カメラらしさが魅力の一眼レフ

一眼レフカメラ(デジタル一眼レフカメラ)は、存在感のあるデザインや見やすいファインダー、高速なピント合わせなどが評価され、ファミリー層を中心に根強い人気を誇っています。

  • 高性能デジカメの代名詞となっている一眼レフカメラ(左)と、より小型軽量で撮影しやすいミラーレス(右)

一眼レフカメラで人気があるのが、初心者におすすめのエントリーモデル。手ごろな価格なのに画質や性能は上位機種並みで、満足感はバツグンです。ただ、機種数が多いだけに、どれを選んでよいか分からない…という人もいるはず。そこで、機種選びのポイントをチェックしつつ、おすすめの一眼レフカメラを紹介しましょう。

  • ファミリー層に人気の一眼レフカメラ、特徴や選び方のポイント、おすすめ製品をまとめて紹介しましょう

一眼レフとミラーレスの違い

一眼レフカメラは、さまざまな交換レンズを付け替えて撮影が楽しめるのが特徴です。ミラーレスも同じ特徴を持っていますが、一眼レフカメラならではのメリットはいろいろとあります。

ファインダーが見やすい

まずは「ファインダー」。ミラーレスは、小型の液晶などに表示された映像をのぞき見る「電子ビューファインダー」(EVF)なのに対して、一眼レフはレンズから入った光をそのまま見る「光学ファインダー」(OVF)となっています。光学ファインダーは、電子ビューファインダーで感じられる表示の遅れや粗さ、流れるような表示などの不自然さがなく、「きれい!」「見やすい!」と体感できるはずです。ミラーが動く際の「パシャッ」という小気味よいシャッター音も、撮影時の気分を高めてくれます。

  • 一眼レフカメラのカットモデル。レンズからの光がミラーやペンタプリズムを経由し、光学ファインダーへと導かれているのが分かります

バッテリーが長持ち

さらに、一眼レフカメラはミラーレスよりも電池の持ちが格段に優れています。例えば、キヤノンのミラーレス「EOS Kiss M」の撮影可能枚数が約235枚なのに対し、同じくキヤノンの一眼レフカメラ「EOS Kiss X9i」は実に600枚近くも撮影できます。丸一日の旅行でも、バッテリー切れの心配はほぼいりません。

交換レンズの種類が豊富

さらに、一眼レフカメラはフィルム時代から歴史のあるシステムのため、装着できる交換レンズの種類が豊富なのも見逃せません。メーカー純正品だけでなく、サードパーティー製品を含めれば、低価格なものから個性的なものまでさまざまなレンズで撮影が楽しめます。

大きさ、重さは……

もちろん、ミラーレスと比べて欠点もあります。一眼レフカメラは、ファインダーに光を導くためのミラーなどの装備が欠かせないため、ミラーレスに比べると本体は大きく重いのが一般的です。デザインも、個性的なスタイルが多いミラーレスに対し、一眼レフカメラはやや個性に欠けます。とはいえ、トラディショナルなカメラらしい形を好む人にとっては魅力となるでしょう。

  • 一眼レフカメラ(左)は、ボディーやレンズがミラーレス(左)よりもひとまわり以上大きく重くなります

また、各社の一眼レフカメラは、背面液晶を見ながら撮影できる「ライブビュー機能」を搭載しています。ただし、通常のファインダー撮影時と比べ、オートフォーカスや連写の性能が落ちる機種が多く、ライブビューだけで撮りたい人にとっては不向きといえます。

一眼レフの選び方

一眼レフカメラは人気ジャンルであるため、各社から多くの製品が販売されています。しかし、同じような見た目だけに「どのように選んでよいのか分からない」という人も多いでしょう。そこで、選び方のポイントをまとめてみました。

主要メーカーはキヤノンとニコン

低価格一眼レフカメラのメーカーはキヤノン、ニコン、リコー(ペンタックス)など、いくつか存在します。後述する通り、基本的な画質や撮影性能、付属のレンズに大きな違いはないため、どのメーカーの製品を選んでも後悔することはないでしょう。カメラのデザインの好みやメーカーの印象で選んでも問題ありません。

しいていえば、メーカーが同じならば一眼レフ用の交換レンズが共用できますから、家族や親戚、友人が一眼レフカメラを使っているなら、同じメーカーの製品を選ぶのもよいでしょう。

