新型コロナウイルスの影響でリモートワークとなり、Zoomなどを使ったWeb会議を日々こなしている人も多いでしょう。しかし、Web会議で気になるのがWebカメラの画質の悪さ。「パソコンのWebカメラを通すと、みんな元気がなさそうに見える」「自分の写りが悪いので映像をオフにしたくなる」といった意見をよく目にします。

そのようななか、シグマのフルサイズミラーレス「SIGMA fp」が、パソコンとUSBケーブルでつなぐだけでWebカメラとして使えた!ということが写真ファンの間で話題になっています。フルサイズセンサーと表現力に優れる大口径レンズがもたらす映像は別格の表現力で、「Web会議の参加者からすごいと話題になり、会議が盛り上がった」「一度fpのWebカメラを体験すると、もう普通のWebカメラには戻れない」と評価は上々の様子。

  • シグマのフルサイズミラーレス「SIGMA fp」

    「フルサイズセンサー搭載のぜいたくなWebカメラ」として話題になっているシグマのフルサイズミラーレス「SIGMA fp」

しかし、同時に「手持ちのミラーレスをパソコンにつないでも使えなかった…。なぜ?」「結構高いキャプチャーユニットが必要らしいが、売り切れで入手できない」といった悲痛な声も多く聞かれます。fpをWebカメラとして使うとどれだけ映像が見違えるのか、なぜfpだけがUSBでつなげばWebカメラとして使えるのか、fpの開発キーマンへの取材を合わせてまとめてみました。

最新カメラでも数少ない「UVC」への対応がポイント

シグマのfpは、フルサイズセンサーを搭載しながらコンパクトデジカメ並みの小型軽量ボディに仕上げたLマウントミラーレスです。金属製の箱形ボディや、手のひらサイズの小型軽量ボディからは考えられない拡張性の高さ、映画に着想を得たカラーモード「ティールアンドオレンジ」など、オンリーワンの装備や機能がスマホ世代の若年層にも響き、シグマのカメラとしては異例のスマッシュヒットとなっています。

  • 2019年10月末に登場したfp。量販店での実売価格は、ボディ単体モデルが税込み205,000円(+ポイント10%)前後、45mm F2.8 DG DNが付属するレンズキットが税込み235,000円(同)前後

大いに個性的なfpですが、隠れた個性的な機能も秘めていました。それが「UVC」(USB Video Class)とUAC(USB Audio Class)への対応です。「パソコンとUSBケーブルで接続するだけで、ドライバーなどのインストールをすることなくWebカメラやマイクとして使える」という機能で、一般的なWebカメラでも採用されている規格です。fpはUVCなどの機能が備わっているため、USBケーブル1本でWebカメラ化できるわけです。WindowsとMacの両方に対応していますが、iPadでは利用できません。

  • fpはUVCに対応しているので、HDMIキャプチャーユニットなどの外付け機器を用いることなく、USB Type-Cケーブルでパソコンに接続するだけでWebカメラとして使える。レンズを含めても軽量で済むので、カメラの固定には安い小型三脚があればよい

ちなみに、意外なことにfp以外のデジタルカメラは、たとえ最新機種であっても、UVCに対応している機種はほとんどありません。大半の機種は、パソコンに接続すると外部ストレージと同じように認識され、記録した写真や動画が閲覧できる「USBマスストレージクラス」のみの対応にとどまります(fpはUVCとUSBマスストレージクラスの両方に対応)。ソニーの最新フルサイズミラーレス「α7R IV」をパソコンにつないで試してみましたが、Webカメラとしては使えませんでした。

角度が自由に変えられ、背景の写り込みも抑えられる

実際に、MacBook AirとWeb会議ソフト「Zoom」を使って試してみました。fpもMacBook AirもUSB Type-C端子を搭載しているため、MacBook Airに付属する充電用のUSB Type-Cケーブルを使って両者を接続し、撮影モードを「CINE」に切り替えて電源を入れるだけでOK。すると、USBモードを「マスストレージ」と「ビデオクラス(UVC)」から選択する画面が表示されるので、後者を選びます。あとは、Zoomのアプリでカメラを「FaceTime HDカメラ(内蔵)」から「SIGMA fp」に切り替えれば、fpの映像が表示されます。

  • USB Type-Cケーブルでパソコンと接続する。MacBookシリーズの場合、標準で付属する白い電源ケーブルが通信用として使える

  • 電源を入れ、撮影モードを「CINE」に切り替える

  • USBモードを選択する画面が出るので、「ビデオクラス(UVC)」を選ぶ

  • Zoomのソフトウエアでは、カメラの選択で「SIGMA fp」を選べばよい

キットレンズとしてもおなじみの標準レンズ「45mm F2.8 DG DN」を装着したfpは、映画のワンシーンのような立体感のある美しい映像をもたらしてくれました。特に、レンズが広角で室内が丸見えになってしまう内蔵Webカメラとは異なり、望遠寄りのレンズを使えば背景が写り込む範囲も狭くなり、ゴチャゴチャした部屋でも背景がうるさくならずに済みます。あまり明るくない室内でも、内蔵のWebカメラのようにノイズが多く見づらい映像にならず、きれいな映像で写してくれるのも見逃せません。

