小型軽量だけじゃないミラーレスの魅力

レンズ交換式カメラで急速に人気が高まっている「ミラーレスカメラ」(ミラーレス一眼)。昨今は、画質や撮影性能を追求した「フルサイズミラーレス」が注目を集めていますが、売れ筋は一眼レフカメラの「大きく重い」という欠点を克服し、気軽に持ち歩ける小ささ、軽さに仕上げた初心者向けの低価格ミラーレスです。

  • ファミリー層に人気の低価格一眼レフに対し、低価格ミラーレスカメラは若年層やシニア層からも支持されています。似たり寄ったりのデザインになりがちな一眼レフに対し、ミラーレスはデザインやカラーが個性的なのも魅力です

バリエーション豊かな低価格ミラーレスカメラ、どのような点に着目して機種選びをすればよいのでしょうか? 初心者向けの低価格ミラーレス選びのポイントをチェックしつつ、おすすめの最新機種を紹介しましょう。

ミラーレスと一眼レフの違いは?

ミラーレスカメラは、一眼レフカメラに欠かせない「クイックリターンミラー」と呼ばれる鏡や光学ファインダーなどの機構を省略し、ボディーの小型軽量化を図ったレンズ交換式カメラ。キヤノンの一眼レフカメラ「EOS Kiss X10」は122.4(幅)×92.6(高さ)×69.8(奥行)mmなのに対し、ミラーレスカメラの「EOS Kiss M」は116.3(幅)×88.1(高さ)×58.7(奥行)mmとひとまわり以上小さく、特に厚みが薄くなっています。重さは、前者が約449gなのに対して、後者は約387gと断然軽量。

  • 一眼レフカメラの概念図。レンズが捕らえた光をファインダーに導くためにミラーやペンタプリズムを特定の場所に配置する必要があり、本体サイズやデザインが制約を受けてしまいます

  • ミラーレス一眼の概念図。ミラーやプリズムなどの機構が不要なので、本体をコンパクトに設計できるのが特徴。ファインダーは電子式に表示するEVFなので、配置の自由度も高まります

一眼レフよりも撮影しやすい

ミラーレスカメラと一眼レフカメラの大きな違いの一つが、ファインダーの構造です。一眼レフカメラは、レンズに入った光がそのまま導かれる「光学ファインダー」(OVF)をのぞいて撮影するのに対し、ミラーレスカメラは撮像素子でキャッチした光を「電子ビューファインダー」(EVF)または背面液晶に表示する「ライブビュー」で確認しながら撮影します。

ライブビューの仕組みはスマホカメラと同じなので、できあがる写真を見ながら撮影でき、イメージ通りに撮りやすくなります。また、背面液晶を見ながら撮影できるので、ファインダーを片目でのぞいて撮影するのが苦手な初心者でも手軽に撮影できます。

  • ミラーレスカメラは背面液晶を見ながらのライブビューで撮影でき、スマホ感覚で手軽に撮れます

デザインの自由度が高く、カラーも個性豊か

一眼レフカメラは、どの機種も黒くてゴロンとした似たり寄ったりのデザインばかり。それに対して、ミラーレスカメラは凹凸の少ないおしゃれな薄型のものや、クラシックカメラを思わせるシックなものなど、デザインはとても個性豊か。もちろん、一眼レフカメラ風のデザインもあります。カメラは趣味で使うものなので、デザインの好みで選べるのはうれしいポイントといえます。

映画のような動画が撮影できる

一眼レフカメラでもフルHDや4K画質の動画が撮影できますが、動画撮影を重視するならなんといってもミラーレスカメラ。ミラーレス用の交換レンズは、動画撮影時もなめらかにピント合わせできるので、ある被写体から別の被写体にピントが移動する際もスムーズにピントが変わっていきます。背景や手前のボケも大きく、映画のような印象的な動画も撮れます。一眼レフのピント合わせはなめらかではないので、腕がないとうまく撮ることはできません。

欠点はだいぶ解消されたが、バッテリーの持ちは悪い

ミラーレスカメラの登場当時、「撮影性能や装備は一眼レフに及ばない」といわれていました。たとえば、電子ビューファインダー(EVF)は表示の粗さや遅延が指摘されていましたが、現在は技術改良が進み、見え方は大幅に改善されました。ピント合わせのスピードも、一般的な使い方ならば不満のない性能に向上。それどころか、光学ファインダーでは不可能だった顔認識AFや瞳認識AFが利用できるようになり、ミラーレスカメラのほうが優れる部分も少なからず出てきました。

