこと。この点でも、日本市場の重要性が色濃く示された。

そして、こだわり抜いた金属ボディやゲーミングの雰囲気を醸し出すRGBキーボードバックライト、着脱式コントローラなど、機能満載で斬新なUMPCとなっているので、じっくり体験して楽しんでもらいたいと締めくくった。

  • One-Netbook Technology CEOのJack Wang氏

    ビデオで挨拶するOne-Netbook Technology CEOのJack Wang氏

続いて、テックワン代表取締役の中林秀二氏によって、OneGx1をはじめとする新製品の特徴が紹介された。

OneGx1を開発したOne-Netbookは、とにかく高品質を重視した製品開発にこだわっているという。大手ハードウェアメーカーで働いた経験を持つエンジニアが研究開発を行い、自社工場で生産することによって、他社には真似できない品質を実現しているとした。

日本国内でのUMPCユーザーは30代~50代の男性が9割を占めているとしつつ、そういったユーザーのビジネスシーンにUMPCは最適であり、実際に活用されているという。軽量、スタイリッシュ、先進テクノロジーの採用といったコンセプトにて、製品を開発していると説明する。

また、日本の販売総代理店であるテックワンでは、国内でのサポートをしっかり行うとともに、深センのOne-Netbookとも密接にやりとり。ユーザーが安心して購入、使える体制を整え、日本でのUMPCムーブメントをもう一度復活させたいとした。

  • テックワン代表取締役の中林秀二氏

    OneGx1をはじめとする新製品の特徴を紹介する、テックワン代表取締役の中林秀二氏

  • OneGx1

    One-Netbookは高品質を重視した製品開発にこだわっている

新たな伝説が始まるOneGx1

OneGx1は「新たな伝説が始まる」をキャッチフレーズに、ゲーミングに特化したOne-Netbook初のUMPCだ。

  • OneGx1

    OneGx1は「新たな伝説が始まる」がキャッチフレーズに

7型というコンパクトボディにプレミアムスペックを詰め込み、本体側面に専用コントローラを装着した「携帯モード」、本体のキーボードと外付けマウスを利用して通常のゲーミングPCさながらのプレイが可能な「デスクトップモード」、HDMI接続で大画面テレビに接続して大迫力でゲームを楽しむ「TVモード」、専用コントローラを利用し2人でゲームを楽しむ「テーブルモード」という4つのゲームモードを用意。フルスペックのゲーミングPとC同様のゲーム体験が可能となっている。

RGBキーボードバックライトの搭載など、ゲーミングPCらしい雰囲気もしっかり盛り込まれている点も大きな特徴だ。とはいえ、日本語キーボードを搭載したり、12.5時間のバッテリ駆動が可能など、中身はしっかりと正統進化したUMPCとして仕上がってる。CPUに第10世代Intel Core i5を採用するとともに、ヒートパイプと2個のファンを利用した冷却システムによって、従来モデルと比べて放熱性能が高められているという。

  • OneGx1

    7型UMPCプレミアムデザイン、4つのゲームモード、日本語配列キーボード搭載など、正統進化したUMPCと紹介

  • OneGx1

    ゲーミングPCとして4種類のゲームモードに対応し、好きな場所、好きな人とゲームが楽しめる

  • OneGx1

    第10世代Intel Core i5、最大16GBのメモリを搭載

  • OneGx1

    ヒートパイプと2つのファンによってCPUの熱を効率的に冷却

  • OneGx1

    1,920×1,200ドット(フルHD)の7型IPS液晶を搭載。10点マルチタッチにも対応する

加えて、これまでにない新機能として紹介されたのが、LTE通信機能の搭載だ。特に日本のユーザーからはLTE搭載を待望されていたとのことで、OneGx1でついに実現。すでに5Gへの対応も整っているとのことで、5G環境の推移を見ながら適切なタイミングで投入したいとした。

OneGx1のボディは6000番台のアルミニウム合金を使用し、CNC削り出しで整形。表面には指紋が付きにくい加工を施し、従来モデルよりも指紋が目立たなくなっている。

ゲーマー視点としてはRGBキーボードバックライトが特徴とし、7種類のカラーパターンを切り替えて鮮やかに発光できるとのことだ。ほか、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応や12,000mAhの大容量バッテリによる約12.5時間駆動、USB Type-Cを2ポート用意しUSB PDにも対応するといった点が、特徴と紹介された。

