「ガン」最新記事一覧

ガンに関する調査記事や研究発表記事などを掲載。

関連キーワード

ヘッドライン

死に至る症例も! 便秘が招く病気の恐怖と自分でできる対策を医師に聞く

便秘に悩む日本人は多い。厚生労働省が発表している「平成25年国民生活基礎調査の概況」によると、日本人の人口1,000人あたりの患者数は男性が26人、女性が48・7人となっており、女性の場合は20人に1人が便秘で悩んでいる計算になる。「何日も便が出ない」「お腹が痛い」などの症状に悩まされつつも、仕事や家事・育児が忙しくて便秘をそのまま放置している人も少なくないだろう。

[10:18 9/12]

がん治療臨床医らが考案したレシピが満載の本が発売

光文社はこのほど、『免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ』を発売した。同書では、がん治療臨床医である古川健司氏と、糖質制限レシピの第一人者と称される麻生れいみ氏が考案した「抗がんサポートレシピ」を紹介している。「ケトン体」を効果的に産生でき、家庭でも手軽に調理できるピザやハンバーグ、カレー、お好み焼きなどボリュームたっぷりのレシピを60品掲載した。

[16:22 9/4]

胃がんと診断された際に知っておきたい情報がつまったムック本が発売

朝日新聞出版は8月22日、週刊朝日ムック「よくわかる! がん最新治療シリーズ」の第3弾『胃がんと診断されました』を刊行する。同書は胃がんと診断された人や、「疑いがある」と言われた人を対象にしたムック。胃がんは、日本において大腸がんに続き、2番目に罹患者数の多いがんで、1年間に約13万3,900人が胃がんと診断されているという。

[17:00 8/21]

がんと診断された女性が治療と就労を両立できた理由は?

アデコはこのほど、「働く女性におけるがん治療と仕事と両立」に関する調査結果を明らかにした。同調査は7月21日~31日、何らかの形で就業している20~50代の女性200人および企業の人事担当者596人を対象に、インターネットで実施したもの。がんと診断されて不安になったことについて尋ねたところ、56.5%が「仕事への影響」と回答した。

[15:38 8/18]

ライフネット生命、治療費と罹患後の収入減を支援する「ダブルエール」発売

ライフネット生命保険はこのほど、「ライフネットのがん保険 ダブルエール」を発売した。同商品は、がん罹患者の声を聞きながら開発したがん保険。約75%のがん罹患者が、がんと診断された後も、退職せずに働きながら治療を続けているという現状を考慮したものであるとのこと。

[10:45 8/2]

中村獅童が経験した肺腺がんの原因や肺がんとの違いを専門医に聞く

今年5月に初期の肺腺(はいせん)がんを患っていることを明らかにした歌舞伎俳優・中村獅童さんがこのほど、11月に全国を巡演する松竹大歌舞伎で舞台に復帰する予定だと発表した。体調も順調に回復しているそうで、元気そうな姿を見てほっと胸をなでおろしたファンも少なくないはずだ。

[10:18 8/1]

口は命の入り口です 第11回 口内炎と見間違える可能性もある口腔がんの恐怖

日本における死因の第1位は、がん(悪性腫瘍)で約37万人です。胃がんや肺がん、さらに女性に多いがんとして有名な乳がんなど、さまざまな部位で発病するがんですが、実は舌や歯肉など口の中にもがんができることをご存じでしょうか? 口の中にできるがんは早期発見・治療できる方もいれば、なかなか治らない口内炎や歯周炎だと違いして、がんを悪化させてしまう方もいます。

[11:23 7/27]

日立×アフラック、がんの早期発見や早期治療社会をめざした協創を開始

日立製作所(日立)とアフラックは、がんの早期発見・早期治療社会の構築に向けた協創を開始することを発表した。日立が有する尿中代謝物によるがんの識別技術の活用方法、およびがんの早期発見・早期治療を促進する新しい保険商品・サービスの創出に向けた検討を行うことで、より健康で豊かな社会への貢献をめざす。

[10:52 7/27]

AIで皮膚がんなどの診断を可能とするシステム-KCCSなどが開発を開始

京セラコミュニケーションシステム(KCSS)と筑波大学は7月26日、AI(人工知能)を活用した画像認識による医師向けの業界標準となる皮膚疾患診断サポートシステムの実用化を目指し、共同研究を開始したと発表した。

