「ガン」最新記事一覧

ガンに関する調査記事や研究発表記事などを掲載。

関連キーワード

ヘッドライン

京大、ヒト多能性幹細胞に適した環境を見出す細胞培養デバイスを開発

京都大学(京大)は3月17日、ヒトES/iPS細胞から機能的な組織を作製するプロセス開発に向け、多種類の細胞環境を集積したデバイスを開発したことを発表した。同成果は、京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)の陳勇 特定拠点教授、同 亀井謙一郎 特定准教授、東京工業大学の眞下泰正 助教らによるもの。詳細は独科学誌「Small」に掲載された。

[20:40 3/17]

がんや心臓病、脳卒中を予防できる可能性を秘めた野菜や果物って?

「野菜や果物を食べると体に良い」ということは広く知られている。 厚生労働省が推進する健康作り運動「健康日本21」では成人の一日あたりの野菜の平均摂取量の目標値を350gに定めており、野菜を食べることを国民に促している。

[11:20 3/16]

血液検査のみでEBウィルス関連胃がんの検出が可能に - 京都府立医大など

京都府立医科大学などは3月14日、血液中の遊離DNAを用いて解析するリキッドバイオプシー(液体生検)技術により、血液検査のみでEBウィルス関連胃がんの検出を可能にする方法を開発したと発表した。

[14:36 3/15]

がん患者の73%が「子どもにがんであることを伝えた」 - その後の変化は?

メディリードとキャンサーペアレンツはこのほど、「がんに関するコミュニケーション実態調査」の結果を発表した。同調査は2016年12月、34都道府県に住む30~60代のがん患者133人を対象にインターネットで実施したもの。

[12:59 3/9]

九大、がん組織の温度に応答して薬剤分子を集める仕組み - DDSの課題解決へ

九州大学(九大)などは3月8日、がん組織の温度に応答して薬剤分子を集める仕組みを開発したと発表した。

[15:04 3/8]

持病があっても入りやすい限定告知型保険って何?

一般的に保険に加入する際は、医師の診査や健康状態の告知をしなければなりません。しかし、既往歴や持病などで身体に不安がある人にとっては、健康上のデリケートな質問に保険加入への"壁"を感じることがあるかもしれません。

[11:26 3/8]

乳がん治療中は妊娠できない…! 治療前の「卵子凍結保存」という選択肢

日本人女性にとって最もかかりやすいがんである「乳がん」。早期発見ができれば根治も期待できるといわれているが、再発・転移を防ぐためには、治療に長い年月を要することも多い。

[07:00 3/6]

NAIST、がん増殖を引き起こすタンパク質Sin1の構造を解明

奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)は3月2日、がん増殖を引き起こすタンパク質Sin1の構造を明らかにしたと発表した。

[16:20 3/3]

東京工科大、ゲノムのメチル化レベルを測定する新たながん診断手法を開発

東京工科大学は2月27日、がんの診断に有益なゲノムのメチル化レベルを簡便に測定する新たな方法の開発に成功したと発表した。

[16:16 3/3]

乳がんはどの部位に転移しやすいのか? - 皮膚転移・骨転移の症状とは

厚生労働省の発表(2012年)によると、乳がんは日本人女性の11人に1人が罹患(りかん)する病気だ。乳がんの根治を目指すには、検診による早期発見のほか、全身治療で再発・転移を防ぐことも重要となる。

[12:30 3/3]

酸性環境での腫瘍の悪性化にはコレステロール代謝制御タンパク質が寄与 - 東大

東京大学(東大)は3月1日、酸性環境の腫瘍組織において、コレステロール代謝を制御するタンパク質が活性化し種々の代謝酵素の発現を変化させることで、腫瘍増殖および患者予後に関与することを明らかにしたと発表した。

[11:53 3/3]

職場に婦人科検診を受けられる制度はありますか?

エムティーアイ運営の健康情報サービス「ルナルナ」はこのほど、シンクパールと共同で実施した「職場での婦人科検診制度について」の調査結果を発表した。同調査は2月18・19日、20~50代以上の女性1万1,676名を対象にインターネットで実施したもの。

[19:50 3/2]

がん患者の相談相手、男性が多いのは「医師」 - 女性は誰に相談する?

メディリードはこのほど、キャンサーペアレンツとともに実施した「がん患者のコミュニケーション実態調査」の結果を明らかにした。同調査は2016年12月、34都道府県に住む30~64歳の男女133人を対象にインターネットで実施したもの。

[10:41 3/2]

国がん、卵巣がんの治療を困難にする腹膜播種性転移のメカニズムを解明

国立がん研究センター(国がん)と名古屋大学は2月28日、卵巣から腹腔内を覆う腹膜にばらまかれたように広がる卵巣がん細胞の腹膜播種による転移のメカニズムを解明したと発表した。

[10:00 3/2]

宇多田ヒカルがツイートした「豊胸してるとマンモできない」 - 本当なの?

