失敗しない一人暮らしインターネットの選び方!注意点も解説!

インターネット 一人暮らし インターネット

一人暮らしをはじめるにあたって、どのインターネットを選べばいいのか悩んでいる方も多いと思います。

まず一人暮らしのインターネットは以下のように選べば間違いないですよ。

一人暮らしのインターネットの選び方
  1. 建物が「インターネット完備」か確認!
  2. 「インターネット完備」なら物件契約時にインターネット加入ができる!
  3. 完備されてない場合は「光回線・ポケットWiFi・ホームルーター」から選択!

そして大きく分けて3つにわかれる以下のインターネットから、ご自身の用途にあったものを選びましょう。

インターネットの種類
  • 光回線・・・4,000円~5,000円
    →オンラインゲームや大容量の通信
  • ポケットWiFi・・・2,000円~4,000円
    →持ち運びしたい・工事ができない
  • ホームルーター・・・3,000円~5,000円
    →光回線とポケットWiFiの中間・ある程度の速度がほしい

インターネット完備の場合は、手間もかからず便利ですが建物の住人と回線を分け合うため速度が遅くなる可能性もあります。

そんな場合の選び方も、詳しく説明していきますので、自分にあったインターネットを見つけましょう!

この記事を書いた人
わたしのネット

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、マイナビニュースへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

わたしのネットをフォローする

失敗しない一人暮らしのインターネットの選び方

一人暮らしの方向けのネット回線の選択肢は、以下のように選びましょう。

まずは建物にインターネットが完備されているかを確認し、完備されているならほとんど賃料に含まれる形での契約が可能です。

ただし料金が安いけど建物の住人と回線を分け合うために速度が遅いなどの評判も多く、オンラインゲームなどをする方は自らインターネットを契約する方も多いです。

インターネットの種類

※それぞれの説明へジャンプできます

それぞれのメリット・デメリットを把握し、後悔のないようにしましょうね!

どのくらいの月額料金が安いといえるのか、料金相場についても触れていますので参考にしてください。

①光回線→オンラインゲームや大容量の通信

光回線は、自宅に引き込んだ光ファイバーケーブルを使って通信を行うネット回線です。

物理的な回線を引き込むため、回線速度・安定性に優れていますが、その分工事が必要で、自宅内でしか使うことができません。

結論、光回線は以下のような方におすすめだといえます。

光回線がおすすめな人
  • ネットゲームや高画質動画の視聴など、高速通信が必要な人
  • 動画配信サービスの視聴など、長時間・大容量の通信を行う人
  • 回線の開通に時間の余裕がある人
  • 自宅内でのネット利用が多い人

光回線のメリット・デメリット

そして上記のおすすめな人は以下のメリット・デメリットから判断しています。

メリットデメリット
回線速度が速い月額料金が高め
通信が安定している工事があるため開通に時間がかかる
通信制限がない自宅内でしか利用できない
スマホとのセット割があるエリアが限定されている場合も

光回線は速度が速い一方、開通までに時間がかかったり、エリアが限られていたりするデメリットもあります。

しかし外出先で使わない人や、長時間の動画視聴、オンラインゲームなどを想定している方はモバイル通信よりは絶対におすすめです。

光回線の料金相場

光回線の料金相場は、4,000〜5,000円台です。

導入するサービスが集合住宅プランか戸建てプランかでも料金は上下します。

実際に料金を比較する際には、「実質料金」を確認しましょう。

実質料金とは、契約期間中に支払う必要がある料金をすべて加味した金額で、以下の項目を加算・減算して算出します。

加算項目 減産項目
・月額料金×契約期間(月数)
・事務契約手数料
・工事費用
・月額料金割引額
・キャッシュバック額

実質料金を契約月数で割った金額が、「実質月額」です。

実質月額が料金相場4,000〜5,000円台よりも低ければ、安い光回線と判断できます。

②ポケットWiFi→持ち運びしたい・工事ができない

モバイル回線のうち、手のひらサイズの持ち運びできる端末から通信を行うものを「ポケットWiFi」といいます。

外出先でも利用できることがもっとも大きな特徴ですが、使用に各種制限があるものもあります。

結論ポケットWiFiがおすすめであるのは、以下のような人だといえます。

ポケットWiFiがおすすめな人
  • すぐにネット環境が必要、または光回線の工事ができない人
  • 主に外でのネット利用がメインの人
  • 大量のデータ通信が必要でない人
  • 接続する端末の数が少ない人