イメージセンサーのスペック

デジタルカメラはイメージセンサー(撮像素子)の性能が画質を左右することが知られていますが、一眼レフカメラの入門機はほぼ横並びとなっています。どの機種も、センサーのサイズは「APS-C」サイズ、画素数は約2400万画素で、基本的に画質に大きな差はありません。どの機種を選んでも、薄暗い室内や夜景もきれいに撮れ、被写体の背景や手前をきれいにぼかした仕上がりにできます。

  • 一眼レフカメラの入門機は、メーカーを問わずAPS-Cサイズのイメージセンサーを採用しています

ただ、背面液晶を見ながら撮影するライブビュー撮影時や動画撮影時は、イメージセンサーが「像面位相差AF」に対応しているかどうかでピント合わせのスピードが異なります。像面位相差AFに対応していれば、ファインダー撮影時に近いスピードで素早くピントが合わせられますが、そうでないとピント合わせに時間がかかってしまいます。

背面の液晶パネルは可動式を選びたい

一眼レフカメラの背面液晶は、可動するタイプと固定式のタイプがあります。可動するタイプだと、ライブビュー撮影時にローポジションやハイポジションでの撮影が楽にでき、撮影の自由度が高まります。可動式液晶を持つカメラは、固定式のものよりもボディーの大きさや重さが増す傾向にありますが、利便性の高さを考えると可動式の機種を選びたいところです。

  • 背面液晶がバリアングル式なら、どのようなアングルでもライブビュー撮影がよりしやすくなります

レンズキットはダブルズームキットがおすすめ

一眼レフカメラは、カメラ本体のみのボディー単体モデルに加え、交換レンズが1本か2本付属した「キットモデル」が用意されています。狙うべきなのがキットモデルで、カメラ本体と交換レンズを別々に購入するよりも断然おトクに購入できます。

特に、標準ズームレンズのみが付属するレンズキットよりも、標準ズームレンズと望遠ズームレンズの2本が付属するダブルズームキットが断然お買い得。なかには、レンズキットよりもダブルズームキットのほうが安いという製品もあるので、購入の際は各キットの販売価格をしっかりチェックするようにしましょう。

  • 狙い目のダブルズームキットは、標準ズームレンズと望遠ズームレンズの2本が付属しながら、レンズを単品で追加購入するよりも断然割安な価格で購入できます

  • 望遠ズームレンズは被写体に近づけないシーンで活躍するので、キットモデルでおトクに手に入れておきたいところです

初心者におすすめの一眼レフカメラ3選

まず、価格や性能のバランスに優れるおすすめの低価格一眼レフカメラ3機種を紹介しましょう。機種選びで悩んでいるならば、この3機種に絞って比較検討してみるとよいでしょう。

キヤノン「EOS Kiss X9」 小型軽量でも上位機種譲りの画質&装備

  • 上位機種と画質は同じ、装備もほぼ同等ながら小型軽量で安い!
  • 像面位相差AFでライブビュー撮影も快適
  • ホワイトとシルバーの明るいカラーもラインアップ
  • 一眼レフEOSではもっとも小型軽量となる「EOS Kiss X9」

一眼レフEOS Kissの主力モデルです。上位機種「EOS Kiss X9i」と同じ画像処理エンジンや撮像素子を採用しており、画質は同等。像面位相差AFに対応した「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載しており、快適なライブビュー撮影ができます。EOS Kiss X9iとの違いは、測距点が9点と少なく、連写速度が最高5コマ/秒に抑えられているぐらいですが、そのぶん小型軽量でだいぶ安いのが魅力です。ズームレンズ2本付きで税込み7万円台で購入できるダブルズームキットが断然おすすめですが、ホワイトとシルバーのカラーはレンズキットのみとなっているのが残念なところ。

ライブビュー撮影のピント合わせを高速化したり、4K動画撮影を搭載した後継モデル「EOS Kiss X10」が4月下旬に登場しますが、価格を考えるとしばらくEOS Kiss X9が売れ筋となりそうです。

