米クアルコムのイベント「Snapdragon Tech Summit」にて、モバイル向けSoC「Snapdragon」の新ラインナップが発表されました。フラッググシップの「Snapdragon 865 Mobile Platform」をはじめ、明らかになった3つのSnapdragon、そのスペックを読み解きながら、2020年の第1四半期(1月~3月)ごろに登場するとみられる「最新Snapdragonを搭載する5Gスマホ」を一足早く予想してみましょう。

  • クアルコムが、最新Snapdragonシリーズの詳細な仕様をハワイで開催中のイベントで発表

Snapdragon 865 / 765 / 765Gを搭載するスマホ、ここが変わる

新しいSoCは、フラッグシップの8シリーズ「Snapdragon 865」のほか、ハイエンドクラスの7シリーズでスタンダード版となる「Snapdragon 765 」と、モバイルゲーミング端末向け「Snapdragon 765G」です。Snapdragon 765Gは、グラフィックスの処理性能が約10%ほど強化されています。

  • フラッグシップのSnapdragon 865 Mobile Platformは、現行のSnapdragon 855から全方位にパフォーマンス強化が図られています

どのSoCも、強力なマルチモード5G対応が特徴です。Snapdragon 765 / 765Gは、5GモデムICを内蔵しているのに対して、Snapdragon 865は別途モデムIC「Snapdragon X55 5G Modem-RF System」を組み合わせる構成としています。

フラッグシップのSnapdragon 865では、5Gモデムは統合されていません。その理由について、クアルコム プレジデントのChristiano Amon氏は、「アプリケーションプロセッサとモデム、どちらの性能にも妥協をしたくなかったから」と述べています。

  • イベントに集まったジャーナリストからの合同インタビューに答えるクアルコムのCristiano Amon氏

7シリーズのSnapdragon 765 / 765Gは、8シリーズと比較してアプリケーションプロセッサとモデムをスケールダウンさせることによって、統合型の5G対応プラットフォームを実現しています。5G通信の最大通信速度(理論値)は、Snapdragon 865が下り7.5Gbps・上り3Gbpsなのに対し、7シリーズは下り3.7Gbps・上り1.6Gbpsと、およそ半分程度の性能です。5Gのミリ波、Sub-6による通信幅の帯域も、7シリーズに対して8シリーズは2倍の性能を持ちます。

報道陣を集めたラウンドテーブルに出席したクアルコムのモバイル部門の責任者、Alex Katouzian氏は、次のように説明を加えました。

「どちらのシリーズも、狙ったターゲット層に対してベストパフォーマンスを提供するという意味では妥協していない。アーキテクチャを可能な限りシンプルにしながら、それぞれの仕様でベストパフォーマンスを発揮できるようになっている。

Snapdragon 865は本格的な5G時代の到来に向けて、通信とアプリケーション処理の両方でフルに性能を発揮できるフラッグシップであるべき。そう考えて、アプリケーションプロセッサとモデムの統合を避けた」(Alex Katouzian氏)

  • ラウンドテーブルに出席したAlex Katouzian氏

■4Gから5Gへの移行期にも安心して使えそう

新しいSnapdragonシリーズのSoCには、4Gから5Gへの移行期に柔軟な対応が取れるよう多彩な5Gソリューションがそろっています。同一の周波数帯域上で4Gと5Gの展開を可能にするダイナミックスペクトラムシェアリング(DSS)、帯域間キャリアアグリゲーション、グローバル5Gローミングなどです。

  • エリクソンのベースステーションとSnapdragon 865を載せたテスト端末による、5G/4Gのダイナミックスペクトラムシェアリング(DSS)のデモンストレーション

2020年には、日本でも商用の5Gサービスが各通信キャリアから提供されます。最新のSnapdragonを搭載するスマホを購入しておけば、当面の間は国内でも海外でも、高速通信サービスを安心・快適に使えると考えられます。

■スマホと音声UIの融合が加速。外国語のリアルタイム翻訳も便利に

新しいSnapdragonシリーズの特徴としては、5Gに加えて「AI性能の強化」が伝えられました。8シリーズ、7シリーズともに、CPUとDSP、GPUを組み合わせたAIプラットフォーム「Qualcomm Artificial Intelligence Engine」の最新となる第5世代エンジンが積まれています。

  • 最新のSnapdragonシリーズには、第5世代の「Qualcomm Artificial Intelligence Engine」が搭載されています

さらに、スマホをロックした状態でもユーザーの音声入力(ウェイクワード)に応答したり、声紋認証などのセンサー情報を活用するセンシング機能のハブ「Qualcomm Sensing Hub」を新たに設けています。

これが加わったことにより、現行のSnapdragon 855と比較して、スマホの待機時に消費する電力が一段と低く抑えられるほか、より多くのウェイクワードに反応できるようになります。画面ロックの状態から複数のAIアシスタントを呼び分けて使うなど、まるでスマートスピーカーのように、スマホの音声操作で実現できることが格段に増えるかもしれません。

  • 各センサーからの情報を制御してアプリケーションプロセッサと連携する「Qualcomm Sensing Hub」を新設

Snapdragon 865は、AI関連の処理を制御するHexagon 698プロセッサに新しく「Tensor Accelerator」を統合しており、現行のSnapdragon 855と比べて約4倍の能力に。消費電力の効率も35%改善されています。

  • 865と855の音声入力待機状態での消費電力を比較。865ではさらなるパフォーマンス改善が実現されています

高度なAI処理性能を獲得した次世代のSnapdragon。それを搭載する端末ができることとして紹介されたのは、音声入力による速く・正確な文字認識、外国語のリアルタイム翻訳などです。

