米国生まれのアマゾンは、自社のAlexaを搭載するスマートデバイスや、パートナーによるAlexaビルトインの製品を一堂に集めたブースをCESの会場に出展しています。今年は、特にオートモーティブの展示にも力を入れていました。

  • アマゾンが出展するブースは、いつも大勢の来場者であふれています

2020年の時点で、Alexa対応のスマートデバイスは9,500のブランドから10万を超える製品が出そろったといいます。デベロッパーが開発したスキルの数も、10万件を超えたそう。マルチエンターテインメントプレーヤーのFire TVシリーズで楽しめるコンテンツも着実に増え、世界中にいま月間4,000万のアクティブユーザーがいるそうです。

アマゾンは今年もAlexa、Fire TVを軸としたスマートプラットフォームとエンターテインメントをより積極的に拡大していく方針を明らかにしています。CESにアマゾンが出展するブースには、日本にまだ上陸していないものも含め、Alexaを搭載するユニークなスマートホームデバイスや自動車が数多く並んでいます。これはぜひ使ってみたいと思わせる、意外な使い方ができるアイテムもありました。

スマートスピーカーと一体になった電動歯ブラシも

P&Gは、ブラウン「オーラルB」シリーズの電動歯ブラシを、Alexa内蔵のスマートスピーカーに合体させました。歯ブラシの充電スタンドがスマートスピーカーになっています。

  • P&Gが開発したAlexaを搭載するスマート電動歯ブラシ

  • チャージスタンドにスマートスピーカーがビルトインされています

ウェイクワードを話しかけると、充電スタンドのLEDが青く点灯。声が聞こえてきた方向が緑色に光る様子は、まさしくEchoシリーズのスピーカーと同じ。Amazon Musicで音楽をかけたり、Echoと話しながら天気予報を聞いたり、さまざまなスマートホームデバイスが操作できます。ブラシが歯に強く当たっているとLEDが赤く点灯して声でアラートしてくれる、歯ブラシならではの便利な機能も搭載しています。

  • ブラシ圧が強すぎると、LEDが赤く光って知らせてくれます

アメリカでは、すでに複数のブランドからAlexaを内蔵するスマートミラーが商品化されています。simplehumanのSensor Mirrorも、本体にマイクとスマートスピーカーをビルトインした製品です。鏡の周囲に配置したLEDの明るさや色合いを音声で切り換えたり、身支度をしながら音楽を聴いて過ごせます。

  • スマートスピーカーを内蔵したsimplehumanのSensor Mirror

日本の寝具メーカーとして知られる西川も、今年初めて単独のブースをCES会場に構え、Alexaと連携するスマートマットレスAiRシリーズのコンセプトを紹介していました。

  • 寝具メーカーの西川も、初めてCESに単独のブースを出展。Alexaと連携するセンサーを内蔵したスマートマットレスのコンセプトを紹介しました

マットレスの中に着脱可能な感圧センサーを装着し、ユーザーの入眠や起床の動作を検知。眠りにつくと、センサーからAlexa搭載のEchoシリーズにコマンドを飛ばしてスキルを動かし、スマート照明がオフになります。スマート家電を一斉に動かすルーチンと連携させることも可能とのこと。

西川では、睡眠に関連するコンシェルジュサービス「ねむりの相談所」で培ったノウハウや睡眠科学の実績を、新たなスリープテックの事業に活かしていくことを検討しており、CESの出展で得た反響を製品やサービスの開発に活かしていくそうです。

アマゾンは、Alexaを育児のために積極的に活かしていく提案にも力を入れています。アメリカでは、Alexaに連動するスマートトイがすでに数多く商品化されていて、アマゾンからもスマート照明の「Echo Glow」が発売されています。Echoシリーズのスマートスピーカーと連携して、食事の時間になったら子ども部屋にいる子どもたちをライトの点滅で呼び出したり、音楽に合わせて光の色を変えられる遊び心のあるスキルなどを用意しています。

  • アメリカで発売されているEcho Dotのキッズモデル

  • Echoシリーズと連携する子ども向けのスマートライト「Echo Glow」

Alexaをビルトインした新型キャデラックに試乗

自動車とAlexaの関係もますます親密になっています。Alexaをビルトインした自動車は、すでにフォードやトヨタ、アウディ、BMWなどが発売していますが、2020年に入ってランボルギーニやゼネラルモーターズ(GM)もAlexaを搭載する新車両を発表しました。

  • ランボルギーニも、Alexaをビルトインした新車両を2020年に発売します

自動車メーカーの出展が多く集まるラスベガス・コンベンションセンターの北館には、アマゾンが提供する自動車に関連するサービスや製品が集められました。筆者も、GMが2020年にローンチするキャデラック「CT5」の車内でAlexaのサービスを体験しました。

