6月3日(現地時間)、米Apple社の開発者向けカンファレンス「WWDC19」が開催された。既報の通り、基調講演ではハードウェアの新製品や、各種OSの最新版などについて多数の発表が行われたが、それぞれの機能についての分析と所感をお届けしたい。

  • WWDC19のWebページ

AppleTVとtvOS

今秋に開始される有料配信サービス「Apple TV+」の宣伝で始まった基調講演では、まずApple TV向けのOS「tvOS」の新機能が紹介された。次期OS「tvOS 13」では、マルチユーザー環境がサポートされる。これは操作するユーザーにより、番組履歴や写真、音楽ライブラリなどが切り替わり、よりパーソナライズされた体験ができるというもの。

  • ユーザーの切り替えはコントロールセンターから行う。どうせなら音声入力でユーザーを認識して自動切り替えしてくれたらいいのだが、そこまでは至っていない模様

我が家でもAppleTVは活躍中だが、確かに履歴が家族でグチャグチャになっていると使いづらい。以前からマルチユーザーに対応するか、一家全体のアカウントに対応してほしいと思っていたのだが、その願いが叶った形だ。

一昨日、日本での発売が発表されたGoogleのスマートディスプレイ「Nest Hub」でもマルチユーザーに対応した「Voice Match」が利用できるが、Appleにとっては新たにスマートディスプレイ機器をリリースするよりも、「みんなが集まる場所にあっていつも表示されているTV」をスマートディスプレイ替わりにするのが効率的だという考えなのだろう。

また、ゲーム利用時のコントローラーとしてPlayStation 4やXbox OneのBluetoothコントローラーを正式にサポートすることも大きなニュースだ。Apple TV 4KはSoCにiPhone 7と同世代のA10X Fusionプロセッサーを搭載しており、ゲーム機としての性能は決して低くない。Appleが今秋開始するゲームのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」推進の上でも、ゲーマーが使い慣れたコントローラーが使えるというのは一助になるだろう。

  • PlayStation 4のDualShock4コントローラーのサポートが発表されたときの喝采ぶりはWWDCでもトップクラスだった

Apple WatchとwatchOS

スマートウォッチのApple WatchとそのOS、watchOSについては、次期OS「watchOS 6」で、Apple Watch単独でのアプリインストールが可能になる旨が発表された。発売当初の「Watch側はインターフェースのみで処理はリンクしたiPhoneで実行する」という時代から比べると、OSの最適化が進み、ハードウェアの性能も格段に向上したということだろう。また、単独で通信機能を持つCellurarモデルが出ているのも大きい。

  • Apple Watch単独で動作するアプリが許可され、App Storeも完備。アプリ内購入も単独で行えるなど、ほぼiPhoneと同等になる

そもそも本格的な5G時代になれば、高速・低遅延の通信が常時利用できるようになる。スマートウォッチ単体で処理速度が足りない場合でも、エッジコンピューティングで複雑な処理の結果が素早く得られるようになる。こうなれば、もはやスマートフォンに縛られる必要もなくなるわけだ。単独でのアプリ対応は、こうした時代を見据えての準備のように感じられた。

また近年Appleが力を入れているヘルスケア分野では、女性の月経サイクルの管理機能が付くようだが、基本的に自己申告制のようだ。あるいは機能から逆算して、次期Apple Watchには体温計が搭載され、自動的に基礎体温を測ってくれる機能が付くのかもしれない。体温の計測は体調管理の基本だけに、個人的にはこの思いつきが実現することを期待したい。

  • 女性のユーザーにとっては心強い機能の追加となるだろう

iPhoneとiOS

販売の苦戦が伝えられてはいるものの、今なお高い人気を誇るiPhoneとiOSだが、次期iOS「iOS 13」の新機能として真っ先に伝えられたのが「Face IDの高速化30%」「アプリの容量削減50%」「アップデートの容量削減60%」「アプリの起動時間が半分」という最適化周りの改善だった。iOS 12が飛び抜けて重いわけではないが、レスポンスがよくなるのは、旧モデルを使っているユーザーにも朗報だろう(なおiOS 13の動作環境はiPhone SE/6s以上となる)。

iOSというよりはiCloudよりの話題になるが、Apple製マップの改良も大きな話題だ。米国では年内、その他の国では2020年からということだが、カメラを搭載したAppleの車が日本国内でもあちこちを走っており、道を確認しながらGoogle Mapsの「ストリートビュー」に相当する「Look arround Window」で利用する写真を撮影している様が確認されている。Apple Mapsは当初、その情報精度の低さが酷評されていたが、地道なアップデートでだいぶ改善されてきており、一方でライバルのGoogle Mapsは日本での地図データの変更で評価を落としている。Appleユーザー限定にはなるが、地図ユーザーのシェアも大きく変わるかもしれない。

