【2024年2月】レンタルWiFiおすすめ10社!無制限・レンタルできるポケット型WiFi・モバイルWiFi | マイナビニュース インターネット比較
PR

【2024年2月】レンタルWiFiおすすめ10社!無制限・レンタルできるポケット型WiFi・モバイルWiFi

ポケット型WiFi レンタル ポケット型WiFi・モバイルWiFi
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WiFiレンタルは、一時的なインターネット利用に応じる便利なサービスです。

特に入院中や新居への引っ越し、すぐにポケット型WiFiが必要な場所で急遽インターネット接続を必要とするシチュエーションでは重宝します。

ただ、どのサービスが迅速に配送でき、無制限プランを提供しているかなど、選び方が多く判断が難しいものです。

このため、マイナビインターネット比較では国内WiFiレンタルサービス10社集めて、通信速度、手軽さ、料金が安いかどうかという3つの主要ポイントで比較し、優れたおすすめサービスを人気ランキングでご紹介。

また、詳細なレビューを通じて、最適なWiFiレンタル選びのアドバイスも提供します。

次回よりWi-Fiのレンタルを検討する際には、これらのポイントを参考にして最良の選択を行ってください。

2024年02月01日更新

マイナビインターネット比較のステマ規制への対応

このガイドはマイナビインターネット比較が独立して作成したものです。ECサイトや製品の提供者からの紹介料を受け取ることがありますが、それは製品の選定やコンテンツの評価に影響を与えません。提供者からの直接的な指示に基づく内容には、明確にPRと記載しています。この件についての詳細は、こちらのリンク先で確認できます。

執筆者

マイナビニュース インターネット比較
マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

運営者情報
当サイトの光回線事業者推奨情報は、総務省消費者庁が管理する関連法や公表情報などを参考に作成されています。詳細なコンテンツポリシーや調査の概要については、こちらをご覧ください。(記事執筆ポリシー)
この記事の監修者
小川 正人(Ogawa Masato)

新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。光回線や携帯電話・ポケット型WiFiなどのモバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いからlivedoorの通信サービスメディアサイト「livedoor Choice」に携わる。一時期は光回線を3社、携帯電話を15社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。監修者について(マイベストプロ)

小川 正人(Ogawa Masato)をフォローする
  1. 検証・比較のポイント
    1. ①料金が安いかどうか
    2. ②通信速度は速いかどうか
    3. ③受け渡しがしやすいかどうか
  2. ポケットWiFiレンタルのメリット・デメリットは?
  3. レンタルwifiの利用料金は?(期間別)
  4. ポケット型WiFiレンタルの選び方
    1. 希望期間でWiFiを借りられる会社を探すこと
    2. 用途や日数に合わせてデータ容量を選ぶこと
  5. 通信速度を重視するならエリアに合わせて回線を選ぶこと
    1. 会社ごとの発送・返却のルールを確認しておくこと
    2. 各ポケットWiFiの回線の対応エリアも確認するべき
  6. WiFiレンタル人気ランキングおすすめ10選
    1. おすすめ1位:ソフトバンクGlobal Mobile 501HW
    2. おすすめ1位:グッド・ラック どんなときもWiFi クラウドWi-Fi
    3. おすすめ3位:WiFi東京【SoftBank 501HW 大容量プラン】
    4. おすすめ3位:Wi-Fiレンタル屋さん【SoftBank 601HW 50GB/月】
    5. おすすめ5位:WiFiレンタルどっとこむ【SoftBank E5785 無制限】
    6. おすすめ6位:WiFiレンタル特急便【Galaxy 5G Mobile Wi-Fi】
    7. おすすめ7位:NETAGE【 Speed Wi-Fi 5G X11 無制限】
    8. おすすめ8位:カシモバ【Y!mobile 803ZT 無制限】
    9. おすすめ9位:e-ca【SoftBank T7 無制限】
    10. おすすめ10位:88MOBILE【SoftBank 601HW】
  7. 人気でおすすめWiFiレンタル10のサービスを検証
    1. ①料金が安いかどうか
    2. ②通信速度は速いかどうか
    3. ③受け渡しがしやすいかどうか
  8. WiFiレンタル方法の仕方は?
  9. 長期レンタルするなら縛りなしモバイルルーターを検討すべき
  10. 【おすすめ】WiFiレンタル人気ランキングTOP5

検証・比較のポイント

注目の人気なWiFiレンタル10社を厳選し、それぞれのサービスを詳細に検証して比較しました。

実際の検証の様子へ

①料金が安いかどうか

安い料金で利用者に対し、高い満足度を提供する目安として、「短期レンタルの場合は1日最大350円、長期レンタルの場合は1日最大150円」という基準を設け、この基準に基づき各レンタルサービスを評価しました。

②通信速度は速いかどうか

利用者が高画質の動画視聴や大容量のオンラインゲームのプレイを快適に楽しむために必要な通信速度を満たすサービスを「優れた通信速度」と定義し、それを満たすレンタルサービスの評価を以下の基準で行いました。

③受け渡しがしやすいかどうか

利用者が容易に受け取り、最終使用日まで利用でき、返却も簡単に行えるサービスを「利便性の高い受け渡し」として評価し、その標準を満たすWiFiレンタルサービスの審査を次の手順で実施しました。

すべての検証はマイナビインターネット比較編集部で行っています

※監修を担当した専門家は選択基準のみを提供しており、紹介されている製品やサービスの選定には関与していません。ランキングはマイナビ編集部が独立して行った評価と検証に基づいて作成されています。

ポケットWiFiレンタルのメリット・デメリットは?

WiFiレンタルサービスとは、一時的にインターネット接続が必要な場合に便利です。

例えば、入院中や光回線の開通を待っている間など、短期間だけネットを利用したい時に最適で、固定の契約ではなく手軽に借りられます。

このサービスの大きな利点は、1日単位での短期間レンタルが可能であり、使用したい日数だけ料金を支払えば良いことです。

また、返却は通常、郵便ポストへの投函で完了し、解約金などの追加費用がかかりません。

一方で、長期利用には向いておらず、料金が割高になることがデメリットとしてあります。

さらに、レンタルされるモバイルルーターの機種が古い場合が多く、最新の契約タイプのモバイルルーターに比べて通信速度が劣ることもありますので注意が必要です。

もし短期間だけでなく、長期的にインターネットを利用したい場合は、様々な光回線サービスをランキング形式で比較し、自分に合った選択をすることをおすすめします。

こうた
こうた

また、スマートフォンのテザリング機能も一時的なインターネット利用の方法もありますが、デバイスのバッテリー消費の早さや、意図しないデータ容量の増加などのデメリットも理解しておくことが重要です。

