中国のInsta360といえば、面白いチャレンジを繰り返すアクションカメラメーカーとして知られています。2020年早々に発表した最新モデル「Insta360 ONE R」は、カメラ部が自由に交換できるモジュール式という驚きの機構を採用してきました。注目の新製品について、短時間ながら試用の機会を得たのでファーストインプレッションをお届けします。なお、今回試用した機材は最終版ではないため、外観のみのレビューとなります。

  • モジュールを交換して機能を拡張できるアクションカメラ「Insta360 ONE R」(手前)。ライバルとなるのが、後方の「GoPro HERO8 Black」と「GoPro MAX」です

キューブ型のモジュールを組み替えて使う

Insta360 ONE Rは、モジュール式のアクションカメラ。本体はレンズ+カメラ、ディスプレイ、バッテリーの3つのユニットに分かれており、カメラ部を交換することで、レンズ交換をするように撮影機能を切り替えられます。ライバルのアクションカメラ「GoPro HERO8 Black」は、モジュラーとしてマイクやディスプレイを拡張できる機能を盛り込んでいますが、ONE Rはカメラごと交換するのが斬新です。

  • 右のモジュールを交換して機能を拡張したり撮影のスタイルを変えられます

モジュール式のカメラというと、「ユニット交換式カメラ」というコンセプトを打ち出したリコーの「GXR」を思い出します。仕組みは似ていますが、ONE Rはアクションカメラらしくサイズはコンパクト。レンズとセンサーを搭載したカメラ部、SoCとディスプレイを内蔵したディスプレイ部は立方体に近いコロッとしたデザイン。その2つのモジュールを左右に並べて接続し、その2つの底面に接続するのが薄型のバッテリー部です。

  • カメラ部とディスプレイ部は似たようなサイズで、コロッとした立方体

  • 4K広角モジュール(左)と360度モジュール(右)

こうした構造によって、ディスプレイ部とバッテリー部はそのまま、カメラ部だけ交換することで、カメラを自由に切り替えて使えるようになります。モジュール式のメリットは、レンズ交換式カメラのようにボディを変えずにレンズだけを交換するため、複数台持ち歩くよりコンパクトに収まり、コストも抑えられるという点があります。

  • バッテリー部(中央)とディスプレイ部(左)には接続端子があります

  • ディスプレイ部とカメラ部もそれぞれ接続端子があり、バッテリーから本体、レンズという流れになっているようです

コロッとしたパーツを組み合わせてカメラの形になるのは、「合体」という感じもして、どこかワクワクさせられます。

分離と合体の様子。ちょっと手間取ったり焦ったりしていますが、分離や合体自体は簡単です

カメラ部にセンサーも内蔵しているので、レンズ交換と同時にセンサーが切り替えられるのも特徴です(思えば、前述のGXRもそうでした)。今後、センサーの高画素化や高性能化にともなって、もとのカメラ部が陳腐化しても、カメラ部だけ買い替えをするという選択肢が生まれます。

こうして聞くとメリットばかりにも感じますが、モジュール式のカメラはいまいち流行しませんでした。交換の手間が問題というよりは、モジュールのバリエーションが増えなかったことが大きいでしょう。今後、さまざまなモジュールをそろえてくれることを期待したいところです。ちなみに、ドローンの上下に装着するドローンモジュールも用意されており、これだと360度の航空映像を撮影できるようです。

  • こちらはドローンに装着するドローンモジュールです

ちなみに、同社創設者のJK Liu氏は、モジュール部の仕様をサードパーティに開放して開発をしてもらうことも想定しており、すでに動き出しているといいます。ディスプレイ部に関しても、今後SoCの性能向上に合わせて新モデルを開発することも明らかにしており、レンズはそのままに本体の性能が向上することも可能になりそうです。

スタンダードな4K広角モジュール

さて、肝心のカメラ部を詳しく見ていきましょう。発表時点で用意されたのは「4K広角モジュール」「360度モジュール」「1インチ広角モジュール」の3つです。

4K広角モジュールは、一般的なアクションカメラ的な使い方を想定したモジュール。4K/60fpsでの動画撮影が可能で、フルHDは200fpsまでのハイスピード撮影にも対応。動画のビットレートは100Mbps。JPEGやRAWの静止画撮影も可能で、レンズの焦点距離は35mm判換算で16.4mm相当、F値はF2.0です。

  • 4K広角モジュールを装着したところ

  • ライバルのHERO8 Blackと並べたところ。少し横長になります

  • 本体前面

  • 本体背面

  • 本体側面。USB Type-C端子とmicroSDカードスロットを搭載

  • 手ブレ補正機能の存在をアピールする表記も

  • 本体上部

  • 本体底面はバッテリーとなります

レンズの画角は4段階で切り替えられ、Ultra Wide、Wide、Linear、Narrowと選択できます。GoPro HERO8 BLACKにもあった機能で、無段階ではありませんが、疑似的なズームとして利用できます。Ultra Wideは、超広角レンズを生かした迫力ある映像が撮影できますが、レンズの歪曲が強いため、シーンによっては歪曲の少ないNarrowで撮影するのもいいでしょう。動画、静止画ともに利用できます。