ポケットWiFiのメリット・デメリット

一見、便利に見えるポケットWiFiですが、もちろん良し悪しがあります。ここではポケットWiFiのメリット・デメリットを解説します。

メリットデメリット
外出先に持ち運べる通信の安定性に欠ける
料金が安い速度制限がある
工事不要でスグ使える接続台数が少ない

外出先に持ち運べたり、光回線と比較して料金が安いなど、手軽に使えるポケットWiFiですが、主に通信の部分で光回線に劣ります。

光回線で挙げた、オンラインゲームや長時間の動画視聴をするには心もとないでしょう。また無線がほとんどですので、有線方式で接続したい方はポケットWiFiは向きません。

③ホームルーター→ある程度の速度がほしい

でも光回線は、アパート(マンション)に引かれてなくて、工事もしたくない・できないという方は光回線とポケットWiFiの中間に位置する「ホームルーター」という選択肢もあります。

ポケットWiFiとは違い、持ち運びはできませんが、据え置き型となる分、端末のスペックが高く、通信の安定性に優れています。

そんなホームルーターがおすすめな人は以下のとおりです。

ホームルーターがおすすめな人
  • すぐにネット環境が必要、または光回線の工事ができない人
  • 自宅内でのネット利用がメインの人
  • 大量のデータ通信が必要でない人
  • 接続する端末の数が多い人

ホームルーターのメリット・デメリット

ホームルーターのメリット・デメリットは、光回線とポケットWiFiを組み合わせたような形になっております。

メリットデメリット
速度が比較的安定しやすい光回線と比べると安定性は劣る
接続可能台数が多い速度に制限がある
工事不要持ち運びができない

まさに、工事はしたくないけどある程度の速度・安定性は欲しい人に向いていますね。

ただしやはりオンラインゲームなどには通信の制限、安定性や速度の部分で懸念が残るところです。

編集部の見解では、オンラインゲームをするなら光回線一択といえるでしょう。

おすすめの光回線を紹介【速度重視】

ここでは、アパートやマンションなど集合住宅での契約におすすめの光回線を5社ご紹介します。

集合住宅であれば、各光回線の「マンションタイプ」での契約が一般的で、戸建てタイプと比べて料金も割安です。

速度重視なら「NURO光」がおすすめ

「NURO光」は、独自回線を利用しているため、速度が速く、安定しやすい特徴があります。

速度を重視するのであれば、第一候補として検討することをおすすめします。

ただし提供外エリアが存在するため、事前に申し込み可能かを判定サイトでの確認が必要です。

速度重視の方におすすめ・・・「NURO光」

nuro-sonet

NURO光はソフトバンク、auひかりはauのスマホとのセット割引が可能であるため、お使いのスマホキャリアが選択の基準になります。

また、NURO光は最大速度が2Gbpsと、auひかりの1Gbpsの2倍の数値となっています。

何よりも速度重視という方の場合は、まずNURO光から検討するといいでしょう。

【NURO 光】
使用回線 NURO
提供エリア 北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
茨城県、栃木県、群馬県、 愛知県、静岡県
岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府
滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県(一部エリアを除く)
月間データ量 無制限
速度制限の有無 なし
最大速度 2Gbps
月額料金 マンションタイプ:4,743円 戸建てタイプ:4,743円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 40,000円
キャンペーン内容 ・最大45,000円キャッシュバック
・工事費全額無料
実質金額(2年間 71,832円
実質月額(2年間) 2,993円

