「父親が突然の病で亡くなり、インターネット株取引など資産の状況が分からなくなった」「不慮の交通事故で息子が亡くなったが、交友関係や写真を見たいのでスマホのロックを解除したい」――。いつか万人に訪れる“死”ですが、故人が利用していたスマートフォンやパソコンなどのデジタル機器やインターネットアカウントなど、“デジタル資産”の存在も無視できなくなってきました。

この年末年始、実家に帰省している人も多いかと思います。親と直接顔を合わせる数少ないチャンスを利用して、“デジタル終活”について話し合ってみませんか。そこで、今回は「実家に帰ったときに親とデジタル終活する5つのコツ」を紹介したいと思います。

  • コタツを囲んで、家族みんなでデジタル終活をしたい

デジタルに詳しい人がリードし、家族全員で話し合おう

スマホやSNSアカウントなどのデジタル資産は、持ち主が何も備えをしていないと、万が一のことがあったときに残された周囲の人をとても困らせてしまうことになります。使いこなしの度合いに依らない部分もあるので、「たまにスマホで写真を撮るくらい」「LINEをやるだけ」といった家族も一緒に備えましょう。

だから「親に」ではなく「親と」。できれば兄弟姉妹も呼んで、家族みんなで集まって行うことが重要です。

ナビゲートは私、古田雄介が務めます。およそ10年前からデジタル遺品やデジタル終活について取材しており、このテーマなら多少なりともお役に立てるのではないかと思います。

下記のデジタル終活のポイントを踏まえ、実家でデジタル終活する5つのコツを追いかけていきましょう。

  • 年齢や世代にかかわらず、デジタルに詳しい家族がリードしてみんなで一緒に進めるとスムーズにいきやすい。
  • 完璧を目指しても、状況は3カ月後には変わる。気楽に構えて、実践できそうな「コツ」だけやる姿勢で始めたい。
  • データの内容を突き詰める方向は、プライバシーが脅かされる展開を招くので危険。「実害を避ける」という範囲よりも先に深入りしないように意識したい。

第1歩:紙を使う

デジタル終活でもっとも重要なのが、「デジタルの重要な情報は紙に残しておく」こと。手帳やノート、A4コピー用紙でも構わないので、とにかく紙のメモが残るようにしましょう。終わったあと、そのメモを家族それぞれが預金通帳や実印などを保管している貴重品入れに入れておきましょう。

  • すべて記入し終わったら、日付を書いて重要なもの入れにしまっておく

デジタルのメモにしないのは、デジタルの情報は他人からは見えにくいから。スマホやパソコンにメモを残すと、いざというときに肝心の家族が端末にログインできなかったり、操作に慣れていなくて目的のファイルが見つけられなかったりということが起こりえます。デジタル環境を必要としない紙にして、かつ、預金通帳などの重要なものと一緒に保管することで、緊急時の情報伝達性を飛躍的に高めることができます。

私のサイトでは、デジタル資産のメモ用紙を無料公開しています。自宅のプリンターで印刷し、利用してください。

  • デジタル資産メモのテンプレート。古田氏のWebサイトでダウンロードできる

第2歩:ネット&スマホ環境の名義を確認する

デジタル終活する場が整ったら、まずやりたいのは「家族が使っているネット環境の名義を確認しあう」ことです。

自宅のネット回線は、家族の誰かの名義になっていることが多いでしょう。契約者であるお父さんが亡くなったことで、プロバイダー契約が継続できなくなり、家族のメールアドレスもろとも使えなくなったというケースが実際にあります。みんなが元気なうちなら、名義や引き落とし先の変更が可能な場合が多いので、この機に確認しておきましょう。

また、子どものスマホや携帯電話の名義が親のままになっていたり、夫婦でどちらの名義の端末を使っていたりというケースもしばしばあります。元気なときは問題にならなくても、不測の事態に遭ったときに混乱を招くので、とりあえず現状を把握しておくことが大切です。

  • 前述の「デジタル資産メモ」なら、「その他」の項目を備忘録にするのもあり

第3歩:使っているデジタル財布の種類「だけ」確認する

続いて、可能な範囲で「お金関連の持ち物を確認」しましょう。「いくら持っているの?」という聞き方ではなくて、「どこに口座があるの?」という聞き方が肝心です。また、サブスクリプションを含む定額サービスの契約の有無や引き落とし先も確認できたらよいでしょう。

家族が亡くなったとき、デジタル遺品のなかでもお金関連の調査に血まなこになる遺族は多いです。ネット銀行やネット証券会社の口座、オンラインの生命保険などが気づかれないままになることがよくありますし、最近は残高が残るタイプの「○○ペイ」も財布として使っている人が増えています。額は変動するので聞く必要はありませんが、持っている「デジタルの財布」だけは共有しておくと安心できます。

