NVIDIAはこのほど、コンシューマ向けの新GPU「GeForce RTX 2060」を発表したが、これに合わせて、グラフィックスカードメーカー各社からGeForce RTX 2060搭載製品が多数アナウンスされている。まとめて紹介しよう。

ASUS

ASUSはROG-STRIX-RTX2060-O6G-GAMINGを投入。3連ファン搭載のハイエンドモデルで、動作クロックはブーストで最大1,860MHzの高OCモデルとなる。

  • ROG-STRIX-RTX2060-O6G-GAMING

主な仕様は、動作クロックがベース1,365MHz(OCモード時:1,395MHz)、ブースト1,710MHz(OCモード時:1,860MHz)、メモリが6GB GDDR6、メモリインタフェースが192bit。メモリスピードが14Gbps、PCとの接続インタフェースがPCI Express 3.0 x16、補助電源が8ピン×1+6ピン×1、出力インタフェースがDisplayPort×2、HDMI×2。

COLORFUL

COLORFULは「Colorful GeForce RTX 2060 6G」のみの投入。2基の90㎜ファンによるクーラーを搭載し、動作クロックはリファレンスのベース1,365MHz、ブースト1,680MHz。出力インタフェースとしてDVI-Dを備える。価格はオープン。

  • Colorful GeForce RTX 2060 6G

主な仕様は、動作クロックがベース1,365MHz、ブースト1,680MHz、メモリが6GB GDDR6、メモリインタフェースが192bit。メモリスピードが14Gbps、PCとの接続インタフェースがPCI Express 3.0 x16、補助電源が8ピン×1、出力インタフェースがDisplayPort×2、HDMI×1、DVI-D×1。

GIGABYTE

GIGABYTEは「GV-N2060AORUS X-6GC」「GV-N2060WF2OC-6GD」「GV-N2060OC-6GD」の3モデルを用意する。いずれも動作クロックを引き上げたオーバークロックモデルとなる。

店頭予想価格は、GV-N2060AORUS X-6GCが税別54,980円前後、GV-N2060WF2OC-6GDが税別50,980円前後、GV-N2060OC-6GDが税別49,980円前後。

  • GV-N2060AORUS X-6GC

GV-N2060AORUS X-6GCはゲーミングブランド「AORUS」の製品で、より高いOC性能や耐久性を備える。また、3連ファンを搭載したオリジナルクーラー「WINDFORCE 3X」を採用する。

主な仕様は、動作クロックが最大1,845MHz、メモリが6GB GDDR6、メモリインタフェースが192bit。メモリクロックが14,140MHz、PCとの接続インタフェースがPCI Express 3.0x16、補助電源が8ピン×1+6ピン×1、出力インタフェースがDisplayPort×3、HDMI×1、USB Type-C。

  • GV-N2060WF2OC-6GD

  • GV-N2060OC-6GD

GV-N2060WF2OC-6GDとGV-N2060OC-6GDは、どちらも2連ファンの「WINDFORCE 2X」クーラーを採用するが、GV-N2060WF2OC-6GDは100㎜ファンを搭載し、より高いクロックで動作する。一方、GV-N2060OC-6GDは90㎜ファンを搭載する。

GV-N2060WF2OC-6GDの主な仕様は、動作クロックが最大1,770MHz、メモリが6GB GDDR6、メモリインタフェースが192bit。メモリクロックが14,000MHz、PCとの接続インタフェースがPCI Express 3.0x16、補助電源が8ピン×1、出力インタフェースがDisplayPort×3、HDMI×1。

GV-N2060OC-6GDの主な仕様は、動作クロックが最大1,755MHz、メモリが6GB GDDR6、メモリインタフェースが192bit。メモリクロックが14,000MHz、PCとの接続インタフェースがPCI Express 3.0x16、補助電源が8ピン×1、出力インタフェースがDisplayPort×3、HDMI×1。

Inno3D

Inno3Dは「INNO3D N20602-06D6-1710VA23」をラインナップ。デュアルファン搭載で、リファレンスクロックとなる。店頭予想価格は税込49,800円。

