「東芝のPC」として歩んできたdynabookシリーズ、2019年の30周年は新会社Dynabookとして迎えました。シャープ傘下となってから業績回復の明るい兆しも見え、dynabookは今後どのような方向に進んでいくのでしょう。国内でPC事業を統括する影山岳志氏と、商品・設計・NCC・ビジネスパートナー戦略所管を務める中村憲政氏に聞きました。

  • 2019年、dynabookはブランド30周年を迎えました。写真は30周年記念モデルの「dynabook G」シリーズ

これまでの経緯とdynabookの現状

―― シャープグループになり、どのような部分が変わりましたか。

影山氏:雰囲気もずいぶん変わったなという印象です。ポジティブにとらえている人が多いようです。たとえば、スピード感や、事業拡大の意欲などを特に強く感じますし、意志決定も速いと感じます。過去と比べれば、間違いなくよい方向に向かっています。

  • Dynabook 常務執行役員 国内事業統括 統括部長 影山岳志氏

―― そうした点が好調な数字にも現れたといえますね。

影山氏:(Windows 7のサポート終了に伴う)Windows 10へ移行が進んだことで、市場全体が好調です。その影響もありますが、それを差し引いても、手応えを感じますね。

海外の状況は?

―― 一方で、海外でのブランド認知はこれからですか。

中村氏:はい。これまでdynabookという名称は、おもに国内で使ってきました。実は海外でのブランド認知度は、ほとんどないという状況です。今後はブランド投資もしていくことで承諾を得ていますので、最初は『以前の東芝は今のdynabookですよ』という段階からです。

ゆくゆくはdynabookのみという形で、海外にもPRを積極的に打っていき、dynabookブランドを広めていければと思います。SNS、Webサイト、カタログも含め、イベントなどでもPRしていこうとして、取り組みを進めている状況です。

  • dynabook 執行役員 商品・設計・NCC・ビジネスパートナー戦略所管 中村憲政氏

―― 部材調達という意味では、鴻海の力は大きいのでしょうね。

中村氏:やはり大量調達のパワーはあります。集中購買という側面でも助かっています。

―― 年間の商戦期で売り上げを伸ばしつつ、そのほかの展開はどう予想していますか。

中村氏:ざっくりとしたところでは、Windows 7とWindows Server 2008のサポートが終了した2020年1月14日以降、特にBtoB領域での取り引きは落ち着くでしょう。今度は教育分野に、各社が熱い視線を送っていますよね。

また、5G×8Kであったり、曲がるフォルダブル液晶であったりと、これまでのPC(編注:デスクトップPCやノートPC)を超えた『コンピューティング』という部分が伸びると確信しています。そこでdynabookも、ノートPCという部類ではなくて、コンピューティングという部分を広げていきたいと。Windows環境の移行サービスなどは大きな柱です。

さらにはモバイルエッジコンピューティングがあります。PCの利用シーンでオフィスは大きな割合を占めますが、コンピューティングを外に持ち出して、働く人のプロアクティビティを高めましょう――といったところにも取り組んでいきます。オフィスから外に出たコンピューティング需要というのは、今後も確実に広がっていくでしょう。

そのほか、プラットフォーム事業にも取り組みます。サービスの内容が、ガラっと変わるわけではないんですが、長いスパンで見ていただければ。

  • 5G×8K時代の新デバイスや曲がるディスプレイ製品に向けた開発などが、dynabookの事業拡大戦略のひとつに挙げられています(写真は発表会のスライドから)

気になる、あのこと、このこと

―― PCの生産という意味では、インテルのCPU問題はいかがでしょうか。

中村氏:まだ完璧ではないですが、復調してきているのは確かです。

―― AMDの存在感も大きくなりました。

中村氏:そういった流れもありますが、企業のお客さまについては、これまでの検証結果、セキュリティ、互換性を重視されます。オフィス向けのPCは、今後もしばらくはインテルのプラットフォームが中心でしょう。