ただし、バッテリーの持ちは依然として一眼レフに大きく劣ります。ミラーレスカメラは、撮影スタンバイ時も撮像素子や画像処理回路、電子ビューファインダー、背面液晶を常に駆動させているので、バッテリー駆動時間の悪さが劇的に改善することはありません。できれば、予備バッテリーは用意しておきたいところです。

  • 一眼レフ(左)と比べると、ミラーレスカメラ(右)はバッテリーの持ちの悪さが弱点といえます

ミラーレスカメラの選び方

初心者向けのミラーレスカメラは人気が高く、各社から多くの製品が販売されています。ただ、メーカー数や機種数が多いだけに、「どのように選んでよいのか分からない」という人も多いでしょう。そこで、選び方のポイントをまとめてみました。

メーカーを気にせず、デザインで選んでも問題なし

初心者向けのミラーレスは、オリンパス、キヤノン、ソニー、パナソニック、富士フイルムが主要なメーカーとなっています。初心者向けモデルならば、どのメーカーの機種を選んでも画質や撮影性能で大きな差はありません。この1~2年の間に登場した製品なら、デザインが気に入ったから……という理由で性能を気にすることなく購入してもガッカリすることはないでしょう。

  • ミラーレスカメラはデザインやカラーが個性豊か。見た目で選べる楽しさがあります

一眼レフと同じように、家族や友人と同じメーカーの機種を選べば交換レンズを共用できます。なお、オリンパスとパナソニックはメーカーが異なりますが、レンズは「マイクロフォーサーズ」と呼ばれる共通の規格を採用しているので、メーカーをまたいで交換レンズやアクセサリーを共用できます。

画質はAPS-C型センサー搭載モデルが若干有利

カメラの画質を決める大きな要素の一つがイメージセンサー(撮像素子)です。ミラーレスカメラの入門機では、一眼レフでも採用機種の多い「APS-C」サイズと、それよりもサイズが少し小さい「マイクロフォーサーズ」の2種類があります(今回は上級者向けの「フルサイズ」の話は除外します)。一般的に、撮像素子が大きいほうが高画質で撮れるため、画素数を重視するならAPS-Cモデルがよいでしょう。とはいえ、今回おすすめモデルとして取り上げたOM-D E-M10 Mark IIIでも1,600万画素あり、普通に使う分には十分といえます。

また、イメージセンサーが大きいほど背景を大きくぼかすことができます。その意味ではAPS-Cに軍配が上がりますが、実際には両者のセンサーサイズにはさほど大きな差はありません。マイクロフォーサーズでも十分背景をぼかした写真が撮れます。

  • APS-CセンサーのEOS Kiss M(左)と、マイクロフォーサーズのOM-D E-M10 Mark III(右)

可動式の背面液晶は構造の違いで2種類ある

背面液晶が固定ではなく可動式となっているミラーレスカメラなら、ローポジションやハイポジションでもライブビューの表示がしっかり確認でき、撮影しやすくなります。

機種によってパネルの動き方が異なり、大きく分けて「フリーアングル式」(バリアングル式)と「チルト式」があります。フリーアングル式は、縦位置にした際も低い位置や高い位置から撮りやすいメリットが、チルト式は液晶パネルが常にレンズの後ろ側にあるので感覚的に自然で撮りやすいメリットがあります。

  • フリーアングル式は縦横の方向に液晶パネルが動きます

  • チルト式は上下方向のみの動きです

買うなら「ダブルズームキット」が断然おトク

一眼レフカメラと同様に、エントリークラスのミラーレスカメラは交換レンズが付属する「キットモデル」が充実しています。カメラとレンズを別々に購入するよりも安く済むので、特別な理由がない限りはキットモデルを買うのがベター。

標準ズームレンズだけが付属するレンズキットもありますが、望遠ズームレンズも付いてくるダブルズームキットがよりお買い得。望遠ズームレンズは、遠くにある被写体を大きく写したいときには必須のアイテムなので、ぜひダブルズームキットで手に入れましょう。

