「栄養」最新記事一覧

食事から得られる栄養が体に及ぼすメリット・デメリットなどに関する記事を紹介。


関連キーワード

ヘッドライン

外国人が「体によくておいしい」と感動した日本の食べ物は?

2013年に和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあってか、近年は訪日外国人が日本の食に舌鼓を打つ姿を見かけるのも珍しくなくなっている。日本食や和食が外国の人に評価されているのには数多くの理由があるだろうが、その中の一つに「栄養価の高い食事を提供している」があるのではないだろうか。

[11:16 9/22]

アラサーからのダイエット飯 第44回 女子ウケしそうなカフェごはんでダイエット! 豆腐玄米ドライカレー

体を動かすことと食べることが大好きな料理人・キムケンさんが、市販されている普通の食材を使った、味も見た目も抜群なレシピを紹介する漫画連載「アラサーからのダイエット飯」。今回は主張控えめだけれども、どんな料理とも相性バッチリの食材を用いた逸品です。

[11:14 9/21]

シニアが「年を取ったな」と感じた瞬間は?

ネオマーケティングはこのほど、「シニアの食生活と健康意識」に関する調査結果を明らかにした。同調査は8月23日~25日、60歳~79歳の男女1,000人を対象にインターネットで実施したもの。「60歳」という年齢を迎えることについて、健康面での不安があったか、55~59歳だったころを思い出して答えてもらったところ、34.8%が「非常に不安があった」「少し不安があった」と回答した。

[09:00 9/16]

エイジングケアは安くおいしく! 第11回 ヘルシーかつボリューミーを実現! 85円の鶏肉と豆腐のみそチーズ焼き

FPやフードコーディネーターなど、多彩な資格を持つ武田真由美さんが「体の内側からきれいになる」を目指すための節約レシピを紹介する連載「エイジングケアは安くおいしく! 」。今回は植物性と動物性のたんぱく質を一度に味わえ、ボリューミーでありながらもヘルシーなレシピをお届けします。

[11:11 9/15]

9月以降に要注意の秋バテ対策として効果的な行動は?

セブン&アイ・ホールディングスはこのほど、「秋バテの自覚や対策に関する意識調査」の結果を明らかにした。同調査は8月24日~27日、全国の10~50歳の男女500を対象にインターネットで実施したもの。夏から秋の変わり目で体調を崩した経験があるか尋ねたところ、71%が「ある」と回答した。気温が下がり始めたタイミングで不調を感じる人が多いことがわかった。

[14:17 9/14]

秋元才加のココカラ、Healthy 第1回 私が「お薬先生」と呼ばれるようになったワケ

皆さん、初めまして! 秋元才加です。今回よりマイナビニュースにて「秋元才加のココカラ、Healthy」と題したコラムを執筆することになりました。私自身の経験も踏まえながら、皆さんにいろいろとお伝えできればと思いますのでよろしくお願いします。初回は「ココカラ、Healthy」という言葉に込めた想いについてお話します。

[11:06 9/14]

筋トレや食事制限は不要! 最先端栄養学に基づいた"やせる食事"とは?

講談社はこのほど、オーガスト・ハーゲスハイマー氏による著書『最少の努力でやせる 食事の科学』を発売した。同書では、欧米の最先端の栄養学を日本人向けにカスタマイズした健康的にやせるための食事法を公開している。

[15:58 9/13]

「食べやすさ」が2位! 毎日の朝食で最も重視することは?

ソフトブレーン・フィールドはこのほど、「朝食に関するアンケート」の結果を明らかにした。同調査は8月18日~20日、20~60代以上の男女4,653人を対象にインターネットで実施したもの。普段、朝食は食べるか尋ねたところ、83.9%が「食べる」、16.1%が「食べない」と回答した。「朝食を食べる」と回答した人のうち、「毎日必ず食べる」は80.4%となり、忙しい朝でも約8割が朝食を食べていることがわかった。

[15:27 9/13]

皆が大好きなラーメンで夏バテ対策! 栄養満点の豚キムチタンメン

9月とはいえ、まだまだ残暑が厳しい日もあり、夏バテ気味の人も少なくないと思います。そんな「ぐったりモード」の人へ向け、体を動かすことと食べることが大好きな料理人・キムケンさんが激ウマな「夏バテ対策レシピ」を紹介してくれます。

[11:43 9/13]

the3rd Burger、ケールスムージーとモッツアレラバジルバーガーを発売

ユナイテッド&コレクティブが運営するハンバーガーブランド「the3rd Burger」は9月13日、「ケールスムージー」と「モッツアレラバジルバーガー」を期間限定で販売開始した。「ケールスムージー」は、緑黄色野菜の王様と呼ばれるケールを使用したスムージー。「モッツアレラバジルバーガー」は、βカロテンをはじめとする成分による抗酸化作用で、アンチエイジングとダイエット効果があると言われるバジルを使用した。

