世界最大の総合エレクトロニクスショー「CES」が、アメリカ・ラスベガスで1月7日から10日まで開催されます。開幕の2日前には、イベントのメイン会場のひとつであるマンダレイ・ベイ ホテルで前々夜祭「CES Unveiled 2020」が開催されました。

CES Unveiledの会場を埋め尽くしたさまざまな展示のなかから、筆者が注目したイケてる最新家電やテクノロジーを現地からレポートしたいと思います。

水量や水温を声でコントロールできるスマート蛇口

キッチン、バスルーム、家庭の水道まわりの総合住宅機器を製造販売するアメリカのメーカー・Moen(モーエン)が、GoogleアシスタントやAlexaに対応するスマート蛇口「U by Moen Smart Faucet」を発表。今年の第1四半期(1~3月)に北米で発売を予定する商品として出展していました。デザインやサイズが異なる9つのバリエーション商品が展開されるそうで、蛇口とAC電源の単体パッケージとして購入できるDIY商品として、500ドル前後での販売を見込んでいます。

  • Moenのスマート蛇口「U by Moen Smart Faucet」

本体のセットアップや操作用として「Moen Network」アプリが提供されます。こちらの蛇口をホームネットワークに接続し、グーグルやアマゾンのスマートスピーカーにペアリングすると、音声による操作が可能になります。本体に内蔵する光学センサーでハンドジェスチャーも読み取ります。

  • ジェスチャー操作で水を出したり、止めたり近接操作ができます

蛇口をひねって水を出したり止めることだけでなく、温度設定も音声やアプリによる連係操作で行えます。水筒やケトルなど、水を入れる容器の容積にぴったりな水量をあらかじめセットしてから出すこともできます。例えば、最初に音声操作で「水筒の水」を出すようにリクエストしてから、シンクに水筒をセットしてハンドジェスチャーで水を流すといった使い方になりそうです。

デモンストレーションを見た限りでは、手を使った方が早いようにも思いましたが、スマートホーム暮らしを夢見る30代前後のカップルから好評を博しているそうです。ちなみに、同社のスマートIoTデバイスのシリーズ「U by Moen」では、シャワーの温度や水量を音声でコントロールできるスマートシャワーも2019年に商品化しています。

音楽が聴けるシャワーヘッドもお目見え

水回りを得意とするアメリカの住宅機器メーカー・Kohler(コーラー)は、シャワーヘッドに防水対応のワイヤレススピーカーを一体化した「MOXIE Showerhead」を2020年中頃の発売に向けて開発を進めています。

  • Kohlerのシャワーヘッドとスマートスピーカーを一体化した「MOXIE Showerhead」

モノラル仕様のワイヤレススピーカーは、シャワーヘッドから取り外して使うこともできます。Bluetoothのみのモデルが99ドル、Alexaを搭載するWi-Fi/Bluetooth対応のモデルが159ドルで発売予定。カラバリはブラックとホワイトの2色を用意。シャワーヘッドと一体になった金具は、別途オプションで用意されます。

  • スピーカー部分は取り外しでき、置き型のワイヤレススピーカーとしても楽しめます

注目なのが、スピーカーのサウンドチューニングにはHarman/Kardonが携わっていること。1回の充電で約7時間の連続音楽再生が可能。スピーカー本体はIP67の防水対応としています。

コーラーは、昨年のCESでもAlexaによる音声操作にも対応するスマートミラーや暖房便座付きトイレなど、斬新なスマート家電を発表しました。プロダクトデザインが若干大味な感じもするので、多少のローカライズが必要かもしれませんが、自由な発想をベースに開発されたスマート家電のKohler Connectシリーズも日本上陸も期待したくなるアイテムです。

日本のスマート家電の雄・Shiftallが2つの新コンセプトモデルを発表

日本のスマート家電メーカー・Shiftall(シフトオール)は、今年のCESでふたつのコンセプトモデルを発表しました。

ひとつは、作り置きした料理の冷蔵や保存をモバイルアプリから簡単に操作できる調理家電「Cook'Keep(クッキープ)」です。年内の商品化に向けて開発を進めています。

  • Shiftallの調理家電「Cook’Keep(クッキープ)」

炊飯ジャーのような姿をした本体の中には、取り外しができる金属製の受け皿があります。ここに作りたての食事を入れて、ゆっくりと10度未満~5度前後の温度まで冷やして保存します。反対に、外出先からアプリを使った遠隔操作により、最大90度まで温めることもできます。

  • 内側の金属製の容器に食事を入れて冷却・加熱します

本体のサイズ感がやや小さく、保存できる食事は1人前ぐらいとしています。同社のスタッフに理由を聞くと、共働きの家庭に暮らす子どもに暖かい食事を作り置きして食べさせたい…と考える家族をターゲットユーザーとして想定した商品だからだそうです。筆者も、親が平日昼間は働きに出ている家庭で育ちましたが、兄弟がいたので、商品化の際にはなんとか2人分の食事を保存できるサイズまで大きくしてほしいと思いました。

もうひとつの製品は、プロジェクターを内蔵するペンダント型照明器具「BeamAR(ビーマー)」です。

  • Shiftallのペンダント型照明器具「BeamAR(ビーマー)」

800ルーメンのLEDで明るくダイニングテーブルなどが照らせるだけでなく、テーブルの上に置いた料理を光学センサーで認識して食材の情報や調理手順を投射したり、特定の図柄が書かれたカードを認識してニュースや天気予報を表示するといった使い方も想定しているそうです。プロジェクションマッピングのように白い皿に模様を描いて映し出したり、料理の盛り付けを華やかに見せる機能なども用意されたらより楽しく使えそうです。

