昔IBM、いまレノボの、ThinkPadシリーズで“正統派薄型ノート”のポジションを担うのが「ThinkPad X1 Carbon」です。とはいえ一言で「X1 Carbonだ」といっても、もはや「ん?それはどのX1 Carbonですか?」と普通に返ってくるくらい、シリーズが登場してから長い月日が経ち……。その間、順調にアップデートしたモデルが継続して登場しています。

今回取り上げるのは2019年1月に北米で発表され、日本ではこの6月に登場したモデルです。この記事では便宜上「X1 Carbon 2019」と呼ぶことにします(同様に、他のX1 Carbonと比較するときには、それぞれ登場した西暦を最後につけて区別)。X1 Carbonシリーズとしては7代目になります。税別価格は233,000円からです。

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    7代目となるThinkPad X1 Carbonの2019年モデル

なお、レノボ・ジャパンはビジネス利用を主目的としたThinkPadらしく、X1 Carbon 2019の特徴としてディスプレイ上部に4基のマイクを内蔵したことによる、Web会議などにおける利便性を訴求します。ただここでは、モバイル利用も重視する薄型ノートPC本来の項目といえる「携行のしやすさ」「処理能力の高さ」「本体インタフェースの使いやすさ」「キーボードやディスプレイの快適さ」「静かなところでも使える静音性」を中心に評価していきます。

より軽くより薄く、ちょっとだけコンパクトに

X1 Carbonシリーズは2012年に登場した初代から「薄く軽く」をアピールしてきましたが、ボディ素材や内部レイアウトの改良によって、代を重ねることにより薄く軽くなっています。X1 Carbon 2017では本体サイズが幅9.5mm、奥行き11.9ミリと、一気に小型化が進みました。

続くX1 Carbon 2018では、サイズに変化はありませんでしたが、今回のX1 Carbon 2019は、幅と奥行きは従来とほぼ同じながら(カタログスペック的には幅が0.5mm、奥行きが0.1mm減ったことになっています)、本体の厚さは15.95mmから14.95ミリと1mm薄くなりました。さらに、本体の重さも約40g軽くなっています。レノボ・ジャパンは、天板の素材を改良し、それまでと比べて耐久性能はそのままで10%の軽量化を実現したと述べています。面積に影響する部材の軽量化は、40gの削減に大きく貢献しているはずです。

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    評価機材の重さは実測で1,087g

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    標準付属のACアダプタはコード込みで248g

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    天板は素材を改良して強度を確保しつつ軽量化

せっかく天板の話が出たのでわき道にそれますが、X1 Carbon 2019は「新しいカーボン柄」とレノボ・ジャパンは語っています。“カーボン柄”と聞くと「カーボンチューブの格子模様」をイメージしますが、X1 Carbon 2019の天板でも、そのような格子柄模様の天板をオプションで用意しています。

天板素材の変更で「指紋跡が付きにくくなりました」ともしています。ただし、今回評価した従来と同じ天板を採用したモデルでは、天板を不用意に触った私の指跡は(たぶん)多少は薄くなったのかもしれませんが、しっかり視認できるほどに残っていました(そしてなぜかふき取るのに手間取った)。

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    ThinkPadロゴは健在。今回評価したのは従来と同じ“ノーマル”な天板

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    X1 Carbon 2018で登場した「X1」ロゴも継承

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    底面に増設や換装用のフタはありません

一方で、わずか40gとはいえ1.09kgと、あともう少しで“アンダー1kg”になりそうな軽さは、「これ、本当に14型ディスプレイ搭載しているの?」と疑ってしまうほどです。本体のフットプリントからイメージする重さを予想して本体を持つと「ふわっ」と持ち上げてしまうでしょう。ええ、私がそうでした。

この軽さとThinkPad X1 Carbonの「一枚板のようなボディ」、そして、滑りのいい天板と底面の表面質感のおかげで、バックへの出し入れがすこぶるよろしいのは、移動中に乗り物の中で使う場面でもスキマ時間にカフェで作業をする場面でも、大変快適でありました(このような場面で「PCの出し入れに手間取って時間を消費する」ことのストレスと危険性は、使い勝手に大きく影響します)。

