iPhone 11シリーズの広角レンズを使いこなすコツ、前回の「iPhone 11の広角カメラを極める! 美しい構図に仕上がる“三分割法”とは」に続き、2回目の今回は「遠近感」について解説します。

  • iPhone 11シリーズは、新たに13mmの広角カメラを搭載したのがポイントだ

    13mmの広角カメラを含む複数のカメラを搭載するiPhone 11シリーズ。この広角カメラを使って「うまい!」と思わせる写真を撮るためのポイントを、美しい作例とともにチェックしていきましょう

広角撮影では被写体にグッと寄りたい

近くのものが大きく、遠くのものが小さく写る……というのは当たり前に聞こえるかもしれません。しかし、レンズ越しに捉えられた写真や映像では、必ずしもそうではないのです。

例えば、テレビの野球中継を見ると、ピッチャーとバッター、背後の観客席との距離がかなり近いように見えます。実際には、それぞれかなり離れているのですが、超望遠レンズの“圧縮効果”でそう見えるのです。

では、広角レンズではどうなるかというと、反対に肉眼より遠近感が強調されて写ります。近いものはより大きく、遠くのものはより小さく写るとされています。ただし、そう写すには、近くにある被写体にぐっと寄ることが条件。そうでないと、広角特有の強い遠近感ゆえ、何もかもが遠くにあり、抑揚や立体感に乏しい写真になりがちです。もちろん、それが意図であったり、状況的に寄ることが難しければ別ですが、広角撮影ではできるだけ被写体に寄ることがカッコいい写真に仕上げるコツです。

iPhone 11シリーズのカメラは、標準レンズや望遠レンズがオートフォーカスであるのに対し、広角レンズは固定焦点、すなわちピントを合わせる機能がありません。「写ルンです」などのレンズ付きフィルムと同じです。13mm相当ほどの超広角だと、パンフォーカス(手前から奥までピントが合うこと)になるので、オートフォーカスは必要ないという判断のようです。

一眼レフやミラーレスカメラでは、超広角レンズでもピント合わせがシビアだったり、大きなボケが得られる“副作用”で広角らしいダイナミックさが薄れがち。しかし、iPhone 11の広角レンズは手前から奥までピントが合い、遠近感の強さがくっきりと表現できます。

  • スクランブル交差点でのスナップ。横断歩道のゼブラ模様とともに、影や周囲の建物も生かしてフレーミングした。超広角は平たい写真になりがちだが、逆光で撮ることで立体感も生まれた

  • iPhoneのカメラは、あらゆる部分が至近距離で人物を撮ることを前提にしている(とカメラマンの立場からみると思う)。iPhone 11の広角レンズも、こういう写真が一番撮りやすい(モデル:福田博子)

広角撮影では線を意識して構図を取る

では、その遠近感をどうやって生かすか、という応用の話に移りましょう。前回と同様に、やはり構図が重要になってきます。遠近感が圧縮される望遠に比べて、広角は被写体が画面に描く「線」が視覚的に目立ちます。それを積極的に生かすことで、かっこいい写真が撮れるのです。

線の描き方はいくつかのパターンがあります。その名の通り、S字や逆S字の曲線を描く「S字構図」、複数の線がある一点に集まる「放射線構図」、目立つ線が画面の対角線付近を横切る「対角線構図」、左右対称の「シンメトリー構図」など、挙げたらキリがありません。ただ、実際に我々プロカメラマンが撮影のたびにパターンを意識しているかというと、答えは“NO”です。自分の立ち位置やアングル、カメラの振り方、使用するレンズをアレンジしながら、感覚的にバランスのいい構図を作った結果、いずれかのパターンに当てはまるのだと思います。

その技術を会得するには、たくさん撮ることも重要ですが、撮った写真を見返すことも大事だと思います。

  • これは対角線構図に分類できるシーンで、中央の消失点から四隅に向かって線が広がっている。超広角レンズで細い路地を撮ると、すべてが遠く見える平坦な写真になりやすい。この写真では、右の黄色い提灯にくっつきそうな距離まで近付くことで、遠近感を強調できた

  • これも対角線構図。左上から右下へ横切る斜めの線が視線を誘導。狭い空間を切り取った写真だが、広がりや奥行きを感じさせる

  • ちょっと分かりにくいかもしれないが、左上の屋根から始まって、花と地面の境界線が逆S字を描いている。画面の四隅をきっちりと見ながらフレーミングするのが、かっこいい構図を決める秘訣だ

奥行きを感じさせる「消失点」も意識したい

コツをひとつ挙げると、ポイントとなるのが「消失点」を作ることです。消失点とは、距離が遠ざかることで線が集まっていくポイントのこと。写真を見る人の視点はそのポイントに引き寄せられ、その効果として平面の写真に奥行きを感じるのです。壁面などを正面から撮影したり、線が規則的に並ぶようなグラフィカルな構図は別ですが、画面内に遠近がある場合は消失点があることが多いはず。広角は消失点を作りやすく、その効果も高いといえます。

  • トンネルの出口を消失点に見立てた放射線構図。ただ明るいだけでは視線が集まりにくいので、人物のシルエットがくる瞬間を待った

  • 13mm相当になると屋内でも遠近感がかなり強くなる。それを生かして階段の手すりを大胆にフレーミングしてみた(モデル:福田博子)

  • 日没直前の原宿。超広角によってダイナミックに。その一方で逆光によって奥行き感も表現した

カメラを構えていて、何か収まりが悪いなぁ……というときは、自分が少し動くことで線がきれいに奥へ集まり、バランスのいい構図にまとまることがあります。というわけで、次回はアングルについて解説したいと思います。

鹿野貴司(しかのたかし)

1974年東京都生まれ。多摩美術大学映像コース卒業。さまざまな職業を経て、広告や雑誌の撮影を手掛ける。日本大学芸術学部写真学科非常勤講師、埼玉県立芸術総合高等学校非常勤講師。