「未読スルー」や「既読スルー」などの言葉を生み出したLINE。最近では返信する直前まで既読にしないことが一般的になっているようです。もちろんそんなルールはありませんが、余計なトラブルを避けるために既読スルーをしない人も多いですよね。

未読のままトークを読むには、スマホの通知機能で内容を把握する方法よくが使われます。また、一部のiPhoneに搭載された「3D Touch」機能を使うと、トークルームのプレビューを見ることができます。

通知やトークリストからトークの内容を知る

LINEのメッセージが届いたとき、通知で表示されている部分は既読を付けずに読めます。また、トークリストでもトークルームを開かなければ未読の状態のままなので、最新メッセージの先頭部分だけは確認できます。

Androidで好評だったポップアップ通知は、LINEの仕様変更によって廃止されました。そのため、Androidのバージョンによっては、最新の通知しか読めません。通知の履歴を確認できるアプリなどを利用するとよいでしょう。

  • iPhoneはiOSの通知で読むと未読のままです

  • Androidも通知で読むだけなら未読のままです

  • トークリストでも冒頭部分は読むことができます

3D Touchでトークの内容を知る

iPhoneの場合、3D Touch機能を使うと、既読をつけずにトークルームを見ることができます。3D Touchは、iPhone SEとiPhone XRを除く、iPhone 6s以降のiPhoneに対応している圧力感知の機能。画面を強めに押し込むと、アプリのショートカットメニューなどを表示させることができます。

  • アプリのアイコンを強く押し込むと、3D Touch機能でクイックアクションが表示されます

3D TouchをLINEのトークリストで使うと、トークルームのプレビューを表示できます。トークを強く押し込んで、未読のままメッセージをチェックしてみしましょう。ただし、プレビュー状態でさらに強く押してしまうと、トークルームが開いて既読になってしまうので、力加減には注意が必要です。プレビューを上にスワイプすると、通知をオフにするなどの操作も行うことができます。

  • 未読のまま読みたいトークを強く押します

  • トークルームがプレビューされます。指を離すと閉じます

  • プレビュー状態で上にスワイプすると、メニューが表示されます。下にスワイプすると閉じます