単焦点レンズが付属するキットモデルを用意する製品もあります。単焦点レンズはズーム機能がなく、焦点距離が固定となっているレンズのこと。ズームできないので不便に思うかもしれませんが、背景を大きくぼかして撮れたり、レンズ自体が小型軽量なのでレンズを装着したまま持ち歩きやすい、といったメリットがあります。

  • ダブルズームキットは、標準ズームレンズと望遠ズームレンズの2本がセットになっており、さまざまな被写体に対応できます

  • ミラーレスのなかには、単焦点レンズが付属するキットモデルを用意する製品も。明るいレンズなので、背景を大きくぼかした印象的な写真が撮れます

型落ち製品をあえて選ぶのも賢い

ミラーレスカメラは、最新機種と旧機種を併売しているケースが少なくありません。最新機種のほうが基本的に機能やデザインが優れていますが、それほど顕著な差がないケースもあります。発売から時間が経った旧機種は価格下落が進んで買いやすくなっており、まだ値落ちが進んでいない最新機種よりも断然お買い得であることがほとんど。価格差を考慮すると、あえて型落ちの旧機種を選ぶのも賢い選択といえます。

初心者におすすめのミラーレスカメラ3選 - 実機作例付き

それでは、現在おすすめのミラーレスカメラを3機種紹介したいと思います。いずれも、価格と性能のバランスが取れた満足度の高いモデルばかりです。

キヤノン「EOS Kiss M」 小さいけれど一眼レフ並みの実力派

  • 一眼レフの上位機種と同等の高画素APS-Cイメージセンサー
  • AF追従で最高約7.4コマ/秒の高速連写
  • 小型軽量ながらフリーアングル式の背面液晶を搭載
  • ファミリー向け一眼レフの代名詞となった「EOS Kiss」の名前を冠したファミリー向けミラーレスカメラ「EOS Kiss M」

ファミリー向け一眼レフカメラのトップブランド「EOS Kiss」を冠した、初めてのミラーレスカメラ。高性能一眼レフカメラの上位モデルと同じ約2,400万画素のAPS-C型センサーを搭載しており、画質に不満なし。素早いピント合わせができるデュアルピクセルCMOS AF(像面位相差AF)を採用し、ピントを合わせ続けながら最高約7.4コマ/秒という高速連写ができるので、子どもや動物など動いている被写体も撮りやすくなっています。

レンズキットが4種類と充実しているのもEOS Kiss Mの特徴。レンズ交換が面倒という人は、高倍率ズームレンズが付属する「EF-M18-150 IS STM レンズキット」がおすすめです。ダブルレンズキットには「パンケーキレンズ」と呼ばれる薄型軽量の「EF-M22mm F2 STM」が付いていて、気軽なスナップを楽しみたい人にはうってつけです。

  • 背面液晶は、撮影の自由度が高いフリーアングル式となっています

  • エントリークラスのミラーレスカメラとしては、しっかりしたグリップを備えているのが特徴。一眼レフからの乗り換えでも持ちにくさを感じることはありません

製品のバリエーション 実売価格(税込)
EOS Kiss M ボディー 68,000円前後
EOS Kiss M EF-M15-45 IS STM レンズキット 77,000円前後
EOS Kiss M EF-M18-150 IS STM レンズキット 102,000円前後
EOS Kiss M ダブルレンズキット 88,000円前後
EOS Kiss M ダブルズームキット 84,000円前後
  • キットの望遠ズームレンズで撮影。近づけない動物もしっかり撮影できます。背景をぼかす効果もあるので、望遠ズームレンズはぜひ手に入れたいアイテム

オリンパス「OM-D E-M10 Mark III」 デザインと操作性が魅力

  • クラシックカメラのような味のあるデザイン
  • 2つのコマンドダイヤルで上級機と同様の操作性
  • 雰囲気のある写真に仕上がる「アートフィルター」
  • 操作性や撮影性能に優れるオリンパスの「OM-D E-M10 Mark III」。クラシックカメラを思わせる外観も魅力です

かつてオリンパスが作っていたフィルム一眼レフカメラ「OMシリーズ」をモチーフにしたデザインが目を引く高性能ミラーレスカメラ。単に見た目をクラシックカメラ風に仕上げただけでなく、操作性の向上にもつなげているのが特徴です。エントリーモデルでは珍しく2つのコマンドダイヤルを装備しており、マニュアルモードでは絞りとシャッタースピードを瞬時に変えるといった上級モデルと同じ操作が可能です。