[16:35 7/26]

子宮頚部異形成の各ステージから子宮頚がんへ移行する確率を医師が解説

女性特有のがんの一つである子宮頚がん。その名称を聞いたことがある人は多いだろうが、「子宮頚部異形成」という言葉を耳にしたことがある人となると、一気にその数は減るのではないだろうか。実はこの子宮頚部異形成は、子宮頚がんの手前の段階にあたる。

[10:56 7/25]

東大発のiPS細胞由来の若返り抗原特異的T細胞の基本特許が国内で成立

東京大学(東大)とブライトパス・バイオは7月24日、東大医科学研究所の中内啓光 教授らの研究成果から生まれた、iPS細胞由来の「抗原特異的T細胞の製造方法」が、日本国内において特許を取得したと発表した。

[07:00 7/25]

AIで大腸がんおよびポリープを98%検出するシステム開発 - 国がん・NEC

国立がん研究センターとNECは7月10日、人工知能(AI)を活用し、大腸がん、および前がん病変(大腸腫瘍性ポリープ)を内視鏡検査時にリアルタイムで発見するシステムの開発に成功したと発表した。

[19:08 7/10]

マウス透明化で1細胞レベルのがん微小転移を解析できる技術 - 東大

東京大学(東大)などは7月6日、マウス個体の全身・全臓器に存在するがん微小転移を1細胞レベルの解像度で解析することを可能にする技術を開発したと発表した。

[16:17 7/7]

糖尿病だけじゃない! 「血糖値スパイク」は心の病を引き起こすことが判明

青春出版社はこのほど、溝口徹・著の新刊『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』を発売した。同書の著者である溝口医師は、栄養療法(オーソモレキュラー療法)を専門とする「新宿溝口クリニック」を、東京都新宿区に開設している。栄養療法とは、血液検査でそれぞれの体内栄養状態を分析し、その人に合った食事指導、サプリメントの処方を行うことで、根本的な治療を行うという治療方法であるという。

[11:31 6/30]

肝硬変を予防するためにはコーヒーとハーブティーを飲むべきかも!?

肝炎ウイルスや多量のアルコール摂取などで罹患することが知られている肝硬変。腹水、黄疸といった症状が出てくるほか、食道静脈瘤や胃静脈瘤といった合併症を起こしたり、肝がんにつながったりする恐れもあり、場合によっては命を落とすこともある。

[10:21 6/30]

やっぱり玉ねぎはすごい? ガンへの有効性を示唆する研究が複数報告

「玉ねぎ=体によい食材」というイメージを抱く人は多いはずだ。これまでもテレビなどの各種メディアで、玉ねぎ摂取のメリットが幾度となく紹介されている。そんな「健康食材」である玉ねぎの地位をさらに揺るぎないものにしそうな研究が先般発表された。

[10:26 6/29]

自然豊かな田舎に住めば、ガン生存率が高まるとの研究が報告される

東京への人口一極集中が叫ばれて久しいが、中には都会の喧騒を離れ、自分の生まれ育った地方やなじみのある地へと移住する人たちもいる。都会には都会の、そして田舎には田舎の魅力がそれぞれあるわけだが、「田舎パワー」には思わぬ健康面でのメリットがあるのかもしれない。

[10:41 6/22]

コーヒー好きに朗報! 一日5杯飲めば肝臓ガンリスクが最大で半減するかも?

コーヒー党は日本人にも多い。近年はコンビニエンスストアでも本格派のコーヒーが100円台で購入できるようになり、自宅でコーヒーミルを用いてこだわりの1杯を楽しむ人もでてきた。おいしいコーヒーを飲める環境は以前よりはるかに整っていると言ってよい。

[11:42 6/16]

金沢大、胃の修復と再生に必要な組織幹細胞を発見 - 胃がん発生にも関与

金沢大学は6月15日、傷ついた胃の修復と再生に必要な組織幹細胞を発見したと発表した。これらの幹細胞でがん遺伝子が働く結果、胃がんが発生することも明らかになっている。

[15:21 6/15]

厚生労働省が都道府県別死亡率公表 - 青森県が男女とも1位、最も低いのは?

