米国のPC周辺機器・コンポーネントプロバイダーであるCorsair components inc.(以下Corsairと略記)は3月13日、都内で製品説明会を開催。タワー型PCケースや、タッチパッドやジョイスティック付きのキーボード「K83 Wireless」などを披露しました。

  • ワイヤレス周辺機器のK83 Wireless(左)とHARPOON RGB WIRELESS(右)。HARPOON RGB WIRELESSはゲーミング用の新しい無線方式SLIPSTREAMに対応した最初の製品です

  • CORSAIR台湾 日本および台湾リージョナルマネージャのJevon Yeh氏があいさつ

多機能なタワーケース「Carbide 678C」「Crystal 680X RGB」

PCケースは高価格帯の製品で機能が豊富です。Carbide 678C Tempered Glassは左サイドパネルに強化ガラスを使う一方、ケーストップ、フロント、右サイドパネルには吸音材を張り付けてあるため、静音性も確保しています。

  • 米Corsair Product manager CoolingのAnnie Jankowski氏

  • PCケースのCarbide 678C Tempered Glass(左)とCrystal 680X RGB Tempered Glass(右)。どちらも白・黒の2モデル展開です

  • 現在のケースラインナップ。中央上の赤い縁取りがされているのが今回の新製品で、高いATXケースが追加されました

ドライブベイは5.25×1、3.5×6、2.5×3と多く、5.25ベイを外せばトップ部に420mmまでのラジエーター搭載も可能ですし、搭載可能なファンは最大9(PWMリピーターあり)と豪華な装備となっています。

  • Carbide 678C Tempered Glassは左サイドパネルが強化ガラスを使用。奥にヒンジがあるので簡単に開きます

  • 右サイドパネル(写真)とトップパネル、フロントパネルに吸音材が張り付けられており、静音性に配慮しています

  • 右サイドはケーブルスペースですが、PWMファンのリピーター(中央上部)があり、2.5インチベイもこちら側に配置されています

  • Carbide 678C Tempered Glassの主な機能。フロントパネルもヒンジデザインとなっています

また、Crystal 680X RGB Tempered Glassはケース内部を分離したデュアルチャンバー構成に加え、左サイドパネルだけでなく、フロントパネルとトップパネルも強化ガラスで覆われています。

  • Crystal 680X RGB Tempered Glassはデュアルチャンバーを採用し、電源部とボード部が分かれた構造になっています

  • 左、正面、上に強化ガラスを採用しており、ライティングでかなり派手なPCを作ることができます

フロントパネルに120mm RGB LEDファンが3連で装着されており、ファンとLEDライトをコントロールする「Lightning Node PROコントローラー」が初めから用意されているので、ユーティリティのiCUEソフトウェアを使用することで、システム全体のLED照明をコントロールできます。

  • 上部の強化ガラスはボード部のみで、右側はI/O端子(USB 3.0×2/USB 3.1 Type-C/ヘッドセット)となっています

搭載可能なファンは最大8つで、フロントファンだけでなく、リアファンも1つ標準で付属します。ドライブベイは3.5×3と2.5×4となっています。

  • Crystal 680X RGB Tempered Glassの主な仕様。フロント強化ガラスの奥には3連のRGB LEDファンが装着されており、カラーコントロールに対応しています

どちらのケースも白と黒の2色展開となっているので、システム構成に悩みそうです。なお、参考までに簡易液冷システムにもホワイトモデルが用意されており、白いケースなのにラジエーターが黒で今一つという不満にも対応できます。サンプル機を見ましたが、なかなかさわやかな印象を受けました。

  • 簡易液冷クーラーにもホワイトモデルがあります。これを使えば白いケースで悪目立ちしません

  • ということで作例も展示していました。なかなかいい感じ

低遅延の独自ワイヤレス技術採用のゲーミングマウスなども紹介

ワイヤレスの周辺機器でも製品を投入しています。説明会では同社が「SLIPSTREAM」と呼ぶ、ゲーミング周辺機器向けの無線接続テクノロジを紹介しました。

  • 米Corsair Senier Product Line ManagerのMichael Grey氏

従来ゲーミングデバイスは1msごとで、データをやり取りしていますが、SLIPSTREAMはさらに倍の0.5msごとにデータのやり取りをします。また、混雑する2.4GHz帯の中でも最も状況のよいエリアを使うだけでなく、出力が高く強力に電波が飛ぶといいます。

