本格的なスピーカーやアンプを家に置けないという人でも、シンプルな構成で良い音を楽しめるのがPCオーディオの醍醐味。手持ちのヘッドホンをノートPCなどのヘッドホンジャックにそのまま挿すのではなく、USB DAC内蔵ヘッドホンアンプを組み合わせると、スマートフォンとワイヤレスイヤホンなどで聴くのとは違った音楽体験が楽しめます。今回はFiiO Electronics(フィーオ エレクトロニクス)の卓上ヘッドホンアンプ「K5 PRO」の音を、手持ちのヘッドホンで聴いてみた印象をお伝えします。

  • K5 PRO

    K5 PRO(左)に密閉型モニターヘッドホン「SW-HP11」(右)を組み合わせたところ

家で仕事をする時間が長くなると、どうにもパソコンの音質が気になります。オンボードのサウンド機能はひと昔前より良くなっており、有名オーディオブランドとコラボレーションしたスピーカーを搭載したノートPCなども増えていますが、仕事用のパソコンは最低限のオーディオ性能しか備えていない……ということも珍しくありません。

そんなパソコンに組み合わせて使いたいのが、USB DAC内蔵ヘッドホンアンプです。机の上に置いて使う据え置き型から、スマホと一緒に持ち歩けるポータブル型までさまざまなバリエーションがありますが、物量を投入できる据え置き型はポータブル型よりも余裕のある作りになっているのが一般的。繊細な音を表現できる一方で、駆動にパワーを必要とするヘッドホンを鳴らせる製品もあります。

  • K5 PRO

国内外のメーカーからさまざまな機種が出ていますが、5月19日にFiiO Electronics(フィーオ エレクトロニクス)が発売した「K5 PRO」は、直販24,444 円(税別)と手ごろな価格設定ながら、高音質設計をコンパクトなボディに詰め込んだ見どころの多い製品です。主な特徴は以下の通り。

  • 旭化成エレクトロニクス製ハイエンドDACチップ「AK4493EQ」搭載
  • USBコントローラーにXMOS製「XUF208」を採用
  • DSD512(22MHz)ネイティブデコード対応、PCMは768kHz/32bitまで対応
  • アナログアンプ部で左右チャンネルを独立処理、完全差動オーディオ出力に対応
  • 強力な出力で「さまざまなインピーダンスのヘッドホンを楽々と駆動」
  • 細かい音量調整ができるADCボリュームコントロール
  • DCフィルター採用の外部電源採用
  • 光デジタル/同軸デジタル入力、RCAライン出力搭載

ポータブルオーディオを趣味としてたしなむ人には、FiiOという企業の名前はおなじみでしょう。2007年に中国で設立され、広州に本社を置くメーカーで、現在も精力的に国内市場へ新製品を投入。同社のポータブルアンプやハイレゾプレーヤーには国内外のポータブルマニアが注目しています。個人的には、ポータブル製品のトレンドをいち早く採り入れながらさまざまな機能を盛り込み、コストパフォーマンスに優れた製品を多数世に送り出してきたメーカー、というイメージがあります。

そんなFiiOの新製品「K5 PRO」は、最大768kHz/32bitのPCMや22MHzまでのDSD再生に対応するなど、2万円台と比較的手の届きやすい価格帯ながらかなり高い性能を持っており、弊誌でもニュース記事が大きな注目を集めました。さすがに768kHz/32bitや22MHzのファイルは配信では見たことはありませんが、このスペックならあらゆるハイレゾファイルを変換で音質を落とさず再生できそうという安心感につながりますし、毎日向き合うPCに音の良いヘッドホンアンプを足せば、仕事の質やQOL(生活の質)の向上も期待できる、かもしれません。

K5 PROの詳細についてはこちらの記事をご覧ください。ということで今回は、筆者の手持ちのヘッドホンと組み合わせて、K5 PROの使用感や音質などをチェックしてみました。

なお、K5 PROは国内代理店としてFiiO製品を取り扱うエミライの直販サイト専売モデルとなっており、執筆時点では残念ながら売り切れてしまっていますが、再入荷のお知らせをメールで受け取れるフォームが用意されているので、興味をもった人は登録すると良いでしょう。

シンプルな見た目に、パワフルなオーディオ回路

では実際にK5 PROを見ていきます。本体はアルミニウム素材にアルマイト処理とサンドブラスト加工を施しており、さらっとした手触りの良い仕上げになっています。角を丸めたシンプルなデザインで、大きさは120.5×130×55mm(幅×奥行き×高さ)。自作PC派の人には「NUC」の本体を少し大きくしたくらいのサイズ、といえばイメージが伝わるでしょうか。

