レポート

2018/03/12 08:48:13

TOP500の主宰者Dongarra教授が語ったエクサスケールスパコンへの道程

- PR -

理化学研究所(理研)で開催された「New Horizons of Computational Science with Heterogeneous Many-Core Processors」と題するワークショップにおいて、冒頭の基調講演を行ったのは、Jack Dongarra教授である。TOP500を主宰するテネシー大学のJack Dongarra教授は、スパコン業界ではもっとも有名な先生である。

目次

1 トップクラスのスパコンでも性能の賞味期限は6~8年
2 時代に併せて変化するスパコンの在り方