以前は仲良くしていた相手でも、縁を切りたい瞬間が訪れることがあります。もしくは、社交辞令的に連絡先を交換したものの、何年も連絡を取らないうちに、顔も思い出せなくなった人はいませんか?

LINEからリストを削除してしまいたいと思っても、方法がわからない人もいるでしょう。今回は「友だちの削除」について説明します。

相手のLINEから自分を削除したい

まず、相手のLINEから自分を削除したいというケースです。これは、LINEの機能では対処できません。どうしても相手から削除したい場合は、自分のアカウントを削除します。手順は別記事「LINEで自分のアカウントを削除するには?」を参照してください。次にアカウントを作り直すとき、相手に新たなアカウントを知られないように注意しましょう。

  • 相手から自分を消すにはアカウント削除しか方法がありません

自分のLINEから相手を削除したい

自分のLINEから相手を削除したい場合は、「ブロック」や「非表示」で対応します。相手をブロックすると、「友だち」画面から相手が消え、トークや通話がきても通知されなくなります。また、トーク内容は読むことができなくなります。ブロックに関しては、「LINEで友だちを「ブロック」するとどうなる?」を参照してください。

「非表示」にした場合、自分のLINEに相手のアカウントが表示されなくなりますが、通話やトークの通知は届き、通常の状態に戻ります。非表示はあくまで一時的に見えなくなる機能と覚えておきましょう。

  • ホーム画面の「友だち」タブで、友だちを長押しすると「非表示」や「ブロック」を設定できます

LINEの機能で「削除」といえば、この「ブロック」と「非表示」にしたアカウントをLINEアプリから消すことを指します。

こちらは文字通りの削除。連絡先からも消されるので、一度削除してしまうと「一度ブロックしたけど、仲直りしたから復活させたい」といったことが不可能になります。削除後に再度連絡先を登録したい場合は、もう一度相手と「ふるふる」などで連絡先を交換する必要があるので注意しましょう。

  • 設定の「友だち」を選び、「非表示リスト」、または「ブロックリスト」をタップします

  • 今までブロックしたアカウントが表示されます。削除したいアカウントの「編集」をタップします

  • 「削除」をタップすると、相手のアカウントが消えます