iOS 13にアップデートすると、プレイステーション4(PS4)のコントローラー「DUALSHOCK 4」をiPhoneとBluetooth接続できるようになる。それを聞いて真っ先に頭に浮かんだのが、「いかにして出先で『モンスターハンターワールド:アイスボーン』(以下、MHW:IB)をするか」だった。

MHW:IBのリリースは2019年9月6日。そして、iOS 13の配信がスタートしたのは2019年9月20日だ。9月12日~15日には東京ゲームショウ2019に足を運んでいたこともあって、休日のプレイ時間も満足に確保できず、“モンハン欲”は増す一方。なんとかしてもっとMHW:IBをプレイできないだろうか。そう考えた末に導き出されたのは「仕事中にひと狩り行く」という答えだった。

  • 『モンスターハンター:ワールド』の拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』

まずはPS4の設定をチェック

仕事中にMHW:IBでひと狩り行くには、自宅のPS4をリモートプレイする必要がある。いくつかの事前準備が必要だ。

まずは、PS4のシステムソフトウェアがバージョン6.50以降になっているか確認し、自分の「PlayStation Networkアカウント」でログイン。次に「設定」から「リモートプレイ接続設定」を選択し、「リモートプレイを有効にする」をオンにする。

続いて「省電力設定」から「スタンバイモード中の機能を設定する」を選択し、「ネットワーク経由でPS4の電源を入れられる」にチェック。これでPS4側の準備は完了だ。電源を切らずにスタンバイモードで待機させておこう。

  • PS4のメニュー画面から設定を開く

  • リモートプレイを有効にする

  • 続いて設定の省電力設定を選択

  • スタンバイ中の機能を設定する

  • スタンバイ中にネットワーク経由で電源を入れられるようにしておく

一方のiPhone側では、専用アプリ「PS4 Remote Play」をApp Storeからインストールする。

PS4 Remote Playを起動すると最初にログイン画面が表示されるので、PlayStation Networkアカウントにログイン。これで、Wi-Fi接続中であれば、このアプリから自宅のPS4をリモートプレイできるようになる。

  • リモートプレイアプリをインストールしてログインしておこう

さぁ、お立ち合い。いまから会社で自宅のMHW:IBをプレイするぞ。PS4のコントローラーを使うことで、快適なリモートプレイはできるのか。ご覧あれ。

バレにくい場所にiPhoneを置いて出発前の準備は万端

まずは、さりげなくデスクにiPhoneをセット。これならパッと見だけでは誰もゲームをしているとは思うまい。見た目は完璧である。

  • そっとiPhoneを設置。大丈夫だ、問題ない

次にコントローラーの設定だ。リモートプレイ中にアプリを切り替えると、PS4との接続が切れてしまうことがあるので、PS4 Remote Playを起動する前にiPhoneとコントローラーをBluetooth接続しておくといいだろう。

接続は簡単。コントローラー左上の「SHAREボタン」と、中央の「PSボタン」を同時に長押しすると、コントローラーの裏側にあるLEDが白く点滅し、iPhoneの「Bluetooth」接続候補に「DUALSHOCK 4 Wireless Controller」が表示されるので、タップすれば接続完了だ。

  • コントローラーの「SHAREボタン」と「PSボタン」を同時に長押し

  • Bluetoothの接続候補に出現

そしてアプリを起動。「はじめる」ボタンを押すとPS4の検索がスタートする。PS4が見つかるまでの時間は1分程度だった。

  • PS4検索中の画面。ずっとスマホを見つめていると遊んでいるのがバレてしまうので、この間は仕事をしておこう

  • つながった!

これで準備万端。いままでPS4をリモートプレイするときは、端末に装着するスマホ専用のコントローラーを使うか、iPhoneを直持ちして画面のボタンで操作するのがスタンダードだった。だが、iOS 13からは純正のPS4コントローラーを使えるので、PS4をリモートプレイするために新しいコントローラーを購入しなくて済むのがうれしい。

もちろん、スマホ用のゲームをプレイする場合は、専用のコントローラーを使うのがいいだろう。試しにバトルロイヤルゲームの『PUBG MOBILE』をPS4のコントローラーでプレイしたところ、右スティックのカメラ移動しか反応しなかった。

また、iPhoneを目立たない位置にセットできるのも、Bluetooth接続ならではのポイントだ。ずっとスマホを持っているのは「ガッツリ遊んでいます」とアピールするようなもの。デスクの下の見えない位置でPS4コントローラーを操作すれば、仕事の考えごとをしているようにしか見えないだろう。

  • デスクの下にコントローラーを隠せば、話しかけられても「あ、いま仕事の考えごとをしてました」と言い返せる

「仕事中に狩り」の手応えは?

