シャープは10月5日、新しいAIoTクラウドサービス「COCORO WASH」と連携するドラム式プラズマクラスター洗濯乾燥機「ES-W111」を発表しました。発売は11月29日で、価格はオープン。推定市場価格は340,000円前後(税別)です。10月5日に開催された発表会の様子をお伝えします。

  • シャープ

    プラズマクラスター洗濯乾燥機 ES-W111

  • シャープ

    前面がガラストップの美しいデザインが特徴です

ES-W111は、昨年(2017年)にフルモデルチェンジし、2018年度のグッドデザイン賞を受賞した「ES-P110」の後継機。9月20日に発売したドラム式洗濯機「ES-U111」に、AIoT機能を付加したモデルです。洗濯容量は11kg、乾燥容量は6kgと、シャープのドラム式洗濯乾燥機の中では最大容量となります。今回のES-W111によって、インターネットにつながるシャープのAIoT機器は10カテゴリー150種類以上となりました。シャープは2020年までに、同社製品の半数をAIoT対応にしたいと述べています。

オシャレでキレイなサニタリー空間に映えるよう、前面のドアと操作パネルはガラストップになっています。基本的な洗濯性能だけでなく、デザインも重視して開発し、新たにシルバー系の色調を採用しました。

主な新機能は、新しいAIoTクラウドサービス「COCORO WASH」への対応と、お手入れの手間を軽減する業界初(シャープ調べ)の「乾燥フィルター自動お掃除」機能。ES-U111で実現した乾燥ダクトの自動お掃除や、従来モデルから好評のマイクロ高圧洗浄、ハイブリッド乾燥、プラズマクラスターといった機能も引き続き備えています。

  • シャープ

    洗濯機向けサービス「COCORO WASH」の登場により、シャープのAIoT機器は10カテゴリー、150機種以上に拡大しました

  • シャープ

    ES-W111の主な特徴。従来モデルで好評だった機能も引き続き搭載しています

洗濯機向けのAIoTサービス「COCORO WASH」

COCORO WASHは、クラウド上の人工知能(AI)を活用することで、ユーザー1人1人の生活環境に最適な形で洗濯機を運用できるサービスです。クラウドとの接続にはWi-Fiを使用するため、家庭内にWi-Fi環境が必要なほか、専用スマートフォンアプリ「COCORO WASH」のダウンロードが必須です。

ES-W111の電源を入れると、ES-W111が今日の天気を音声でお知らせします。天気が雨で天日干しできないときは乾燥機能の利用をすすめるなど、その日の天気に適した運転方法を提案するというわけです。

  • シャープ

    COCORO WASHでは、洗濯機が今日の天気をお知らせし、天気に適した運転方法を提案します

  • シャープ

    COCORO WASHから、今日の天気、洗濯状況の確認などができます。衣類に適した専用の洗濯コースをダウンロードすることも可能で、提供する洗濯コースは今後増やしていく予定です。COCORO WASHはスマートスピーカーとも連携します。Amazon Alexa、Google Assistant、LINE Clova対応製品と連携できます

会場ではCOCORO WASHのデモンストレーションが行われ、ES-W111が天気をお知らせする様子や、天気に合った洗濯コースを提案する様子、運転が終了するとスマートフォンに通知する様子などを実演しました。

運転が終了するとスマートフォンに通知が届くので、ほかのことをしていたらいつの間にか洗濯が終了し、うっかりそのまま放置して衣服にシワがついてしまうこともなくなります。

  • シャープ

    COCORO WASHの実演風景。運転開始の前に、天気に合った洗濯コースを教えてくれます

  • シャープ

    COCORO WASHの実演風景。運転終了をスマートフォンで確認できるので、時間を有意義に使えるでしょう

シャープのドラム式洗濯乾燥機は、温度、湿度、水位、重量、泡、光、振動という7つのセンサーを搭載。湿度センサーは他社では利用していないもので、シャープの特長になっています。衣類の乾き具合を湿度センサーでチェックし、スマートフォンへ通知可能なため、リビングにいながらあと何分で乾燥が終わるかを確認できます。もちろん、洗濯があとどのくらいで終了するかも確かめられますよ。

  • シャープ

    センサーで検知した情報をもとに、洗濯のヒントやエラー内容をスマートフォンに分かりやすく表示します

  • シャープ

    COCORO WASHアプリのレポート画面。衣類の汚れ具合をセンサーで検知して、すすぎの回数を自動調節したことが報告されています

フィルターも自動で掃除してくれる

もう1つ注目したいのが、「乾燥フィルター自動お掃除」と「乾燥ダクト自動お掃除」です。エアコンのフィルター自動お掃除を思い浮かべた人も多いと思いますが、おおむね当たりです。