  • 4月に筆者の友人が品川で遭遇したApple Mapsカー。こうして東京都内などの写真を収集して回っているようだ

またセキュリティとプライバシーについての説明で登場した「Sign in with Apple」も重要だ。TwitterやFacebook、GoogleなどのIDで他のサービスにログインする「サードパーティログイン」(SNS認証)は、それらのSNSに登録された年齢、性別といった個人情報がサードーパーティに提供されることがある。

  • サードパーティログイン界隈の勢力圏を塗り替えかねない「Sign in with Apple」

これに対して「Sign in with Apple」では、Appleはユーザーの個人情報を一切サードパーティに提供しない。メールアドレスですら、専用にApple IDとリンクした匿名アドレスを割り当てるという念の入れようだ。それではサービス側はどこも採用しないだろうと思われるが、サードパーティログインを使うアプリにSing in with Appleの導入を義務付けするため、ほとんどのサービスは受け入れざるを得ない。この手のサービスでは最後発ながら、セキュリティ意識の高まりを武器に、一気に勢力を伸ばせる公算が高い。要注目だ。

iPadとiPadOS

一時期売り上げが低迷していたものの、iPad Proの登場以降、再び好調を取り戻しているiPadだが、スライドオーバー&スピリットビューといたマルチタスク機能やApple Pencil対応など、独自の機能が非常に多くなってきた。こうした事情も踏まえ、ついにiPhoneと差別化する意味も込めて「iPadOS」という名称で枝分かれした。従来通りiOS(iPhone)用アプリも動作するようだが、iPad専用に開発されたアプリをもっと加速したいということだろう。

筆者は以前から事あるごとに、iPadはMacBook系のライバルになると言ってきたのだが、「iOS系は業務に使えない」という反対意見も多く頂戴してきた。こうした反対意見の理由としては、iOS系はタッチ操作なので細かな調整がしにくい、ソフトキーボードでは文字入力が面倒、複数のアプリを連携させにくい、ファイルの扱いが弱い、コンパイルできないから開発には使えないーーといったことが指摘されていたが、筆者にとっては、それはAppleのさじ加減一つでどうにでもなる話だと思っていた。

事実、iPadOSでは同一アプリのスプリットビューに対応するだけでなく、macOSのFinderに相当する「ファイル」アプリで、macOSのFinderの特徴である「カラム表示」をサポートし、ZIPアーカイブやUSBメモリやSDカードの読み書きに対応、iCloud Driveファイル共有やLAN上でのSMBによるPCとのファイル共有までサポートしてみせた。さらにSafariの表示もPC向けサイトが標準となり、アプリ単位ではあるがカスタムフォントの扱いも可能になる。こうなるとmacOSとの差異はどんどん小さくなる(どうやらマウスをサポートするところまできているようだ)。

  • Windowsとのファイル共有も可能となり、一気に実用性が高まる。あれだけファイルのやり取りに苦労した初期iOSと比べると夢のようだ

最近では教育市場やクリエイティブ系ユーザーだけでなく、エンタープライズ系でもiPadユーザーが増えている。ノートPCとは比べ物にならないほど軽く、処理速度も見劣りしなくなっているのだから当然といえば当然だろう。今後はiPadがAppleにとってますます重要な位置を占めることになる。iPad OSのリリースはその宣言だと感じられた。

本当に待たれていたプロのための道具「Mac Pro」

今回唯一のハードウェア製品となった新型Mac Proは、CPUに最高で28コアのXeonプロセッサーを採用し、メモリは1.5TBまで搭載可能という、文句なしの怪物マシンとして生まれ変わった。パフォーマンスも価格も、半端なアマチュアユーザーにとっては高嶺の花。まさに「プロ」のためのMacだ。