  • 小型軽量ながら、背面液晶はタッチ操作に対応したバリアングル式となっています

  • かわいらしい印象のホワイトモデル。標準ズームレンズはシルバー色が付属します

  • こちらはシルバーモデル。グリップの色がしゃれています

製品のバリエーション 実売価格(税込)
EOS Kiss X9 ボディー 61,000円前後
EOS Kiss X9 レンズキット 65,000円前後
EOS Kiss X9 ダブルズームキット(ブラック色のみ) 80,000円前後
  • EOS Kiss X9と標準ズームレンズで撮影。小型軽量ながら、上位機種譲りの精細感ある写真が撮れます

キヤノン「EOS Kiss X9i」 動きのある被写体の撮影に向く入門機

  • 動く被写体も撮りやすい45点AF、6コマ/秒の高速連写
  • 幅広い撮影が楽しめる高倍率ズームレンズのキットも用意
  • ダブルズームキットのお買い得感が満点
  • 主力モデルの「EOS Kiss X9i」。本体はEOS Kiss X9よりもやや大きく重くなっています

一眼レフEOS Kissの上位モデル。上で紹介したEOS Kiss X9と比べて測距点が45点と多いうえ、連写性能も少し高いので、動いている被写体も撮りやすくなっています。グリップも深めで握りやすい構造となっています。EOS Kiss X9iのレンズキットは高倍率タイプの「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」なので、レンズ交換をせずに広角から望遠まで対応できるのがポイント。ただ、ダブルズームキットのお買い得感がとても高いので、選ぶならダブルズームキット一択といえます。

  • こちらも背面液晶はタッチ操作に対応したバリアングル式です

  • EOS Kiss X9よりもグリップが大きいので、手の大きい人でも握りやすくなっています

製品のバリエーション 実売価格(税込)
EOS Kiss X9i ボディー 88,800円前後
EOS Kiss X9i EF-S18-135 IS USM レンズキット 130,000円前後
EOS Kiss X9i ダブルズームキット 87,000円前後
  • EOS Kiss X9iと標準ズームレンズで満開の桜を撮影。美しい前ボケは、大きなイメージセンサーならではの描写といえます

ニコン「D5600」 望遠撮影を重視する人におすすめの入門機

  • スマートフォンに画像を簡単転送できる「SnapBridge」
  • 小型軽量ボディーながら握りやすいグリップ
  • レンズキットのラインアップが充実、望遠撮影に向くキットも
  • 筋肉質の精かんなデザインが特徴の「D5600」。バッテリー込みの重量は約465gとなっています

ニコンの一眼レフ入門機の上位モデルです。スマートフォンとの連携機能「SnapBridge」に対応しており、撮影した写真をスマートフォンに順次転送できるのが便利。ISO25600の最高感度や5コマ/秒の連写速度など、入門機ながら上位機種譲りの撮影性能を持ちます。グリップのえぐりが深くなっていて持ちやすいのもおすすめポイント。ダブルズームキットの望遠ズームレンズは70-300mmとなっており、EOS Kissシリーズの55-250mmよりもより大きく写せます。レンス交換が煩わしいと感じる人は、高倍率ズームレンズ付きの18-140 VR レンズキットがベスト。

  • EOS Kissシリーズと同様に、背面液晶はタッチ操作に対応したバリアングル式を採用

  • モノコック構造の採用でボディーが薄く仕上げられて、グリップが握りやすくなっています

製品のバリエーション 実売価格(税込)
D5600 ボディー 77,500円
D5600 18-55 VR レンズキット 85,000円前後
D5600 18-140 VR レンズキット 90,000円前後
D5600 ダブルズームキット 82,000円前後
  • D5600と望遠ズームレンズで撮影。大きなボケが得られ、幻想的な仕上がりになりました

個性派ぞろい! 現行一眼レフカメラ5選

続いて、現在入手できる低価格一眼レフカメラ5機種を紹介しましょう。いずれも個性派ぞろいで、「とにかく安く買いたい」「雨のなかでも撮りたい」といった要望にも応えてくれるはずです。

キヤノン「EOS Kiss X10」 ライブビュー撮影時のAF性能を向上

4月25日に販売を開始する最新モデルで、「EOS Kiss X9」の後継となります。最新の画像処理エンジン「DIGIC 8」を搭載することで、ライブビュー撮影時のオートフォーカス性能を高めたのが特徴。撮像エリアの最大88(横)×100%(縦)の広い領域でオートフォーカスが合うようになったほか、人間の瞳を認識してピントを合わせる瞳AFにも対応しました。瞳AFはサーボAFにも対応しており、人が動いてもピントを合わせ続けます。新たに、4K動画撮影にも対応。「一眼レフでも積極的にライブビューで撮りたい」と考える人がいる家族にとって、より魅力的な一台になりました。

