シチズン時計は4月23日、ウオッチブランド「カンパノラ」から、日本の伝統技法「塵地螺鈿(ちりじらでん)」を用いた限定モデルを発表した。5月14日に発売し、価格は374,000円(税込)、限定300本。

  • AMPANOLA(カンパノラ)/ エコ・ドライブ「塵地螺鈿」限定モデル

カンパノラは「宙空の美」をデザインコンセプトとしており、今回の限定モデル(BU0024-02E)は、漆黒とゴールドの組み合わせで表現している。見どころは6時位置のサブダイヤル。漆塗りに貝の真珠層を散りばめた「塵地螺鈿」細工によって、漆黒の空間に輝く星を表現し、ムーンフェイズと合わせて宇宙船の窓から眺める宇宙をデザインした。

  • 6時位置と12時位置のサブダイヤルに注目

12時位置のサブダイヤルは、針で日付を示す。古代アステカ風の文様に見られる太陽を、電気鋳造で再現した。また、12時位置と6時位置のサブダイヤルは回転の連続パターンで取り巻き、これは二つの次元をワームホールがつなぐイメージとなっている。

ムーブメント「Cal.8730」はクォーツで、定期的な電池交換が不要な光発電エコ・ドライブ仕様。ケース素材のステンレススチールには、シチズンの硬化技術「デュラテクトDLC」を施している。ケースサイズは径43.×厚さ14.8mm(設計値)、風防は無反射コーティングのデュアル球面サファイアガラス、バンド素材はワニ革、防水性能は日常生活用防水。