2016年発足とeスポーツチームとしての歴史は浅いながらも、その年に開催された「E-Sports Festival」香港大会にて、シューティングゲーム『レインボーシックス シージ』でアジアチャンピオンを勝ち取るなど、世界的な活躍をみせる野良連合。ゲーミングハウスを運営する「e’sPRO」とコラボレーションし、チームメンバーがゲーミングハウスで共同生活している点でも注目を集めている。

今回、野良連合のオーナー 貴族氏と『レインボーシックス シージ』のプレイヤーであるPapilia選手、ReyCyil選手、Merieux選手に、チームやゲーミングハウス、eスポーツ業界について話を聞いてきた。

舞台はあくまで世界! チーム発足5年以内の優勝を目指す

――野良連合は昨今のeスポーツブームとほぼ同時に発足しましたが、ブームとともに歩んできた立場から、eスポーツの現状についてはどう感じていますか?

野良連合 オーナー 貴族氏(以下、貴族):eスポーツという言葉が認知され、多くの人に見られるようになった印象です。オフライン大会の会場では多くのファンが来てくださるようになりました。女性の観客もビックリするくらいいらっしゃるんです。

また、いろんなところから、チーム運営についての話を聞かれるようになりました。ただ、スポンサーから聞かれるのはいいんですが、これからeスポーツに参入し、チーム運営をしていきたいって企業がタダでそのノウハウを手に入れようとしてくるのは、ちょっと話が違うんじゃないですかね。おっと、話が脱線しました。まあ、それだけ注目度が上がっているってことです。

たとえば、バトルロイヤルゲームの『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』は、ほかのゲームに比べて“観る専”の人が多い印象です。この前、韓国で試合をしてきたのですが、観客の7割くらいは女性で、手にアイドルのコンサートで使うような「選手の顔写真を貼り付けたうちわ」を持って応援している人もいました。

こういったムーブメントが起きているのは、eスポーツよりもYouTuberのおかげかもしれません。決してゲームの腕が高いわけではないですが、おもしろく紹介しているので、ゲームの認知度が上がっているのでしょう。

そして、ゲームに興味を持った人のなかで「自分でプレイしない層」が、プロプレイヤーの試合を観戦するようになったのだと思います。日本だと、野良連合のメインタイトルでもある『レインボーシックス シージ』の人気が急上昇していますが、話を聞いてみると、やはりYouTuberの動画がきっかけで知った人が多いみたいです。

  • 野良連合のオーナー 貴族氏

――野良連合は『レインボーシックス シージ』や『オーバーウォッチ』『PUBG』などのタイトルで、世界を中心に活動していますが、拠点の日本で人気の対戦格闘ゲームへの参入は考えていないのでしょうか。

貴族:日本で流行っている対戦格闘ゲームといえば『ストリートファイターV AE』が代表的だと思うんですが、売上でいうと8万本くらいなんですよね。それに対して『レインボーシックス シージ』は300万本。日本でも一番人口が多いタイトルと言われています。

また、対戦格闘ゲームは海外でのプレイ人口も少なく、海外のeスポーツの格付けでも『レインボーシックス シージ』は“Tier1”タイトルですが、対戦格闘ゲームの各タイトルは軒並み“Tier3”のカテゴリー。この違いは、大会の数や賞金額の高さ、Twitchなど動画配信の視聴数によって決定されるわけですが、Tier1とTier3だとまったく違います。

おそらく、日本メディアもそういった状況に気づきはじめて、1~2年しないうちに流行は変わってくるのではないでしょうか。そういう観点からも、野良連合はTier1タイトルを中心に行っています。まあ、世界しか見ていない感じですね。

――野良連合を含め、日本チームの実力は世界でどの位置にいるのでしょうか。

貴族:野良連合は発足時の2016年から『レインボーシックス シージ』で日本代表として活動しており、それ以降ずっと代表です。ただ、年々代表になるのが辛くなってきていますね。今年はギリギリだったんじゃないでしょうか。そういう意味では、日本は全体的にレベルが上がっていると思います。

世界との差はそんなにあると思っていません。2018年は『レインボーシックス シージ』の世界大会でベスト4になりましたが、これも2回め。目標は発足から5年以内、つまり来年までに優勝です。選手はどう思っているんですかね。

――とオーナーがおっしゃっていますが、選手の方々はどうお考えですか? まだまだ世界との差は大きいと感じるのか、それとも敵わない部分はあるものの同じラインの延長線上のちょっと先を行っている感じなのか。

Papilia選手(以下、Papilia):そうですね、『レインボーシックス シージ』は、単純にエイム(シューティングゲームで標準を合わせること)や操作の腕などの個人技だけでなく、戦術やチームでの動きも重要なゲームです。個々のスキルは海外と大きな差がないと感じていますが、戦術面に関してはまだ足りない部分がありますね。そこをクリアできれば優勝できると思います。

  • 今回、取材に対応してくれた野良連合の選手。左からPapilia選手、ReyCyil選手、Merieux選手

――先ほど日本で対戦格闘ゲームが流行っているという話がありましたが、その理由の1つに、日本人選手の活躍があると思います。『レインボーシックス シージ』に関しても、野良連合の活躍が日本での人気に大きく影響しそうですね。