  • K5 PRO

    K5 PROの上面(左)。右はサイズ比較用のiPhone XS。本体のコンパクトさが分かる

カラーがブラック1色なので、卓上に横置きにすると存在感があってやや目立ちますが、付属のゴム足を側面に貼り付けて縦に置き、設置面積を小さくしてコンパクトに置くこともできます。重さは約436gで、指で軽くつついたくらいではズレないくらい重厚です。

前面にはヘッドホン出力と、金属製の大型ボリュームノブ、入力の選択とゲイン調整を行うレバースイッチを装備。背面には入力端子としてUSB-B、光/同軸デジタル、アナログRCAを各1系統備えています。

  • K5 PRO

    前面

ヘッドホンジャックは6.3mm標準ステレオで、3.5mmステレオミニのヘッドホン/イヤホン用の変換アダプタも付属します。最近のポータブル製品でよく見かけるバランス出力端子は備えていません。「せっかくなのでバランス出力が欲しかった……」という声もあるとは思いますが、内部のオーディオ回路で左右のオーディオチャンネルを独立処理し、完全差動オーディオ出力に対応させるといった設計を採用しており、あえてアンバランス出力を選んで高音質化を突き詰めた感があります。

  • K5 PRO

    背面

32Ω負荷時に最大1.5W、300Ω負荷時に最大20Vp-pと強力な出力を実現し、「さまざまなインピーダンスのヘッドホンを楽々と駆動できる」のもK5 PROの特徴です。ヘッドホン出力のインピーダンスは1.2Ω以下。電源は、DCフィルター採用のDC 15V外部電源方式で、安定性の高い低ノイズの電力供給が可能としています。

なお、付属品でひとつ注意点があり、同梱のACケーブルは海外製のノートPCなどで見かける3極ピンといわゆるミッキータイプのコネクタに対応したものになっています。このままでは壁のコンセントには挿せないので、3極→2極の変換アダプタも付けてもらえるとありがたかったのですが……。

  • K5 PRO

    同梱のACケーブルは3極ピンといわゆるミッキータイプのコネクタを備えたタイプ。壁のコンセントには挿せないので、対応する電源タップか3極→2極の変換アダプタが必要だ

  • K5 PRO

    K5 PROの製品内容

RCAのアナログ出力を背面に備えており、別売のアクティブスピーカーなどのオーディオ機器にK5 PROの音を出力できます。限られた卓上スペースでヘッドホンとスピーカーの両方を良い音で楽しめるかも、ということで、試しにK5 PROを手持ちのフォステクス製アクティブスピーカー「PM0.3H」と組み合わせると、ミニコンポ風のコンパクトオーディオシステムとして使えました。K5 PROもスピーカーもシンプルなデザインなので、見た目も思った以上にマッチしています。

  • K5 PRO

    K5 PRO(中央)をフォステクスの小型アクティブスピーカー「PM0.3H」(左右)と組み合わせてみた。意外にマッチする

K5 PROのライン出力は固定ではなく、ヘッドホンと同様に音量を前面のダイヤルで変えられます。ボリュームは1ステップ0.5dBという細かな音量調整が可能なADCボリュームコントロールを採用しており、左右の音量バランスは小音量でもほとんど崩れません。PM0.3Hのボリュームはアナログ方式で、筆者が持っている個体は音量を絞ったときに左右のバランスが崩れるギャングエラーが起きやすいのですが、K5 PROに音量コントロールを任せるとストレスのない音量調整ができました。

なお、このライン出力は最大2Vrmsまで調整可能で、さまざまなアクティブスピーカーや外付けアンプと組み合わせて使えるそうですが、FiiOではライン出力を使用するときは過大入力を防ぐために、ヘッドホンを外すよう案内しています。ユーザーが注意して使えば済む話ではありますが、万が一ということもあるので、できれば設計上何らかの工夫をしてほしかったところです。

音を聴いてみる

K5 PROの実力をヘッドホンで聴いて確かめてみましょう。PCと組み合わせての再生準備の手順は、一般的なUSB DACとさほど変わりません。筆者は今回、手持ちのMacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)とUSB-C to USB-Aの変換アダプタを介してつないでおり、macOS標準ドライバで動作させましたが、Windows PCの場合はFiiOのサポートページから専用ドライバをダウンロードしてインストールする必要があります。どちらのOSでも、オーディオ再生デバイスにK5 PROを選べば準備完了。

  • K5 PRO

    K5 PRO(左)と、フォステクスのセミオープンタイプの平面駆動型ヘッドホン「T50RPmk3n」(右)を組み合わせて音を聴いた。今回の試聴では、この組み合わせが一番気に入った

再生ソフトは、ハイレゾ音源に対応した「Audirvana」や、ストリーミング音楽配信サービス「Amazon Music HD」のMacアプリ(排他モード)を使い、筆者が試聴時にいつも使っているe☆イヤホンオリジナルの密閉型モニターヘッドホン「SW-HP11」や、フォステクスのセミオープンタイプの平面駆動型ヘッドホン「T50RPmk3n」(いずれも生産終了品)を組み合わせて聴いてみました。