レンタルwifiの利用料金は?(期間別)

レンタルWiFiの標準的な料金設定は、1泊2日使用で約1,000円、1週間の使用で3,500円程度、そして30泊31日(1ヵ月)の長期使用で7,000円となっています。

加えて、レンタル機器の送受信に必要な送料として、大体1,100円が必要ですので、この追加コストも計画に含める必要があります。

ポケット型WiFiレンタルの選び方

WiFiレンタルを選ぶときは必ずチェックしておきたい「5つのチェックポイント」をご紹介します。

希望期間でWiFiを借りられる会社を探すこと

WiFiのレンタルを検討する際、最初に決定すべきはレンタル期間です。

提供されているプランは、レンタル会社によって異なり、1日単位でのレンタルが可能なものから、最低7日間の利用を条件とするものまで幅広くあります。

短期レンタルに関しては、料金が高めに設定されていることが一般的です。

通常、1日単位のレンタル料金は約400~500円程度が相場とされています。

この範囲を超える料金設定のプランは、費用対効果の面から選択を避けるのが賢明です。

自分の必要なレンタル期間に合った最適なプランを選択することが重要です。

>>ランキングを見る

用途や日数に合わせてデータ容量を選ぶこと

WiFiレンタルサービスでは、プランに応じて提供されるデータ容量が異なるのが一般的です。同一のレンタル会社内でも、異なるプランによって利用可能なデータ量は変わってきます。

そのため、自分の使用目的や必要なデータ量に合わせて適切なプランを選ぶことが肝要です。

とくこ
とくこ

必要以上のデータ容量を提供するプランを選ぶと余分な費用がかかる可能性があるから注意よ!

短期レンタルの場合大容量プランと無制限どちらがお得?

短期間のWiFiレンタルを検討している場合、1泊2日のような期間でも、月間50GBなど大容量のプランが経済的に安く有利なケースが多いです。

これは、たとえ短期利用であっても、月間データ容量を消費し尽くせば、その月の残りの期間は他の顧客にレンタルできなくなるためです。サービス提供側は、月間の利用料金で採算を取るためにこのような価格設定をしています。

一般的には、短期レンタルでは小容量プランが適していると思われがちですが、実際には小容量プランが割高になることがあるため、レンタル期間に関係なく大容量プランを選択することが経済的に合理的な選択となるでしょう。

「無制限プラン」より「月間〇GB」のほうが多く使える可能性があるため注意

無制限プランと聞くと、多くの人が無尽蔵にインターネットを楽しめると期待するかもしれませんが、実際は異なります。

多くの無制限プランには、1日に使えるデータ量の上限(例えば1日3GBや3日間で10GBなど)が設定されており、これを超えると速度制限が適用されます。

例として、Netflixの動画を標準画質で視聴すると1時間あたり約1GBを消費するため、1日3GBの制限ではわずか3時間で上限に達してしまいます。

こうた
こうた

速度制限が適用されると、通信速度は128kbpsまで低下し、動画の視聴やオンラインゲームに支障が出ることが多いです。

短期間で大量のデータを利用する場合(例:入院中のエンターテイメント用途)、月間上限のない無制限プランよりも、月間50GBなどの大容量プランを選ぶことをおすすめします。

このようなプランでは、50GBの利用上限に達するまで速度制限にかかることはありません。1週間程度の使用であれば、快適に利用可能です。

一方、長期間のレンタルで日々少量ずつデータを使用する場合(例:長期出張)、無制限プランが適しています。

1日3GBの上限であっても、月間トータルで90GBのデータ利用が可能になり、長期的に見ればより多くのデータを利用できます。

>>ランキングを見る

通信速度を重視するならエリアに合わせて回線を選ぶこと

WiFiレンタルサービスの選択において、通信速度が速いものを優先するのは一般的です。このため、10の異なるプランの通信速度を比較検証しました。

検証の結果、都市部で特に高速な通信を実現したのはWiMAXの+5G回線を使用するルーターでした。平均30Mbpsという速度を記録する中で、WiMAX回線はその倍以上の速さを誇り、高画質の動画や大容量のゲームの利用にも適しています。エンターテインメント目的でレンタルを検討している場合、WiMAX回線の利用が推奨されます。

一方、郊外地域では「カシモバ ワイモバイル 803ZT」が最も高速な結果を示しました。郊外での通信速度は都心の半分以下に低下する傾向がありますが、ワイモバイル回線は依然として高速です。

使用する場所や時間帯によって通信速度が変わることがあるため、これらの検証結果は参考値としてご利用ください。

こうた
こうた

現在、多くのモバイルルーターが5Gに対応していますが、WiFiレンタルのプランの中にはまだ5G対応のものが多くないのが現状だよ。それでも、入院や出張などの用途では4Gでも問題ない場合が多いでしょう。

>>ランキングを見る

会社ごとの発送・返却のルールを確認しておくこと

WiFiレンタルサービスを利用する際、各会社の発送と返却に関するルールには特に注意が必要です。

急ぎでWiFiレンタルが必要な場合は、サービスごとに設定されている当日発送の受付締切時間をしっかりと確認しましょう。

レンタルサービスによっては、返却の日にちによって料金が異なることがあります。返却の際のタイミングをうまく調整することで、レンタル料金をお得に抑えることが可能になります。

17時までの申し込みでも翌日にWiFi端末が届く会社もある

WiFiを急いで必要とする場合、翌日に届けてくれるレンタルサービスの選択が重要です。

ただし、会社によって当日発送の受付締切時間は異なりますので注意が必要です。

最も遅い時間まで当日発送に対応しているのは、「WiFi東京」「NETAGE」「カシモバ」「WiFiレンタル屋さん」という4社で、これらは午後5時までの申し込みに対して当日発送を行っています。

これにより、急遽すぐにWiFiが必要になった場合でも、翌日に利用開始できる可能性が高まります。

加えて、即日利用を希望する場合、東京にある「NETAGE」「WiFiレンタル屋さん」「カシモバ」「WiFi東京」の店舗では店頭での受け取りが可能です。

こうた
こうた

これらのWiFi機器は、受け取り日から料金が発生するため、無駄な支払いを避けるためにも、利用希望日かその前日に商品を受け取れるよう予約することをおすすめします 。