Papilia:eスポーツタイトルは、新しいものが出てくると、一時的とはいえ、そちらに流れてしまうことがあるんです。

『レインボーシックス シージ』は、まる4年稼働していて、今年が5年目。その間にもいくつもの大型タイトルがリリースされ、『レインボーシックス シージ』の人口が減りそうなポイントはありましたが、野良連合がアジア大会で優勝したり、世界大会で活躍したりしたタイミングで『レインボーシックス シージ』のプレイ人口は伸びたと聞いています。なので、野良連合が活躍したことによって、日本の『レインボーシックス シージ』の人気が途絶えずに済んだのかなと思います。

ゲーミングハウスでの共同生活が野良連合を強くした

――2018年の“eスポーツ元年”を経て、チームにはどのような影響がありましたか?

貴族:スポンサーのオファーの数は増えましたね。以前は営業に行き、頭を下げてから話を聞いてもらっていましたが、最近は向こうから話を持ってきてくれるようになりました。

ただ、増えたのは増えたんですが、日本企業の場合だと9割くらいが「物品提供」の協賛オファー。ありがたいことではあるのですが、今は物品提供はお断りしています。

PCや周辺機器をご提供いただくことが多いのですが、選手には好きなデバイスを使ってもらいたいので、自分たちで購入しています。無料でも選手にしっくりこなければ、マイナスにしかなりません。選手やチームを健全に運営するには、やはり金銭的なご協力がありがたいです。もちろん、金銭面に関しても、以前より増えています。

――既存スポンサーからの提供資金額に変化はありましたか?

貴族:そうですね、ご提供いただく資金も増えました。まあ、僕らもスポンサーさんの商品はめちゃくちゃ売っていて、単純にユニフォームに企業ロゴを入れてるだけでもないので、スポンサーさんとしてもメリットは大きいと思います。

――スポンサー料が順調に増えているということですが、選手として満足のいく報酬はもらっていますか? さすがにオーナーの前では答えにくいですかね。

Papilia:言っても大丈夫ですか?

貴族:いいよ。

Papilia:僕は大卒なのですが、おそらく一般的な大卒の初任給よりは多くもらっていると思います。何より、この「ゲーミングハウス」に住んでいるのが大きいですね。家賃や光熱費、インターネットの通信費も自己負担する必要がないので、食費くらいしか使わないんです。月10万円ずつくらい貯金もできています。年間だと100万円超えますね。普通に会社員やっているより待遇面もいいんじゃないでしょうか。

  • 野良連合が暮らす「ゲーミングハウス」

――ちょうどゲーミングハウスの話題が出たので、その話をさせていただきたいのですが、チームで共同生活するメリットとデメリットはありますか。

貴族:オーナー目線で言うと、チームが仲良くなれることですね。それによって成績も上がってきています。

ゲームをプレイした後には必ず反省会を行うんですが、一緒に住んでいると顔を合わせながら行うことができます。オンラインで反省会をすると、顔が見えないので、個々の選手がちゃんと反省会に向き合っているかわからないんですよね。もしかしたら、スマホをいじりながら参加しているかもしれないわけです。やはり直接話すと、反省会の濃さがまったく違います。

デメリットは、ケンカしたあとが面倒だなって思うくらいですね。とはいえ、ほとんどケンカしませんが。あ、チームとしては費用がかかります(笑)。ゲーミングハウスを使っているほかのチームは、家賃や光熱費、通信費を選手負担にしているケースが多いのではないでしょうか。おそらく、ゲーミングハウスの家賃などをチームで負担しているのは、日本では野良連合くらいだと思います。

――選手の方々はいかがですか。たとえば、共有スペースの片付けや掃除についてなど。

Papilia:掃除は最初業者が入っていたのですが、コストがかかるので、今は止めています。業者が来なくなってからは、自分たちで気がついたときに掃除をしている程度ですね。

特に当番などは決めてません。使用した人が片付けることも多く、自発的に行っています。メンバーのなかにはシェアハウスを経験した人もいますので、結構うまくいってますね。

貴族:めちゃくちゃ汚く使う人もいて、すごく汚かった時期もあったんですけどね。

Papilia:このゲーミングハウスでは、共有スペースのほかに、個室も割り当てられています。寝室とゲーム部屋の2つ。個室に関しては不干渉なので、シェアハウスといってもかなり自由があります。何時に起きて、何時に寝るというのも個人の裁量。ルールとしては、毎晩21時からスクリム(練習試合)を行うので、そこまでに揃っていれば問題ありません。そこだけは厳守ですね。だいたい夜中の1時くらいまで練習して、反省会をします。そのあと個人練習をするのか、寝るのか、何かほかのことをするのかも、選手それぞれですね。

あと、ゲーミングハウスのメリットとして、メンバーが寝坊しても、誰かが起こしてくれることが挙げられます。寝過ごして大会に遅れてしまうといった失敗がないのがいいですね。