  • エッジを立たせたシャープなデザインに一新しました

  • 背面液晶は従来と同じくバリアングル式を採用します

製品のバリエーション 実売価格(税込)
EOS Kiss X10 ボディー 76,000円前後
EOS Kiss X10 EF-S18-55 IS STM レンズキット 85,000円前後
EOS Kiss X10 ダブルズームキット 114,000円前後

キヤノン「EOS 9000D」 Kissの名前を外したこだわりの入門機

キヤノンの一眼レフ入門機の最上位モデル。EOS Kiss X9iをベースにした機種で、基本性能はEOS Kiss X9iとほぼ同じながら、EOS Kiss X9iにはない背面のサブ電子ダイヤルを装備。さらに、上面には情報表示パネルを設け、EOSの中級機並みに使い勝手を高めました。EOS Kissを買いたいけれど“Kiss”という名前でためらっていた人にもおすすめ。ダブルズームキットのお買い得感の高さに注目です!

  • EOS Kiss X9iと装備がほぼ同等の「EOS 9000D」

  • 背面にはサブ電子ダイヤルを搭載するなど、操作性は中級機寄りに仕上げている

製品のバリエーション 実売価格(税込)
EOS 9000D ボディー 100,000円前後
EOS 9000D EF-S 18-135 IS USMレンズキット 112,800円前後
EOS 9000D ダブルズームキット 108,000円前後

キヤノン「EOS Kiss X90」 兄弟機種の引き立て役!?

一眼レフEOS Kissの末っ子モデル。画素数こそ上位機種と同じ2400万画素クラスですが、連写速度が3コマ/秒と比較的遅いうえ、背面モニターも固定式。画像処理エンジンが旧世代なこともあって、最高感度もISO6400と控えめ。像面位相差AFも非対応です。価格がさほど変わらないEOS Kiss X9のほうが内容的に断然お買い得で、本機を積極的に選ぶ理由は見当たりません。

  • EOSシリーズの末っ子モデル「EOS Kiss X90」

  • 背面液晶は固定式だが、Wi-Fiは内蔵する

製品のバリエーション 実売価格(税込)
EOS Kiss X90 ボディー 50,000円前後
EOS Kiss X90 EF-S18-55 IS II レンズキット 58,000円前後

ニコン「D3500」 小型軽量ボディーの末っ子

ニコンの一眼レフカメラのローエンドモデルながら、イメージセンサーや高感度画質は上位モデルと同じ実力派。重さも400g強と軽く、小型軽量ボディーを重視するなら注目です。ただ、上位モデルのD5600と価格差が小さいのが留意点。D5600は、D3500にはないバリアングル液晶やWi-Fiを搭載しているので、両者の価格を比較しながら検討すべきでしょう。

  • 小型軽量に仕上げられた末っ子モデル「D3500」

  • 背面液晶は固定式となる

製品のバリエーション 実売価格(税込)
D3500 ボディー 50,000円前後
D3500 18-55 VR レンズキット 60,000円前後
D3500 ダブルズームキット 80,000円前後

リコー「PENTAX K-70」 入門機では珍しい防塵防滴構造の実力派

ペンタックスブランドの一眼レフカメラでは入門機に位置づけられる製品ながら、防塵防滴や-10度までの耐寒といったタフネス構造が特徴の実力派モデル。ボディ内手ブレ補正機構やバリアングル液晶など、充実した装備も魅力です。また、かつては高級機だけの装備だった視野率約100%のファインダーを搭載しており、ファインダーの見え具合にこだわる人は注目。シックなシルキーシルバーもラインアップしています。

  • 入門機では珍しい防塵防滴構造が魅力の「PENTAX K-70」

  • 背面液晶はバリアングル式となっています

製品のバリエーション 実売価格(税込)
K-70 ボディー 58,000円前後
K-70 18-50REキット 72,000円前後
K-70 18-135WRキット 77,000円前後
K-70 300WズームREキット 118,000円前後

著者プロフィール
武石修

1981年生まれ。2006年からインプレスのニュースサイト「デジカメ Watch」の編集者として、カメラ・写真業界の取材や機材レビューの執筆などを行う。2018年からフリー。