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    名古屋遠征でX1 Carbon 2019を使ってみました。新幹線のテーブルでは、標準のカップ受けに重なってしまいました、それでもギリギリコーヒーカップと共存

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    名古屋駅地下街にある喫茶店「コンパル」の2人用テーブルで。コンパル名物の「熱々珈琲を氷の入ったコップに注ぐ」アイスコーヒーのセットと共存可能

さすがThinkPadのキーボード、だが……

キーボードの作りやタイプしたときの感触、キーボードレイアウトは、従来モデルと変更ありません。十分なキーピッチ、いまとなっては十分なキーストローク、いまとなっては十分慣れた6段レイアウト……と、ThinkPadシリーズのキーボードは相変わらずスムーズにタイプでき、文章を編み出すときに思考を邪魔しません。タイプして“ぐらつかず”“たわまず”“しっかり受け止める”も、ThinkPadシリーズのキーボードなら当たり前です。

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    相変わらず信頼できるキーボード

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    内蔵するスピーカーはDolby Atmos対応で、キーボード面にツイーター、本体底面にウーファーをそれぞれ2基配置

ただし、1つ気になることがありました。タイプしているとキーボードから「熱を感じる」のです。今回の評価作業は7月8日の週で、関東では「梅雨冷」の時期でした。なので、気温が高くて熱が特に不快になる気候でもありませんでしたが、それにしても熱い。負荷状況と場所によっては「アチッ」と思えるほどです。というわけで、実際の温度を確かめるべく、PCMark 10を走らせて30分ほどたった時点で放射温度計を用いてキーボード面の温度を測定しました。

その結果、
・キーボード中央付近が左右部より熱い
・奥ほど熱い

という傾向が確認できた上で、アルファベットキーは左右部で35度前後、中央部で40度程度。ただし、数値キーとファンクションキーの中央部(「7」「8」「F8」「F9」の間)で45.2度を記録しています。PCMark 10のSystem Informationで確認できたCPUとGPUの温度は、最高で90度を超える高さでした。

ディスプレイと表示ズーム設定

ディスプレイはサイズが14型で非光沢タイプのパネルです。そのおかげで、周りが映りこむことなく画面表示に意識を集中できます。X1 Carbon 2019の構成にはタッチパネル(10点タッチ対応)モデルもありますが、その場合でも非光沢タイプのパネルとなります。解像度も構成によって、最高で3,840×2,160ドットの4K(この場合、DOLBY Vision準拠のIPSパネルを採用)、2,560×1,440ドット、1,920×1,080ドットを用意しています。

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    評価機材の解像度は2560×1440ドット

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    ディスプレイは180度開きます

今回の評価機は、2,560×1,440ドットの構成でした。14型ディスプレイでこの解像度なら広々と使える、と思ったのですが、表示ズーム設定の推奨が「200%」となっていて、なんだかあまり広く感じません。試用中に表示ズーム設定をいろいろと変えてみましたが、150%設定までなら50歳を過ぎた老眼ユーザーでも無理なく視認できています。

念のため、200%と150%のそれぞれで、Edgeを使ってマイナビニュースの記事を表示し、記事本文のフォントサイズを「同」の字で実測してみました。200%では約3.25mm、150%では約2.25mmといったところでしょうか。

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    表示ズームを200%にして実測

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    こちらは150%にして実測

本体搭載インタフェースと電源ボタンとACアダプタ出力

本体に搭載するインタフェースは、種類と数は従来のX1 Carbon 2018と共通します。しかし、レイアウトに変更がありました。従来はキーボードの右上にあった電源ボタンを右側面中央に移し、それまでその場所にあったヘッドホン・マイクコンボ端子を左側面に移したためです。

左側面のインタフェースレイアウトは、ヘッドホン・マイクコンボ端子を追加しただけで、他は従来と同様です。HDMI出力、Type-AのUSB 3.0、USB 3.1 Type-C、Thuderbolt、有線LANアダプタ専用コネクタ、USB 3.1 Type-C(電源コネクタも兼ねる)が並びます。なお、ドッキングステーションへの接続は、有線LANアダプタ専用コネクタと2基のUSB 3.1 Type-Cを占有する専用ケーブルを用います。