さて、これでようやく狩りをはじめられる。コントローラーの〇ボタンを押して狩りに出かけよう。

……。

ちっさ。画面ちっさ。

筆者の保有端末は、4年近く使っている「iPhone 6s」である。新しいモデルに比べるとだいぶコンパクト。40インチのディスプレイで見ても「文字小さいな」と思うことがあるPS4のゲーム画面を、50cmくらい離れたところに置いたiPhone 6sで見るのだ。当然小さすぎて見づらい。

装備に付ける「装飾品」の選択画面なんて、1つも読み取れる文字がなかった。端末が小さいことでバレにくい反面、プレイ画面がこうも見づらいとは。不覚である。もう少しサイズの大きい端末であれば、視認性は向上するのかもしれない。

  • 装飾品選択中。この距離では正直何も見えない。事前に登録しておいた装備で出陣した

もちろん見づらいのは文字だけではない。フィールド移動中に右下に表示されるアイテムのアイコンなども判別不能だ。

しかし、ショートカットに登録しておいたコマンドは体が操作を覚えていたようで、アイコンが見えなくてもしっかり使えた。ビバ! ショートカット。今回の件から得られた教訓は、仕事でもゲームでも、よく使うコマンドはショートカットに登録するのが大事ということだ。

懸念していた「ラグ」については、許容できる範囲だった。当然「完全にいつも通りのレスポンス」とまではいかず、カメラ移動による視点切り替えなどには若干の違和感があったが、プレイを阻害するほどの大きな要因にはならなそうだ。

  • キャラクターはスムーズに動く。プレイ自体は問題なさそうだ。ただし、プケプケ亜種の放水攻撃を見切ることはできなかった

さて、ある程度動き回って操作感をつかんだところで、クエストに出かけてみた。マスタークラスのモンスター「ツィツィヤック」の狩猟クエストだ。

……うん。ちっさ。画面の小ささに加えて、ツィツィヤックの小ささと影に溶け込む色が余計に見づらい。

ひとまず拠点に戻ろう。ん、あれ。地図が開かないぞ。……しまった。iPhone接続時はPS4コントローラーのタッチパッドが使えないことを忘れていた。これはなかなかに痛い。

MHWでは、PSボタンの上にあるタッチパッドを押すことで地図が開く。画面左下にも小さな地図はあるが、iPhone 6sの画面だとまるで見えない。それに地図画面から行う「拠点に戻るファストトラベル」機能が使えないではないか。残念ながら、これについては端末画面から操作するほかないだろう。

  • リモートプレイではスマホの画面操作もできる。地図の確認や、クエストの出発でタッチパッドを使いたい場合はiPhoneの画面をタップしよう。なお、タッチパッドのほかに、SHAREボタンとPSボタンも無効化される

クエストに出て15分。繊細な立ち回りはできなかったが、ガムシャラに切り刻んだことで、無事ツィツィヤックを捕獲できた。だが、一発の攻撃が致命傷になる高難易度モンスター狩猟は、iPhone 6sのリモートプレイでは難しいかもしれない。採取クエストあたりは余裕でできると思う。

  • リモートプレイで無事にツィツィヤックを捕獲

画面の小ささを克服すべくミラーリングでチャレンジ

次に、iPhoneの画面をパソコンに映すミラーリングでリモートプレイしてみた。使ったのはWi-Fiでミラーリングするタイプのアプリだ。

これなら、画面の小ささを解消できるだけでなく、仕事と並行して狩りに行けるはず。いざ、導きの地へ。

  • ミラーリング中のPC画面

だが、残念ながらこれはダメだった。

リモート操作しているものを、さらに無線でミラーリングして表示させているから当然かもしれないが、さすがにラグがひどい。体感で0.5秒ほどだろうか。かなり手元の操作とレスポンスに差があり、若干「画面酔い」を感じる。

そのうえ、なぜか途中で画面が停止。リモートプレイの接続も切れてしまい、コントローラーが反応しているのかさえわからなくなってしまった。

対峙していたモンスター「イャンガルルガ」はその間も攻撃の手を緩めなかったのだろう。再接続したあとに映し出された画面は拠点だった(モンスターにやられると拠点に強制送還される)。

有線によるミラーリングであればラグを軽減できるかもしれないが、今回は必要なデバイスが手元になかったため、また別の機会に検証してみたい。

  • ミラーリングとは関係ないかもしれないが、リモートアプリの画面もこの状態で停止してしまった。ちなみに、接続が不安定になると画面左上の注意アイコンが表示される

結論。さりげなくiPhoneを設置してプレイすれば、仕事中にもMHW:IBができるとわかった。リモートプレイのラグはそこまで大きくないので、ストレスなく狩りに行けるだろう。ただし、画面はだいぶ小さいので、遊んでいるとバレるリスクを負って大きめの端末を使うか、感覚的にプレイできるようになるまでショートカットキーの反復練習が必要である。

あと、わかっているかもしれないが、今回は記事作成のために「仕事として」会社で渋々プレイしただけだ。いやもう、本当全然モンハンを仕事中にできてうれしくなんかないけど、せめてそのフリくらいするのが最低限の礼儀ってやつだろう。

楽しいぃぃぃeeeee!!!

※実際に仕事中MHW:IBをリモートプレイすると、上司や会社から怒られる場合がございます。その場合のクレームは一切受け付けませんのでご了承ください。MHW:IBは適度に楽しむ遊びです。