[10:03 9/13]

アラサーからのダイエット飯 第43回 調理時間5分の旨さではない! 財布にも優しい大葉もやしゆかりサラダ

体を動かすことと食べることが大好きな料理人・キムケンさんが、市販されている普通の食材を使った、味も見た目も抜群なレシピを紹介する漫画連載「アラサーからのダイエット飯」。今回は「ご飯のお供」をダイエット用にアレンジした逸品です。

[11:12 9/12]

死に至る症例も! 便秘が招く病気の恐怖と自分でできる対策を医師に聞く

便秘に悩む日本人は多い。厚生労働省が発表している「平成25年国民生活基礎調査の概況」によると、日本人の人口1,000人あたりの患者数は男性が26人、女性が48・7人となっており、女性の場合は20人に1人が便秘で悩んでいる計算になる。「何日も便が出ない」「お腹が痛い」などの症状に悩まされつつも、仕事や家事・育児が忙しくて便秘をそのまま放置している人も少なくないだろう。

[10:18 9/12]

代官山に3日間限定でオープンする「美しくなれる八百屋 WASO」とは?

資生堂は9月29日~10月1日、「SHISEIDO」の新スキンケア「WASO(ワソウ)」のポップアップイベント『美しくなれる八百屋 WASO』を東京都・代官山の多目的スペース「DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY」で開催する。同店は、新スキンケアライン「WASO(ワソウ)」が10月1日に発売されることを記念してオープンするもの。

[09:34 9/12]

自分好みのスパイスで夏バテを吹き飛ばす! スパイシートマトチキンカレー

9月とはいえ、まだまだ残暑が厳しい日もあり、夏バテ気味の人も少なくないと思います。そんな「ぐったりモード」の人へ向け、体を動かすことと食べることが大好きな料理人・キムケンさんが激ウマな「夏バテ対策レシピ」を紹介してくれます。

[11:21 9/11]

主食・主菜・副菜の3つをそろえて毎日食べる人の割合は?

アイスタットはこのほど、「健康長寿と食べ物に関するアンケート調査」の結果を明らかにした。同調査は8月17日、20歳以上の男女300人を対象にインターネットで実施したもの。ふだん朝食を食べるか尋ねたところ、70.3%が「食べる」と回答した。次いで「ほとんど食べない」(15.7%)、「週に4~5日食べる」(7.3%)となっている。

[09:00 9/10]

昼食も低糖質をキープ! 書籍『20kgやせた! 糖質オフ弁当』発売

宝島社はこのほど、『20kgやせた! 糖質オフ弁当』を発売した。同書では、ランチに適した低糖質のお弁当レシピを数多く紹介している。用意する食材・調味料を最低限に絞り、糖質の少ない「おすすめ食材」を中心に、気楽に続けられる糖質オフのお弁当アイデアをまとめている。

[16:23 9/8]

外国人が「体にいい」とわかっていても食べない物の1位は?

誰しも苦手な食べ物の一つや二つはあるのもの。臭いがダメだったり、食感が嫌いだったり、見た目が生理的に受けつけなかったりと、その理由は人それぞれだ。たとえ、その苦手な食べ物を食べると「体によい」と言われていても、「食べられない物は食べられない」というのが多くの人の本音だろう。

[11:10 9/8]

100歳以上が回答した「自分の長寿の秘訣」、最も多い回答は?

キューサイの「100歳まで楽しく歩こうプロジェクト」はこのほど、「100歳100人実態調査2017」の結果を明らかにした。同調査は4月5日~6月12日、100歳以上の100名とその家族・近親者を対象、ヒアリングと質問紙による自記入式調査で実施したもの。「100歳自身が思う長寿の秘訣」を聞いたところ、60%が「食に関すること(好き嫌いなく何でも食べる、腹八分目など)」と回答した。

[12:48 9/5]

野菜嫌いな人は肉も嫌い? - 苦手な野菜の数と年収の関連性も示唆

大塚食品のボンカレー「日本人と野菜ラボ」はこのほど、「苦手な野菜の数で見える日本人の生活や性格」調査の結果を発表した。同調査は7月12日~13日、20歳以上の未婚男女416名を対象にインターネットで実施したもの。「じゃがいも」「にんじん」「たまねぎ」「トマト」「きのこ類」「ブロッコリー」の6種類のうち、嫌いな野菜があるか尋ねたところ「5種 ~6種」あると回答した人は、肉も嫌いという傾向が高かった。

[11:22 8/28]

糖尿病に立ち向かうための"秘密兵器"は緑色のあの野菜!

厚生労働省が発表している「平成26年患者調査の概況」は、国内の糖尿病の総患者数は316万6,000人と推計しており、2015年の「人口動態統計」によると、同年に糖尿病が原因で死亡した日本人は約1万3,000人もいたという。

[10:35 7/4]

糖質が気になる人へ! ダイエット中に食べてもいい果物は?

皆さんにとって、キウイフルーツはどれぐらい身近な存在だろうか? ほとんどのスーパーにはニュージーランド産のキウイが陳列されているので、食べたことがない人は少ないかもしれない。しかし、他にもメジャーな果物がある中で、キウイフルーツを手にとる頻度はどれぐらいだろう?

[16:00 6/19]

キウイフルーツの生産地・ニュージーランドを訪ねて

「キウイフルーツってすっぱくて苦手」。昨年、ゼスプリ インターナショナル ジャパン主催のメディアセミナーに参加してキウイフルーツの健康効果を知った筆者が、家族などに勧めていたときによく返された言葉だ。一度でもすっぱい果実にあたると、そういうイメージがついてしまう。

[13:39 6/16]

近江野菜たっぷり! 滋賀・南草津で「美×健康」がテーマのビアテラス開催

インデンスタイルが運営する「SORA TERRACEソラテラス ファーム&グリル」(滋賀県草津市)は7月1日、夏季限定のビアテラス「SORA BBQ TERRACE2017~近江野菜たっぷりのBBQテラス~」を開催する。同企画のテーマは、「美×健康」。徹底的に女性目線にこだわったメニューで、大人の女性の美と健康をサポートする内容になっているという。

[16:19 6/15]

食事で生理痛対策! 生理中に摂りたい食品と避けたい食品

普段は元気な女性も、生理になると生理痛がつらかったり、体が冷えたり、貧血気味になってふらついたりと、何かと不調を感じるものです。少しでも体調を改善して快適に過ごすために、生理中の食生活を見直してみませんか? 生理中に多い悩み別に、積極的に摂りたい食品と避けた方がいい食品を紹介します。

[16:00 6/15]

"ぽっこりお腹"の解消に効果的な日本原産のスーパー野菜とは?

皆さんは、夏野菜の「明日葉(アシタバ)」を食べたことがあるだろうか。明日葉は健康効果が実証されている野菜で、"ぽっこりお腹"の解消に効果があるという。温暖な沿岸地に自生する日本原産のセリ科の植物で、関東地方から紀伊半島あたりまでの太平洋沿岸に自生している。

[15:36 6/14]

ジョナサン、「夏野菜をたのしむ国産牛と鹿児島黒豚」フェア開催

すかいらーくが展開するジョナサンはこのほど、「夏野菜をたのしむ国産牛と鹿児島黒豚」フェアを開始した(一部店舗を除く)。同フェアでは、国産牛と鹿児島産黒豚のひき肉をブレンドしたハンバーグや、トマト・ナス・ミョウガ・オクラなどを使用した夏野菜メニューを提供する。

[10:28 6/9]

居酒屋NIJYU-MARUが、乳酸菌100億個を使用した唐揚げなど健康メニュー発売

コロワイドMDは6月6日、「居酒屋NIJYU-MARU」にて「機能性居酒屋メニュー」を発売する。「米粉塩唐揚げ」(599円)は、乳酸菌100億個を使用して揚げた唐揚げ。「豆腐麺の冷やしラー油そば」(499円)は、食物繊維が豊富で、低糖類・良質タンパク質の豆腐麺を使用している。

[12:31 6/5]

猛暑対策に! 沖縄産海水塩を使用した「ピュレグミ ソルティライチ」発売

カンロは6月6日、「ピュレグミ ソルティライチ」を発売する。「ソルティライチ」は夏限定のフレーバーで、ライチ果汁と沖縄産海水塩を使用している。ジューシーなライチ味に塩味をほんのり効かせたさわやかな味わいであるという。

[11:59 6/5]

糖質制限はもう古い? 太らない糖質の摂り方を管理栄養士が伝授

ゼスプリ インターナショナルジャパンはこのほど、キウイフルーツの栄養や健康に関する情報提供活動の一環としてプレスセミナーを開催。同セミナーでは、臨床栄養実践協会 理事長を務める管理栄養士の足立香代子氏が登壇し、「栄養のプロが教える『食べ方改革』」をテーマに講演を行った。

[17:00 6/2]

週に1~2日の「肉断ち日」を設ければ、肥満リスクが4割カット!?

大好きな食べ物に肉をあげる人は多い。牛、豚、鶏などの肉類を私たちは日々、貴重な動物性たんぱく質として摂取しているが、お肉は食べすぎるとカロリー過多になるという問題がある。それでも、週に1~2回ほど休肝日ならぬ「休肉日」を設ければ肥満リスクを回避できる可能性が高まるかもしれない。

[11:26 5/31]

栄養 バックナンバー

2017年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (ヘルスケア>ダイエット>栄養)

栄養 トップへ
食事から得られる栄養が体に及ぼすメリット・デメリットなどに関する記事を紹介。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事