急なニーズにも対応できるレンタルサービスの選択は、WiFiの利用をよりスムーズかつ効率的にするための鍵となります。

wifiレンタルするなら、レンタル終了翌日のポスト投函ができる会社を選ぶべき

WiFiレンタルサービスを利用する際、コストを抑えるためには返却日を選ぶことがおすすめです。

レンタル期間の最終日の翌日まで返却を受け付けてくれるサービスを選ぶことで、1日分の利用期間を余分に得ることができ、結果としてお得になります。

通常、WiFiレンタルサービスは、返却の際に提供される専用封筒を使用してポストに投函するタイミングで返却を完了します。この封筒の消印日が返却日として認識されるため、レンタル最終日当日に消印が必要なサービスと、翌日の消印で良いサービスとに分かれます。

レンタル最終日の翌日まで返却が受け付けられるサービスを選ぶことで、利用者はレンタル期間の最終日を存分に活用でき、よりお得にサービスを利用することができます。

>>ランキングを見る

各ポケットWiFiの回線の対応エリアも確認するべき

WiFiレンタルを利用する際は、利用予定地域がレンタルサービスの対応エリア内にあるか事前に確認することが大切です。地域によって電波の状況が異なるため、エリア確認作業は非常に重要です。

クラウドSIMについては利用地域で最も回線電波が強いキャリアを拾って切り替えてくれるので安全ですね。

WiFiレンタル人気ランキングおすすめ10選

WiFiレンタルのランキングは以下の内容になります。なおランキングの算出ロジックについては、執筆ポリシーをご覧ください。

【PR】レンタルどっとこむ

注目はこちら

1日からのレンタルが可能!多種の機種やプランから用途に合わせて選べるWiFiレンタル

WiFiレンタルどっとこむ」は、日本国内のWiFiレンタルサービスで、2022年12月時点で5年連続No.1(東京商工リサーチ調べ)。様々な機種やデータ容量のプランを提供し、どんなシーンにもマッチするオプションが豊富です。

最短レンタル日数は1日から可能で、突然の予定変更にも柔軟に対応する自動延長サービスがあり、面倒な手続きは不要。

受取りと返却は空港、宅配便、コンビニが利用可能で、返却は郵便ポストへの投函ができるといった自由な方法がとれます。国内主要7空港9箇所にカウンターがあり、一時帰国時の利用にも最適。15時までの申込で365日即日発送対応、東西に拠点があるため広範囲のエリアで翌日から利用可能。これらの点が、同サービスの人気の理由です。

WiFiをレンタルしたい人は要チェック!リンクからお得に契約可能

WiFiレンタルどっとこむ」は、当記事のリンクから申し込むと特別価格で契約が可能に。レンタル期間が確定していない場合は最低限必要な日数で申込み、予定に応じて自動延長すれば無駄なく使えます。

お得さを重視したい人は、ぜひ公式サイトから詳しくチェックしてみてください。

おすすめランキングの比較表

商品
画像おすすめ
スコア

リンク

ポイント
【評価項目①】
料金の安さ
【評価項目②】
通信速度
【評価項目③】
受け渡しのしやすさ

利用回線

機種名

月間データ容量
短期間の通信制限最短レンタル可能期間1泊2日の1日あたり料金7泊8日の1日あたり料金1か月の1日あたり料金送料都心の下り通信速度(実測値)都心の上り通信速度(実測値)郊外の下り通信速度(実測値)郊外の上り通信速度(実測PING値最短発送日受け取り方法返却受け付け
主な返却方法
店舗で即日受け取り可能
ソフトバンク
Global Mobile 501HW
4.34
料金の安さと速度のバランスに優れたWiFiレンタル★4.18★4.32★4.75
Softbank

601HW
月間上限なし1日7.5GB2日~480円
480円
200円1,100円29Mbps
14Mbps

6.6Mbps
8.4Mbps52ms16時までの受付で当日発送宅配、空港カウンター返却日翌日までの消印日までポスト投函×
グッド・ラック
どんなときもWiFi
クラウドWi-Fi D1
4.34

通信はやや不安定な傾向だが、短期・長期問わず最安
★4.96★4.17★3.75クラウドSIMD1月間上限なし1日3GB2日~
330円

330円
159円1,100円19.1Mbps17.2Mbps4.2Mbps
5.6Mbps

56.5ms
12時までの受付で当日発送宅配返却日当日までポスト投函 ×
ニッチカンパニー
WiFi東京
SoftBank 501HW

4.30
どのレンタル期間でも安い。速度・受け渡しのしやすさも良好★4.26★4.07★5.00
Softbank

501HW
月間上限なし1日3GB2日~
440円

440円

227円
1,100円11.3Mbps3.3Mbps7.8Mbps13.2Mbps50.3ms平日17時までの受付で当日発送店舗、宅配、空港カウンター返却日翌日午前中までポスト投函
ジェイフィールド
Wi-Fiレンタル屋さん
SoftBank 601HW 50GB/月

4.30
短期間の速度制限なし。1日中動画をたくさん見るなら★4.07★4.25★5.00
Softbank

601HW
50GB
制限なし
2日~
490円
490円237円1,100円24.4Mbps
23.9Mbps
8.1Mbps
3.6Mbps

49ms
17時までの受付で当日発送店舗、宅配、空港カウンター返却日翌日8時までポスト投函
WiFiレンタルどっとこむ
SoftBank E5785 無制限

4.29

上り速度も速く、オンライン会議などビジネス用途に好適
★4.04★4.47★4.50
Softbank

E5785
月間上限なし1日3GB
1日~
496円 496円 239円
1,067円
38.7Mbps
14.3Mbps
12.8Mbps
7.4Mbps

49.3ms
15時までの受付で当日発送宅配、空港カウンター、コンビニ返却日翌日8時までポスト投函 ×
WiFiレンタル特急便
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

4.23

無制限で使えて5Gにも対応。ただし、郊外では低速だった
★3.97★4.53★4.25
WiMAX +5G、au

SCR01
月間上限なし
制限なし

2日
600円 600円
232円
1,100円82.5Mbps
53.7Mbps
12.7Mbps
6.5Mbps

43.8ms
13時までの受付で当日発送
(土日祝日、年末年始は翌営業日発送)
宅配返却日翌日8時までポスト投函 ×
NETAGE
Speed Wi-Fi 5G X11 無制限
4.19
無制限で使えるのは魅力的だが、相場よりかなり割高な料金★3.77★4.70★4.25
WiMAX +5G、au
Speed Wi-Fi 5G X11月間上限なし
制限なし
1日~
715円
715円 305円1,100円66.2Mbps57.4Mbps22.8Mbps9.1Mbps
41.5ms
17時までの受付で当日発送店舗、宅配返却日当日までポスト投函
カシモバ Y!mobile
803ZT 無制限

