文字を認識する「OCR」機能が、LINEアプリに備わっているのをご存知ですか? 意外と知られていませんが、LINEアプリ上では画像から文字を抽出できるのです。

「紙でもらった書類の文字をカレンダーに登録したい」「スクリーンショット(スクショ)で送られてきたウェブページの一部をテキストで保存したい」など、画像からテキストデータを取り出せると便利なシーンはたくさんありますよね。

さらに、LINEには読み取ったテキストを翻訳する機能もあるんです。「おみやげでもらった商品の説明が読めない」「外国語サイトのスクショを翻訳したい」など、役立つシーンは多いでしょう。

では、LINEでOCR機能を使う方法、そして読み取ったテキストを翻訳する方法を説明します。

画像からテキストデータを抽出する

LINEで画像から文字を読み取るには、「アプリのカメラで撮影する方法」と「保存した画像から読み取る方法」の2つがあります。認識したテキストは「メモ用の自分グループ」に送信したり、コピーしてほかのアプリで貼り付けたりして保存しましょう。

  • カメラで文字を読み取るには、まずトークルームでカメラボタンをタップします

  • モードを「OCR」に設定し、読み取る文字が写るようにシャッターボタンを押します

  • 文字と認識された部分が緑色になり、読み取った文章が画面下に表示されます。「コピー」をタップすると、文章がすべてコピーされます

  • 一部だけコピーしたい場合は、認識画像を指でなぞって指定してからコピーします

  • 前の画面で「シェア」をタップすると、トークルームの投稿欄にテキストが入力されます

  • 文字データとして保存できました

  • 画像から読み取る場合は、まずその画像をトークルームに送信し、画像をタップして開きます

  • 画面右上の文字ボタン「T」をタップ

  • すると、自動で文字を読み取ります。抽出するテキストを選択したら、「コピー」または「シェア」をタップ。今回は「シェア」を選択しました

  • 送信ボタンを押すと、トークルームにテキストデータが送られます

OCRで読み取った文章を翻訳する

次に、抽出したテキストを翻訳する方法を紹介します。翻訳言語は、英語、日本語、中国語(繁体)、中国語(簡体)、タイ語、インドネシア語、韓国語。基本的な手順は文字認識と同じです。今回は、カメラで撮影した韓国語を日本語に翻訳する手順を例に説明します。

  • カメラをOCRに切り替えて、撮影します

  • 文字部分が抽出されました。次に「日本語に翻訳」をタップします

  • 翻訳された文章が表示されます。すべての文字をチェックするには、白いパネル部分をタップ。コピーやシェアもできます

鈴木朋子

著者プロフィール
鈴木朋子

ITライター・スマホ安全アドバイザー。SNSやスマホなど、身近なITに関する記事を執筆。10代のスマホカルチャーに詳しく、女子高生とプリクラにも出かける。趣味はへんてこかわいいiPhoneケース集め。著書は「親子で学ぶスマホとネットを安心に使う本」(技術評論社)など20冊を超える。