Dynabookは3月4日、第10世代Intel Coreを搭載した15.6型の高性能ノートPC「dynabook C8」を発表した。ブルーとホワイトの2色展開で、3月13日から順次販売開始する。価格はオープンで、店頭予想価格は税別210,000円前後。

  • dynabook C8 ブルー

  • dynabook C8 ホワイト

省スペースかつ快適に使えることを目指した、15.6型の高性能ノートPC。現行15.6型ノートPC「Tシリーズ」と比べ、狭額縁液晶の採用でフットプリントを小型化したほか、本体の厚みを約19.9mmに抑え、薄型化した。重さは約1.84㎏と、Tシリーズの約2.4㎏から軽量化し、ホームモバイルも手軽に行える。

性能面では、6コア12スレッドの第10世代Intel Core i7プロセッサを採用。全体として高い処理性能を持ち、負荷の高い作業でもこなせる構成に仕上げた。

メモリは8GB×2の16GB、ストレージは512GB SSDにOptaneメモリを備え、GPUにNVIDIA GeForce MX250を採用する。ディスプレイはノングレアのIGZO液晶で、Windows Hello対応の顔認証カメラを搭載。Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)も内蔵する。なお、光学ドライブは非搭載だ。主な仕様は下記の通り。

  • キーボード面

dynabook C8の主な仕様

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU:Intel Core i7-10710U
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:512GB SSD+32GB Intel Optaneメモリ
  • グラフィックス:NVIDIA GeForce MX250
  • 光学ドライブ:―
  • ディスプレイ:15.6型ワイド液晶(1,920×1,080ドット、ノングレア)
  • 通信:IEEE802.11a / b / g / n / ac / ax準拠の無線LAN、Bluetooth、1000Base-T準拠の有線LAN
  • インタフェース:USB Type-C×1、USB 3.0×3、HDMI×1、SDカードスロットなど
  • バッテリ駆動時間:約13.5時間(JEITA 2.0)
  • スピーカー:ステレオスピーカー
  • 本体サイズ/重さ:W361×D244×19.9mm/約1.84kg
  • 店頭価格:税別210,00円前後
  • 本体側面