4.17

急ぎでWiFiが必要な人に。料金はやや割高
★3.90★4.12★5.00
Softbank
ワイモバイル

803ZT
月間上限なし
3日10GB

2日~

600円
600円 274円1,100円
17.8Mbps

0.7Mbps
47.7Mbps
2.4Mbps

50.8ms
17時までの受付で当日発送店舗、宅配、空港カウンター返却日翌日8時までポスト投函
e-ca
SoftBank T7 無制限

4.10
料金が相場より高めで通信速度にも課題あり★3.89★4.26★4.25
Softbank

T7
月間上限なし1日3GB1日~605円 605円
273円

1,067円
31.6Mbps
20Mbps
4.8Mbps
4.7Mbps

44ms
13時までの受付で当日発送宅配、空港カウンター返却日翌日8時までポスト投函 ×
88MOBILE
SoftBank 601HW

4.09
長期レンタルなら安い。返却タイミングはややシビア★3.99★4.36★3.82
Softbank

601HW
100GB
制限なし

7日~

不明
500円
177円
1,100円24.5Mbps25.1Mbps10.7Mbps4.9Mbps
1.42秒
14時までの受付で当日発送一部空港内の郵便局、宅配返却日当日までポスト投函 ×

おすすめ1位:ソフトバンクGlobal Mobile 501HW

1位:ソフトバンク Global Mobile 501HW【ベストWiFiレンタル

おすすめスコア4.34

料金の安さ4.18|通信速度4.32|受け渡しのしやすさ4.75

月間データ容量最短レンタル
可能期間
短期間の
通信制限
最短発送日
月間上限なし2日~1日7.5GB16時までの受付で
当日発送
都心の下り通信速度(実測値)29Mbps都心の上り通信速度(実測値)14Mbps郊外の下り通信速度(実測値)6.6Mbps郊外の上り通信速度(実測値)8.4Mbps主な返却方法ポスト投函

料金と速度重視の方におすすめ!バランスのとれたレンタル ポケット型WiFi

  • 都心では下り29Mbps・上り14Mbpsの通信速度で4K動画も快適に視聴できる
  • 返却はレンタル終了日の翌日午前中までと猶予がある
  • 郊外では通信速度が遅くなり、動画視聴は標準画質に下げる必要がある
  • 送料が別途1,100円必要

「Global Mobile」という旅行者向けの事業は、ソフトバンクのネットワークを使用するモバイルWiFiルーターを提供しています。このサービスでは、「501HW」というモデルの端末を利用し、1日7.5GBのデータ容量の利用が可能なプランを提供しています。

費用については、様々な期間で異なります。例えば、1泊2日などの短期の利用では960円、7泊8日で3,840円、そして長期の30泊31日プランでは6,200円が必要です。これに加えて、往復の配送費として1,100円がかかります。料金は他の類似サービスと比較して平均的です。

このWiFiルーターの通信速度は、都心部で下り最大29Mbps、上り最大14Mbpsという速度記録しています。これは4K動画の視聴にも十分な速度です。郊外では速度はやや落ちますが、標準画質の動画視聴は可能です。特に上り速度が他のルーターよりも高速であり、ビジネスユースにも適しています。

また、このサービスの利便性は高いです。平日の16時までに申し込めば、翌日すぐには届きます。返却も簡単で、レンタル終了翌日の午前中までに指定のレターパックに入れて投函するだけです。

総合的に、Global Mobileの501HWは、料金と性能のバランスが良く、使い勝手も良い優れたWiFiレンタルサービスです。

利用回線Softbank
1泊2日の1日あたり料金480円
1か月の1日あたり料金200円
PING値52ms
返却受け付け返却日翌日までの消印日まで
機種名601HW
7泊8日の1日あたり料金480円
送料1,100円
受け取り方法宅配、空港カウンター
店舗で即日受け取り可能×

おすすめ1位:グッド・ラック どんなときもWiFi クラウドWi-Fi

1位:グッド・ラック どんなときもWiFi クラウドWi-Fi D1 1日3GBプラン

おすすめスコア4.34

料金の安さ4.96|通信速度4.17|受け渡しのしやすさ3.75

月間データ容量最短レンタル
可能期間
短期間の
通信制限
最短発送日
月間上限なし2日~1日3GB12時までの受付で
当日発送
都心の下り通信速度(実測値)19.1Mbps都心の上り通信速度(実測値)17.2Mbps郊外の下り通信速度(実測値)4.2Mbps郊外の上り通信速度(実測値)5.6Mbps主な返却方法ポスト投函

通信速度が不安定な傾向はあるが、短期・中期・長期いつでも最安に使える

  • 1日3GBまで高速通信可能
  • 短期・中期・長期どの期間でも最安値

  • 通信が不安定になることがある
  • レンタル最終日の消印が必要なため、他社と比較して使える日数が1日少ない

グッド・ラック社の「どんなときもWiFi」は、ドコモ、au、ソフトバンクの各キャリア回線を最適なものに自動で切り替えるクラウドSIM技術を採用したモバイルルーターです。

こうた
こうた

クラウドWiFiは該当エリアで一番広い電波を拾ってくれるのがメリットだよ

今回の検証では、「D1」端末を使用し、1日3GBまでの高速データ通信が可能なプランを試しました。

料金面では、1泊2日プランが660円、7泊8日プランが2,640円、そして30泊31日プランが4,950円です。これに加え、往復送料が1,100円必要です。短期から長期まで、料金が非常にリーズナブルで、特に費用を抑えたいユーザーに適しています。

通信速度のテストでは、都心部で下り19.1Mbps、上り17.2Mbps、郊外で下り4.2Mbps、上り5.6Mbpsを記録しました。都心部では高速ですが、時折通信エラーが発生し、安定性に課題が見られました。

受け渡しの利便性については、正午前の申し込みであれば当日発送が可能です。返却は、同梱のレターパックプラス封筒を利用し、ポストへの投函で完了します。ただし、レンタル終了日の消印が必要なため、翌日の消印で受け付けてくれる競合サービスよりも使える日数は1日短くなります。

通信の不安定さはありますが、どの期間でもコストパフォーマンスが高いため、コストを重視する方には魅力的なおすすめWi-Fiレンタルオプションと言えます。

利用回線クラウドSIM
1泊2日の1日あたり料金330円
1か月の1日あたり料金159円
PING値56.5ms
返却受け付け返却日当日まで
機種名D1
7泊8日の1日あたり料金330円
送料1,100円
受け取り方法宅配
店舗で即日受け取り可能×