貴族:電話で起こそうにも、電話くらいじゃ起きない人も多いので、直接起こせるのはいいことです。

ゲームだけでなくファンサービスも本気の野良連合

――野良連合はしっかりした選手が揃っている印象ですが、オーナーとして選手にはどのような教育をされていますか。

貴族:私の経験上の話ですが、タイトル問わずプロゲーマーは社会経験が乏しいことが多いので、必要であれば「社会人のあり方」を指導します。また、学生時代に部活などを経験していない人には、「チーム競技とは」をイチからたたき込むこともあります。

――プロになるとファンがつくわけですが、ファン対応についてはいかがでしょう。Twitterの発言や使い方についての指導などはあるのでしょうか。

貴族:野良連合は“ファンサービスが神”と言われることが多いんです。一応、選手にはしっかりファンサービスをするように伝えていて、選手はそれに応えてくれていますが、特に指導しなくても、ここにいる選手は問題ないでしょうね。

Papilia:Twitterについては、気をつけるようになりました。軽率な発言をしないように考えています。

ReyCyil選手(以下、ReyCyil):アマチュア時代とそんなに変化はないと思います。もともとSNSでは余計なことは言わないようにしていたので。ダイレクトメッセージをくださったファンには、全部返事をするようにしています。

貴族:ああ、選手たちはTwitterのリプライとかもちゃんと返信してますね。そこはすごいなって思っています。ただ、「選手はみんなリプライ返してくれるのに、なんで貴族さん返してくれないんですか」って、何度か言われたことありますね(笑)。ゲーム以外の仕事も忙しいので、Twitterで返信するのが難しいんですよ。

――先日、ファンミーティングを行ったようですが、そのような活動も頻繁に行っているのでしょうか。

貴族:ちょうど先日、ファンクラブ限定のファンミーティングを行いました。100名くらい集まったと思います。300人くらい来るときもありますので、先日のはこぢんまりとした感じですね。東京ゲームショウとかだと数千人来るので、「朝から夕方までサインしっぱなし」ということもあります。

――ファンミーティングではどんなことを行っているのでしょうか。

貴族:「叩いて被ってジャンケンポン」とかですね。

Merieux選手(以下、Merieux):一番いらないとこじゃないですか(笑)。まぁ、事実ですけど。質問コーナーがあったり、景品がもらえるジャンケン大会だったり、記念撮影だったり、サイン会とかだったりですね。

貴族:あとはファンに向けてグッズも作っています。野良連合のゲーミングデバイスがあってもいいかなと考えています。

また、今はアパレルにも力を入れていて、手前味噌ですが、パーカーはeスポーツチームが出しているもののなかでも飛び抜けてカッコイイと思います。

――世界で活躍するようになってから、ファンだけでなく、家族や友人の反応に変化はありましたか。

Merieux:もともと親がゲームをよくやっていたので、プロゲーマーになることについて反対されることはありませんでした。応援してくれています。海外で行われる世界大会だと、配信が早朝や深夜になるんですが、観てくれているようで、終わるとLINEとかで感想を伝えてくれたりしていますね。最初からあまり変わりません。

Reycyil:以前は働かずにゲームばかりしていたニートだったので、家族にはあまり良く思われていなかったと思います。でも、海外の大会に出場した際に、見直してくれたみたいで、そこから応援してくれるようになりました。

貴族:どんな感じで応援してくれるの? 「あの試合のプラントよかったよ」とか?

ReyCyil:うちの親、めちゃくちゃ詳しいじゃないですか(笑)。

Papilia:僕は、最初就活をしていて、内定もいただいたのですが、その道を選ばずにeスポーツの世界に入りました。それを後悔しないくらい、応援してもらっています。地元の人たちも喜んでくれていて、ちょっとした有名人って扱いになってるんです。僕がきっかけでゲームを始めてくれた人もいると聞きますね。

――選手のみなさんは、ゲーミングハウスに入居してよかったと感じていますか。

Merieux:僕は静岡出身で、地元の大学に実家から通っていたんです。野良連合に入って、このゲーミングハウスに入居することが決まったとき、大学を辞めました。活動も順調なので後悔していません。ゲーミングハウスに入れてよかったと思っています。

Papilia:僕は東京都出身なんですが、伊豆諸島なんですよ。高校進学の際に一人暮らしをはじめたので、個室があるうえに、家賃も光熱費も必要ない環境は本当にうれしいですね。住む前は「シェアハウスは嫌だな」って思っていたんですけど、今は快適に過ごせています。

ReyCyil:僕は山梨です。ゲーミングハウスに入居しなくても、オンラインで練習して、大会前だけ集まることもできますが、野良連合は海外遠征が多いので、それぞれが違う空港から現地に行くと何かと面倒なんですよね。ゲーミングハウスであれば、みんな一緒に行けるので安心です。

貴族:たしかに。ゲーミングハウスを使っていなかった頃は、「誰々は成田ね」「誰々は大阪ね」って感じで、みんなバラバラ。現地集合って感じでした。それがなくなったのは大きいですね。選手がフライトに遅れる心配もなくなりましたし。

――なるほど、本日はありがとうございました!