NTTドコモは3月18日、5Gサービスの3月25日開始に合わせて5Gスマートフォン6機種を発表。3月25日から順次発売します。ここでは発表された5Gスマホのひとつ、「AQUOS R5G SH-51A」(シャープ製)を写真で紹介していきます
  • 展示されていた実機は5Gにつながっていました

AQUOS R5G(SH-51A)は、8K動画の撮影に対応し、ディスプレイ性能を高めた6.5型のAndroidスマートフォンです。5Gに使われる電波のうち、6GHz未満のSub6に対応し、3月25日から発売します。

  • 発売時期:2020年3月25日
  • ドコモオンラインショップ価格:111,672円、スマホおかえしプログラム適用時74,448円(税込)
  • AQUOS R5G。本体カラーはBlack Ray(左)、Aurora White(右)。2色とも背面はオーロラのように反射します

約10億色という高い表示色を誇るPro IGZOディスプレイを採用。AQUOS R2秀2倍以上という1,000cd/平方mという明るさを実現しています。新画質エンジンのリッチカラーテクノロジーモバイルによって、周囲の光成分を分析して最適な画質にコントロールしてくれるそうです。

  • 約本体前面(上)と背面(下)。6.5インチ液晶を搭載しつつ、約189gと軽量で持ちやすい端末です。画面が大きく見いやすい反面、女性の手にはやや大きいかもしれません

  • 本体側面。電源インタフェースはUSB Type-Cで、充電中は近くに配置されたLEDランプが光ります

カメラは有効画素数4,800万画素の超広角カメラ、同1,220万画素のメインカメラ、同1,220万画素の望遠カメラを採用。ToFカメラも備えており、AQUOS初のクアッドカメラとなっています。

  • カメラはToFカメラを含めて4つ

AQUOSスマホで初となる8K動画の撮影が可能。8Kは高解像度ですが、それをそのまま再生できる環境はまだ多くはありません。その代わり、撮影した動画内に人物がいる場合に自動でズームしてくれるフォーカス再生機能を搭載。いわばデジタルズームですが高解像度のため、拡大しても画質が維持できます。3,300万画素の静止画切り出しも可能です。

  • 超広角カメラを使う8K動画撮影機能

  • 左上にあるのが元の映像で、そこから人物にズームしているのがフォーカス再生

撮影動画に対して、AIが自動でシーン分析をして約15秒のダイジェスト動画を作成するAIライブストーリーPro機能でも、ズームやマルチフレームなどを駆使して簡単に動画が作成できます。

  • ズームや効果を付与して動画を自動生成してくれるAIライブストーリーPro

AQUOS R5G SH-51Aの主な仕様

  • OS: Android 10
  • CPU: Snapdragon 865/2.8GHz+1.8GHz(オクタコア)
  • 内蔵メモリ: 12GB
  • ストレージ: 256GB
  • 外部ストレージ: microSDXC(最大1TB)
  • サイズ: W75×D8.9×H162mm
  • 重量: 約189g
  • ディスプレイ(解像度): 約6.5インチ Pro IGZO液晶(3,168×1,440ドット)
  • メインカメラ: 約4,800万画素(超広角)+約1,220万画素(標準)+約1,220万画素(望遠)
  • インカメラ: 約1,640万画素
  • Wi-Fi: 〇
  • Bluetooth: 5.1
  • バッテリー容量: 3,730mAh
  • 連続待受時間: 約100時間(5G)/約125時間(4G LTE)
  • 通信速度(5G): 受信最大3.4Gbps/送信最大182Mbps
  • 通信速度(4G LTE): 受信最大1.7Gbps/送信最大131.3Mbps
  • 防水/防塵: ○/○
  • 生体認証: ○(指紋認証、顔認証)
  • ワンセグ/フルセグ: ○/○
  • おサイフケータイ: ○(NFC/FeliCa搭載)
  • 接続端子: USB Type-C
  • カラーバリエーション: ブラックレイ、オーロラホワイト
小山安博

著者プロフィール
小山安博

マイナビニュースの編集者からライターに転身。無節操な興味に従ってデジカメ、ケータイ、コンピュータセキュリティなどといったジャンルをつまみ食い。最近は決済に関する取材に力を入れる。軽くて小さいものにむやみに愛情を感じるタイプ。デジカメ、PC、スマートフォン……たいてい何か新しいものを欲しがっている。