  • 45mmのレンズを装着したfpを用いた映像。多少ピントが外れてしまったが、一般的なWebカメラとは明らかに違う映画のワンシーンのような仕上がりに驚く。奥に見える部屋も、ほどよくボケてくれた

画質面以外にfpを使う大きなメリットだと感じたのが、三脚を使えばアングルが自由に変えられること。内蔵のWebカメラでは正面からの構図に固定されるのに対し、角度を付けたり下方向からのアオリ、真横からなど柔軟に変えられるので、雑誌のインタビューカットのような構図で会議に臨むのもイイと思います。

  • こちらが内蔵のWebカメラを用いた映像。真正面しか写せないので平面的な印象になるし、背後にあるものも結構しっかり見えてしまう

一般のWebカメラと異なるのが、ピント合わせの必要が出てくること。オートフォーカスにも対応しますが、背景によってはピントが人物に合いにくくなる場合があるので、基本はマニュアルフォーカスのほうがよいと感じます。ピント合わせは面倒ですが、多少ピントが外れてもWeb会議の用途では問題ないので、ざっくり合わせればよいでしょう。

fpをWeb会議で使うにあたって重要となる電源については、おおむね2時間は持たない程度でバッテリー切れになってしまいます。1時間や1時間半ぐらいの会議ならば1本のバッテリーでも持ちますが、長丁場の大事な会議ではバッテリーの代わりにACアダプター「SAC-7P」(実売価格は税込み6,600円前後+ポイント10%)を利用するのがよさそうです。

UVCに対応したのは「ライブ配信の広がり」

このように、映像のせいで乗り気にならないWeb会議をワクワクするものに変えてくれるfpのWebカメラ化。競合のフルサイズミラーレスに先んじてfpにUVCを搭載した理由について、fpのプロジェクトリーダーを務める畳家久志氏は「もともとはストリーミング配信の広がりに対応するためだった」だと語ります。

  • fpのプロジェクトリーダーを務めるシグマの畳家久志氏

写真だけでなく動画でも高い性能を備えるべく開発を進めていたfp。単純に機能や性能を上げるだけでなく、消費者の使い方やニーズに合った機能を盛り込もうと、デジタルカメラの動画機能がどのような用途で使われているかを調査。その結果、生の映像をインターネット経由で配信するライブ配信やストリーミング配信のニーズが広がっていることが分かったそうです。

撮影や配信が1台で手軽にできるスマートフォンの普及で、ライブ配信の敷居はグッと下がりました。しかし、映像や音声のクオリティを高めようとするとレンズ交換式カメラが求められ、HDMIキャプチャーユニットを用意してパソコンに接続する必要がありました。

fpでは、HDMIキャプチャーユニットのような高価な専門機器を使わず、パソコンの内蔵Webカメラを利用するのとあまり変わらない使い勝手ではるかに高画質なストリーミング配信が簡単にできるようにしたい…と考え、UVCやUACを標準でサポートすることにしたといいます。

他社のデジタルカメラが軒並みUVCには対応していないことを考えると、UVC機能を搭載するのはとても難しいのでは…?とも感じます。畳家氏によると、カメラをUVCに対応させること自体はそれほど難しくないといいます。しかし、ライブ配信やWebカメラの用途では、ふだんの動画撮影よりもはるかに長い時間、4K画質やフルHD画質の動画をパソコンに送り続ける必要があります。fpは、回路設計や放熱などの工夫で安定性や信頼性を引き上げ、トラブルなく安心して使えるようにしたといいます。

ちなみに、シグマの山木和人社長のTwitterでは、液晶ディスプレイ背面のVESAマウントに取り付けるタイプのfp用ブラケットを3Dプリンターで自作した社員がいることを公表し、話題になっています。

オフの日も楽しく使える“究極のWebカメラ”

非常事態宣言があと1カ月程度は延びそう…といった報道がなされており、ゴールデンウィークが終わってもしばらくは在宅でのリモートワークが続く可能性があります。きれいな印象をWeb会議の相手に与えたい人、Web会議で対面と同等の大事な商談をしなければならない人など、現状のWebカメラに満足していない人は、“究極のWebカメラ”ともいえるfpを試してみては? もちろん、オフの日も不満なく使える仕上がりのフルサイズミラーレスであることは忘れてはなりません。