おすすめ3位:WiFi東京【SoftBank 501HW 大容量プラン】

3位: ニッチカンパニー WiFi東京【SoftBank 501HW 大容量プラン

おすすめスコア4.30

料金の安さ4.26|通信速度4.07|受け渡しのしやすさ5.00

月間データ容量最短レンタル
可能期間
短期間の
通信制限
最短発送日
月間上限なし2日~1日3GB平日17時までの受付で当日発送
都心の下り通信速度(実測値)11.3Mbps都心の上り通信速度(実測値)3.3Mbps郊外の下り通信速度(実測値)7.8Mbps郊外の上り通信速度(実測値)13.2Mbps主な返却方法ポスト投函都心の下り通信速度(実測値)19.1Mbps都心の上り通信速度(実測値)17.2Mbps郊外の下り通信速度(実測値)4.2Mbps郊外の上り通信速度(実測値)5.6Mbps主な返却方法ポスト投函

レンタル期間がいつでも安い。速度良好、受け渡しのしやすさ問題なし

  • 全国配送に対応しているため、関東以外でも利用可能
  • 急にWiFiが必要になったときに便利な翌日配送サービスがある
  • 返却はレンタル終了日の翌日午前中までと余裕がある

  • レンタルできるプランは大容量プランのみ
  • 他のルーターと比べて通信速度が突出していない


「WiFi東京」は、ソフトバンクの回線を使用する「501HW」モデルのモバイルルーターを提供しているレンタルサービスです。この大容量プランでは、1日あたり最低3GBの高速通信を保証。全国どこでも配送可能なので、関東地方外の方も気軽に利用できます。

料金体系は、1泊2日が880円、7泊8日が3,520円、そして30泊31日が7,040円。これに加えて往復送料1,100円が必要です。1週間までの短期から中期、長期レンタルまで、どの期間も業界平均を下回るコストパフォーマンスを実現しています。

通信速度に関しては、都心部で下り11.3Mbps、上り3.3Mbps、郊外では下り7.8Mbps、上り13.2Mbpsをマーク。他のルーターと比較して圧倒的な速度はありませんが、一般的なウェブブラウジングや軽い動画視聴には十分対応しています。

また、平日17時までの注文なら翌日配送が可能で、急なWiFi需要にも対応できます。返却プロセスも簡単で、レンタル終了日の翌日午前中までにレターパックライトの封筒に入れてポストに投函するだけ。この便利さとコストパフォーマンスのバランスは、WiFiレンタルサービス選びの大きな魅力と言えるでしょう。

利用回線Softbank
1泊2日の1日あたり料金440円
1か月の1日あたり料金227円
PING値50.3ms
返却受け付け返却日翌日午前中まで
機種名501HW
7泊8日の1日あたり料金440円
送料1,100円
受け取り方法店舗、宅配、空港カウンター
店舗で即日受け取り可能

おすすめ3位:Wi-Fiレンタル屋さん【SoftBank 601HW 50GB/月】

3位: Wi-Fiレンタル屋さん【SoftBank 601HW 50GB/月

おすすめスコア4.30

料金の安さ4.07|通信速度4.25|受け渡しのしやすさ5.00

月間データ容量最短レンタル
可能期間
短期間の
通信制限
最短発送日
50GB2日~制限なし平日17時までの受付で当日発送
都心の下り通信速度(実測値)24.4Mbps都心の上り通信速度(実測値)23.9Mbps郊外の下り通信速度(実測値)8.1Mbps郊外の上り通信速度(実測値)3.6Mbps主な返却方法ポスト投函

短期間だと速度制限がないため動画をたくさん見たいならおすすめ

  • ソフトバンクとWiMAXの2種類から選べる
  • 短期間での通信速度制限が無い
  • 17時までの申し込みで翌日に受け取れる

  • 郊外では通信速度にムラがある
  • 送料が別途かかる

「WiFiレンタル屋さん」はジェイフィールドが展開するWiFiレンタルサービスで、ソフトバンクとWiMAX回線を使用した5つのプランを提供しています。今回はソフトバンクの「601HW」端末を使用し、月間50GBのデータ容量プランで検証しました。

料金は1泊2日が980円、7泊8日で3,920円、30泊31日で7,350円と設定されており、これに加えて往復の送料が1,100円が必要です。短期から中期、長期レンタルで、1日あたりの料金はそれぞれ490円と237円になります。特筆すべきは、他社の無制限プランと異なり、短期間での速度制限がないことで、入院中の長時間動画視聴に適しています。

通信速度は、都心部で下り24.4Mbps、上り23.9Mbps、郊外では下り8.1Mbps、上り3.6Mbpsと計測されました。都心では安定した高速通信が可能ですが、郊外では速度にばらつきが見られます。このため、都心での使用に特に適しているためおすすめと言えます。

注文は17時までであれば翌日受取が可能で、利用の手軽さは大きな魅力です。返却もレンタル終了日の翌日朝8時までに同封されたレターパックライト用封筒でのポスト投函で完了し、レンタル最終日も終日使える点が便利です。

利用回線Softbank
1泊2日の1日あたり料金490円
1か月の1日あたり料金237円
PING値49ms
返却受け付け返却日翌日8時まで
機種名601HW
7泊8日の1日あたり料金490円
送料1,100円
受け取り方法店舗、宅配、空港カウンター
店舗で即日受け取り可能

おすすめ5位:WiFiレンタルどっとこむ【SoftBank E5785 無制限】

5位: ビジョンWiFiレンタルどっとこむ 【SoftBank E5785 無制限】

おすすめスコア4.29

料金の安さ4.04|通信速度4.47|受け渡しのしやすさ4.50

月間データ容量最短レンタル
可能期間
短期間の
通信制限
最短発送日
月間上限なし1日~1日3GB15時までの受付で当日発送
都心の下り通信速度(実測値)38.7Mbps都心の上り通信速度(実測値)14.3Mbps郊外の下り通信速度(実測値)12.8Mbps郊外の上り通信速度(実測値)7.4Mbps主な返却方法ポスト投函

1日から借りれて速度も速い!会議通話やビジネスに最適

  • 通信速度が全体的に良好でビジネス用途にも利用しやすい
  • 受け渡しのしやすさがあり、返却の手間がない
  • 1日に3GB以上、または月90GB以上の通信をした場合に速度制限がかかる
  • 都心と郊外で通信速度にムラがある
  • 別途送料がかかる

「WiFiレンタルどっとこむ」は、ビジョンが提供する海外用のWiFiレンタルサービスです。利用者はソフトバンク、WiMAX、auの3種類のモバイル回線から19のプランを選べます。今回は、ソフトバンク回線を使用する「E5785」端末の無制限プランを検証しました。ただし、無制限プランでは1日3GB以上または月90GB以上の使用で速度制限がかかる場合があります。