次に検討したい光回線・・・「auひかり」

auひかり(フルコミット)のトップページ

So-net光プラスがエリア外で使えなかった場合は、auひかりもおすすめです。

auひかりは、auスマートバリューが適用でき、東海、関西、沖縄エリア以外なら全国で利用できます。

auひかりの基本情報を、以下の表にまとめました。

【auひかり】
使用回線 au
提供エリア 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県
和歌山県 福井県、岐阜県、愛知県、静岡県
三重県 沖縄県以外
月間データ量 無制限
速度制限の有無 なし
最大速度 1Gbps
月額料金 マンションタイプ:3,800円
+500円(光電話)
戸建てタイプ:
1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
+500円(光電話)
契約事務手数料 3,000円
工事費用 マンションタイプ:30,000円 戸建てタイプ37,500円
キャンペーン内容 ・最大60,000円キャッシュバック
・工事費全額無料
実質金額(2年間 マンションタイプ:46,200円 戸建てタイプ:76,200円
実質月額(2年間) マンションタイプ:1,925円 戸建てタイプ:3,175円

auひかりのおすすめ窓口は「フルコミット」です。

フルコミットなら最大60,000円の高額キャッシュバックをもらえるので、とてもお得です

独自回線がエリア外なら「光コラボ」がおすすめ

NURO光・auひかりのどちらもエリア外となる場合は、「光コラボレーション」回線がおすすめです。

光コラボ回線は、NTTのフレッツ光回線を利用して提供されるため、日本全国どこでも申し込みできます。

光コラボ回線も、スマホとのセット割引が可能です。

セットにすることでスマホ料金が大幅に割引されるため、お使いのスマホキャリアに合わせてサービスを選択しましょう。

スマホのセット割引では、1台あたり最大1,000円の割引が受けられます。

長期的に見ると数万円単位での節約が可能で、家族も割引対象となるため、複数台のスマホが適用できれば、さらにお得になります。

ドコモユーザーには「ドコモ光」がおすすめ

スマホをドコモで契約している方は、「ドコモ光」がおすすめの回線です。

ドコモのセット割引が使えるのはドコモ光のみで、毎月最大1,000円がスマホ料金から割引されます。

また、最新の接続方式であるv6プラスにも対応しているため、速度の安定性も十分。

ただし、V6プラスの利用には、対応プロバイダを選択する必要があります。

【ドコモ光】
使用回線 フレッツ光
提供エリア 全国
月間データ量 無制限
速度制限の有無 なし
最大速度 1Gbps
月額料金 マンションタイプ:4,000円 戸建てタイプ:5,200円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 無料
キャンペーン内容 ・20,000円キャッシュバック
・dポイント最大2,000ptプレゼント
高性能無線LANルーター無料レンタル
実質金額(2年間 マンションタイプ:86,500円 戸建てタイプ:114,100円
実質月額(2年間) マンションタイプ:3,604円 戸建てタイプ:4,754円

代理店ネットナビからの申し込みで、有料オプション加入なしで20,000円のキャッシュバックがもらえるため、お得に申し込むことができますよ。v6プラス対応のプロバイダも選択できます。

ソフトバンクユーザーには「ソフトバンク光」がおすすめ

NURO光が申し込めなかったソフトバンクユーザーの方には、次点として「ソフトバンク光」がおすすめです。

ソフトバンクスマホとのセット割が使えるうえに、36,000円のキャッシュバックやNintendo Switchを選んで受け取ることができます。

また、オプションパック(月額500円)に加入することで、最新通信規格「IPv6高速ハイブリッド」機能が使え、通信の安定性がさらに向上します

【ソフトバンク光】
使用回線 フレッツ光
提供エリア 全国
月間データ量 無制限
速度制限の有無 なし
最大速度 1Gbps
月額料金 マンションタイプ: 3,800円 戸建てタイプ: 5,200円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 24,000円
キャンペーン内容 最大36,000円キャッシュバック

