IFAに出展されるヘッドホン・イヤホンのワイヤレス化は年々加速しています。ヨーロッパは夏の暑い時期が比較的短いためか、IFAが開催される9月にもなると街中はけっこう涼しくなります。実際に筆者がベルリンに滞在していた9月初旬の10日間はほぼ毎日最高気温が20度前後でかなり乾燥しており、ヘッドホン向きの気候なので、街中でヘッドホンで音楽を聴いている人を多く見かけました。

  • IFA2019 - Headphones

    ゼンハイザーのスタイリッシュなデザインと上質なサウンドが融合するプレミアムヘッドホン「MOMENTUM Wireless」

IFAの会場でも各ブランドの最新ヘッドホンは、完全ワイヤレスイヤホンに負けないぐらい人気を集めていました。今年会場で見つけた新製品の中から、日本でも発売される可能性が高い超注目モデルをご紹介します。

ゼンハイザー「MOMENTUM Wireless」

ちょっとレトロなルックスが洋の東西を問わず若い音楽ファンに人気の、ゼンハイザーMOMENTUM(モメンタム)の最新機種がIFAで発表されました。独自の上質なノイズキャンセリング機能を載せたアラウンドイヤースタイルのヘッドホンです。欧州の販売価格は399ユーロ(約47,000円)。ブラック、ホワイトの順に発売を予定しています。

  • IFA2019 - Headphones

    「MOMENTUM Wireless」のカラーバリエーションにはブラックとホワイト(前出の写真)があります

ノイズキャンセリング効果は3段階から切り替えられるようになり、音楽を聴きながら外の音が取り込めるトランスペアレント・ヒアリングも搭載されています。イヤーパッドのクッションがとても柔らかく、メガネをかけたままでも優しく頭を包み込むような装着感も秀逸です。ヘッドホンを失くしてしまうことはあまりないとは思いますが、万が一に備えてMOMENTUM Wirelessの位置をスマホからトラッキングできるBTトラッカー「Tile」の機能を内蔵。コーデックはaptX/aptX LLとAAC、SBCに対応しています。

  • IFA2019 - Headphones

    本体は3Dフォールディング機構によりコンパクトに折りたためます

AKG「N700 M2 Wireless」

オーストリアの老舗オーディオブランド、AKG(アーカーゲー)は、現在サムスングループに加わり、スマホのGalaxyと連携しながら「音も、コミュニケーション機能にも妥協しないポータブルオーディオ」の開発に徹底して力を入れています。

  • IFA2019 - Headphones

    AKGのノイズキャンセリング機能付ワイヤレスヘッドホンの最上位モデル「N700 M2 Wireless」

今年は看板のNシリーズとYシリーズを一斉にモデルチェンジする勢いで、最新のトレンドを網羅した新製品をいくつも発売する予定ですが、N700 M2 Wirelessはプレミアムクラスのノイズキャンセリング機能を搭載するワイヤレスヘッドホンです。ヨーロッパの販売予定価格は299ユーロ(約35,000円)です。

  • IFA2019 - Headphones

    本機も折りたたむとかなりコンパクトになります

コンパクトでスリムに見えるイヤーカップは、頭に装着してみると柔らかなイヤーパッドのクッションが心地よく、軽快なリスニング感を満喫できるヘッドホンです。ノイズキャンセリング機能はヘッドホンの使用シーンに合わせて機内、電車の中、街中という3つのプリセットを切り替えて最適なバランスに、専用のスマホアプリで調節できます。サムスンのGalaxyシリーズと組み合わせて使う場合、ヘッドホンを近づけるだけですぐにペアリングできるMDE(Multi Device Experience)の機能が便利に使えそうです。

Skullcandy「Crusher ANC」

音楽ソースの低音部分の信号に反応して、音楽再生用とは別途設けたハプティックドライバーが振動する機能を搭載する、Skullcandyの看板シリーズ「Crusher(クラッシャー)」に、初めてアクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載する新製品が発売されます。アメリカでは秋に299ドル(約32,000円)で発売予定です。

  • IFA2019 - Headphones

    Skullcandyのデジタルノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホン「Crusher ANC」

ノイズキャンセリングの信号処理回路を従来モデル(Venue)のアナログ設計から、今回のモデルからデジタル設計に変えて、機能をオンにしたときの静音性が一段と向上しています。低音に反応してブルッと震える機能も、反応する帯域を10Hz〜200Hzの範囲に広げています。本体側面フレームのスライダーを操作してバイブレーションの強弱を変更することも可能です。

