機動性の高さと撮影性能の高さを兼ね備えていることで根強いファンを持つ、オリンパスのマイクロフォーサーズ機「OM-D」。2月に登場したシリーズの最新フラッグシップモデル「OM-D E-M1 Mark III」を落合カメラマンにレビューしてもらいました。落合カメラマンがカメラの性能以上に評価していることとは?

  • オリンパスが2月に販売を開始した高性能ミラーレス「OM-D E-M1 Mark III」。実売価格は、ボディ単体モデルが税込み210,000円前後(+ポイント10%)、12-40mm F2.8 PROキットが税込み270,000円前後(同)

オリンパス「OM-D E-M1 Mark III」をひとしきり使った後、ワタシは無意識のうちに小声でつぶやいていた。

「よし、これならイケる。大丈夫だ」

E-M1 Mark IIを2台所有してきた男の率直な第一印象である。ユーザー目線での判断だと思ってもらっていい。

ん? イケ(て)るって、一体ナニが? 

E-M1 Mark IIをすでに所有しているのであれば、家人に内緒で買い足しや買い替えを行ってもバレそうにないところが超~イケてるんである。遠くからのパッと見がソックリだから、ボディ正面、右下部分のネームバッチを黒テープで覆ってしまえば、安心度はさらに倍っ! 時節柄、ただでさえピリピリしている家庭内での無用なトラブルは極力、避けねばなりません。まずは、そこんところが非常にタイムリーでよくできてるってぇハナシなのです(笑)。

イマドキのカメラに欠かせない装備を追加

中身の進化は明確だ。いや、外観だってホントは操作系を中心にけっこう違っているのが現実。そして、それらの変化は、E-M1 Mark IIオーナーの気持ちをピンポイントで刺激してくる、文字通りの“的を射るブラッシュアップ”だったりするのが困りもの。家庭内の危機を予見してもなお、絶対に買い足し or 買い替えに踏み切りたくなる“違い”が確かに存在していたのだぁぁぁぁ嗚呼…。

何はともあれ、欲しかったものがカタチになっているってのが嬉しくもヤバい。たとえばマルチコントローラー。これ、測距点をダイレクトに移動できるグリグリのことなのだけど、グリグリを装備するカメラがグンと増え、実際それらを使う機会が激増していた最近は「E-M1でもグリグリしたいよなぁ~」という思いが強くなっていたところだった。

測距点移動は、Mark IIまでは4方向キーで行っていて、まぁそれでも大して困っちゃいなかったのだけど、グリグリによる操作は何よりダイレクト感が違うし、Mark IIIのそれは斜め方向の移動にもストレスを感じさせない調教具合がとてもイイ感じ。ワタシのMark IIにもファームアップで生やしてもらいたいぐらいなのだ(ムリ)。

それともうひとつ、USB充電に対応したのも痛い…いや、羨ましさ大爆発である。そもそも燃費があまりよろしくないE-M1であるがゆえ、クルマでの移動時などに手軽に追加充電できる機能はあって損はない。っていうか、撮影時の安心感を担保するためにも、是非ともあって欲しい機能であると考えていた。

とはいいつつ、そもそも専用充電器はカメラバッグに常備しており、またクルマでもインバーター経由のAC100Vは得られるようにしている。つまり、ボディにUSB充電機能がなくてもなんとかなってはいた(なんとかしていたというべきか)。でも、バッグから充電器を出し、AC電源につないで、カメラからバッテリーを取り出し、そのバッテリーを充電器にセットして…という作業は意外に手間を食うし車内もちらかる。それよりも、スマホその他の充電用として常時、引っ張り出されたままになっているUSB-Cケーブルをプチッとつなぐだけで追加充電できる作業性の高さを優先したいっ!というワケ。

思い起こせば、充電器ってヤツぁガラケーを機種変するたび、あるいはパナソニックのデジカメを買い足すたびに際限なく増えやがっていた。その数に押しつぶされそうになっていたツラい過去を知る身には日常、使っている機器の充電環境を相当なところまで共用できるようになっている現代は幸せの絶頂にあるとさえ感じている。そして、その恩恵を愛用のカメラにも適用したいとの思いが強い。たかがUSB充電ではあるけれど、Mark IIIでそれが可能になったことは、個人的にはとてつもなくデカい変化なのだ。ホント、それだけで買い替えたくなってしまうぐらいに。

  • 鳩。グリグリのおかげで測距点移動がより素早く行えるようになったのが嬉しい。レリーズ時の感触や音もより上質なものになっている(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO使用、ISO200、1/100秒、F5.6)

  • ハト。AEブラケット時にナゾの連写速度低下を見せることもなくなっている。地味にけっこう気になっていたポイントなので嬉しい(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO使用、ISO200、1/250秒、F5.6)

  • E-M1シリーズにベストマッチなレンズは、これまでと変わらずM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mmF4.0 IS PROであると断言させていただく。高倍率ズームとは思えぬ描写力と高い利便性のコラボレーションは最強だ。E-M1 Mark IIIの手ぶれ補正の効果を最大限に引き出せるのもこのレンズだしね(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO使用、ISO640、1/125秒、F5.6、+0.3補正)

撮影性能は着実な進化が見られるものの…

実際に使ってみると、まずはAFの動作に処理能力の向上が感じられる。なかでも変化が明らかなのは、「C-AF+測距点自動選択」時の被写体捕捉能力の向上だ。最初のピントのつかみとその後の追従に、Mark IIを超えるスムースさと正確性が備わった。ううむ、ここも心動かされる進化だ。