  • OneGx1

    シリーズ初となるLTEモデルを用意。5G搭載も視野に入っており、将来的に適切なタイミングで投入したいとした

  • OneGx1

    6000番台のアルミニウム合金を採用し、CNC削り出しで高品質なボディを実現

  • OneGx1

    キーボードには7種類のカラーパターンで発光するRGBバックライトを搭載

  • OneGx1

    Wi-Fi 6も標準搭載

  • OneGx1

    バッテリ容量は12,000mAhと大容量で、12.5時間の駆動が可能

スペシャルゲストは十束おとはさん

スペシャルゲストとして、アイドルグループ「フィロソフィーのダンス」の十束おとはさんが登場した。ゲームが趣味で、自宅のPCも自作するほどのガジェット大好きアイドルと自己紹介。

  • フィロソフィーのダンス、十束おとは

    スペシャルゲストとして登場した、アイドルグループ「フィロソフィーのダンス」の十束おとはさん

OneGx1について「見た目がかわいいのにフルスペックで、いつも楽しんでいるゲームを何ら変わらない環境でプレイできるのがとってもありがたいです。キーボードも普段使っているものとほとんど変わらない感覚で操作できましたし、手が小さいのでこのサイズが逆に押しやすいと感じたぐらいです」と絶賛。

また、小さくて持ち運びやすいため、楽屋や遠征先でゲームができるので、ゲーマーとしてとても幸せとコメント。OneGx1がかなり気に入った様子だった。

  • フィロソフィーのダンス、十束おとは

    OneGx1で「Halo 2」をプレイする十束おとはさん

  • フィロソフィーのダンス、十束おとは

    UMPCでFPSタイトルがするする動いてプレイできるのはびっくりとコメント

  • フィロソフィーのダンス、十束おとは

    十束さんと中林氏が「ファイナルファイト」を協力プレイ

  • フィロソフィーのダンス、十束おとは

    十束さんはファイナルファイトを初めてプレイしたそうだが、いま見るとドット絵がおしゃれで、小さな画面を2人で見ながらプレイするのも楽しいとコメント

なお、OneGx1は6月29日から予約が始まっているが、予約したユーザー全員に別売の専用ゲームコントローラをプレゼント。また、One-Netbook公式サイト限定で、OneGx1専用のフェイクレザーオリジナルキャリーケースとmicroHDMI変換ケーブルもプレゼントされる。

  • OneGx1

    予約者全員に専用ゲームコントローラをプレゼント。One-Netbook公式サイトでは、専用フェイクレザーオリジナルキャリーケースとmicroHDMI変換ケーブルもプレゼントされる

OneMix2S同等仕様で価格を抑えた「OneMix 1S+」なども紹介

ほかにも新製品がいくつか紹介された。

まず「OneMix 1S+」は、発売済みのUMPC「OneMix2S」とほぼ同等の仕様ながら、価格を69,800円(税別)に抑えた新モデルだ。発表会では、OneMix 1S+のプレゼンターとしてモデルの竹内佳菜子さんが登場。竹内さんはOneMix 1S+について「どんなカバンにも入るし、外出先や自宅でも場所を取らずに、どこでも簡単に作業できる」と紹介。武内さんは仕事の台本などをいつもPCで確認しているそうだが、OneMix 1S+があればどこでも確認できるので便利と、気に入った様子だった。

  • OneMix 1S+

    発売済みの「OneMix2S」と同等の仕様ながら、価格を69,800円(税別)に抑えた新モデル「OneMix 1S+」

  • 竹内佳菜子

    OneMix 1S+プレゼンターとして登壇したモデルの竹内佳菜子さん

  • 竹内佳菜子

    OneMix 1S+は、外出先や自宅でも場所を取らずに、どこでも簡単に作業ができて便利とコメントする竹内さん

15.6型フルHD液晶モバイルモニターの「PD01」は、バッテリを内蔵してUSB Type-Cケーブル1本でPCとつないで使えるため、OneGx1と併用すれば好きな場所&大画面でゲームを楽しめると紹介。合わせて、PD01をOneGx1と同時購入する場合、PD1が2万円で購入できるキャンペーンも実施される。

  • モバイル液晶ディスプレイ、PD01

    バッテリ内蔵の15.6型フルHDモバイルモニター「PD01」

  • PD01をOneGx1と同時購入するとPD01が2万円で購入できるキャンペーンも実施