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    左側面レイアウトは、ヘッドホン・マイクコンボ端子が移ってきた以外、X1 Carbon 2018とほぼ同じ

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    右側面に電源ボタン

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    LTE対応モデルの場合、背面にnanoSIM用スロットが(このモデルにはない)

ディスプレイ上部にはWebカメラも搭載します。構成によって720pのWebカメラのみ、もしくは、720pのWebカメラと顔認証用IRカメラを載せます。720pのWebカメラには、誤ってカメラ画像を公開しないように物理的なカバー「ThinkShutter」を設けています。これは従来モデルでもあった機構ですが、ThinkShutterのスライド形状を改めています。

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

    ThinkShutterのスライド形状を変更

なお、X1 Carbon 2019にも、nanoSIM対応スロットを設ける予定があるようです。公式Webページで、スロットがある側面図を公開しています。2019年7月時点では、SIMを組み込んだモデルは日本市場で登場していません。

パフォーマンスとバッテリー駆動時間

X1 Carbon 2019は、CPUにインテルの第8世代「Kaby Lake-U」コアを採用しています。内部構成として、はX1 Carbon 2018と共通します。システムメモリがLPDDR3を最大16GBというのも同じです。

今回取り上げる評価機はCPUにCore i7-8565Uを搭載し、システムメモリ容量が16GB、ストレージはNVMe SSD「Western Digital PC SN720」の512GBという上位構成です。この評価機構成の処理能力を、PCMark 10、CINEBENCH R15、ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマーク、CrystalDiskMarkで測定、加えて、バッテリー駆動時間をBBench 1.0.1(電源プランを「パフォーマンス寄りのバランス」に、ディスプレイ輝度を10段階の下から6レベル目に設定)で調べています。

  • 製品名:ThinkPad X1 Carbon
  • CPU:Intel Core i7-8565U(1.80GHz)
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
  • グラフィックス:Intel HD Graphics 620(CPU内蔵)
  • 光学ドライブ:なし
  • ディスプレイ:14型(2,560×1,440ドット)非光沢
  • ネットワーク:10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T対応有線LAN(アダプタで対応)、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 5
  • 本体サイズ/重量:W323×D217×H14.95mm、約1.09kg
  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)

総評

キーボードの使い勝手はさすがThinkPadシリーズで、いまある薄型ノートPCでは安心して自然に使えるレベルにあるモデルの1つといえるでしょう。一方で、キーボードの発熱は使い勝手……というより使い心地に影響するかもしれません。これまでのThinkPadシリーズで、キートップに触れて「あちっ」と少しでも感じることは、自分の経験ではありませんでした。ファンの風切り音も、負荷が高い状態になると明確に分かります。

念のため、騒音計でCINEBENCH R15を走らせて発生音圧を測定したところ、最も高い値で40.3dBAでした(測定条件は、PCの中央ヒンジ部分から上に45度、距離を20cm離してマイクを固定。暗騒音は34.8dBA)。値そのものは図書館における音圧に相当しますが、それでも静かな図書館で作業している人の隣でこの冷却ファンの音を立てるのは、私ならちょっとはばかっちゃうな、ぐらいは思ったりします。

本体搭載インタフェースは、いまの周辺機器状況を考えれば十分。利用シーンにおいて、アナログRGB(D-Sub)出力や有線LANが必須でなければ、不足はありません。そして処理能力も、評価機構成では問題ありません。特にストレージの転送速度は現時点でトップレベルです。ディスプレイは構成にもよりますが、今回評価した2,560×1,440ドットなら、Windows 10の表示ズーム設定を150%まで下げると、高解像度の意味が出てくるでしょう。

また、形状によるバックの出し入れはすこぶるよろしく、それ以上にほぼ1kgという軽さと14型ディスプレイ搭載というボディサイズのバランスも秀逸。使いやすく処理能力が高いPCを常に必要とし、それが故に常に携行したいユーザーにとって、X1 Carbon 2019は最上の選択の1つになるでしょう。

  • ThinkPad X1 Carbon(2019年モデル)