2013年に登場した円筒型のMac Proは、拡張性は外部接続に任せるという思い切った設計を採用し、アーティスティックなケースに身を包んだハードだった。処理性能も決して低いものではなかったが、その高尚な設計思想が災いして、結果として本来のターゲットであるクリエイティブ系のプロが求めるパワーと拡張性に欠ける、大変厳しい言い方をすれば欠陥プロダクトだった(Mac ProではなくMac miniとして出ていれば何の問題もなかったのだが)。これは筆者の持論だが、特にプロをターゲットとしたコンピュータは、多少環境に優しくなくとも、格好が悪かろうと、仕事に必要な計算パワーと拡張性こそ最優先されるべきなのだ。

しかし販売の低迷や、それに伴いクリエイティブ市場のシェアをライバルであるWindowsやUNIXワークステーションに奪われたことが響いたのか、Appleも路線変更を決意。2017年にiMac Proの発表と同時に予告されていたのが、拡張性を重視したモジュラー構造のMac Proだった。その約束がついに結実した、というわけだ。

こうして待望のパワフルなプロ向けMacが登場したわけだが、パワフル&拡張性が高すぎて、メモリやSSDをフルに拡張した場合、数百万円(おそらく500万円以上)になるのはほぼ確実だと思われる。筆者が知る限り、カスタマイズ時の過去最高額を更新するのはほぼ確実だろう(これまではXserve RAIDが最高額)。誰もがフルカスタムする必要はなく、必要に応じた拡張をすればいいだけなのだが、それでもモジュラー型のデスクトップ機は、ハイエンドに振ったMac Proと、コンシューマ向けに振ったMac miniの、両極端なラインナップになってしまった。

日本市場を見ると、どうもプロはハイスペックマシンを買わなきゃ、と必要以上のスペックを求める人が多い気がするが、そのせいもあってか「Macは高い」という風評につながっていると思う(昔は本当に高かったのだけど)。個人的には、プロユースといっても2Dグラフィック(イラストなど)やDTPであればMac miniの上位モデルでお釣りがくるくらい十分だし、GPUに不満があれば外付けGPUでゲームも楽しめるくらいのパフォーマンスが出るので、リーズナブルなMac miniをお勧めしたい。iMac ProやMac Proは本当に予算に余裕があるか、ビデオ編集や3Dグラフィックなどヘビーな作業をするユーザーだけが導入すればいいと思うし、それくらい特別な存在でいいと思う。

iPadとの統合が進むmacOS

次期macOS「Catalina」については、iPad向けアプリをMacでも動作させる「Project Catalyst」に最も注目している。前述したようにAppleはiPad OSをリリースし、機能面でも操作性でも、iPadとMacの境界をなくそうとしているように見える。

ただ、オーバースペックとも思えるようなMac Proを出してきたように、AppleはまだまだMacでなければならない分野を重視しているし、アプリ開発環境としてのMacも重要だ。それゆえにiPadのアプリをMacにもたらすことで、Mac向けアプリを充実させたいということだろう。逆にMac用のプロダクティビティアプリがiPadに移植されることも考えられるため、Win-Winなわけだ。

iTunesの分割も話題だが、もともと20年前のアプリ(SoundJam MP)を元に拡張を重ねてきただけに、どこかでリフレッシュする必要はあったのだ。むしろ遅かったというくらいだろう。Windowsでは当面配布が続くようだが、個人的にはSoundJam MP時代からずっと付き合ってきたアプリだけに、お疲れ様と労いの言葉を送りたい。

高度な開発環境がプラットフォームを支える

最後に紹介された開発者向けのフレームワークについては別記事で紹介しているが、どんなに優れたプラットフォームであっても、アプリがなければただの箱ということは、PC市場では長くWindowsの後背を拝し続けアプリ不足に悩まされ、スマートフォン市場では逆に先陣を切って市場を支配しているアップルにとって、痛いほど理解しているだろう。

基調講演ではARとSwiftUIに絞って紹介があったが、Appleは機械学習などについても注力しており、開発者向けのアプローチも怠っていない。もちろんライバル陣営も黙っているわけではないが、開発者たちの反応を見る限り、今後もAppleプラットフォームへの支持は続いていくことが予想される。業界全体の盛り上がりのためにも、Appleには引き続き市場をリードしてほしい。