オリンパスのカメラで定番のエフェクト機能「アートフィルター」ももちろん搭載しています。15種類の個性的なフィルターが利用でき、スマホアプリを使わなくても印象的な写真に仕上げることができます。星の光跡を撮影できる「ライブコンポジット」など、中級者も目を引く撮影機能も多数搭載しています。

キットモデルの標準ズームレンズは電動でズームするタイプとなっているので、動画を重視している人は要チェックといえます。

  • 背面液晶はチルト式。横には動きませんが、下に向ければ前の人の頭越しに高い位置から撮影できます

  • コマンドダイヤルが2つ付いているので、2つの設定値を瞬時に変えることができます。カメラに慣れてくると、こうしたダイヤルの存在がありがたく感じます

製品のバリエーション 実売価格(税込)
OM-D E-M10 Mark III ボディー 52,000円前後
OM-D E-M10 Mark III EZダブルズームキット 82,000円前後
  • アートフィルターの「ファンタジックフォーカス」で撮影。こうした幻想的な写真が簡単に撮れるのも、オリンパスのミラーレスカメラの魅力です

パナソニック「LUMIX DC-GF10/GF90」 レンジファインダー風のおしゃれな1台

  • 電子ビューファインダーを省略し、小型化を追求
  • 一眼レフカメラにはないおしゃれなデザイン
  • 充実の自分撮り機能
  • パナソニックのおしゃれなミラーレスカメラ「LUMIX DC-GF10/GF90」。こちらも昔のフィルムカメラを思わせるシルエットに仕上げています。ファインダーがないので凹凸が少なく、すっきりしています

もともと小型化に有利なマイクロフォーサーズですが、本機は電子ビューファインダーを省くことで手のひらに収まるほどの小ささに仕上げています。ふだんの持ち歩きや旅行などで少しでもカメラを小さく軽くしたい…と考えるなら候補に入れたい1台といえます。

自分撮りの機能が充実しているのも本機の特徴です。液晶パネルを上方向に回転させれば撮影中のライブビューを見ながら撮影できるのはもちろん、通常のシャッターボタンとは別に右手用のシャッターボタンも用意。肌をきれいに加工できるメイク機能も備えています。もちろん、撮影した画像はWi-Fiでスマートフォンに転送できます。

本機は、交換レンズが2本付属する「ダブルレンズキット」のみを用意しますが、付属レンズが個性的なのが特徴です。標準ズームレンズはとても薄型軽量な設計で、本体に装着したままでも手軽に持ち歩けます。さらに、もう1本のレンズが明るい単焦点レンズ「LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.」で、背景を大きくぼかした撮影がしやすいのが特徴。単品で買うと高価な単焦点レンズがおトクに手に入るので注目です。

  • 手のひらに収まるほどの小さなカメラ。旅行だけでなく、ちょっとしたランチなどの外出にももってこいでしょう

  • 液晶パネルを180度回転させると前に向けられますので、簡単に自分撮りができます

製品のバリエーション 実売価格(税込)
DC-GF10W/DC-GF90W ダブルレンズキット 76,000円前後
  • 付属の単焦点レンズ「LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.」を使い、絞り開放で撮影。背景を大きくぼかせるので、写真に立体感が生まれました

個性派ぞろい! 現行ミラーレスカメラ6選

次に、現在入手できるエントリークラスのミラーレスカメラを6機種紹介します。機能が向上した最新機種も魅力ですが、価格が下がってお買い得になった旧モデルを狙うのもよいでしょう。

キヤノン「EOS M100」 コンデジ並みの簡単操作が特徴

キヤノンのミラーレスカメラではローエンドとなる低価格モデルながら、上位モデルと同じ2,400万画素のAPS-Cセンサーを搭載しています。それでいて、ダブルズームキットが6万円台と買いやすいのがポイント。液晶パネルを反転させての自分撮りにも対応しています。電子ビューファインダーが省略されているので、背面液晶を見ながらの撮影に限られますが、小型軽量を重視したい人におすすめです。

  • 柔らかなデザインが特徴。操作もコンパクトデジカメ並みにカンタンです

  • 背面液晶は上方向に180度回転するので、自分撮りもできます

製品のバリエーション 実売価格(税込)
EOS M100 ボディー 51,000円前後
EOS M100 EF-M15-45 IS STMレンズキット 61,000円前後
EOS M100 ダブルレンズキット 66,000円前後
EOS M100 ダブルズームキット 73,000円前後