料金については、1泊2日の利用が992円、7泊8日が3,968円、30泊31日で7,430円となり、往復の送料は1,067円が必要です。これは、短期から中期は1日当たり495円、1か月利用時は239円で、平均的な料金設定です。

通信速度は、都心で下り38.7Mbps、上り14.3Mbps、郊外では下り12.8Mbps、上り7.4Mbpsを記録。速度には地域によるバラツキがあるものの、全体的には良好です。特に上り速度は5Mbpsを切ることがなく、オンライン会議などのビジネス用途にも適しています。

サービスの利用しやすさに関しては、15時までに申し込めば当日発送されます。返却はレンタル終了日の翌日午前8時までに、同封されたゆうパケットの宅配袋をポストに投函するだけで完了。最終日も終日利用でき、返却も簡単なので、利用者には便利です。

利用回線Softbank
1泊2日の1日あたり料金496円
1か月の1日あたり料金239円
PING値49.3ms
返却受け付け返却日翌日8時まで
機種名E5785
7泊8日の1日あたり料金496円
送料1,067円
受け取り方法宅配、空港カウンター、コンビニ
店舗で即日受け取り可能×

おすすめ6位:WiFiレンタル特急便【Galaxy 5G Mobile Wi-Fi】

6位: ワイヤレスゲートWiFiレンタル特急便 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

おすすめスコア4.23

料金の安さ3.97|通信速度4.53|受け渡しのしやすさ4.25

月間データ容量最短レンタル
可能期間
短期間の
通信制限
最短発送日
月間上限なし2日制限なし13時までの受付で当日発送(土日祝日、年末年始は翌営業日発送)
都心の下り通信速度(実測値)82.5Mbps都心の上り通信速度(実測値)53.7Mbps郊外の下り通信速度(実測値)12.7Mbps郊外の上り通信速度(実測値)6.5Mbps主な返却方法ポスト投函

無制限5Gの使用可能!都市部では速度出てるが郊外だと低速?

  • データ容量が無制限で通信速度の制限もない
  • 都心では下り82.5Mbps・上り53.7Mbpsの高速通信が可能
  • レンタル最終日でも終日利用可能で返却も簡単
  • 郊外では通信速度が低下しやすい
  • 1日あたりのレンタル料金が相場より高い

「WiFiレンタル特急便」はワイヤレスゲートが提供するサービスで、今回検証したのはWiMAX +5G回線を使用する「Galaxy 5G Mobile WiFi」のみです。このモバイルルーターは無制限のデータ容量で利用でき、短期利用時の速度制限もない点が特徴です。

料金設定に関しては、1泊2日が1,200円、7泊8日が4,800円、そして30泊31日が7,200円。これに往復の送料1,100円が加わります。短期から中期の利用では1日600円とやや高めですが、1か月利用では1日239円と平均的な価格になります。無制限での利用が可能な点を考慮すると、コストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。

通信速度は、都心部で下り82.5Mbps、上り53.7Mbps、郊外では下り12.7Mbps、上り6.5Mbpsをマークしました。5G通信による都心部での高速通信が目立ちますが、郊外では速度が落ちる傾向があります。それでも一般的なウェブ閲覧や動画視聴には十分な速度を提供しています。

受け渡しの利便性については、平日13時までの注文で当日発送に対応しています。返却方法は簡単で、レンタル終了日の翌日朝8時までにレターパックの封筒に入れてポストに投函するだけです。レンタル最終日も終日利用可能で、ユーザーにとってはおすすめなサービスと言えます。

利用回線WiMAX +5G、au
1泊2日の1日あたり料金600円
1か月の1日あたり料金232円
PING値43.8ms
返却受け付け返却日翌日8時まで
機種名SCR01
7泊8日の1日あたり料金600円
送料1,100円
受け取り方法宅配
店舗で即日受け取り可能×

おすすめ7位:NETAGE【 Speed Wi-Fi 5G X11 無制限】

7位:モバイル・プランニングNETAGE Speed Wi-Fi 5G X11 無制限

おすすめスコア4.19

料金の安さ3.77|通信速度4.70|受け渡しのしやすさ4.25

月間データ容量最短レンタル
可能期間
短期間の
通信制限
最短発送日
月間上限なし1日~制限なし17時までの受付で当日発送
都心の下り通信速度(実測値)66.2Mbps都心の上り通信速度(実測値)57.4Mbps郊外の下り通信速度(実測値)22.8Mbps郊外の上り通信速度(実測値)9.1Mbps主な返却方法ポスト投函

魅力ある無制限利用が可能!ただし相場より高めな料金設定

  • 全回線を網羅したプランから選択可能
  • 短期制限などが設定されていない
  • 都心や郊外でも高速な通信が可能
  • 1日あたりのレンタル料金が相場の約2倍
  • 返却日当日中に対応しないといけない

モバイル・プランニングの「NETAGE」は、ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、WiMAX、クラウドSIMを含む全回線から選択可能な29プランを提供する電気通信事業です。今回はWiMAX +5G回線を使用する「Speed WiFi 5G X11」でのサービスを検証しました。このサービスの特徴は、他社の無制限プランに見られる短期利用時の制限がないことです。

料金に関しては、1泊2日が1,430円、7泊8日が5,720円、30泊31日で9,460円となり、これに往復の送料1,100円が加わります。短期から中期利用では1日あたり715円と相場より高めですが、1か月利用時は1日305円となります。無制限プランの提供にも関わらず、料金はやや高めです。

通信速度は、都心で下り66.2Mbps、上り57.4Mbps、郊外では下り22.8Mbps、上り9.1Mbpsを記録。新しい機種と高品質なWiMAX +5G回線のおかげで、場所を問わず快適な通信を提供しています。

サービスの利用しやすさに関しては、17時までの注文で当日発送に対応。返却はゆうパケットの封筒を使用し、ポストに投函するだけです。ただし、返却日当日中の対応が必要で、返却タイミングには注意が必要です。

利用回線WiMAX +5G、au
1泊2日の1日あたり料金715円
1か月の1日あたり料金305円
PING値41.5ms
返却受け付け返却日当日まで
機種名Speed Wi-Fi 5G X11
7泊8日の1日あたり料金715円
送料1,100円
受け取り方法店舗、宅配
店舗で即日受け取り可能

おすすめ8位:カシモバ【Y!mobile 803ZT 無制限】

8位: ヒッツカンパニー カシモバ【Y!mobile 803ZT 無制限】

おすすめスコア4.17

料金の安さ3.90|通信速度4.12|受け渡しのしやすさ5.00

月間データ容量最短レンタル
可能期間
短期間の
通信制限
最短発送日
月間上限なし2日~3日10GB17時までの受付で当日発送
都心の下り通信速度(実測値)17.8Mbps都心の上り通信速度(実測値)0.7Mbps郊外の下り通信速度(実測値)47.7Mbps郊外の上り通信速度(実測値)2.4Mbps主な返却方法ポスト投函