  • GMのキャデラック「CT5」に試乗し、クルマのためのAlexaを体験してきました

  • ダッシュボードにAlexaのインターフェースを搭載

  • ルート検索やショップ、ガソリンスタンドの検索を音声で行うと、結果がディスプレイへの表示と音声でフィードバックされます

  • 奥に見える玄関灯が車の中からオン・オフできました

スマートスピーカーと同様に天気やニュースを聞いたり、ルートマップは道順の検索以外にもドライブ中に近くのエネルギースタンドやショップを探す用途にも活躍します。自動車が4G LTEのセルラーネットワークに常時接続されているので、車内から自宅のスマート機器やガレージが遠隔操作できます。また、米国内でエネルギースタンドを広く展開するエクソンモービルは、Alexaと連携する車向けスキルにより、音声操作とAmazon Payで車の中にいながら支払いができるチャージスタンドを今後アメリカで展開するそうです。これはかなり便利に使えそうなサービスでした。

  • エクソンモービルがAlexaで操作、Amazon Payで支払えるチャージスタンドをアメリカで実験的に導入するそうです

自動車向けのAlexaについては、あらかじめ車体にビルトインして提供されるパターンのほかに、アフターマーケット市場のパートナーと組んで、Alexaを搭載していない車にも後付けできるアクセサリーが着実に増えているそうです。アマゾンからも、スマホとBluetoothでペアリングし、自動車を手軽にAlexa対応にできるスマートデバイス「Echo Auto」が北米で発売されています。

  • アメリカで発売されている、自動車にAlexaを後付けできる「Echo Auto」

それ以外には、自転車やバイクのヘルメットにも“Alexa内蔵”の製品が増えつつあるようでした。

  • サードパーティーからもAlexaを搭載するカーアクセサリーが商品化されています

  • 自転車やバイクのヘルメットもAlexa対応なんです

日本上陸が待ち遠しいEchoプロダクトの数々

ほかにも、アマゾンのブースには海外で先行発売され、日本上陸も楽しみな完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds」や、アメリカでは招待制での販売がスタートしたスマートグラス「Echo Frames」や指輪型のウェアラブルデバイス「Echo Loop」も展示されていました。

  • Alexaを搭載する「Amazon Smart Oven」

  • ノイズリダクション機能を搭載した「Echo Buds」

  • 音のAR体験を提案する「Echo Frames」

  • 指輪型のスマートデバイス「Echo Loop」

Alexa内蔵のスマートグラスには「Focals」という、スピーカーとマイクのほかに片眼視タイプのプロジェクションユニットも積む米国のスタートアップNorthが発売した製品があります。レンズの度や着け心地を1台ずつユーザーに合わせてチューニングして提供するため、小ロット展開ながらも米国では話題を集めているスマートデバイスなのだとか。本体を軽量化し、デザインをスリムにしたVer 2.0も年内に発売を予定しています。

  • スタートアップのNorthが開発したAlexa内蔵のスマートグラス「Focals」

  • 右目側のレンズに映像を投射するプロジェクションユニットを内蔵しています

このほか、Fire TVのプラットフォーム側から提供されるSDKを組み込んだテレビが、アメリカでは東芝から発売されます。AlexaではなくFire TVを組み込むメリットは、電源を入れてすぐにプライムビデオが見られたり、テレビの視聴設定を音声で変更したり、プライムビデオコンテンツの視聴に特化した快適な操作感が得られるところにあります。本機については、スマートスピーカーのEchoシリーズやFire TV Cubeのようなスマートホームを音声で操作するためのハブ機能は持ち合わせていません。

  • Fire TVをビルトインした東芝のテレビ

アメリカは、日本よりも先にスマートホームやIoTデバイスが立ち上がったため、日本よりもテクノロジーやユースケースの実績が先を行くと言われていました。ところが、この2~3年のCESでの展示を見る限り、やはりユーザーが自分で機器を選択してDIYによりインストールする楽しみ方が主流だったため、今になってプラットフォームを共通化して、異なるメーカーや用途の製品を連携させながら利用、あるいは楽しめる機器やサービスが求められているようです。

CESの展示ホールに並ぶ各社のスマートホーム対応をうたう製品やサービスも、それぞれハードやユーザーインターフェースのコンセプト、デザインがバラバラに見えるため、向かおうとしている方向がいまひとつ見えづらいところもあります。そこに「Alexa対応のデバイスとサービス」という横串を1本さしてみると、アメリカの生活者が理想とするライフスタイルと、日本人の生活の違い、技術が進化していく方向が見えてきます。筆者にとっても、今年のアマゾンのブースを見られたことが大きな収穫になりました。

山本敦さん

著者プロフィール
山本敦

ジャーナリスト兼ライター。オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。ハイレゾやAI・IoTに関わるスマートオーディオ、4KやVODまで幅広いカテゴリーに精通する。堪能な英語と仏語を生かし、国内から海外までイベントの取材、開発者へのインタビューを数多くこなす。