一方、Mark IIでは実現されず、E-M1Xでかろうじてカタチになっていた「C-AF連写+測距点自動選択+連写中の画角変更」への対応は、Mark II超えの動作(けっこう頑張っている)を見せつつも、あともう一歩のツメが欲しいところ。測距点を1点固定にしていれば、連写中に画角を変えてもAFはほぼ問題なく追従してくれるので、実用性にはさほどの影響を与えない部分ではあるのだけど、ここが完璧にクリアされればOM-Dの万能性は確実に底上げされると個人的には感じている。

あと、Mark IIで見られることのある「暗所での偽合焦」が減っているようにも感じた。これは、カメラが自信満々でピントを合わせてくれたにもかかわらず、結果は微妙にピンボケ…という現象で、Mark IIと同じ処理系を持つと思われるE-M5 Mark IIIでも同様に見られることを確認。原因が「暗さ」にあるのか「低コントラスト」にあるのかはつかめておらず、ISO1600以上の高感度時に顕著であるようにも感じるのだが、ともあれ暗所での高感度撮影が多いワタシには相当の注意を要するデンジャラスポイントだった。それが減っている(少なくとも今回の試用ではそのように感じられた)のは正直、かなり羨ましい。

手ぶれ補正も、レンズとの協調制御における補正幅がMark IIの6.5段からE-M1Xと同等の7.5段に向上しているワケで…いや、こりゃやっぱりハートにブッ刺さりますわ!

ただ、ぶっちゃけ画質は据え置きですな。強いていえば、高感度画質が少し良くなっているような気がしないでもないけれど、たぶんプラセボに近い印象だと思う。画質全般に関しては、高感度時を含めMark IIのときから十分な実力を備えていた(だからこそ安心して仕事にも使っている)ことを前提としつつ、これ以上の向上を求めるなら新センサーの採用が必要になりそうだ。限られたリソースの中で目一杯やってくれていることはとてもよく分かるので、現状はこれでいいと思っているけれど、「次」の一手をどうするかはなかなか難しい問題になるんじゃないだろうか。

  • 肉眼ではほぼ真っ暗にしか見えなかった場面でも難なくピントを合わせてくれた。AFの低輝度限界は-3.5EVでE-M1Mark IIと変わらないはずなのに、撮影時の手応えは一枚上手の印象なのだ。暗部の描写が非常に丁寧(肉眼では判別不能だった部分がしっかり描写されている)なのもイイ感じ(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO使用、ISO6400、1/5秒、F4.5)

  • スペック上は同一も、動体に対するAFの追従性は向上の手応えだ。中でも、C-AFと測距点自動選択を組み合わせている時の確実性向上は明確。ありがたい進化である(M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO使用、ISO1600、1/1000秒、F2.8、-0.7補正)

  • シチュエーションとしては深度合成(3~15枚の合成で手前から奥までピントが合っているように見える写真が撮れる機能)を活かすべきだったかも? そんな余裕がなかったので普通に撮ってしまったことをちょっぴり後悔している(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO使用、ISO1600、1/2000秒、F5.6、-0.3補正)

  • おおよそ最大2秒間、遡っての記録ができるプロキャプチャーモードで撮影。使いこなすには少しだけ慣れが必要だけれど、狙った瞬間をほぼ確実に捉えられるオイシさにハマると抜け出せなくなること確実な機能だ。唯一の欠点は、バッテリーインジケーターの表示がみるみるうちに減っていくところ??(M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO使用、ISO400、1/2000秒、F5.6、-1補正)

魅力的なレンズ群の存在がカメラの評価を高める

オリンパスのマイクロフォーサーズ機との付き合いを深めるには「システムに惚れ込む」ことが必須だ。PROレンズをはじめとするレンズ群をひっくるめて気に入ること、それが大切。その点、例えばソニーのフルサイズαの場合など「カメラ単体に惹かれる」だけでも幸せになれたりするから話は簡単なのだけど、んまぁ、それと比べると確かに一手間必要な存在感ではあるかな。

でも、勇気を持って壁を越えれば、そこにはけっこう幸せな沼がある。そして、あなたがもしOM-D E-M1 Mark IIのオーナーであるならば、E-M1 Mark IIIに買い替えればもっともっと幸せになれるはずなのであ~る(と自分を鼓舞するワタシなのであった)。

  • 手持ちハイレゾショットとかライブND、星空AFなどのユニークな機能も新搭載されているけれど、いずれも基本「静止した被写体」に向く機能であり、個人的好みの範疇では残念ながら活用することが少ない。フットワーク重視のシステムであることをウリにするのなら「自らが動きながら動いているものを撮る」みたいな場面でグッとくる新機能が欲しいような気もする(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO使用、ISO1600、1/1000秒、F4.0)

  • ISO5000。ノイズリダクションはデフォの標準設定。ラージフォーマットの高感度画質と比較してしまうと好みが分かれそうではあるけれど、わずかにピントが外れている状態の遠方の木や葉のディテール再現など、相当に健闘しているといっていい。また、新しい12-45mmF4.0は、圧倒的に小型軽量で写りも良好。サイズ感としてはE-M5シリーズにお似合いな感じではあった(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO使用、ISO5000、1/60秒、F5.6、-1.3補正)

  • 初代E-M5とかE-M1は「解像感至上主義でとにかく頑張りまくってます!!」的な画作りだったのだけど、現行機の画はいずれも力みすぎていない余裕を持ったものになっている。画質に対する不満は抱かずに済むはずだ(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO使用、ISO200、1/160秒、F4.5、-1.3補正)

  • 小型軽量ながらミラーレス屈指の速写性能を備えるE-M1 Mark III。落合カメラマンは、魅力的なレンズを多くラインナップするマイクロフォーサーズのシステムも含め、高く評価していた