緊急でWiFiが必要な人におすすめだが、料金は少し高め

  • ドコモ・ワイモバイル・WiMAXの3種類から選べる
  • データ容量が無制限のプランがある
  • 下り速度が全体的に良好で高画質な動画も快適に視聴できる
  • 3日間で10GB以上の通信を行うと速度制限がかかる
  • 上り速度が他社より劣っていてビジネス用途に使いにくい
  • 料金がやや割高で容量を重視する人向け

ヒッツカンパニーの「カシモバ」は、多様な通信サービスを提供しており、ドコモ、ワイモバイル、WiMAXを含む8つの異なるプランを用意しています。このレビューでは、ワイモバイルの「803ZT」モデルを用いたプランに注目しました。このプランの特徴は、アドバンスモード利用時にはデータ使用量が無制限となる点です。ただし、3日間で10GB以上使用すると、夜の時間帯(18時から翌日1時まで)に1Mbps程度に速度が制限されることがあります。

料金面では、1泊2日利用で1,200円、7泊8日が4,800円、30泊31日が8,500円、プラス往復送料1,100円が必要です。日割り計算すると、1泊2日および7泊8日プランは1日あたり600円、1か月プランでは1日あたり約274円になります。無制限プランの便利さを考えると、料金は若干高めですが、大量データ利用者には適していると言えます。

通信速度の面では、都心部での下り速度は17.8Mbps、上りは0.7Mbpsとなっており、郊外では下り速度が47.7Mbps、上りが2.4Mbpsとなっています。全体的には下り速度が優れていて、高画質動画の視聴も快適ですが、上り速度は都心部で1Mbps以下と低く、特にビジネス用途でのオンライン会議などには不向きな点があります。

利用者にとって便利なのは、申し込みが17時までなら当日発送される点です。返却については、レンタル最終日の翌日朝8時までにレターパックライトを使ってポストに投函するだけでOKです。このシンプルさは、忙しいユーザーにとって特に便利な機能となるでしょう。

利用回線Softbank、ワイモバイル
1泊2日の1日あたり料金600円
1か月の1日あたり料金274円
PING値50.8ms
返却受け付け返却日翌日8時まで
機種名803ZT
7泊8日の1日あたり料金600円
送料1,100円
受け取り方法店舗、宅配、空港カウンター
店舗で即日受け取り可能

おすすめ9位:e-ca【SoftBank T7 無制限】

9位: ベストリンクe-ca SoftBank T7 無制限

おすすめスコア4.10

料金の安さ3.89|通信速度4.26|受け渡しのしやすさ4.25

月間データ容量最短レンタル
可能期間
短期間の
通信制限
最短発送日
月間上限なし1日~1日3GB13時までの受付で当日発送
都心の下り通信速度(実測値)31.6Mbps都心の上り通信速度(実測値)20Mbps郊外の下り通信速度(実測値)4.8Mbps郊外の上り通信速度(実測値)4.7Mbps主な返却方法ポスト投函

料金が他のレンタルWiFiより高め。通信速度も不安定なところも

  • 4種類のモバイル回線から選択可能
  • 最短翌日受け取れる
  • レンタル最終日にも終日利用可能
  • 通信量が多いと速度制限がかかる
  • 都心と郊外で通信速度にムラがある
  • 郊外では動画が途中で止まる可能性あり


ベストリンクの「e-ca」は、Wi-Fiレンタルに加えて法人向けブロードバンドサービスも提供しています。モバイル回線の選択肢は、ソフトバンク、WiMAX、au、クラウドWiFiの4種類で、合計16パターンのプランがあります。今回の検証では、「Softbank-T7」を使用した無制限プランを試しました。ただし、1日10GB、月300GB以上の利用で速度制限が生じる可能性があります。

料金面では、1泊2日が1,210円、7泊8日が4,840円、30泊31日で8,475円と設定されており、これに往復の送料1,067円が必要です全体的には市場平均よりやや高い料金設定です。

通信速度のテストでは、都心部で下り31.6Mbps、上り20Mbps、郊外では下り4.8Mbps、上り4.7Mbpsという結果が出ました。特に郊外での速度は安定しておらず、動画視聴時に途中で停止する可能性がある点に留意が必要です。

利用のしやすさに関しては、13時までの申し込みで最短翌日受け取りが可能ですが、他社と比較すると当日発送の締切が早い点に注意が必要です。返却は、レンタル最終日の翌日午前8時までに、同封されたゆうパケットの袋に入れてポスト投函するだけで済みます。これにより、レンタル最終日も一日中利用できるメリットがあります。

利用回線Softbank
1泊2日の1日あたり料金605円
1か月の1日あたり料金273円
PING値44ms
返却受け付け返却日翌日8時まで
機種名T7
7泊8日の1日あたり料金605円
送料1,067円
受け取り方法宅配、空港カウンター
店舗で即日受け取り可能×

おすすめ10位:88MOBILE【SoftBank 601HW】

10位: ジェネット88MOBILE SoftBank 601HW

おすすめスコア4.09

料金の安さ3.99|通信速度4.36|受け渡しのしやすさ3.82

月間データ容量最短レンタル
可能期間
短期間の
通信制限
最短発送日
100GB7日~制限なし14時までの受付で当日発送
都心の下り通信速度(実測値)24.5Mbps都心の上り通信速度(実測値)25.1Mbps郊外の下り通信速度(実測値)10.7Mbps郊外の上り通信速度(実測値)4.9Mbps主な返却方法ポスト投函

長期レンタル使用だと他社より安い。返却時期は早め

  • ソフトバンク・WiMAX・クラウドWiFiの3種類の回線から選べる
  • 月間100GBの大容量プランが利用可能
  • 都心と郊外どちらでも必要十分な通信速度が出る
  • 都心と郊外で通信速度にムラがある
  • 返却は郵便局の集荷に間に合わせる必要がある


ジェネットが提供する「88MOBILE」は、通信機器のレンタルサービスです。このサービスでは、ソフトバンク、WiMAX、クラウドWiFiの3種類の回線を使用し、合計8つのプランを選択できます。今回はソフトバンク回線を使う「601HW」端末の大容量プランを試しました。このプランでは、月間100GBまでの使用が可能です。

料金体系では、1泊2日のレンタルは扱っておらず、7泊8日が4,000円、30泊31日が5,500円となっています。これに往復送料1,100円が加わります。中期のwifiレンタルは比較的高いものの、1か月の長期レンタルでは安い傾向があります。

