アトラスは9月22日、千葉県・幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2018」(会期:9月20~23日)のセガブースにて、『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』のスペシャルステージを開催。イベントには福山潤や大谷育江、井上麻里奈、小清水亜美といった声優ゲストが集結した。

  • 左から金田大輔プロデューサー、大谷育江、福山潤、井上麻里奈、小清水亜美

『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』は、抜群の人気を誇るRPG『ペルソナ』シリーズならではの奥深いストーリーに、『世界樹の迷宮』シリーズの要素を盛り込んだ『ペルソナQ』の最新作。本作では新たに『ペルソナ5』をメインとした物語が展開し、『3』『4』『5』のキャラクター(ペルソナ使いは総勢28人)が夢の共演を実現する。また、『ペルソナ3 ポータブル』に登場した『ペルソナ3』女性主人公が参戦する点にも注目。

イベントには『ペルソナ5』の主人公役・福山潤をはじめ、モルガナ役・大谷育江、『ペルソナ3』女性主人公役・井上麻里奈、『ペルソナ4』の天城雪子役・小清水亜美に加え、本作のプロデューサー・金田大輔氏が登壇し、様々なトークを展開。また、福山は主人公が怪盗時に着用するマスクを着用して登場し、会場にいるファンを沸かせた。

トークは、まずゲームの収録についての話題からスタート。本作では総勢28人のキャラクターが登場することから会話の掛け合いボリュームがかなりのものになると思われるが、福山の場合は、色々なパターンの相槌などの"息"を収録しなければならないことや、召還するペルソナ(300体)の名前を叫ばなければならなかったと、主人公を演じる際の苦労エピソードを披露。

また、女性主人公を演じる井上は「私が演じた頃に比べると、かなりペルソナが増えていて、イントネーションなどペルソナの呼び方に悩んだ時は、福山の声を聞いて演じました」と苦労を明かした。

本作で物語のカギを握る新キャラクター「ひかり」「ナギ」「ドー」も公開。金田氏は「前作では『出会いが人を変える』をテーマにしていたが、本作では『出会いが人を強くする』がテーマ。この新たな3人がどうストーリーに絡んでくるのかに注目してください」とアピールした。

また、本編の「総攻撃」の疑似体験が楽しめる「ボコスカジェネレーター」も紹介。ボタンを押すとことで、ランダムでパーティーが編成されるほか、結果をTwitterでシェアすることで「ボコスカ数」が上昇し、一定数に達すると、オリジナルデジタルコンテンツや出演声優陣のサイン入り色紙があたるプレゼントキャンペーンも実施されているので、こちらもチャレンジしていただきたい。

イベント最後に小清水は「キャラクターも増え、マップを自分で作成していくやり込み要素のあるゲームなので、コツコツとプレイしてください」と挨拶し、井上「今回もファンに喜んでもらえるような作品に仕上がっていますので、ぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです」と笑顔の表情。

また、福山は「本作は11月29日"いい肉の日"に発売します。いい肉は新鮮なうちに食べても、熟成させても美味しいですから。そして、タイトルは『Q2』。皆さんも映画の撮影と同じように、ゲームをスタート"キュー"させて楽しんでください」と抜群のコメントで会場は拍手喝采。そして、大谷は「シリーズのメンバーが集まった本作、いっぱい楽しめるポイントがあるので、ぜひ楽しみにしていてください」と締め、イベントは幕を閉じた。

ニンテンドー3DS用ソフト『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』は、2018年11月29日に発売予定。価格はパッケージ版・ダウンロード版共に6,980円(税抜き)。先着購入特典として、ゲーム中の戦闘曲がシリーズの楽曲へ変更できるDLC「ペルソナ3、4、5 バトルBGMセット」が収録される。

(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.