定額サービスの支払いや、負債化しうる資産の存在を不安視するケースも少なくありません。とくに、故人が残したFXは多額の負債になる……と怖がる声をよく聞きますが、実際のところ死後に負債化するのはごくレアなケースで、国内で年間0~数件程度。過去の調査で見つけた国内での最高額は120万円前半で、大半は20万~30万円に収まります。「葬儀のあとに1000万円も負債が来た」という事件レベルのことは起きていません。ネットの噂に惑わされないようにしましょう。

  • 口座と引き落とし先だけメモする

そのほか、使っているSNSや残しておきたいオンライン上のページ、保存しているファイルなどがあれば話し合ってメモすることも有意義ですが、必須ではありません。

第4歩:スマホに緊急連絡を設定しておく

これはスマホを持っている家族限定になりますが、緊急時の備えとして各自のスマホで緊急連絡情報を入力しましょう。iPhone(iOS 11以降)なら[設定]-[ヘルスケア]-[メディカルID](または[緊急SOS]-[ヘルスケアで緊急連絡先を編集])、Android端末(Android 7.0以降)なら[ユーザーとアカウント]-[緊急時情報]で設定できます。

  • Android(左)とiPhone(右)の緊急連絡先設定画面

ここで設定した情報は、スマホのロックがかかっている状態でも、119番などにかける緊急通話画面からたどれるようになります。氏名や血液型、持病、アレルギーなどの情報が入れられるほか、自由文で「もしものときは090-0000-0000に連絡して」といったメッセージを残すこともできます。

また、iPhoneはサイド&音量ボタンやスリープボタンの連打で通報できる「緊急SOS」機能があり、[緊急SOS]メニューに家族の電話番号を登録しておくと、119番通報と同時に家族にも発信できる仕組みとなっています。あわせて設定しましょう。

第5位:スマホの“スペアキー”を作る

以上の話し合いのなかで、特定サービスのIDやパスワードを明け透けにする必要はありません。口座情報も、金融機関名さえ共有できれば何とかなりますから。そのなかで唯一、例外としたいのが「スマホのロック解除用パスワード」です。

スマホには連絡先や写真、お金関連など、あらゆるデジタルの重要データが保存されていますが、パスワードが分からないと専門業者であってもロック解除が非常に難しいという特性があります。実際、これまで私が受けていたデジタル遺品の相談でもっとも多いのが「亡くなった家族のスマホが開けない」です。全体の7~8割にも上ります。

しかし、パスワードをそのまま紙に書いておくのはセキュリティ上好ましくありません。そこで、書いた後にパスワード部分に修正テープを重ねて2回走らせることをお勧めします。要は、マスキングしてスクラッチカード化するのです。もしも元気なときに修正テープを剥がして中身を見られたら痕跡が残りますので、パスワードを変更する対策が打てます。注意したいのは紙の裏写りで、後ろから透けて見えてしまうこと。紙が薄かったり筆圧が強い場合は、裏側にも修正テープを走らせるのがよいでしょう。

  • スマホのスペアキー。修正テープでスクラッチカード化したうえで保管する

他のメモとは別に、名刺のような厚紙にメモして保管する手もあります。私はこれを「スマホのスペアキー」と呼んでいます。これだけで、遺族によるデジタル遺品の調査の難易度に雲泥の差が出たりもします。

もしデジタル終活がうまくいったら、その流れでそれ以外の終活全般を話し合ってみるのもいいかもしれません。将来の不安について話し合うことは縁起でもないことかもしれませんが、不安の種を摘み取って家族みんなで安心できるメリットもあるはずです。

そうやってデジタル終活と従来の終活、デジタル遺品と従来の遺品の垣根を取り払う向き合い方を、2020年1月に刊行する私の著書『スマホの中身も「遺品」です』では「遺品2.0」と表現しました。本質的には同じものなので、まとめて備えたほうが効率的なのは確かです。

それでは、よい正月をお過ごしください。

  • 万が一の際も残された家族を困らせないよう、この機会にデジタル終活の準備を始めておこう

2020年1月10日発売予定の、古田雄介氏の最新書籍『スマホの中身も「遺品」です』(中公新書ラクレ刊、税別880円)。相続の場で問題化しつつある「デジタル遺品」について、私たちはどう対応したり準備すべきかをまとめている。「ネットサービス、契約者以外がログインすると違法になる?」など、意外と知らない気になる疑問も解説。

著者プロフィール
古田雄介

古田雄介

フリーランスライター。『アキバPick UP!』(ITmedia PC USER/2004年~)や『売り場直送! トレンド便』(日経トレンディネット/2007~2019年)などのレポート記事を手がける。デジタルと生老病死のつながりにも詳しい。著書に『スマホの中身も「遺品」です』(中公新書ラクレ)、『ここが知りたい!デジタル遺品』(技術評論社)、『故人サイト』(社会評論社)など。