クラウドとエッジのAIプラットフォームが5Gの高速ネットワークと結びつき、スマホがポケットサイズの携帯翻訳機になります。違う言葉を話す人々と、誰もがスムーズにコミュニケーションができる日がすぐにやってきそうな期待が高まりました。

  • Snapdragon 865の高度なAI処理能力を活かした音声入力による文字起こし、外国語の自動翻訳などにサービスの可能性が広がります

■カメラは「8K対応」が見えてきた

スマホのカメラ機能も、新しいSnapdragonシリーズによってますますリッチになりそうです。特に、Snapdragon 865が持つ画像処理エンジン「Spectra 480」の、強力なパフォーマンスに注目が集まりました。

  • Snapdragon 865シリーズの画像処理エンジン「Spectra 480」とAIエンジンが連動して、スマホのカメラがさらに強力なものになりそうです

今回の発表会でクアルコムが例示したカメラの機能はあくまで、最新のSnapdragon 865が備えるこれほどまでの高性能をアピールするためのもの。実際にスマホで実現するためには、レンズ、イメージセンサー、ソフトウェアといった総合力が必要です。

ただ、クアルコムが一例に挙げた「8K対応」は、5Gの時代が到来すれば遅くないタイミングで、スマホのカメラは8Kに向けて進化の舵を切るものと考えられます。発表会後のデモンストレーションでは、米WeVideoの「8K対応動画編集アプリ」(5Gスマホ向けのプロトタイプ)などが紹介されていました。

  • SoCは8Kの動画情報も処理できる高いパフォーマンスを備えています

スマホのカメラによる4K/HDR対応の高画質動画撮影は、Snapdragon 845からHDR10とHLGがサポートされ、現行のSnapdragon 855からはHDR10+にも対応しています。次世代フラッグシップのSnapdragon 865では、スマホでDolby Visionの4K/HDR動画を撮影できるようになります。

これはオプション機能なので、Snapdragon 865搭載の全スマホが対応するわけではなく、スマホメーカーとしてドルビーのライセンス取得が必要になるかもしれません。ただ現在のところ、Dolby VisionのHDR動画を撮影できるコンシューマー向けのカメラ機器は存在していないため、最初にこれを搭載するスマホはマニアを中心に大きな注目を厚めそうです。

  • デモンストレーションの会場では試作機による8K動画の撮影、WeVideoの8Kオンライン編集アプリが紹介されました

  • Snapdragon 865は、Dolby Visionの4K/HDR動画撮影をオプションとしてサポートできるように

■モバイルゲームにもSnapdragon

ゲーミングエンターテインメントについては、クアルコムが特に力を入れる領域。Snapdragonシリーズとの高い親和性をアピールしています。発表会でも、クアルコム ゲーミング部門の首席エンジニアであるTodd LeMoine氏がステージに登壇し、長い時間を割いてSoCのパフォーマンスを紹介していました。

なお、Snapdragon 865に「G」を冠するゲーミング仕様の特別バージョンがない理由は、ベース性能で既に高度なゲーミングコンテンツの処理をこなせるからに他なりません。Snapdragon 865を搭載するスマホは最高で4K/60Hz、QHD+/144HzのHDR表示が可能になることも明らかにされました。

  • Snapdragon 865を搭載するスマホは、ゲーミングコンテンツの高度な処理能力も期待できそう。QHD+/144HzのHDR表示に対応するディスプレイや、GPUのOTAアップデートなどが、新たな使い勝手として加わります

最新世代のSnapdragonからは、Google Playストア経由でAdreno GPUのドライバーをアップデートできるようになるそうです。快適なモバイルゲーミングを楽しめるように、GPUを最新のコンディションに保てる機能として、端末の発売後にどのような形で運用されるのか気になるところです。

■ワイヤレスオーディオは音質・低遅延性能がさらに改善

最後に、新しいSnapdragonがワイヤレスオーディオ関連で実現した新機能を紹介しましょう。セルラー通信以外のWi-FiとBluetoothによる無線機能は、Qualcomm FastConnectとしてサブシステムに位置づけて、それぞれの機能強化を図っています。

Snapdragon 8および7シリーズとも、2019年の秋から商用化が始まったWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)をサポート。オンラインゲームは遅延を最大限まで抑えて、快適にプレイできるようになりそうです。

Bluetooth周りでは、新しいSnapdragonシリーズのオプションとして、可変ビットレート方式を採用したオーディオコーデック「aptX Adaptive」が標準提供されます。上位のSnapdragon 865では、最大転送ビットレートが48kHz/24bitから96kHz/24bitへと強化され、Bluetoothで楽しめるハイレゾ相当のサウンドがさらに高品位になります。

  • セルラー通信以外の無線接続はWi-Fi/Bluetoothともに徹底強化。aptX Adaptiveのコーデックは96/24対応になります

ハンズフリー通話の利便性を高める機能として、Bluetoothの音声コーデックに「aptX Voice」が新しく加わります。VoLTE音声通話にも用いられるSWB(超広帯域 )音声コーデックとBluetooth技術を使い、デコーダー搭載のヘッドホン・イヤホンなどへスマホからデータを飛ばすことによって、最高32kHzのクリアな音声通話を可能にするというものです。ハンズフリー通話の音質がイヤホン経由でも改善されるスマホは、完全ワイヤレスイヤホンのユーザーからも歓迎されそうです。

最新のSnapdragonを搭載する5Gスマホは、2020年2月24日から27日までスペイン・バルセロナで開催が予定されているモバイルの展示会「MWC Barcelona 2020」において、出展する各社から続々と発表されるはず。今から楽しみに待つことにしましょう。