COMPUTEXでは、PCI Express Gen4 x4対応製品など、多数の最新SSDが展示されていた。2019年下半期から2020年初頭にかけてリリースが予定される製品を中心に紹介しよう。

PCIe Gen4 x4 SSDの立ち上がりに注目! コントローラはPhisonが先行

GIGABYTEのレポートで紹介したとおり、SSDのトレンドはPCI Express Gen4 x4だ。コントローラはほぼPhison「PS5016-E16」で、一部はデモも行なっていた。実際、メーカーに聞くと、PCI Express Gen4 x4をサポートするAMD X570チップセット搭載マザーボードの投入に合わせた(あるいは先行するかも)タイミングで製品をリリースする可能性があるという。

もう1つのコントローラはSilicon Motion「SM2267」。こちらはまだ開発段階のようでデモはなかった。とはいえ2019年下半期のストレージはこれらPCI Express Gen4 x4 SSDがもっともホットな話題となることだろう。それでは各社のPCI Express Gen4 x4 SSDを紹介していく。

ADATA TechnologyのPCI Express Gen4 x4 SSDは製品名がまだなく「PCIe 4.0 NVMe SSD」とだけあった。これが今回確認できたなかでは唯一のSilicon Motion「SM2267」搭載モデル。リードは4GB/s、ライトは3GB/s、IOPSはともに400K。特徴は最大容量8TBとしているところ。さすがに8TBは高価になりそうだが、容量だけ見ればデータ保存先としてのHDDの替わりを十分に担えるようになりつつある印象だ。

  • ADATAの「PCIe 4.0 NVMe SSD」はSilicon Motion「SM2267」搭載モデル

GALAXブースでは「E16 Gen4x4 HOF m.2 2280」が展示されていた。製品名のとおり、Phison「PS5016-E16」を採用している。ビデオカードのHOFシリーズ同様、白い基板を用いており、ヒートシンクには銅製ヒートパイプを1本通している。転送速度はリードが4.8GB/s、ライトが4GB/s、IOPSはリードが750K、ライトが700Kとされる。

  • GALAXの「E16 Gen4x4 HOF m.2 2280」はPhison「PS5016-E16」を搭載しヒートパイプも採用

ESSENCOREのKLEVVブランドも「ETC455 PCIe M.2 SSD」を展示。ショーケース内の展示で、スペック部分の「Gen4」がシールだったが、確かにチップはPhison「PS5016-E16」を搭載していた。リード4.8GB/s、ライト4GB/sといった速度は他社のPhison「PS5016-E16」搭載モデルと同じだが、500GBモデルのライトは2.1GB/sと記載されていた。このことからライトでPCI Express Gen3 x4以上の速度が得られるのは1TB以上の容量モデルと考えられる。

  • KLEVV「ETC455 PCIe M.2 SSD」もPhisonコントローラ。ヒートシンクデザインは不明

Patriotも「PCI Express Gen4 x4 M.2 NVMe SSD」を発表した。コントローラはPhison「PS5016-E16」。リードが4.8GB/s、ライトが4GB/s、IOPSはリードが750K、ライトが700Kとされる。容量は500GB/1TB/2TB。キャッシュはDDR4 2GBとされる。

  • Patriotの「PCI Express Gen4 x4 M.2 NVMe SSD」はCOMPUTEXで発表された製品

Team Groupブースでは、T-FORCE CARDEA Zero M.2 PCIe SSDの「Z440」が展示されていた。商品シールが貼られ、コントローラを確認することはできなかった。ただし、この製品の転送速度は、リードが3.8GB/s、ライトが3.2GB/s。

  • Teamの「T-FORCE CARDEA Zero M.2 PCIe SSD Z440」はチップが不明。展示レベルではヒートシンクなしのシールのみだった

この点に注目すると、Phison製コントローラではない可能性がある。と言って、Silicon Motion製を搭載するADATAのGen4 x4 SSDともスペックが異なるので、第3のコントローラの可能性もあるだろう。製品の登場に期待だ。

光るSSDがさらに増殖中。M.2にも登場し、2.5インチはよりハデに

ここ数年、SSDに関してもゲーミングモデルは光る。そしてこれまではSATA接続モデルが大半だったが、M.2 SSDの普及拡大に合わせてM.2 NVMeの光るSSDが一気に増えてくるようだ。

一方、ADATA Technologyの「SPECTRIX S40G」は、ヒートシンクの上下に乳白色のバーを設けて内部のRGB LEDが発光するM.2 NVMe SSDだ。PCI Express Gen3 x4接続でリードが3.5GB/s、ライトが3GB/s。容量は256GB/512GB/1TB。

  • ADATA「SPECTRIX S40G」はLEDカバー部分が曲線。基板左の形状がやや特殊?

ESSENCOREのKLEVVブランドからは、「CRAS C700 RGB」。この製品も中央にヒートシンク、その上下に乳白色のバーを設けて内部のRGB LEDを発光させる。同社のメモリ製品と同じように、クリスタル風のカッティングが複雑な表情を見せるところが特徴だ。

  • KLEVV「CRAS C700 RGB」はクリスタルカットのLEDカバー。横から見ると基板底面にもヒートシンクがあり、全体的に高さもかなりある

コントローラはSillicon MotionのSM2263EN。PCI Express Gen3 x4接続だが、転送速度はもっとも速いモデルでもリード1.5GB/s、ライト1.3GB/sとマイルド。120/240/480GBと容量ラインナップもやや小容量寄りだが、その分価格を抑えたライティングが可能になるだろう。