  • 物体を認識して、関連する情報をプロジェクターで表示するような使用イメージを想定しています

今回Shiftallが発表したふたつのコンセプトモデルは、ともに2020年内の商品化に向けて開発が進められています。

脳波をリラックスさせるスマートバンド「muse」

InteraXon(インタラクション)は、脳波をコントロールしてメディテーション(瞑想)をサポートするスマートデバイス「muse」シリーズを手がける、スリープテック(快適な睡眠をサポートするITテクノロジー)を得意とするカナダのスタートアップです。

CES Unveiledの会場には、同社が直近で販売しているハードタイプのヘッドバンドを採用した「muse 2」とソフトタイプの「muse S」を展示していました。

  • 新製品のソフトなバンドを採用する「muse S」

  • 先駆けて発売されたハードタイプのバンドを採用する「muse 2」

各製品には、電気信号で脳波を測定する「EEG」と呼ばれるセンサーと電極が内蔵されています。ヘッドバンドを身に着けている時に、脳の活動をトラッキングしながら静かに心を落ち着かせる瞑想状態に導くための電気信号をニューロフィードバックとして返すことにより、自律神経を安定状態に導きます。

同社のスタッフの説明では「このようなトレーニングを毎日5分間、5日以上続けて行うことで、メディテーションの効果が現れてくる」とのこと。気分をリラックスさせれば心地よい睡眠が得られる、という理屈です。ちなみに、どちらの製品もLEDによる光学方式の心拍測定用センサーを内蔵しているので、トレーニングの際に脳波と心拍が同時に測れます。

CES Unveiledのとても賑やかな会場でも、時差ぼけで変に高揚した気分をリラックスできるのか、新製品のmuse Sを身に着けて試してみました。5分間のトレーニングはiOS/Android対応のアプリに組み込まれていて、ボイスナビゲーションを聞きながら、ゆっくりと気持ちを落ち着かせます。

  • 筆者もmuse Sを体験してみました

  • データを見ると、騒々しい会場の中でも気分がリラックスできたようです

ヘッドホンを身に着けると、静かな音楽をバックに、女性の声でボイスガイドが聞こえてきます。たった1回のトレーニングですぐに効果が出るわけがないのに、英語の説明がよく分からなかったからでしょうか、椅子にゆったりと腰掛けて5分過ごしたあとは体がぼんやりと心地よくなって眠気も出てきました。筆者も、このレポートを仕上げたあとはよく眠れそうです。

同社のスタッフは「ぜひ日本市場にも進出したい」と熱く意気込みを語ってくれました。2019年、フィリップスの「SmartSleep」がようやく日本にも上陸したので、2020年は国内でもスリープテックが盛り上がりそうです。muse Sは装着の負担感がとても少なかったので、あとは日本の暑い夏に向けた対策ができたらヒットするのではないでしょうか。

日本の公道も走れる一人乗り電動スクーター「LOM」

和歌山県に拠点を置くスタートアップのglafitが、一人乗りの電動式スクーター「LOM=Last One Mile」をCES Unveiledに出展して注目を浴びていました。

  • glafitが開発する一人乗りの電動式スクーター「LOM=Last One Mile」

LOMは、電動スクーターとキックボードの中間のような立ち乗り二輪車です。フロントライトを備える本体にはナンバープレートが装着でき、第一種原動機付自転車としても登録が可能。残念ながら、CESの屋内会場では試し乗りできなかったのですが、前輪12インチ、後輪10インチの電動バイク用タイヤをセットし、両足を乗せて運転できるため、高い安定感が得られるそうです。ハンドルやハンドルポストをコンパクトに折りたたんで、自動車のトランクに積んで移送することもできます。

  • 本体はコンパクトに折りたためます

最大時速は約25km/h。本体に積む電源を約3.5時間で満充電にしたあとは、約40kmの距離を走行できます。商品として発売する時期には専用アプリを用意して、本体のバッテリー残量や航続可能距離を確認したり、電源のオン・オフのリモート操作が可能になるそうです。

同社は、2017年に誕生したばかりの若いスタートアップです。LOMの商品化に向けた展開は今後、Kickstarterのクラウドファンディングを舞台に、北米市場への投入を視野に入れた展開を進めていきたいとスタッフが話していました。小売価格は1,300ドル(約14万円)を予定しています。

耳に付けて目立たない聴覚支援イヤホン

韓国のOlive Unionは、聴覚支援機能を搭載する完全ワイヤレスイヤホン「Olive Smart Ear X」をCES Unveiledで発表しました。北米の販売価格は600ドル(約6.4万円)を想定しています。

  • 完全ワイヤレスイヤホンタイプの聴覚支援ウェアラブル「Olive Smart Ear X」

  • 片耳タイプの「Olive Smart Ear」も先行発売されています

両耳タイプの密閉型エンクロージャーを搭載するイヤホンは、スマホとペアリングして音楽を聴くこともできます。同社のスタッフが「聴覚支援用のデバイスであることをなるべく意識させないスマートなデザインを重視した」と語る通り、スタイリッシュなオーディオイヤホンのようなルックスに仕上がっています。

専用アプリ「Olive Smart App」を使って静かな場所で5分前後の聴覚測定プログラムを行うと、ユーザーの正確な聴覚データが解析・取得できます。こちらのデータに合わせて最適な補正をかけることによって、会話の声が聞きやすくなります。通常の音楽リスニング時には約7時間の連続再生が可能。ハンズフリー通話もできます。年内には北米と日本で、本機を含むOlive Unionの製品投入を控えているそうです。

山本敦さん

著者プロフィール
山本敦

ジャーナリスト兼ライター。オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。ハイレゾやAI・IoTに関わるスマートオーディオ、4KやVODまで幅広いカテゴリーに精通する。堪能な英語と仏語を生かし、国内から海外までイベントの取材、開発者へのインタビューを数多くこなす。