乳がん検診では、視・触診、超音波検査のほかに、乳房をX線で撮影する「マンモグラフィー」という検査が行われる。このマンモグラフィーについて、先日、歌手の宇多田ヒカルさんがツイートして話題となった。

[11:30 3/1]

東工大、アフリカツメガエルから新たながん抑制機構の候補を発見

東京工業大学(東工大)は2月22日、アフリカツメガエルから新たながん抑制戦略を発見したと発表した。

[03:05 2/28]

肝がん特異的変異遺伝子ARID2による発がんメカニズムが明らかに - TMDU

東京医科歯科大学(TMDU)は2月27日、肝がん特異的変異遺伝子ARID2による発がんメカニズムを解明したと発表した。

[17:56 2/27]

がん治療中もキレイを諦めない! 女性がん患者を支えるアピアランスケアとは

メディカルメイクアップアソシエーションはこのほど、メディアセミナー「患者さんの外見の悩みに寄り添う『アピアランスケア』」を開催した。

[12:00 2/17]

国がん、5年・10年相対生存率公開 - ステージ1膵がんの5年生存率は41%

国立がん研究センターの研究開発費に基づく研究班「わが国におけるがん登録の整備に関する研究」は2月16日、加盟施設での診断治療症例について部位別5年相対生存率、10年相対生存率を集計し、全がん協ホームページで一般公開した。

[13:05 2/16]

社会的孤独は疾患リスクを高めることが研究で示唆される

あなたは、「皆でワイワイ過ごすのが好きな人」と「一人で自分の時間を満喫するのが好きな人」のどちらに該当するだろうか。「どちらも当てはまる」と回答する人や、「時と場合による」という人もいるだろう。

[10:37 2/16]

東大、血管新生の3次元構造の変化をライブ観察することに成功

東京大学(東大)は2月10日、微小な血管モデルをマイクロチップ上に作製し、既存血管から新しい血管が枝分かれし伸びる現象(血管新生)を3次元的に生きたまま観察することに成功したと発表した。

[08:00 2/15]

東京農工大、小細胞肺がんの診断と治療薬の合成を同時に行うシステムを開発

東京農工大学は2月10日、DNAを用いて情報処理を行う「DNAコンピューティング技術」と一分子のDNAを検出できる「ナノポア」を用いて、がんの診断と治療薬の合成を同時に行うシステムを開発したと発表した。

[06:30 2/15]

がんの化学療法による「外見の変化」、日常生活に与える影響は?

メディカルメイクアップアソシエーションはこのほど、「がん患者と一般生活者のがん治療における見た目の悩みに関する意識調査」の結果を発表した。同調査は2017年1月、がん化学療法経験者515名と一般生活者520名を対象に、インターネットで実施したもの。

[11:35 2/13]

脳リンパ腫の5年生存率や検査・治療方法を脳神経外科医が解説

頭痛やマヒなど、さまざまなパターンの症状がある脳腫瘍の一種・脳リンパ腫。万一疾患が疑われる場合は病院での精密検査が必要となる。一体、どのような種類の検査があり、それぞれにどのような特徴があるのだろうか。

[10:22 2/10]

がん幹細胞は光線力学診断薬による検出を免れる特性がある - TMDUと東工大

東京医科歯科大学(TMDU)と東京工業大学(東工大)は2月8日、悪性脳腫瘍などの手術時に頻用される光線力学診断薬「5-ALA」によるがん幹細胞の検出を、がん幹細胞が免れる仕組みを備えていることを明らかにしたと発表した。

[07:30 2/10]

頭痛や視力低下も! 脳リンパ腫の症状と原因を専門医が解説

映画やバラエティーなどで活躍した俳優・松方弘樹さんが2017年1月、脳リンパ腫のために逝去された。脳リンパ腫は脳腫瘍の中でもかなりまれな病であり、松方さんのニュースを通じてその疾患名を知ったという人も少なくないだろう。

[11:16 2/9]

資生堂、がん治療中の外見変化に悩む男性に向けた小冊子を発行

資生堂はこのほど、がん治療中の男性を対象に向けた小冊子『がん患者さんのための外見ケアBOOK 男性用』を発行した。

[09:00 2/5]

人工知能×論文でがん患者の個別化医療を支援する共同研究-がん研究会ら

がん研究会、がん研究所、FRONTEOヘルスケアは31日、ゲノム解析と人工知能といった先端技術を用いて、個別化医療をさらに推し進め「がんプレシジョン医療」を実現するシステムの開発に向けた共同研究を開始した。

[07:00 2/1]

国がんと協和発酵キリン、抗がん剤創出などで包括的研究提携契約を締結

国立がん研究センターと協和発酵キリンは1月31日、優れた抗がん剤創出およびバイオマーカー探索を目指した研究推進に向け、包括的研究提携契約を締結したと発表した。

[17:45 1/31]

メタボ・高血圧・痔になったことは? - 50代男性が経験したことのある病気

50代男性ともなれば、経験している病気も少なくないはずだ。健康診断がきっかけで見つかることもあれば、ある日突然の激痛や異変で病気が判明することも……。

[07:00 1/31]

ガン バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2007年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (ヘルスケア>体調管理>ガン)

ガン トップへ
ガンに関する調査記事や研究発表記事などを掲載。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事