オリンパス「PEN E-PL9」 おしゃれなデザインが魅力

電子ビューファインダーを省いたおしゃれなデザインの小型モデル。液晶パネルを反転させての自分撮りにも対応しており、LUMIX DC-GF10/GF90と似たキャラクターといえます。こちらはダブルズームキットの設定があり、望遠ズームレンズが付いてきますから、望遠撮影を重視する人はこちらを選ぶのもよいでしょう。

  • PENシリーズの最新モデル。素材にもこだわったおしゃれな外観が魅力です

  • このクラスのトレンドである自分撮りにも対応します

製品のバリエーション 実売価格(税込)
PEN E-PL9 ボディー 45,000円前後
PEN E-PL9 14-42mm EZレンズキット 62,800円前後
PEN E-PL9 EZダブルズームキット 74,000円前後

ソニー「α6000」 高性能ながら低価格の実力派

APS-Cの約2,400万画素センサーや最高ISO25600の高感度撮影性能、像面位相差対応の179点高速AFなどの高い基本性能を持ちながら、旧機種のためお買い得感が高くなっています。電子ビューファインダーを内蔵していますが、上面にでっぱりがないのでバッグへの収まりも◎。コマンドダイヤルが2つあって、操作性も良好です。

  • 大型グリップを備えた本格的なスタイルを採用しています

  • 左上に電子ビューファインダーを搭載します

製品のバリエーション 実売価格(税込)
α6000 ボディー 51,500円前後
α6000 パワーズームレンズキット 63,000円前後
α6000 ダブルズームレンズキット 80,000円前後

ソニー「α6400」 人物撮りに強い高性能モデル

ピント合わせの機能などを強化した、APS-Cセンサー搭載モデルの最新機種。被写体を自動追尾するオートフォーカスや、人物の瞳にピントを合わせる機能が進化し、動く被写体に強くなっています。ピント合わせの時間はわずか0.02秒で、世界最速とのこと。エントリーモデルとしては少し高めの価格ですが、動きものを撮る人にはおすすめといえます。

  • 基本的なスタイルはα6000と共通ですが、撮影性能がグンと高まりました

  • 人間の瞳にピントを合わせる機能は、ミラーレスのなかでも随一のデキです

製品のバリエーション 実売価格(税込)
α6400 ボディー 108,000円前後
α6400 パワーズームレンズキット 117,000円前後
α6400 高倍率ズームレンズキット 145,000円前後
α6400 ダブルズームレンズキット 135,000円前後

パナソニック「LUMIX DMC-G8」 防塵防滴構造の実力派

電子ビューファインダーを搭載したパナソニックの普及価格帯モデル。この価格帯では珍しく防塵防滴仕様なので、屋外でタフに使いたい人に向きます。ピントを合わせ続けながら約6コマ/秒での高速な連写が可能な点や、液晶パネルはフリーアングル式で使い勝手に優れる点も注目です。

  • 一眼レフ的なオーソドックスなデザインを採用

  • 背面液晶はフリーアングル式となります

製品のバリエーション 実売価格(税込)
DMC-G8 ボディー 84,000円前後
DMC-G8 標準ズームレンズキット 112,000円前後

富士フイルム「FUJIFILM X-T20」 明るいズームレンズが魅力

色の表現に優れるAPS-C型の2,400万画素センサーやISO51200の最高感度など、高い基本性能を持ったコンパクトなミラーレスカメラ。付属の標準ズームレンズ「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」は、他社のキットレンズよりも明るいのもポイントです。後継モデル「X-T30」が登場して価格が下がったことで狙い目になりました。X-T30は、画素数が2,600万画素になったほか、画像処理エンジンが新しくなっています。ただし、X-T30はレンズキットが税込み16万円台とまだまだ高価なことを考えると、X-T20のお買い得感が際立ちます。

  • クラシックカメラ風のデザインを採用。多くのダイヤルを搭載します

  • 中央上部に電子ビューファインダーを備えています

製品のバリエーション 実売価格(税込)
X-T20 レンズキット 100,800円前後

著者プロフィール
武石修

1981年生まれ。2006年からインプレスのニュースサイト「デジカメ Watch」の編集者として、カメラ・写真業界の取材や機材レビューの執筆などを行う。2018年からフリー。