例えばSLIPSTREAMに対応したゲーミングヘッドセットならば、遅延も少なくマイクの帯域も広く、さらにマウスやキーボード、ヘッドセットすべてが同じUSBドングルで利用できると説明していました。

  • まずSLIPSTREAMの紹介。1msの間に2つのデータパケットをやり取りし、さらに周波数も自動的に変更するというものです

そのSLIPSTREAMに対応した最初の製品がワイヤレスマウスの「HARPOON RGB WIRELESS」です。日本国内では2月に販売が始まっています。これ以外のSLIPSTREAM対応製品はいつ出るのか? と聞いたところ「予定では2019年中」ということでした。

  • SLIPSTREAMに対応した第一弾がHARPOON RGB WIRELESSで、99gと軽く、バッテリも30-60時間持つとなかなかいい感じのスペックで、サイドにボタンの付いたオーソドックスな作りです

  • 底面には蓋が付いていて、USBドングルを収納できるようになっているのもうれしいところ。SLIPSTREAM以外にBluetoothマウスとしても使えるようです

  • SLIPSTREAMはひとつのUSBドングルでマウス、キーボード、ヘッドセットにも対応します。ただし、まだ対応製品がマウスだけで今後に期待したいところ

eSportsのプロは遠征先の会場でも同じコンディションが維持できるという理由でワイヤレスマウスを使う人が増えているので、今後のSLIPSTREAMのラインナップに期待したいところです。

もう1つのワイヤレス製品がリビング等で使うエンターテイメントキーボードのK83 Wirelessです。開発に3年ほどかけたという話でしたが、SmartTVやセットトップボックス、PC、タブレット等にマルチに利用でき、しっかりした打鍵感のあるキーボードにジェスチャ対応のタッチパッド、ジョイスティックが一体化した製品になっています。

  • リビングルームでの利用に向いたK83 Wireless

  • アルミパネルでバックライトも白とスタイリッシュなデザイン。ローラーによるボリュームコントロールとメディアコントロールキーを備えており、かなり練り込まれた製品になっています

  • 本体右上にあるジョイスティックは右手で持って親指でコントロールし、人差し指がLボタン、中指か薬指でRボタンという感じで操作できます

現在はUS/EUのキーレイアウトしかなく、他国バージョンは検討中とのことで、日本語キー配列のモデルが望まれます。

  • 4月下旬に発売予定ですが、日本語キーレイアウトもほしいところです

ストリーマーブランド「elgato」の新製品はライト

最後にelgato製品が紹介されました。elgatoは主にストリーマーと呼ばれる動画配信者を対象にした製品を開発しており、ビデオキャプチャ製品やスイッチングを容易にするマルチファンクションキー等を販売しています。

  • Elgato Pertonership managerのTom Hildreth氏

今回はストリーマーの顔をさらに美しく表示させるためのLEDライト「KEY LIGHT」を紹介していました。160個のLEDを使用しムラなくライトアップできるほか、机にクランプで取り付けられるので三脚等で場所を取らない、アプリで明るさと色温度も変更可能と言う事をアピールしていました。価格はUS市場で199.95ドルとなっています。

  • elgatoのKEY LIGHT。ストリーマーの顔を照らし出すためのライトです

  • 本体が軽く薄いだけでなく、取付も普通の机にクランプで止めるだけと三脚のような場所を取らないのがメリットです

  • elgatoはプロ向けビデオ機器からスタートし、ビデオ関係では20年以上の歴史がある会社です。写真手前は過去に発表された製品で左右がキャプチャ製品、真ん中はマルチファンクションキーです

  • ゲーム配信を行うストリーマーはプレイ中の画面と本人の画像を合成するため、合成のための背景やライティングが必要です。今回発表されたのがライティング製品のKEY LIGHTとなっています

  • 160のLEDを使ってムラなく照らし出すようになっており、LEDライトなので薄型軽量なのが魅力です