影山氏:まだまだBtoB領域では、AMDプラットフォームを採用するお客さまは少ないと思いますが、個人向けPCとしては、各社さんから多くのモデルが出ていることは認識しています。

  • インタビューの和やかな雰囲気からも、dynabookの事業が順調であることがうかがえます

―― dynabookのラインナップとして、AMD Ryzenを使ったPCを出す可能性は?(ぐっと身を乗り出す我々)

中村氏:ゼロではないと思いますが、常に色んなことを考えていますので(笑)。

―― (残念……まぁそうですよね)ところで、dynabookのファンは、どこを支持していると感じていますか。

影山氏:手前味噌になりますが、信頼関係だと思っています。お客さまと製品、お客さまと弊社との信頼関係があるから、使い続けていただいていると。私はお客さまとお話しする機会が多いのですが、そこ(信頼性)を褒めていただけると本当にうれしいですね。

中村氏:アメリカ市場でも、同じ手応えはあります。長年のお付き合いがありますが、お客さまのPCやシステムに何かあったときは、すぐに対応できるようにしています。過去からの蓄積でもありますが、そういった部分では、変わらず高い評価をいただいています。

  • 中村氏「アメリカでもユーザーから信頼を集めています」

―― アメリカは価格が安ければよい、という市場かと思ってました(笑)。

中村氏:そういったお客さまもいらっしゃるんですが、多少は値段が高くても、中長期のトータルではむしろコストが安くなるという考え方も多いですね。サービスサポートも一貫してやっているので、それも強みです。

お客さまから『何かあったときは逃げないで対応してくれるよね』と言われたときはうれしかったですね。担当者に連絡してもらえれば、こちらからすぐに飛んでいきます。

軽さへの追求がブレイクスルーに

―― ここ1年でPCのラインナップが充実してきた印象があります。特にdynabook Gシリーズなど。

中村氏:そうですね。シュリンクしていたものが、シャープのグループになってから拡大に転じました。『一時期から半減していたものを立て直すぞ』と、設計陣も躍起になって開発しています。充実していますね。みんながキラキラしているように感じます。

  • 13.3型で約779gのモデルもラインナップされているdynabook G83

中村氏:dynabook Gシリーズのように、軽さを目指したことがエンジニアにもブレイクスルーになりました。これまでは『小さく小さく』を目指して開発していたんですが、軽くしつつ堅牢性も保つという、二律背反のアイデアを形にできた自信もあって。テクノロジーのブレイクスルーは、dynabook S73にも活かしました。S73は、3面がプラスチックです。技術の開花によって、ラインナップ展開も加速しています。

―― dynabook Gシリーズは軽いですよね。

影山氏:やれ700gだ、いや600gだと、まるでステーキ屋さんのような話になってきました(笑)。

中村氏:MIL規格にもこだわっています。パネルを曲げる、ねじる、叩くといったことへの耐久性。我々が取り組んだらどうなるか、見せようじゃないかという気概ですね。妥協を許さないモノづくりは、自負できるところです。

影山氏:dynabook GシリーズのLANコネクタには、LANケーブルがスコッと入ります。『PCが多少厚くてもこっちのほうがよい』と思われるお客さまも多くいらっしゃいます。折りたたみ式だと故障が怖いと心配されるんでしょう。そこも評価されています。まだ無線LAN環境が整っていない会社さんも多いので、有線LANはなくせない。ノートPCにLANポートがなければ、そのぶん本体を薄くできるんですが、お客さまのニーズを大切にした結果です。

  • 薄さを追求しつつも、ニーズに応えるために復活させたLANポート

中村氏:国内向けのハイエンドモデルでは、LANポートをなくしています。これまではアナログRGB(D-Sub)とLANポートが薄型化の強敵だったんですが、アナログRGBはなくしました。有線LANケーブルをお使いのお客さまは多いので、dynabook Gシリーズで復活させつつ、その上で『薄く軽く』を目指しました。ご要望に応えられた部分ですね。

