たくさんの友人や家族と楽しくやり取りできるLINEですが、時々「もう交流したくない」と思う相手もいますよね。繋がったものの気が合わない人や、ムダなトークを頻繁に送ってくる人など、やり取りするたびに心が消耗してしまう相手は、思い切ってブロックしてしまいましょう。また、自分も誰かにブロックされているのでは……と、不安な気持ちを抱えている人もいると思います。そこで、今回はLINEのブロックにまつわる情報をまとめてお伝えします。これを読めばLINEの「ブロック」を攻略できます。

LINEでブロックされたらどうなる?

LINEでブロックされた側は、相手にトークを送っても未読のまま、通話はできない、タイムラインは全体公開の投稿しか見えない、という状態になります。こうした状況から、「もしかしてブロックされた?」と感じるかもしれませんが、LINEで相手からブロックされているかどうかは自分では確定できない仕組みになっています。ですが、相手からブロックされているかも、と推測する方法はあります。

  • LINE

    自分から通話をかけると、相手が受話しない状況と同じように見えますが、相手にブロックされていると、実際は相手に通話はかかっていません

ブロックされたか確認したい

LINEでは自分が誰にブロックされているのか、はっきりとわかる方法はありません。ただし、以下の条件がすべて当てはまるなら、ブロックされている確率はかなり高くなります。

  • トークを送っても既読にならない
  • 無料通話やビデオ通話が繋がらない(受話されない)
  • 相手のタイムライン投稿が全体公開のものしか表示されない

LINEでブロックされているかを確かめる方法の1つとして、スタンプをプレゼントする方法があります。相手にブロックされている場合、スタンプはプレゼントできず、LINEで「~はすでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」、または「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示されます。ただし、相手が本当にそのスタンプを持っている場合もまったく同じように表示されるため、100%ブロックされている、といえるものではありません。

LINEスタンプをプレゼントするには

それでは、LINEスタンプをプレゼントして、ブロックされているか確認する方法を説明します。

iOS端末は、LINEアプリからスタンプをプレゼントできません。WebブラウザでLINE STOREを表示し、画面左上の三本線をタップして「ログイン」を選び、LINEにログインします。Android端末は、LINEアプリの「ウォレット」画面から、「スタンプショップ」を開きます。

続いてスタンプを選択し、「プレゼントする」をタップ。LINEの友だち一覧が表示されるので、ブロックされているか確認したい相手を選びます。「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示された場合、相手にブロックされている可能性があります。

  • LINE

    相手が持ってなさそうなLINEスタンプを選び、「プレゼントする」をタップ

  • LINE

    「~はすでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」、または「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示されたら、相手にブロックされている可能性があります

確認に使うスタンプは、相手が持ってなさそうなスタンプを選びましょう。発売されたばかりのスタンプや、相手の名前と異なる名前入りスタンプなら、相手が持っている可能性は低くなります。

ブロックしても相手にバレない

LINEでブロックしたい相手がいても、「ブロックしたことがバレると相手を怒らせてしまうのでは」と心配する人もいると思います。できるだけ穏便に済ませたいですよね。でも、心配することはありません。LINEでブロックしても、相手には通知されません。

ブロックした側からは、相手からトークや通話が来ても通知されないようになります。「友だち」画面からも相手の名前が消え、相手との繋がりが消えた状態になります。ただし、相手とのトークルームは残るので、不快な場合は「トーク」画面でブロックした相手のトークルームを削除しましょう。また、LINEで相手をブロックしても、自分のプロフィール画像、ホーム画像、ステータスメッセージ、タイムラインの公開投稿、BGMは相手に見られてしまいます。それを避けたい場合は、LINEアカウントを作り直すしかありません。

  • LINE

    ブロックした相手とのトークルームは残りますが、画面左下に「ブロック中」と表示されます。ブロックしたあとに送られてきたLINEのトークを見ることはできません

  • LINE

    LINEプロフィールのホーム画面や、タイムラインへの公開投稿はブロックした相手に見られてしまいます

ブロックした相手が同じLINEグループに入っている場合、ブロックした相手が送信したメッセージは今まで通りグループトークに表示されます。ブロックした人のメッセージを絶対に読みたくない人は、グループを退会しましょう。

  • LINE

    同じグループに入っている場合は、ブロックした人のメッセージも表示されます

LINEで相手をブロックする方法

LINEで友だちをブロックするには、LINEの「友だち」画面を開きます。iPhoneの場合はブロックしたい相手を左にスライドして、「ブロック」をタップします。Androidの場合はブロックしたい友だちを長押しすると、「ブロック」メニューが表示されるので、タップします。

  • LINE

    iPhoneのLINE画面。「友だち」画面でブロックしたい友だちを左にスライドします

  • LINE

    「ブロック」をタップします

  • LINE

    LINEのトークルームからも相手をブロックできます。トークルーム右上にあるメニューをタップし、「ブロック」を選んでください

LINEブロックを解除する

LINEで一度はブロックしたものの、そのあと相手と和解することもありますよね。そんなとき、LINEのブロックは解除できます。LINEの「友だち」画面にある歯車アイコンの「設定」を押し、そこで「友だち」メニューを開くと、「ブロックリスト」があります。ブロックリストには、今までブロックした相手が保存されています。

  • LINE

    LINEの「友だち」画面から「設定」を開き、「友だち」メニューから「ブロックリスト」をタップします

ブロックリストをタップして、ブロックを解除したい友だちの「編集」ボタンを選択。「削除」か「ブロック解除」という選択肢が出てくるので、「ブロック解除」を押せばブロックを解除できます。

  • LINE

    ブロック解除するアカウントの「編集」をタップし、「ブロック解除」をタップします

  • LINE

    相手とのトークルームが残っていれば、トークルームからブロック解除もできます。トークルーム右上のメニューを開き、「ブロック解除」を選択します

「削除」を選ぶと二度とブロック解除できなくなり、あらためてQRコードやLINE IDによる検索など、LINEで「友だち追加」の作業が必要となります。