K5 PROの出力はかなりのもので、ボリュームはゲインを最小にしても、時計で言うと9〜10時の位置で十分な音量が出ます。特に、平面駆動型らしい繊細な描写と、セミオープンタイプで開放感あるスッキリした音が楽しめる「T50RPmk3n」との組み合わせが気に入りました。

  • K5 PRO

    ハイレゾ再生ソフト「Audirvana」の設定項目でK5 PROの情報をチェック。今回、DSD512(22MHz)は認識されなかった

  • K5 PRO

    macOSのAudio MIDI設定の画面(右)から、K5 PROのサンプリングレートとビット深度を任意の数値に変更できる。ただしAmazon Music HDアプリ(左)では、macOS側で768kHz/32bitを指定しても「端末の性能」は768kHz/24bitと認識(表示)されるようだ

Eagles「Hotel California」(FLAC 192kHz/24bit)では、ベースやパーカッションなどの低域をしっかり鳴らしつつも前に出すぎることは無く、まるで野外フェスでもっとも良い場所に立って演奏を聴いているような、爽やかな音が印象的。低域から高域までバランスが良く、“優等生”タイプのサウンドだと感じました。

渡辺香津美のアルバム「ギター・イズ・ビューティフル」から「ザ・カーブ・オブ・ライフ」(FLAC 96kHz/24bit)を聴いてみると、ギターの弦が弾かれたり震える様子が耳の奥へと立体的に伝わるかのよう。音場は横に広く、奥行き感もまずまず。解像感もあって音像がぼやけず、ワイドにすっきり鳴る感じです。

サラ・オレインの「Beyond the Sky」(RPG『ゼノブレイド』エンディング・テーマ、FLAC 96kHz/24bit)を聴きながら目を閉じると、ボーカルの歌声がまるで自分のすぐ前で歌ってくれているかのような臨場感が味わえ、特に間奏の弦楽器の旋律が思った以上に生々しく耳に届いて、軽い衝撃を受けました。女性ボーカル曲や、生楽器を多用した楽曲との相性は特に良さそうです。

SW-HP11やT50RPmk3nをとりあえず鳴らすだけならMacBook Airのヘッドホンジャックでもそれなりに使えますが、高音質なK5 PROを通して音楽を聴いた後では当然ながら表現力の差を感じないわけにはいかず、もうMacのヘッドホン出力には戻れません。2万円台で手に入るヘッドホンアンプとしてはかなりコストパフォーマンスが高いと感じます。

K5 PROのゲイン調整は前面のレバースイッチで低(0dB)、中(+6dB)、高(+10dB)の3段階で切り替えられるようになっており、どんなヘッドホン/イヤホンでも対応できそうなところも、製品選びで安心できるポイントと言えそうです。

ちなみに、本体前面のボリュームノブの周囲にはRGBインジケーターを備えていて、再生中の音楽のサンプリングレートに応じて色が変わるようになっています。48kHz未満は青、48kHz以上は黄、DSDは緑に光るので、プレーヤー画面を最小化していても、今聴いている曲の仕様がざっくり把握できます。普通に音楽を楽しむのに必須の機能ではありませんが、目障りになるほどではなく、無骨なアルミの本体に彩りを添えている感じ。夜、寝る前のひとときを好きな音楽を聴いて過ごしながら、ぼんやりインジケーターの明かりを眺めて過ごす、なんて楽しみ方も良さそうです。

  • K5 PRO

    Amazon Music HDの192kHz/24bit PCM音源を再生しているところ。K5 PRO(左)のボリュームノブの周囲が黄色く光っている

  • K5 PRO

    DSD音源を再生すると、ボリュームノブの周囲の発光色が緑色に変わった

今回はK5 PROにあわせて比較的近い価格帯のヘッドホンを組み合わせて聴いてみましたが、もっと鳴らしにくいと言われているモデルなど、上位のヘッドホン/イヤホンと組み合わせたら音にどんな違いが出ただろう? などと興味は尽きません。付属のACケーブルや、ライン出力利用時のヘッドホン出力の件など、海外製品ならではの問題も抱えてはいますが、全体として使い勝手や音質については高い水準でバランス良くまとまっており、比較的導入しやすい手ごろな価格帯であることも好印象でした。

現状、FiiOの直販サイト以外で購入できる正規ルートがなく、再入荷の詳細もまだアナウンスされていないのがつらいところではありますが、K5 PROは“オーディオの楽しさ”を体験する入口としてオススメできる一品です。

  • K5 PRO

    Campfire Audioのイヤホン「POLARIS II」と組み合わせたイメージ