LANポートにはケーブルを固定するためのノッチがついてます。このノッチ部分を下向きにすることによって、本体をさらに薄く設計できます。しかし、カタログスペックを重視した(編注:薄さ)の実装ですと、LANポートのノッチがお客さまの服に引っかかってしまうようなケースも考えられます。そこであえてノッチを上向きにしながら、薄くすることにこだわりました。

PC本体の横幅は316mm以下に。これは一般的なオフィス机の引き出しの幅を意識していまして、引き出しに対してPCを縦にスッポリ入るサイズであることを大切にしています。こうした長年にわたって培った『マジックワード』にこだわりながら開発してます。

―― 小さなボディにパーツを埋め込んでいけるのも、これまでの歴史とノウハウがあるからですね。dynabook S73の反響はいかがですか。

中村氏:見た目に対して、持った感じの軽さにインパクトがあるというご意見はうれしいですね。そして薄いと。弾力性のあるプライス構造にもなれたかなと思っています。こちらはBtoC向けにもラインナップします。

  • Gシリーズのコンセプトを継承したdynabook S73

―― 話が少し飛びますが、販売の中で量販店の比率は変わりましたか?

影山氏:dynabookシリーズ全体としては、量販店での販売は減り、法人取り引きが増えました。現状、BtoC向けはラインナップをしぼった段階なので、どうしても台数は過去に比べて減ります。今後はラインナップを充実させて伸ばしていきたいと考えています。また、Webでの販売も伸び率が高いですね。今後もWebには力を入れていきます。

若年層へのアプローチは……

―― 日本の若年層は、PCの使用率が低いと言われています。その状況や、アプローチはどのように考えていますか。

影山氏:これはPCの全メーカーで考えていることですね。マイクロソフトさんも含めて。

教育市場では、ひとつ明るい兆しが見えてきました。2020年からプログラミング学習をやるということで、ご家庭における学校教育に向けた準備のニーズが出ています。これまではキーボード入力の必要性が低く、若い人はいろいろなことをスマホで済ませていました。だから新入社員はキーボードの訓練からしないといけない(笑)。

そんな状況だったのが、学校教育で『キーボード入力から始めましょう』となった。業界全体でもっと啓蒙していく必要があるでしょう。それが1つの答えになるのかなと思います。

競争は激しいです。文教市場は大きいので、各社さんが力を入れています。PCだけでなく、システムとしてトータルの競争です。これはシャープグループになってよかったと思うところですが、扱える機材やソフトウェアが増えました。たとえば、電子黒板の『BIG PAD』、教育用ソフトの『STUDYNOTE』です。Dynabookとしてもいろいろなソリューションを持っており、お客さまのニーズに合わせて提案できる商材が集まってきているわけです。ここが今後の強みになっていくと考えています。

  • 影山氏「Dynabookは元気な会社になりました」

どんなPCが出てくる?

―― 今後、どんなデバイスを創っていきたいですか。

中村氏:飽くなき追求、ではないですが、テクノロジーを追いかけつつ、あとは曲がる液晶、フォルダブルというところで、我々がつくるとどうなるか。内部でも議論をしているところです。

曲がって広げたら、それはタブレット端末と何が違うのか。曲がることで、どう生産性を高めていけるのか、議論しているところです。クラムシェルではない形状も合わせて、もっと使いやすく魅力的な形を探っています。これは我々の使命ですね。学生も働く人もターゲットです。

『軽・薄・短・小』という部分は、これで満足、ということがないんです。これからも薄く軽く長く安全というところを追求していきたいと。新しいブレイクスルーを狙っていきます。

―― ワーカーの実用性も確保しつつ、ワクワクできる製品を期待しています。最後にメッセージを。

影山氏:dynabookは、元気な会社になりました。皆さんのお役に立つ会社として、信頼いただける会社を目指し、元気な会社としてやっていきます。ぜひ、ご期待いただけたらと思います。

―― ありがとうございました。