乾燥運転のとき、乾燥フィルターにたまる綿ボコリは、どのメーカーの洗濯乾燥機も、基本的に毎回手作業で取り除く必要があります。ES-W111では自動的に乾燥フィルターのホコリをダストボックスにため、ダストボックスがいっぱいになったらゴミ捨てすればよいのです。フィルター本体は、ユーザーが掃除しなくてもキレイな状態を保てます。

  • シャープ

    乾燥フィルターの自動お掃除は、フィルターに付いたホコリをブレードでかき集めてダストボックスに収容する機能です

  • シャープ

    乾燥フィルターのサンプル。左はフィルターのホコリが取れている状態。右はホコリが付いている状態。メンテナンスは1週間に1回ほどで、ダストボックスにたまったホコリを捨てるだけでOKとのことです

乾燥ダクト自動お掃除は、2018年9月発売のES-U111やES-G111から搭載された機能。乾燥ダクトにたまった糸くずや洗剤カスなどの汚れを給水用の水で洗い流します。給水のたびに洗浄し、乾燥時に温風を通りやすくすることで、乾燥性能の低下を防ぎます。

  • シャープ

    給水の水を利用して乾燥ダクトを洗浄し、乾燥性能の低下を防ぎます

  • シャープ

    ES-W111のスケルトンモデル。排気ダクト自動お掃除の機構は、乾燥フィルターの手前にあります

10分の時短コースも

今年度(2018年度)モデルの特長として、超音波ウォッシャーとマイクロ高圧洗浄を組み合わせた「時短コース(10分洗濯)」も訴求していました。超音波ウォッシャーは、部分洗い用のハンディ音波振動洗浄機。バッテリーを搭載し、持ち歩きも可能となっている製品です。

  • シャープ

    超音波ウォッシャーをここにセットしておくだけで、無線充電ができます

時短コース(10分洗濯)とは、洗濯前に超音波ウォッシャーで衣類の汚れを落とし、時短コース(10分洗濯)を選ぶと時短になります、という内容です。ES-W111では、トビラを開けた本体下部に超音波ウォッシャーを標準搭載し、充電もここで行います。洗濯前に食べこぼしや襟袖の皮脂汚れといった部分汚れを超音波ウォッシャーで落としておくと、普通の洗濯だけでは落ちにくい汚れをキレイに落とせます。

マイクロ高圧洗浄は、高圧シャワーノズルから毎秒約100万個以上の微細な水滴を衣類に噴射して汚れをはじき、すすぎ時に洗剤カスを残しにくくする機能。超音波ウォッシャーと組み合わせれば、短い洗濯時間でも洗濯物がキレイになるというわけです。

  • シャープ

    マイクロ高圧洗浄の「時短洗濯」は、今年(2018年)モデルからの機能。超音波ウォッシャーと組み合わせると、衣類を素早く洗濯できます

  • シャープ

    ES-W111のガラストップな操作パネル。ここは前年(2017年)モデルと変化なし

  • シャープ

    本体トビラの下部に超音波ウォッシャーが格納されています

  • シャープ

    写真左側は、5分間の「サッと予洗い」コースで洗浄した衣類。一番右側は、超音波ウォッシャーと10分洗濯を組み合わせて選択した衣類。どちらも目立つ汚れがなくなっています

ES-W111は、洗濯容量が11kgと大容量なことやスタイリッシュなデザイン、超音波ウォッシャーの標準搭載など、世代を問わずファミリーに愛されそうな製品です。ですがCOCORO WASHを利用するには、Wi-Fi環境とインターネット接続が必要。自宅にインターネット回線を引いていない家庭には、COCORO WASHに対応していない洗濯乾燥機をオススメします。

しかし今の若い子育て世代にとって、Wi-Fiやスマホはもはや当たり前。天気に応じた洗濯のやり方をナビゲーションしてくれたり、洗濯終了をスマホに知らせてくれたりする点は、大きな魅力だと感じる人も多いのではないでしょうか。

ちなみに昨年(2017年)モデルから変わったデザインが、ドアの取っ手。2017年モデルで、右開きか左開きか分かりにくいという声があったため、取っ手をつけて分かりやすくしたとのことです。細かなところまで目を配る、シャープらしいポイントだと感じました。

  • シャープ

    ドアの把っ手のデザインが変わり、右開きか左開きか分かりやすくなった?

主な仕様は、洗濯容量11.0kg、乾燥容量6.0kg。乾燥方式はハイブリッド乾燥。11kg洗濯時の運転時間は約35分、消費電力量は65WL、標準使用水量は78L。6kg洗濯~乾燥の運転時間は約150分、消費電力量は590Wh、標準使用水量は52L。運転音は洗い時が30dB、脱水時が37dB、乾燥時が41dB。ボディ幅は596mm、本体サイズはW640×D728×H1,104mm(給排水ホース含む)、重さは約82kg。