モジュール型の特性を生かして、カメラ部を前後逆に取り付けることで、ディスプレイをレンズ側に向けて装着することも可能。こうすることで、画面を見ながら自撮りできるようになります。

  • モジュールの向きを前後入れ替えれば、自撮り用にディスプレイを前面に持ってくることができます

機能が豊富な360度モジュール

360度モジュールは、画角180度のレンズ2つを前後に搭載した全天球カメラ。一度の撮影で360度全体が撮影できるこうしたカメラは、それぞれのカメラで撮影した画像を合成するスティッチングが必要になります。一般的には、リコーのTHETAを除いて撮影後に転送したスマートフォンで合成しますが、この360度モジュールはリアルタイムのスティッチングに対応。撮影後すぐに360度画像を確認できるほか、撮影前のディスプレイ上でも360度映像を確認できます。

  • 360度モジュールを装着したところ

  • 多少の張り出しはありますが、4K広角モジュールと基本的な大きさは変わりません

  • ディスプレイ側。当然、360度モジュール以外は4K広角モジュールの時と同じものです

  • 前後に画角180度のカメラを2つ搭載しています

  • こちらは360度モジュールとGoPro MAXの比較

  • 高さがかなり異なります

ディスプレイで360度を確認しつつ、画面上をスワイプすることで360度全体を確認することもできます。もちろん、スマホアプリからもリアルタイムで360度を確認できますので、撮影時に周囲を確認してから撮影するのも容易です。

ライカと共同開発した1インチモジュールも

今回は試用機が間に合わずに試していませんが、もう1つの1インチ広角モジュールも強力です。ドイツの老舗カメラメーカーであるライカと戦略的なパートナーシップを結んだとしており、モジュール自体をライカと共同開発したそうです。

  • 今回、試用機材が間に合わなかった1インチ広角モジュール

1インチという大型センサーを搭載したことに加え、ライカと共同開発したレンズによる描写性能も期待できます。レンズは、35mm判換算の焦点距離が14.4mmとさらに広角で、レンズのF値はF3.2とやや暗め。このあたりは、ライカ基準を満たすためのギリギリの選択なのかもしれません。静止画の解像度は19MP(5312×3542ドット)で、アスペクト比は3:2となっています。動画は最大5.3Kと高解像度なのも面白い点です。

強力な手ブレ補正など機能はかなり豊富

すべてのモジュール共通の機能としては、さらに高度化したという手ブレ補正機能「FlowState」があります。360度や超広角、1インチセンサーを問わず、昼間だけでなく暗所でも高度な手ブレ補正を実現しています。実際に撮影してみると、手ブレ補正の効果はかなりのもので、ジンバルは不要という印象を受けました。

アクションカメラなので、すべてのモジュールは防水となっています。IPX8相当の防水性能を備え、5mまでの水中撮影に対応。オプションで潜水ケースもあり、こちらを利用すれば最大60mまで対応します。

「AI搭載のコンピュータビジョンで被写体を追跡する」という「Deep追跡機能」も搭載されているようですが、現時点では動作をきちんと確認できませんでした。撮影時のリアルタイムトラッキングをする「Point to Track」機能も、残念ながら現時点では動作が不明です。

ほかにもナイトショット機能、HDR、2つのマイクといった充実した機能や装備を備えています。充電端子を兼ねたUSB Type-C端子経由でサードパーティ製のマイクも利用可能です。360度モジュールの場合、スティッチングがリアルタイムのため、本体内で撮影した写真や動画が編集できる点もメリットでしょう。

GoProの2台持ちとどちらがよいか

ライバルのGoProの場合、HERO8 BlackとMAXの2台が、それぞれ4K広角モジュールと360度モジュールに相当します。本体サイズはHERO8よりは大きく、MAXよりはいくぶん小さめに仕上がっています。しかし、モジュール化したONE Rは、HERO8 BlackとMAXを2台持ち歩くよりは小さくて済みます。

GoProならば2台で同時撮影できるメリットもありますが、コストは高くなります。GoProは2台で11万1800円ですが、360度モジュールと4K広角モジュールが付属するONE Rツイン版なら5万9400円で、HERO8 Blackより安く済みます。68,200円の1インチ広角モジュールはさすがにちょっと高めですが、ディスプレイやSoC、バッテリーがない分、1インチセンサーを搭載した高級コンパクトデジカメよりは安いといえます。

ONE Rの欠点としては、カメラモジュールの交換にやや手間がかかること。バッテリー部にあるスライドスイッチでバッテリーを切り離し、ディスプレイ部とカメラ部を取り外し、モジュールを交換してまた装着する、という手順になるからです。マウントを搭載したフレームに入れていると、そこから取り出すのにさらに手間がかかります。ある程度使い慣れれば問題なくなるかもしれませんが、デメリットとして挙げられるでしょう。

こうしたモジュール式の製品を投入したInsta360ですが、まずは難しいチャレンジに取り組んだ点を評価したいと思います。要のカメラモジュールも、アクションカメラの定番に加えてライカと協業した1インチセンサー搭載モジュールを用意した点もいい戦略といえます。男の子ゴコロをくすぐる合体感もいい感じで、今後の拡張性と継続性、さまざまな工夫でGoProに迫る定番カメラに育ってほしい製品だと感じました。