レノボ・ジャパンは、キッチンや寝室での利用を考慮したスマートデバイスとして、「Lenovo Smart Clock」および「Lenovo Smart Display M10」を発表した。7月9日より予約受付を開始し、7月19日に発売する。

  • 「Lenovo Smart Clock」を発表。7月19日に発売する

日本人は「課題解決型デバイス」が好き?

発表会にはレノボ・ジャパンのデビット・ベネット社長が登壇。ベネット社長によると、日本は他の先進国と比べてスマートデバイスの普及率が低い。この原因として同氏は、日本人は汎用性が高いデバイスよりも、たとえば「おいしいご飯が炊ける炊飯器」「料理を簡単に作れるオーブンレンジ」のように、課題解決型のデバイスを好むのではないかと分析した。

  • 流暢な日本語で製品を紹介するベネット社長

  • 欧米や中国と比べると、日本のスマート機器の普及率はかなり低い。ただし筆者の感想では、日本はもともと家電が過度に高度化している影響もあるように思う

そこでレノボは、まだスマート化されていない分野の機器として「目覚まし時計」に着目し、シンプルで使いやすく、心地よい寝入りや目覚めをもたらすスマートクロックとして、Googleアシスタントを搭載した「Lenovo Smart Clock」を日本市場に投入することを発表した。同時に10.1インチでカメラ機能を搭載したスマートディスプレイ「Lenovo Smart Display M10」も発売する。

時計機能に特化したスマートディスプレイ=スマートクロック

Lenovo Smart Clockは、4インチの静電容量式タッチパネルディスプレイ(解像度はWVGA:800x480ドット)を搭載したスマートディスプレイデバイスだ。Googleアシスタントを搭載したスマートディスプレイとしては、6月に登場したGoogleの「Google Nest Hub」があるが、その4インチ版と考えてもらえれば良いだろう(逆に「Lenovo Smart Display M10」は、Google Nest Hubの10.1インチ版に相当する)。

  • ブラウン管のように奥行きがあり、奥に行くにしたがって狭くなる形状。画面サイズやベゼルの太さもあって、初期のスマートフォンを置いているかのようだ

ハードウェアは斜めに倒した四角錐に近い形状で、全体がグレーのファブリック(布)で覆われており、リビングなどに置かれていても目立たず落ち着いた風情だ。本体上部には音量の増減スイッチが1つずつ、背面にはUSBポート(Type A)とマイクミュートスイッチ、電源ポートが並ぶ。音量スイッチは形が「+」と「−」で指先で触っても違いがわかりやすく、物理的なスイッチになっているため、きちんと操作したことが体感できるのが好ましい。USBポートはスマートフォンなどの充電に利用するもので、筆者が計測したところ、5V・約0.4Aの出力だった。

  • ポート位置の都合もあってmicro USBケーブル経由での接続になったせいか、電流は0.4A程度しか計測できなかった(iPhone、Android双方の端末充電で確認)。スマートフォンの場合、急速充電にならないので、睡眠時間同様、たっぷり余裕を持って充電したい

「スマートクロック」というだけあって、ホーム画面は時計に特化しており、Google Nest Hubと比べると時刻が画面の大半を占めている。Googleアシスタントを搭載しているため、「OK、Google」からの音声コマンドによる操作が可能な点や、Google Play MusicやYoutube Music、各種音楽配信サービスの再生機能に対応する。一方、画面サイズが小さいことなどもあって、Youtubeの動画再生機能やGoogle Photoの写真表示機能は搭載していない。設定にはスマートフォンと「Google Home」アプリが必要な点や、音量や画面の明るさといった設定画面の操作も、基本的にGoogle Nest Hubと同様だ。

  • クロックフェースは全9種類。画面を長押しして切り替えモードにする

  • 電源アダプターはコンセントに対して横にケーブルが出るタイプ。縦型のタップにつなぐ場合はほかのプラグに干渉しなくて済むため、使いやすいのだが、USB電源から給電できればさらによかった

  • 設定画面は画面を上下からスワイプして表示する。これもGoogle系スマートディスプレイ共通の操作だ

Smart Clock独自の点としては、振動センサーを搭載しているため、目覚まし時計として使う時は本体をポンと叩いて止めることができる。このあたりは、アナログの目覚まし時計のメタファーを利用したインターフェースと言えるだろう。

目覚ましとしての機能は、前述のように叩いて止められる機能のほか、アラームの時間に合わせて30分前から徐々に画面の明るさを上げていくことで自然に目覚めやすくしてくれる。さらに、Googleアシスタントの「ルーティーン」機能と組み合わせることで、スマート照明を点灯したり、電動カーテンを開ける、コーヒーメーカーの電源を入れる、といった機器との連動が可能だ。

価格は9,100円(税抜き)。ただし、先行予約期間中に予約した場合は2,000円のディスカウントが受けられる(ディスカウントの内容は販売店による)。Google Home miniが6,480円であることを考えると、+3,000円未満でディスプレイがついてスピーカーがアップグレードされるのはお得に感じられる。