auユーザー、格安SIMユーザーには「So-net光プラス」がおすすめ

auひかりが契約できないauユーザー、または格安SIMユーザーの方には、「So-net光プラス」がもっともおすすめです。

auユーザーであれば、auスマホとのセット割引が使え、月額料金も他社と比べて安く設定されています。

So-net光プラスを提供している「So-net」は、数あるプロバイダ事業者の中でも老舗で実績もあり、NURO光の運営元でもあります。

最新通信規格v6プラス機能も無料で使え、回線速度に関しても十分期待できます。

【So-net光プラス】
使用回線 フレッツ光
提供エリア 全国
月間データ量 無制限
速度制限の有無 なし
最大速度 1Gbps
月額料金 マンションタイプ: 2,480円 戸建てタイプ: 3,480円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 24,000円
キャンペーン内容 ・24ヶ月間月額料金割引
・工事費全額無料
実質金額(2年間 マンションタイプ:71,540円 戸建てタイプ:94,540円
実質月額(2年間) マンションタイプ:3,592円 戸建てタイプ:4,594円

光回線の申し込みから開通までの全手順

光回線の開通には、以下の3ステップが必要です。

光回線の開通まで
  1. 開通の許可をもらう
  2. 申し込み
  3. 開通工事・利用開始

1.開通の許可をもらう

まずは光回線の開通について、大家さんや管理会社に許可をとります。

すでに導入している回線で契約できる場合は問題なく許可がおりますが、新設となる回線の場合は、断られる可能性もあります。

断られてしまった場合は、別の光回線・サービスを検討するほかありません。

2.申し込み・工事日相談

公式や代理店から申し込みを行い、その後開通工事の担当と工事日の相談をします。

工事は立ち会いが必要であるため、在宅できる日時での指定が必要です。

工事日は、申し込みの日からおよそ2週間〜1ヶ月後になることが一般的です。

3.開通工事・利用開始

決定した工事日に、担当が訪問し工事を行います。

工事完了と同時に開通となり、インターネットの利用が可能になります。

インターネット完備の集合住宅ではそのまま使う

マンション・アパートには、あらかじめ光回線が導入されている場合があり、お住まいがどの状況であるかを確認しておく必要があります。

賃貸契約時の要項に、「インターネット完備」という文言があれば、すでに導入済みと考えていいでしょう。

導入済み物件の場合、無料でネットを使えるケースと、入居者が自費で契約しなくてはならないケースの2通りがあります。

どちらにおいても既存の回線での利用が原則で、物件が対応していない回線を新規で導入しようとしても、管理会社などから拒否されることがほとんどです。

既存の回線を使う際、同じ物件の入居者・利用者の数が多いほど、マンションタイプの回線速度は遅くなります。

1つの回線を各戸で分配する方式であることがその原因で、実際の速度については、使ってみないとわかりません。

使ってみて不足がある場合は、ポケットWiFiやホームルーターに切り替えたほうがいいでしょう。

おすすめのモバイル回線を紹介【工事したくない人】

工事不要で導入できるモバイル回線のうち、おすすめの2社をご紹介します。

通信速度を優先するのか、制限なしを優先するのかなどで選択すべきサービスが異なります。

今すぐ使いはじめるなら「WiMAX」がおすすめ

WiMAXは、すぐにインターネット環境を整えたい方におすすめです。

昨今のリモートワーク需要の増加により、モバイルWiFiも提供に時間がかかってきており、申し込みから端末の到着まで、数週間を要する事業者も出てきています。

そんな中、WiMAXは以前と変わらず安定した端末の供給ができており、速度などサービスのクオリティも変わっていません。

また、提供エリアも日本全国であるため、どの地域の方でも申し込み可能です。