Patriotの「VIPER VPR100」もRGB LED搭載M.2 SSDを発表。コントローラはPS5012-E12で、接続はPCI Express Gen3 x4。ヒートシンクのスリット内にRGB LEDを収めている。リードは3.1GB/s、ライトは3GB/s。同様に、光らないモデルとして「VIPER VPN100 PCIe m.2 SSD」も用意している。こちらはリードが3.45GB/s、ライトが3GB/sでVPR100よりも少しリードが速い。

  • Patriot「VIPER VPR100」は発光部分が小さく控えめな印象。ほぼ同じ大きさでデザイン違いのヒートシンクを搭載する光らないモデル「VIPER VPN100」もある

Team Groupでは、2.5インチSATA SSDの表面をほぼLCDに置き換えたSSD「T-FORCE DELTA MAX RGB SSD」をデモしていた。一見すると超小型ディスプレイのようだ。基本的に中央にT-FORCEのロゴを、背景はレインボーグラデーションがアニメーションするといった光り方をする。このくらいの面積、このくらいのインパクトになると、ケース内よりもケース外で光らせたくなる印象だ。また、表示させる情報やアニメーションをカスタマイズできればさらに活用の幅が広がるかもしれない。

  • Teamの「T-FORCE DELTA MAX RGB SSD」は、光る2.5インチSSDのなかでもインパクトで今後をリードする製品になりそう

Type-Cを採用したポータブルSSDが一気に普及か。光るポータブルSSDまで登場

ポータブルストレージと言えば、NAND採用製品だとUSBフラッシュメモリが知られるところで、より大容量のものはポータブルHDDという形でHDDが担っていた。しかし近年、NAND価格の下落、大容量化に伴い最大2TB以下、500MBを中心とした容量のポータブルストレージではSSDが一気に普及しはじめている。そこであらためて動向に注目してみた。

ADATA Technologyは「SC685」、「SE760」といったポータブルSSDを4種を展示。ともにUSB 3.2 Type-C Gen2インターフェースだが、前者は内部がSATAベースでリード550MB/s、ライト500MB/s、後者は内部がM.2 PCI Express接続でリードが最大1GB/s。

ADATAのスタッフは「これからはポータブルSSDに力を入れたい」と言っていた。SSDがPC内蔵用としてはごく一般的となったいま、さらに市場を拡大するためには外付け、あるいはPC以外にも用途を見出していかなければならない。

  • ADATAではデザインの異なるポータブルSSDを多数展示

実際、USB端子を搭載したゲーム機向けでニーズがあるのだそうだ。また、インターフェースについても、「Type-Cでなければ売れない」とか。Type-AからType-Cへの移行は、ポータブルが主導する形で進むのかもしれない。

  • 「Type-Cでなければ売れない」という言葉は印象的

Team Groupブースには、光るポータブルSSDとUSBフラッシュメモリが展示されていた。どちらもソニーPS4に接続されており、CE機器での利用も視野に入れた製品であるとのこと。USBフラッシュメモリについては、空き容量に応じて光りを変えることができると言う。例えば、空き容量が少なくなったら赤く光るといった具合だ。

  • 側面にLEDを搭載したポータブルSSD

  • USBフラッシュメモリにもLED

Archgonというメーカーでは、M.2 2280 SSDを利用したUSB 3.1 Gen2接続の光るポータブルSSD「G70 Portable SSD」「C50 Portable SSD」を展示していた。USB 3.1 Gen2対応で10Gbpsをうたっているが、内蔵するのはSATA接続のM.2 SSDのようで、基本的にはその転送速度に準じる。より高速のM.2 NVMe SSD(PCI Express Gen3 x4)を搭載するモデルは、Thunderbolt 3対応の「X70 II Thunderbolt 3 Portable SSD」。こちらはリードが3.4GB/s、ライトが3GB/s。アルミ製の冷却を重視したきょう体で光らない。

  • M.2を採用した光るポータブルSSD(SATA接続モデル)

  • Thunderbolt 3インターフェースで内部接続もPCI Expressの「X70 II」

会場を回って見つけた変わり種SSDを2つ

そのほかにも、会場を回って見つけた気になるNANDフラッシュメモリ関連製品を紹介していこう。

Team Groupブースで見かけたのは液冷のM.2 NVMe SSD「T-FORCE CARDEA Liquid M.2 PCIe SSD」。説明員の話によると、展示されているようなカラフルなカラバリで展開するわけではないが、クーラントの交換でカスタマイズできるとか。

  • 光はしないがクーラント交換で色を楽しめるM.2 SSD「T-FORCE CARDEA Liquid M.2 PCIe SSD」

一例として、ワンオフのピンクカラーのPCにピンク色のT-FORCE CARDEA Liquid M.2 PCIe SSDが装着されていた。メモリもSSDも、LEDコントローラ「T-FORCE CAPTAIN RGB Control Box」もピンクに統一されており、かなりいい感じにまとまっていて、なんならこの色で売って欲しいくらいだった。

  • ピンクで統一したカスタムデモ機も展示

もう1つTeam Groupで「???」となった製品がミニツールと一体化したUSBフラッシュメモリ。「Theme series」として、現在栓抜きと定規、ペーパーナイフなどの機能を持った「T183」が展開されているが、これに続き定規・分度器・ルーペ機能を持った「T193」、栓抜き・ワインオープナー機能を持った「T195」が追加される。おおむね16/32/64/128GBの容量ラインナップ。ミニツールとの融合はなんとなく心ときめくものがある。

  • ミニツール付きのUSBフラッシュメモリ。ミニツールとUSBフラッシュメモリが同時に必要なシチュエーションかあるかどうかはさておき……