直接のライバルとしてはAmazonのEcho Show 5(9,980円)があるが、こちらは値段がカメラを搭載してビデオチャットもできるなど、よりスマートディスプレイとしての色合いが強い。子供部屋などに置くのであれば、動画再生などの機能がない、Smart Clockのほうがより望ましいと感じられる。

縦横に置けるスマートディスプレイ

「Lenovo Smart Display M10」のほうは、前述したようにGoogle Nest Hubの10.1インチ版といった趣だが、違いとしてはカメラを搭載しており、M10(またはGoogleアシスタントを搭載したカメラ付きスマートディスプレイ)同士でビデオチャットが行える。Google Nest Hubも米国ではカメラを搭載した大型版の「Nest Hub Max」が出ているのだが、日本市場ではLenovoが先行した形だ。また、ビデオチャット時に備えて縦置きに対応しているのも特徴的だ。こちらは2万2,000円だが、7インチのNest Hubは1万5,120円。大画面化+カメラ搭載で+7,000円であれば妥当なところだろう。

  • 10.1インチと大画面(解像度はWXGA:1280x800ドット)を搭載した「Lenovo Smart Display M10」。台所などで利用することを想定しているとのことだが、残念ながら防水機能は搭載していない

  • 特徴的な形状の背面は、縦横どちらでも利用することを想定しているため。スピーカーは縦置き時にステレオ再生できるように配置されている。スピーカー出力は10Wでかなり強力だ

  • 大画面を生かして、タイマーを同時に2つまで設定して表示できる。ラーメンタイマーとしてもバラバラな時間で利用できるわけだ

「スマートな目覚まし」としてはどうなのか

筆者は現在、リビングにGoogle Nest Hubを、ベッドルームにGoogle Home miniを置いて利用している。ここにSmart Clockを加えるとしたら、ベッドルームのHome miniを置き換えることになるだろう。Home miniは表示能力がないため、時間を確認したり、目覚ましを止めるときにもいちいち「OK、Google」と言わねばならないことを考えると、時刻が常時表示&タッチでいいSmart Clockはずっと手軽だ。音量スイッチがわかりやすいのも◎だ(Home miniにタッチ式音量スイッチを搭載した人間には、一度厳しい教育が必要だと思っている)。

音楽を流すスマートスピーカーとしても、3Wのフルレンジスピーカーとデュアルパッシブラジエーターを搭載しており、音量も音質も、Home miniよりずっといい。さらにスマートフォンのBluetoothスピーカーとしても利用できる。モノラルではあるが、ベッドサイドのスピーカーとしては十分だろう。

ただし、これは単純にスマートスピーカーとスマートディスプレイの違いでもある。レノボが言うように、目覚ましとして何らかの問題を解決するものかと言われると、少々疑問だ。アラームと連携して段階的に画面を明るくする、音楽を流すetcといった程度で起きられる人は、そもそも十分に快適で健康的な睡眠を取っているのではないだろうか。

私ごとで恐縮だが、筆者には中一の息子がいる。これが非常に寝起きが悪い男で、朝5時すぎから起こして、ようやく6時半ごろに起き上がり、慌てて食事もそこそこに、「どうして起こしてくれなかった」と悪態をつきながら部活の朝練(7時集合)に飛び出していく……という生活を送っている。当然Home miniなどを目覚ましがわりに使っているが、そもそも消そうともしない、図太い神経の持ち主だ。こいつを、親の手を煩わせずに確実に起こしてくれて、初めて「スマートな」目覚ましと呼びたい。

いっそのこと、人間が非常に不快に感じる周波数の音波をピンポイントに照射する、ドローンを操作して氷水をかける、早く止めないと勝手に寝顔の写真を取ってSNSに投稿する流す…など、デジタルならではの、強制的に起こす機能やデバイスとの連携を搭載してくれないものだろうか。この点では巨大なベルなどを使う、アナログな目覚まし時計のほうが、よほど優秀だと感じる。

一方で、睡眠導入デバイスとしては、なかなか優れていると感じている。「ルーティーン」機能で「おやすみ」と声をかけると、翌朝の目覚ましをセットすると同時に、各機器の電源を落とし、虫の声や波の音、川のせせらぎなど、心が落ち着いて眠りやすくなるような音(ホワイトノイズ)を流してくれるのだ(同機能はほかのGoogleアシスタント対応デバイスでも可能)。意外と快適に眠れるので、寝付きの悪い方は試してほしい。

Googleアシスタント搭載のスマートデバイスは、一斉にメッセージを送る「ブロードキャスト機能」など、複数台を連動させることで便利な機能も多い。家中にスマートデバイスを配置するに際し、Smart Clockが時計という需要が確実にある機器のかたちをとったのは理にかなっている。

目覚ましとしては(日本では、連動できるスマートデバイスがまだ少ないこともあって)もう一息という気がするが、あくまで安価な小型のスマートディスプレイと考えれば魅力的だ。たとえばスマートフォンを持たせるにはまだ早い子供部屋や、あまりゴテゴテとしたIT機器を置きたくないベッドルームで利用するデバイスを探している人は、ぜひ検討してみてほしい。