「ギガ放題」プランを選択すれば、月間データ量は無制限。速度制限はありますが、条件や制限の程度は軽く、ほぼ使い放題と考えて利用できます。

WiMAXには複数のプロバイダがありますが、端末スペックや回線品質に違いはないため、キャンペーンの充実しているプロバイダからの申し込みがおすすめです。

WiMAXなら「Broad WiMAX」

「Broad WiMAX」では、月額料金割引や他社解約違約金負担キャンペーンといったさまざまな特典を提供しています。

月額料金が最初から安く設定されているので、お得に契約できますよ。

【WiMAX】
使用回線 WiMAX2+・au
提供エリア 全国
月間データ量 無制限
速度制限の有無 あり(直近3日間で10GB以上の利用)
最大速度 1.2Gbps(機種:W06)
月額料金 1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25ヶ月~:4,011円
契約事務手数料 3,000円
端末代金 0円
キャンペーン内容 ・月額料金割引
・他社解約違約金負担
・いつでも解約サポート
実質金額(2年間) 80,083円
実質月額(2年間) 3,337円

自宅のみで使うなら「モバレコエアー」がおすすめ

mobarecoair

自宅据え置きタイプのホームルーターであれば、「モバレコエアー」がもっともおすすめのサービスです。

ホームルーターの中でも、データ量上限・速度制限がなく、完全無制限で利用可能。高スペック端末であるため、速度安定性もポケットWiFiより優れています。

また、ソフトバンクスマホとのセット割も可能なので、ソフトバンクユーザーにもおすすめです。

【モバレコエアー】
使用回線 ソフトバンク
提供エリア 全国
月間データ量 無制限
速度制限の有無 なし
最大速度 962Mbps
月額料金 〜2ヶ月:1,970円
3ヶ月目以降:3,344円
契約事務手数料 3,000円
端末代金 59,400円
キャンペーン内容 ・最大17,000円キャッシュバック
・端末代金全額無料
実質金額(2年間) 60,164円
実質月額(2年間) 2,507円

モバイル回線の申し込みから開通までの全手順

モバイル回線は、光回線のような工事が不要であるため、申し込み後すぐに利用開始できます。

必要な手順は、以下たったの2ステップです。

モバイル回線の申し込みから開通まで
  1. 申し込み
  2. 端末到着・利用開始

1.申し込み

各サービスのWebサイトから申し込みをします。

キャンペーン専用ページがある場合もあるため、注意しましょう。

2.端末到着・利用開始

申し込みから最短翌日で、端末が契約住所に到着します。

SIMカードの挿入や電源の投入など初期設定を行えば、すぐに利用できます。

まとめ

一人暮らしでインターネットを使いたい場合は2通りの選択肢があり、それぞれ以下のような人におすすめです。

各回線とおすすめな人
  • 光回線・・・回線速度・安定性を重視する人
  • モバイル回線・・・お住まいに回線工事ができない人

モバイル回線には、ポケットWiFiタイプとホームルータータイプの2種類があります。

持ち運びが必要な方はポケットWiFiを、自宅のみで利用する方はホームルーターを選択するといいでしょう。

光回線とモバイル回線でおすすめのサービスは、以下のとおりです。

【おすすめ光回線】
サービス おすすめな人
NURO光 ・回線速度重視の人
・ソフトバンクユーザー
auひかり ・ドコモユーザー
ドコモ光 ・ドコモユーザー
ソフトバンク光 ソフトバンク光
・NURO光が申し込みできない人
・ソフトバンクユーザー
So-net光プラス ・auひかりが申し込みできない人
・auユーザー
【おすすめモバイル回線】
サービス おすすめな人
WiMAX ・すぐに利用開始したい人
・回線スペックを重要視する人
モバレコエアー ・自宅内のみで利用する人
・ソフトバンクユーザー

料金や用途、お使いのスマホキャリアなどを基準に、最適なものを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました