LINEの「送信取消」とは

LINEでは、2017年12月にリリースされた「送信取消」機能によって、誤って投稿したメッセージを後から取り消せるようになりました。メッセージの取り消しは「送信後24時間以内」かつ「自分が送ったメッセージ」に対して可能です。

「送信取消」は未読、既読に関係なく行えますが、一度取り消したメッセージは復元できません。また、メッセージだけでなくスタンプや画像などの投稿も取り消せます。以下の投稿種類が「送信取消」機能の対象となっています。

  • メッセージ
  • スタンプ
  • 画像
  • 動画
  • ボイスメッセージ
  • LINE MUSIC
  • URL
  • 連絡先
  • 位置情報
  • ファイル

LINEで「送信取消」する方法

LINEで送信したメッセージを取り消す方法を紹介します。操作はとても簡単で、取り消したいメッセージを長押しして「送信取消」を選択すればOKです。iPhone版のLINEアプリでも、Android版でも操作手順は同様です。

  • LINEのメッセージを「送信取消」する方法1

    【1】取り消したいメッセージを長押しして、「送信取消」をタップします

  • LINEのメッセージを「送信取消」する方法2

    【2】確認画面で「送信取消」をタップして完了です

  • LINE、送信取り消し後のトーク画面(送信側)

    【送信側】メッセージの送信を取り消した側のトーク画面です。「メッセージの送信を取り消しました」と表示されています

  • LINE、送信取消後のトーク画面(受信側)

    【受信側】メッセージを取り消された側には「(アカウント名)がメッセージの送信を取り消しました」と表示されています

  • LINEで画像を「送信取消」した場合-1
  • LINEで画像を「送信取消」した場合-2
  • 【画像の場合】画像の送信を取り消した例です。画像でもスタンプで「メッセージの送信を取り消しました」と表示されます

「送信取消」と「削除」の違い

LINEでは「送信取消」に似た操作として「削除」もあります。「送信取消」は自分のトークルームからも相手のトークルームからも投稿を取り消すことが可能です。一方、「削除」は自分のトークルームから投稿を削除できますが、相手のトークルームにはメッセージが残る点が大きな違いです。

  • LINEの「送信取消」と「削除」の違い1

    【削除の手順】メッセージを長押しして、「削除」をタップします。この後の確認ダイアログで再度「削除」をタップします

  • LINEの「送信取消」と「削除」の違い2

    【自分・送信側】メッセージを送った自分のトークルームでは、先ほどのメッセージが消去されました

  • LINEの「送信取消」と「削除」の違い3

    【相手・受信側】メッセージを受け取った相手のトークルームには変化がなく、メッセージが引き続き表示されています。

トーク(メッセージ)の「削除」機能について、詳しくは下記の関連記事をご参照ください。

【関連記事】
LINEのトークを削除する方法 - 相手の画面はどうなる?

自分が削除したメッセージでも「送信取消」は可能

スマホのLINEアプリで投稿を削除した後でも、PC版LINEのトークルームから送信取消を行うことは可能です。自分がスマホのLINEアプリで削除した投稿はトーク画面から消えていますが、それは操作した端末にしか反映されないため、PC版LINEのトークルームには投稿が残っています。

  • LINE、自分が削除したメッセージでも送信取消は可能1

    【1】スマホのLINEアプリでメッセージを削除しましたが……

  • LINE、自分が削除したメッセージでも送信取消は可能2

    【2】PC版LINEでは削除されていないため、送信取消が可能です

LINEのメッセージを「送信取消」できない原因

LINEでメッセージの「送信取消」ができない場合は、次のような原因が考えられます。

投稿してから24時間以上経過している

メッセージの送信取消が可能なのは、投稿してから24時間以内です。24時間を過ぎると、メッセージを長押ししても「送信取消」のボタンは出てきません。

  • LINEで送信取消できない原因、24時間経過

    投稿から24時間を経過したメッセージには「送信取消」ボタンが表示されません

相手が公式アカウント

トークの相手が公式アカウントの場合は、自分が投稿したメッセージの送信取消はできません。

  • LINEで送信取消できない原因、相手が公式アカウント

    相手が公式アカウントの場合は、「送信取消」ボタンが表示されません

投稿の種類が「送信取消」に非対応

「送信取消」機能の対象外となっている種類の投稿は、長押ししても「送信取消」ボタンは表示されません。送信取消が可能な投稿の種類は、記事の冒頭にリストを掲載していますので、そちらをご確認ください。

  • LINEで送信取消できない原因、非対応の投稿種類

    たとえば、「投票」は送信取消の対象外であるため、長押ししても「送信取消」ボタンは表示されません

まとめ

通称「誤爆メッセージ」を消せる機能として、ユーザーが待望していた「送信取消」。うっかりさんには便利な機能ですが、頻繁に送信を取り消すと、相手に不信感を抱かれることもあります。送信を取り消した後にはできるだけ、その理由を相手に知らせるほうがトラブルにならずに済みます。

また、機能の名称としては「送信取消」よりも「削除」のほうが強力に思えますが、「削除」の場合は自分のトークルームから消去されるだけで、相手のトークルームにはメッセージが残るという点には注意が必要です。