  • IFA2019 - Headphones

    ハウジング側面のノブで振動の強さを調整します

さらにユーザーの音の聴こえかたに合わせて、年齢とともに聞こえにくくなる高音域を補正したり、最適なリスニングバランスに調節してくれるパーソナライゼーション機能をSkullcandyのヘッドホンとして初めて搭載しました。スウェーデンのオーディオ系スタートアップ企業「Audiodo」がソフトウェア開発のパートナーとしてSkullcandyと組み、実用性の高い機能に仕上げています。いわゆる「聴力検査」のように、静かな場所でビープ音を聴きながら行う計測は約3分前後で完了。データはヘッドホンに転送されるので、様々なスマホやオーディオプレーヤーを組み合わせて快適な音楽リスニングを楽しめます。

  • IFA2019 - Headphones

    カラーバリエーションはレッドとブラックの2色が置かれていました

アディダス「RPT-01」

スポーツアパレルブランドのアディダスは、これまでにもいくつかのヘッドホンブランドとのコラボによるヘッドホン、イヤホンを商品化してきました。IFAで発表した「RPT-01」はアディダスのロゴを冠して、よりスポーツシーンでの使いやすさを高めたオンイヤースタイルのワイヤレスヘッドホンです。欧州の販売価格は169ユーロ(約2万円)です。発売予定は9月25日。

  • IFA2019 - Headphones

    アディダスのヘッドホン「RPT-01」

ヘッドホンは汗を多くかくスポーツシーンで音楽を聴くための機器としては不向きなように思いますが、そこはアディダスがスポーツアパレルの分野で培ってきたノウハウが大いに活かせる部分でもあります。ヘッドホンのハウジングカバーは着脱できる仕様になっていて、水洗いすればいつもきれいに保つことができます。本体も防汗仕様。内蔵バッテリーをフルに充電すれば最大16時間の連続音楽再生ができるので、10時間連続して走り続けるフルマラソンの競技中にもバッテリー切れを気にせず音楽に没入できます。

  • IFA2019 - Headphones

    ファブリック調のヘッドホンカバーは外して丸洗いができます

なお、アディダスからはネックバンドスタイルのワイヤレスイヤホン「FWD-01」も同時期に発売されます。価格は149ユーロ(約17,000円)です。

  • IFA2019 - Headphones

    ワイヤレスイヤホンの「FWD-01」

フィリップス「PH805」

IFAでも少しの間オーディオ新製品はご無沙汰していたフィリップスが、今年はイノベーティブな新製品を発表していました。PH805は強力なノイズキャンセリング機能を搭載するワイヤレスヘッドホンです。欧州では179ユーロ(約21,000円)で10月に発売を予定しています。

  • IFA2019 - Headphones

    フィリップスのノイズキャンセリング搭載ワイヤレスヘッドホン「PH805」

見た目にはプレーンなデザインのヘッドホンですが、右側イヤーカップの側面がタッチセンサーコントローラーになっていて、上下スワイプ、タップ操作のほか、手のひらで押さえるとペアリングしたスマホのボイスアシスタントを呼び出せます。ノイズキャンセリング機能をオンにした状態で約25時間の連続音楽再生が楽しめます。

そしてフィリップスからハイエンドヘッドホン、Fidelio(フィデリオ)シリーズも復活します。開放型のハウジングに50mmの大口径ドライバーを搭載するフラッグシップ「Fidelio X3」です。こちらは参考展示として紹介されていたため価格が明らかにされていませんが、秋に欧州で発売を予定しているそうです。ハウジングやヘッドバンドをファブリック調のマテリアルでカバーしたスタイリッシュなデザインが魅力的です。

  • IFA2019 - Headphones

    フィリップスの新しいフラグシップモデル「Fidelio X3」。開放型ハウジングに50mm口径のドライバーを搭載。厚みと切れ味が両立するエネルギッシュなサウンドを鳴らしていました

ヨーロッパのヘッドホンは音質もさることながら、プロダクトデザインにエッジの効いた個性派ぞろい。思わずブツ欲が刺激されて、IFAの取材中にショップを訪れるたびに「さて、1台買って帰るか」という気持ちの高ぶりを抑えることに一所懸命でした。

  • IFA2019 - Headphones

    ゼンハイザーのビジネスシーンに最適なノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスヘッドホン「PXC 550-II」。ブラックに統一したハードボイルドな外観になり、装着感も改良されています

  • IFA2019 - Headphones

    ノルウェーの人気DJ、KYGOがプロデュースするアクティブノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスヘッドホン「A9/1000」。かなり重量級の低音再生でした

  • IFA2019 - Headphones

    パイオニアのオンイヤースタイルのノイズキャンセリング機能を搭載するワイヤレスヘッドホン「S6 wireless noise cancelling」