通信速度については、都心で下り24.5Mbps、上り25.1Mbps、郊外で下り10.7Mbps、上り4.9Mbpsを記録しました。都心と郊外で速度にばらつきはありますが、一般的な使用には十分な速度が得られています。

サービスの利便性に関しては、14時までの注文で当日発送される点は便利です。ただし、返却にはレターパックライトの封筒を使用しますが、レンタル最終日の消印が必要なため、郵便局の集荷に間に合わせるためには返却日の午前中にポストに投函する必要があります。これにより、レンタル最終日の使用がほぼ不可能になる可能性があります。

利用回線Softbank
1泊2日の1日あたり料金不明
1か月の1日あたり料金177円
PING値1.42秒
返却受け付け返却日当日まで
機種名601HW
7泊8日の1日あたり料金500円
送料1,100円
受け取り方法一部空港内の郵便局、宅配
店舗で即日受け取り可能×

人気でおすすめWiFiレンタル10のサービスを検証

マイナビネット編集部では「通信速度が速く、受け渡しが簡単で、かつコスト効率が良い」という基準で最適なWiFiレンタルサービスを評価しました。このために、人気のあるWiFiレンタルサービス10社を選び、次の3つの要素で徹底的に検証しました。

①料金が安いかどうか
②通信速度は速いかどうか
③受け渡しがしやすいかどうか

検証に使用したWiFiレンタルの機種は、2023年9月時点で各公式サイトにおいて最も人気が高いか、または目立つ位置に掲載されているものを選定し、公平な評価を行いました。

ランキングの作成日は2024年2月1日です。

今回の検証サービス

グッド・ラック|どんなときもWiFi クラウドWi-Fi D1 1日3GBプラン
ジェイフィールド|Wi-Fiレンタル屋さん SoftBank 601HW 50GB/月
ジェネット|88MOBILE SoftBank 601HW
ソフトバンク|Global Mobile 501HW
ニッチカンパニー|WiFi東京 SoftBank 501HW 大容量プラン
ヒッツカンパニー|カシモバ Y!mobile 803ZT 無制限
ビジョン|WiFiレンタルどっとこむ SoftBank E5785 無制限
ベストリンク|e-ca SoftBank T7 無制限
モバイル・プランニング|NETAGE Speed Wi-Fi 5G X11 無制限
ワイヤレスゲート|WiFiレンタル特急便 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

①料金が安いかどうか

料金の安さに優れたサービスを求めるユーザーにとって、短期レンタルでは1日350円未満、長期レンタルでは1日150円未満の料金設定が理想的であると考え、この基準に基づいて各WiFiレンタルサービスの評価を行いました。

評価点数付け手法

短期(1泊2日)、中期(7泊8日)、長期(30泊31日)という3つの利用期間に分け、それぞれの期間でWiFiをレンタルした際の1日当たりの料金を計算しました。短期および中期のレンタルでは1日あたり2,000円を、長期では400円をコストの上限とし、より安い低価格なサービスほどをおすすめとして評価しました。

②通信速度は速いかどうか

迅速なデータ転送を提供するサービスとして、ユーザーが高い評価を付ける基準を「高解像度のビデオストリーミングや容量の大きなゲームのスムーズなプレイが可能なもの」と定め、この基準に沿って各サービスのパフォーマンスを評価しました。

評価点数付け手法

通信速度が地域や回線の混雑具合により変動するため、都市部と郊外の2つの地点で、通常時とピーク時にそれぞれ3回ずつ速度を測定しました。得られたデータの中央値を基にして、下り速度50Mbps、上り速度15Mbps、PING値20msを基準とし、高速なサービスほど高い評価を与える形で推奨度を数値化しました。

検証の条件

  • 計測場所:都心…東京都渋谷区/郊外…茨城県つくば市
  • 使用機器:iPhone 13
  • 使用アプリ:Speedtest
  • 計測時間:通常時間帯14:00~16:00/混雑時間帯17:00~19:00

※2024年1月23日~2月1日に計測した実測値の情報をもとに調査・評価しています。
※今回の検証では特定の日程・時間帯・場所での値で評価しています。同じWiFiレンタルでも、使用環境が異なれば通信速度も変動するため、必ずしも同じ数値が出るとは限りません。

③受け渡しがしやすいかどうか

ユーザーが利便性を高く評価する基準を「迅速な配送、レンタル期間の最後まで使用可能、容易な返送手順」に設定し、これらの要素に基づいて各サービスの実用性を評価しました。

評価点数付け手法

公式ウェブサイトのデータを基に、各視点に対する評価点を付けて、各サービスのおすすめレベルを数値化しました。

チェックポイント

  • 注文は何時までにすれば即日に届くのか(平日の申し込み、関東在住の場合)
  • 返却日の受付タイミング
  • 最も簡単な返却方法

WiFiレンタル方法の仕方は?

WiFiレンタルサービスの手順は、以下の5つのステップで構成されています。

  1. サービス申込み
  2. 端末の配送
  3. 端末の到着(この時点で料金が発生開始)
  4. 端末の返却(料金発生終了、返却の受付タイミングは各社によって異なる)
  5. 端末の返却完了

料金は端末が到着した時点で発生するため、不在時でも利用開始とみなされます。そのため、配送される端末は到着予定日に必ず受け取れるように注意が必要です。

長期レンタルするなら縛りなしモバイルルーターを検討すべき

単月利用だけでなく、数ヶ月間モバイルルーターを使用する予定の場合、レンタルよりも契約を結ぶことでコストを節約できる可能性があります。

その際には、契約解除時の違約金がなく、契約期間に拘束されないタイプのモバイルルーターを選択することが重要です。詳細については、下記の記事を参照してください。

【おすすめ】WiFiレンタル人気ランキングTOP5

1位: ソフトバンク|Global Mobile 501HW

1位: グッド・ラック|どんなときもWiFi クラウドWi-Fi D1 1日3GBプラン

3位: ニッチカンパニー|WiFi東京 SoftBank 501HW 大容量プラン

3位: ジェイフィールド|Wi-Fiレンタル屋さん SoftBank 601HW 50GB/月

5位: ビジョン|WiFiレンタルどっとこむ SoftBank E5785 無制限

ランキングを見て購入する

※このウェブサイトに記載されている情報は、マイナビネット編集部による独自の調査結果、または商品のJANコードに基づきECサイトから提供されるAPIを利用して自動生成されたものです。価格変動や登録ミスなどにより、掲載情報と実際の情報が異なる可能性があります。最新の価格や商品詳細に関しては、各ECサイト、販売店、メーカーの公式情報をご確認いただくことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました