「ガン」最新記事一覧

ガンに関する調査記事や研究発表記事などを掲載。

関連キーワード

ヘッドライン

自然豊かな田舎に住めば、ガン生存率が高まるとの研究が報告される

東京への人口一極集中が叫ばれて久しいが、中には都会の喧騒を離れ、自分の生まれ育った地方やなじみのある地へと移住する人たちもいる。都会には都会の、そして田舎には田舎の魅力がそれぞれあるわけだが、「田舎パワー」には思わぬ健康面でのメリットがあるのかもしれない。

[10:41 6/22]

コーヒー好きに朗報! 一日5杯飲めば肝臓ガンリスクが最大で半減するかも?

コーヒー党は日本人にも多い。近年はコンビニエンスストアでも本格派のコーヒーが100円台で購入できるようになり、自宅でコーヒーミルを用いてこだわりの1杯を楽しむ人もでてきた。おいしいコーヒーを飲める環境は以前よりはるかに整っていると言ってよい。

[11:42 6/16]

金沢大、胃の修復と再生に必要な組織幹細胞を発見 - 胃がん発生にも関与

金沢大学は6月15日、傷ついた胃の修復と再生に必要な組織幹細胞を発見したと発表した。これらの幹細胞でがん遺伝子が働く結果、胃がんが発生することも明らかになっている。

[15:21 6/15]

厚生労働省が都道府県別死亡率公表 - 青森県が男女とも1位、最も低いのは?

厚生労働省は6月14日、「平成27年都道府県別年齢調整死亡率の概況」を公表した。人口動態統計をもとに国勢調査がある5年ごとに算出しており、今回が12回目となる。年齢構成をそろえた場合の人口10万人あたりの死亡数がわかる仕組みとなっており、男女ともに青森県が最も高い死亡数となっていた。

[10:32 6/15]

特定疾病と重大疾病は一緒? 紛らわしい保険用語をFPが解説

保険選びで失敗しないためには、数社の保険会社からパンフレットを取り寄せて比較するのがいいと言われます。でも、それぞれに違う言葉が使われている割には、保障内容は同じような気がすることもあって、混同してしまう人もいるのではないでしょうか?

[10:23 6/9]

WHO、毎年700万人がタバコによって命を落としていると発表

世界保健機関(WHO)はこのほど、禁煙によって数百万人がタバコ関連の疾病や死から逃れることができ、大規模な環境破壊を減らせるとした報告書を公表した。

[15:26 6/8]

金沢大、高速原子間力顕微鏡で大腸がん細胞の核膜孔の動きを観察

金沢大学は5月31日、原子間力顕微鏡を用いて、大腸がん細胞の核の表面に存在する核膜孔の可視化、および抗がん剤として期待される薬剤による核膜孔の変化をビデオ撮影することに成功したと発表した。

[16:41 5/31]

アーモンドは偉大! ナッツ類が腸ガンの生存率上昇に寄与するとの研究が発表

ビールのおつまみやちょっとしたおやつなどで重宝するミックスナッツの中には、アーモンドやクルミなどが含まれている。近年、こういった種実類が健康に寄与していることがさまざまな研究で明らかになっているが、今回は腸ガンへの有効性が示唆される研究が発表された。

[10:12 5/30]

国立がん研、肉類を摂取する「欧米型食事」でも死亡リスク減少と報告

国立がん研究センターはこのほど、食事パターンと死亡リスクとの関連について明らかにした。同センターでは、さまざまな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防と健康寿命の延伸に役立てるための多目的コホート研究を行っている。

[16:07 5/26]

日立、若年層向けの「痛くない」乳がん検診装置を発表

日立製作所は、簡便・無痛・高精度な乳がん検診を実現する超音波計測技術を開発した。

[18:10 5/24]

ワインや肉との関連性は? ガンと食生活にまつわる"神話"を栄養士が検証

私たちの体は、私たちが食べたものによって構成されていると言っても過言ではない。鉄が欠乏すれば貧血に、ビタミンが不足すれば免疫力の低下につながると言われるなど、毎日の食事が健康に及ぼす影響は大きい。それだけに、日々の食事を通じて自身の体調をきちんと管理することが、賢い健康術と言えよう。

[11:17 5/18]

自転車通勤で心臓病&ガンの罹患リスクが大幅に低減との研究が報告

満員電車に揺られての会社と自宅の往復がしんどいと思っている会社員は多いはずだ。通勤・帰宅時のラッシュを避ける方法としては、「電車に乗る時間を変更する」「住んでいる地域を変更する」「通勤手段そのものを変更する」などがある。そして通勤手段そのものを電車から変更する場合は、自転車を選ぶのがいいようだ。

[10:12 5/12]

チーズが長寿に寄与する可能性を示唆した研究が報告

チーズが好きな人は多い。市販されているプロセスチーズはそのまま食べてもおいしいし、パルメザンチーズはさまざまな料理のアクセントに使える。あらゆる食事シーンで活躍するチーズだが、実は摂取することで思わぬ"恩恵"を私たちは得られているのかもしれない。

[11:09 5/10]

がん患者に最適なセカンドオピニオンを案内・予約する新サービス開始

ジェイマックシステムは5月10日、簡単に最適な「セカンドオピニオン」を探すことのできる新サービス「セカンドオピニオンアドバイザー」の提供を開始する。患者ががんと診断された病院から紹介状、撮影した検査画像、検査データを代わりに取り寄せ、専門医が改めて検査画像などを読影し、患者の病状に適したセカンドオピニオンを案内する。

[13:18 5/9]

国がん、MLL遺伝子変異を伴う急性白血病の分子メカニズムを解明

国立がん研究センター(国がん)と京都大学(京大)は4月27日、MLL遺伝子変異を伴う急性白血病について、がん化を引き起こすメカニズムを分子レベルで解明し、分子標的薬2剤による併用療法で高い抗腫瘍効果が期待できることを実験的に証明したと発表した。

[18:09 4/27]

東京工科大、がん細胞にアポトーシスを誘導する人工核酸を発見

東京工科大学は4月27日、プログラムされた細胞死「アポトーシス」をがん細胞に誘導する新しい核酸の創製に成功したと発表した。

[18:07 4/27]

神奈川がんセンター、新しい中皮腫がんマーカー「シアル化HEG1」を発見

神奈川県立がんセンターは4月26日、中皮腫の的確な診断に有用な新しい中皮腫がんマーカーを発見したと発表した。

[15:37 4/27]

ナノ薬剤送達治療システムと重粒子線治療で高いがん治療効果 - 量研機構

量子科学技術研究開発機構(量研機構)は4月26日、多機能のナノ薬剤送達治療システムを開発し、薬剤の放出をMRIで高精度に観察するとともに、重粒子線治療との併用により治療効果が向上することをモデルマウスで確認したと発表した。

[17:40 4/26]

正常細胞に囲まれた変異細胞では2つの代謝変化が生じている - 北大

北海道大学(北大)は4月18日、がんの超初期段階で生じる代謝変化を解明したと発表した。

[17:18 4/18]

尿を用いた安価・高精度のがん検査-日立とヒロツバイオが共同研究

日立製作所とHIROTSUバイオサイエンスは18日、線虫によるがん検査の実用化に向けた共同研究開発契約を締結したことを発表した。ヒロツバイオの線虫がん検査法「N-NOSE」の実用化に向けて、日立が新規開発した線虫がん検査自動解析技術を活用した検査の自動化について、共同研究を進める。

[16:30 4/18]

乳がんは肝臓の遺伝子発現の概日リズムを乱す - ATRがマウスで発見

科学技術振興機構(JST)と国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は4月6日、乳がんが肝臓の遺伝子発現の概日リズムを乱すことをマウスで発見したと発表した。

[16:29 4/7]

京大、EGFR変異陽性肺がんに対するオシメルチニブ耐性克服療法を発見

京都大学(京大)は4月3日、肺がん治療に効果のあるオシメルチニブに耐性となった細胞に対して、現在ALK阻害薬として開発が進んでいるブリガチニブが有効であることを発見したと発表した。

[18:29 4/4]

がん治療の医療負担額、半数は月額5万円以上 - 月額20万円以上の人も

楽天リサーチはこのほど、「『がん』治療に関する調査」の結果を発表した。同調査は2017年2月、ここ半年間に「がん」で医師の治療を受けた20~60代男女1,066人を対象にインターネットで実施したもの。ここ半年間に治療を受けた、がんの種類について尋ねたところ、「乳がん」「大腸がん」「前立腺がん」「胃がん」が多かった。

[14:50 4/4]

慶大、がん幹細胞の詳細な機能解析に成功 - ヒト大腸がん細胞の動態可視化で

慶應義塾大学(慶大)は3月31日、がん幹細胞の詳細な機能の解析と、がん幹細胞を標的とした治療モデルの開発に成功したと発表した。

[17:03 4/3]

京大、ヒト多能性幹細胞に適した環境を見出す細胞培養デバイスを開発

京都大学(京大)は3月17日、ヒトES/iPS細胞から機能的な組織を作製するプロセス開発に向け、多種類の細胞環境を集積したデバイスを開発したことを発表した。同成果は、京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)の陳勇 特定拠点教授、同 亀井謙一郎 特定准教授、東京工業大学の眞下泰正 助教らによるもの。詳細は独科学誌「Small」に掲載された。

[20:40 3/17]

がんや心臓病、脳卒中を予防できる可能性を秘めた野菜や果物って?

「野菜や果物を食べると体に良い」ということは広く知られている。 厚生労働省が推進する健康作り運動「健康日本21」では成人の一日あたりの野菜の平均摂取量の目標値を350gに定めており、野菜を食べることを国民に促している。

[11:20 3/16]

血液検査のみでEBウィルス関連胃がんの検出が可能に - 京都府立医大など

京都府立医科大学などは3月14日、血液中の遊離DNAを用いて解析するリキッドバイオプシー(液体生検)技術により、血液検査のみでEBウィルス関連胃がんの検出を可能にする方法を開発したと発表した。

[14:36 3/15]

がん患者の73%が「子どもにがんであることを伝えた」 - その後の変化は?

メディリードとキャンサーペアレンツはこのほど、「がんに関するコミュニケーション実態調査」の結果を発表した。同調査は2016年12月、34都道府県に住む30~60代のがん患者133人を対象にインターネットで実施したもの。

[12:59 3/9]

九大、がん組織の温度に応答して薬剤分子を集める仕組み - DDSの課題解決へ

九州大学(九大)などは3月8日、がん組織の温度に応答して薬剤分子を集める仕組みを開発したと発表した。

[15:04 3/8]

持病があっても入りやすい限定告知型保険って何?

一般的に保険に加入する際は、医師の診査や健康状態の告知をしなければなりません。しかし、既往歴や持病などで身体に不安がある人にとっては、健康上のデリケートな質問に保険加入への"壁"を感じることがあるかもしれません。

[11:26 3/8]

ガン バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2007年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (ヘルスケア>体調管理>ガン)

ガン トップへ
ガンに関する調査記事や研究発表記事などを掲載。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事