  • INNO3D N20602-06D6-1710VA23

主な仕様は、動作クロックが最大1,680MHz、メモリが6GB GDDR6、メモリインタフェースが192bit。メモリスピードが14Gbps、PCとの接続インタフェースがPCI Express 3.0 x16、補助電源が8ピン×1、出力インタフェースがDisplayPort×3、HDMI×1。

玄人志向

玄人志向は「GF-RTX2060-E6GB/BLW」と「GF-RTX2060-E6GB/OC」の2モデルをラインナップ。「GF-RTX2060-E6GB/BLW」はブロワーファンを採用したリファレンスクロックモデル、一方の「GF-RTX2060-E6GB/OC」はデュアルファンを搭載したオーバークロック仕様となる。

店頭予想価格は、GF-RTX2060-E6GB/BLWが税別49,980円前後、GF-RTX2060-E6GB/OCが税別45,200円前後。

  • GF-RTX2060-E6GB/BLW

GF-RTX2060-E6GB/BLWの主な仕様は、動作クロックが最大1,680MHz、メモリが6GB GDDR6、メモリインタフェースが192bit。メモリスピードが14Gbps、PCとの接続インタフェースがPCI Express 3.0x16、補助電源が8ピン×1、出力インタフェースがDisplayPort×2、HDMI×1。

  • GF-RTX2060-E6GB

GF-RTX2060-E6GB/OCの主な仕様は、動作クロックが最大1,695MHz、メモリが6GB GDDR6、メモリインタフェースが192bit。メモリスピードが14Gbps、PCとの接続インタフェースがPCI Express 3.0x16、補助電源が8ピン×1、出力インタフェースがDisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1。

MSI

MSIはGeForce RTX 2060 VENTUS 6G OCをラインナップ。価格は税別49,800円。分散型ファンブレードと従来型ファンブレードを組み合わせた「トルクスファン 2.0」に加えて、GPUの熱を効率よくヒートパイプに伝導するスムースヒートパイプ機構を採用した独自クーラーを搭載する。

  • GeForce RTX 2060 VENTUS 6G OC

主な仕様は、動作クロックがベース1,365MHz、ブースト1,710MHz、メモリが6GB GDDR6、メモリインタフェースが192bit。メモリスピードが14Gbps、PCとの接続インタフェースがPCI Express 3.0 x16、補助電源が8ピン×1、出力インタフェースがDisplayPort×3、HDMI×1。

なお、海外では上位モデルの「GeForce RTX 2060 GAMING Z 6G」やショート基板モデル「GeForce RTX 2060 AERO ITX 6G OC」もラインナップしている。

ZOTAC

ZOTACは「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 Twin Fan」と「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 AMP Edition」の2モデルをラインナップ。ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 Twin Fanはリファレンスクロック、ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 AMP Editionはオーバークロック仕様となっている。

店頭予想価格は、ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 Twin Fanが税別45,980円前後、ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 AMP Editionが税別52,800円前後。

  • ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 AMP Edition

90mm径のデュアルファンに加え、3本の6mmヒートパイプ、大型アルミフィンによるヒートシンクを組み合わせたオリジナルクーラー「IceStorm 2.0」を搭載。全長を210㎜と押さえ、小型PCへの組み込みにも対応するという。

ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 Twin Fanの主な仕様は、動作クロックが最大1,680MHz、メモリが6GB GDDR6、メモリインタフェースが192bit。メモリスピードが14Gbps、PCとの接続インタフェースがPCI Express 3.0x16、補助電源が8ピン×1、出力インタフェースがDisplayPort×3、HDMI×1。

ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 AMP Editionの主な仕様は、動作クロックが最大1,800MHz、メモリが6GB GDDR6、メモリインタフェースが192bit。メモリスピードが14Gbps、PCとの接続インタフェースがPCI Express 3.0x16、補助電源が8ピン×1、出力インタフェースがDisplayPort×3、HDMI×1。