厚生労働省は6月14日、「平成27年都道府県別年齢調整死亡率の概況」を公表した。人口動態統計をもとに国勢調査がある5年ごとに算出しており、今回が12回目となる。年齢構成をそろえた場合の人口10万人あたりの死亡数がわかる仕組みとなっており、男女ともに青森県が最も高い死亡数となっていた。

[10:32 6/15]

特定疾病と重大疾病は一緒? 紛らわしい保険用語をFPが解説

保険選びで失敗しないためには、数社の保険会社からパンフレットを取り寄せて比較するのがいいと言われます。でも、それぞれに違う言葉が使われている割には、保障内容は同じような気がすることもあって、混同してしまう人もいるのではないでしょうか?

[10:23 6/9]

WHO、毎年700万人がタバコによって命を落としていると発表

世界保健機関(WHO)はこのほど、禁煙によって数百万人がタバコ関連の疾病や死から逃れることができ、大規模な環境破壊を減らせるとした報告書を公表した。

[15:26 6/8]

金沢大、高速原子間力顕微鏡で大腸がん細胞の核膜孔の動きを観察

金沢大学は5月31日、原子間力顕微鏡を用いて、大腸がん細胞の核の表面に存在する核膜孔の可視化、および抗がん剤として期待される薬剤による核膜孔の変化をビデオ撮影することに成功したと発表した。

[16:41 5/31]

アーモンドは偉大! ナッツ類が腸ガンの生存率上昇に寄与するとの研究が発表

ビールのおつまみやちょっとしたおやつなどで重宝するミックスナッツの中には、アーモンドやクルミなどが含まれている。近年、こういった種実類が健康に寄与していることがさまざまな研究で明らかになっているが、今回は腸ガンへの有効性が示唆される研究が発表された。

[10:12 5/30]

国立がん研、肉類を摂取する「欧米型食事」でも死亡リスク減少と報告

国立がん研究センターはこのほど、食事パターンと死亡リスクとの関連について明らかにした。同センターでは、さまざまな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防と健康寿命の延伸に役立てるための多目的コホート研究を行っている。

[16:07 5/26]

日立、若年層向けの「痛くない」乳がん検診装置を発表

日立製作所は、簡便・無痛・高精度な乳がん検診を実現する超音波計測技術を開発した。

[18:10 5/24]

ワインや肉との関連性は? ガンと食生活にまつわる"神話"を栄養士が検証

私たちの体は、私たちが食べたものによって構成されていると言っても過言ではない。鉄が欠乏すれば貧血に、ビタミンが不足すれば免疫力の低下につながると言われるなど、毎日の食事が健康に及ぼす影響は大きい。それだけに、日々の食事を通じて自身の体調をきちんと管理することが、賢い健康術と言えよう。

[11:17 5/18]

自転車通勤で心臓病&ガンの罹患リスクが大幅に低減との研究が報告

満員電車に揺られての会社と自宅の往復がしんどいと思っている会社員は多いはずだ。通勤・帰宅時のラッシュを避ける方法としては、「電車に乗る時間を変更する」「住んでいる地域を変更する」「通勤手段そのものを変更する」などがある。そして通勤手段そのものを電車から変更する場合は、自転車を選ぶのがいいようだ。

[10:12 5/12]

チーズが長寿に寄与する可能性を示唆した研究が報告

チーズが好きな人は多い。市販されているプロセスチーズはそのまま食べてもおいしいし、パルメザンチーズはさまざまな料理のアクセントに使える。あらゆる食事シーンで活躍するチーズだが、実は摂取することで思わぬ"恩恵"を私たちは得られているのかもしれない。

[11:09 5/10]

がん患者に最適なセカンドオピニオンを案内・予約する新サービス開始

ジェイマックシステムは5月10日、簡単に最適な「セカンドオピニオン」を探すことのできる新サービス「セカンドオピニオンアドバイザー」の提供を開始する。患者ががんと診断された病院から紹介状、撮影した検査画像、検査データを代わりに取り寄せ、専門医が改めて検査画像などを読影し、患者の病状に適したセカンドオピニオンを案内する。

[13:18 5/9]

ガン バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2007年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (ヘルスケア>体調管理>ガン)

ガン トップへ
ガンに関する調査記事や研究発表記事などを掲載。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事