【法人向け】ビジネス用光回線の選び方ガイド!おすすめ4社も徹底紹介 | マイナビニュース インターネット比較

【法人向け】ビジネス用光回線の選び方ガイド!おすすめ4社も徹底紹介

光回線 法人 光回線

「法人向けの光回線を選ぶことになったけど、どれがいいかわからない」という方も多いと思います。

まずは、法人向け光回線ならではの注目ポイントを把握しておきましょう。

個人向け光回線を選ぶときとは違いがあることがわかりますね。

当記事では、法人向け光回線の中でおすすめな「NURO Biz」や「ドコモ光」などを含む、4社も厳選してご紹介します。

選び方とおすすめをチェックすれば、ベストな光回線がきっと見つかりますよ。

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする

個人向けとは何が違う?法人向け光回線を選ぶときの6つのポイント

個人向けの光回線を選ぶ時は、キャッシュバックや割引を優先して選ぶ方も多いと思います。

しかし、法人向けの光回線を選ぶ時は安さ以外にも重視したほうがいいポイントがあります。

法人向けを選ぶ時は、以下のポイントをチェックしてみてください。

とくこ
とくこ

固定IPや書類の宛名などは、個人で気にしたことがなかったわ!

こうた
こうた

セキュリティに関わるところもあるから確認しておこう!

それでは、各ポイントについて詳しく解説します。

①固定IPが付与されるか確認する

法人向けの光回線のなかには「固定IPアドレス」が利用できるものがあります。

固定IPアドレスがあることで独自のサーバーを使った自社サイトの運営ができます。

こうた
こうた

固定IPアドレスがないと、サイトにアクセスするたびにIPアドレスが変わってしまうので、自社サイトにアクセスできなくなるんだ

また、本社と支店など離れたところのネットワークに接続する「VPN接続」にも役立ちます。

とくこ
とくこ

VPN接続って?

こうた
こうた

離れたところのネットワークでやりとりをしてもデータが暗号化されて、安全に通信できる仕組みだよ

固定IPが必須ということはありません。

ただ、支店があるような大きな企業や、自社サイトの運営に力を入れている法人であれば、固定IPアドレスがあるほうが安心です。

②法人向けならではのサービスに注目する

法人でも個人向け光回線を使うこともできます。

しかし、法人向けサービスを展開している光回線を選ぶことで、法人ならではのメリットが受けられます。

たとえば、法人専用の回線が用意されていれば、個人回線と混み合わずに通信できるため、速度が安定します

サポートセンターも個人向けのほかに、法人専用の問い合わせ窓口が用意されているものがおすすめです。

個人の問い合わせの混雑に巻き込まれないので、通話がつながりやすく、万が一のトラブルにも素早く対応してくれます。

こうた
こうた

24時間年中無休でサポートしてくれるところもあるよ!

③法人名義の領収書や請求書が発行されるかチェックする

法人向けの契約は、領収書や請求書の発行を法人名義で対応してくれるものがあります。

小規模でも法人経営なら、法人名義の領収書や請求書があるほうが経費として申告する時に安心です。

個人向けの支払い方法はクレジットカードが主流なので、領収書が発行されないこともあります。

とくこ
とくこ

事業用でネットを契約するなら、領収書は発行してほしいわよね

④フレッツ光より光コラボがおすすめ

フレッツ光と光コラボを比べると、光コラボのほうがメリットが多いです。

法人向けの光回線といえば、まず「フレッツ光」を思い浮かべる方も多いかもしれません。

ただ、フレッツ光の場合、光回線とは別にプロバイダも選んで契約しなくてはいけないので手間がかかります。

とくこ
とくこ

支払いも光回線とプロバイダで別々だから、経費の管理面でも不便かもね

こうた
こうた

フレッツ光の料金とは別に、プロバイダの料金もかかるから割高になることもあるんだ

光コラボとは「光コラボレーション」の略で、フレッツ光の光回線を利用し、他の事業者がサービスを提供しています。

光コラボはプロバイダ一体型の事業者が多く、手続きが楽です。

サポートの窓口や、料金支払先もまとめることができます。

フレッツ光に比べて光コラボのほうが競合が多いので、月額料金も安い傾向にあります。

他社との差別化のために割引を実施しているところも狙い目です。

通信の安定が魅力の「IPv6接続」に対応している光コラボであれば、快適な通信環境も手に入りますよ。

⑤支払い方法を確認する

支払い方法には、光回線によって口座振替、銀行振込、クレジットカードなどがあります。

こうた
こうた

いくつかの支払い方法から選択できたり、1種類しか支払い方法がなかったりするよ

他の経費と揃えて銀行振込にしたいのに対応していなかった」ということがないように、どの支払い方法に対応しているか確認しましょう。

⑥安さだけで選ばない

個人向けの契約する時は、キャッシュバック額や月額料金の安さは重視したいポイントですよね。

法人向けの場合も、経費を抑えることはたしかに大切ですが、速度やセキュリティなど品質の高さにも注目しましょう。

価格で比較するのは優先度を下げて、まずは安全で快適にインターネットが使えるかを比べるのがおすすめです。

とくこ
とくこ

たとえば、固定IPが利用できるものとできないものがある場合、前者の料金が多少高くても法人向けとして使うなら固定IPが利用できるもののほうがおすすめよ!

こうた
こうた

スペックやサービスがほとんど変わらないなら安いほうを選ぼう!

法人向け光回線のおすすめ4社を解説!

ここからは、おすすめの法人向け光回線を詳しくご紹介します。

上記で解説した選び方を踏まえながら、快適な光回線を契約できる4社を厳選しました。

まずは一覧表にて、料金や固定IP、対応エリアなどをチェックしてみましょう。


NURO Biz ドコモ光 ビッグローブ光Biz 光ビジネスアクセス NEXT
月額料金 20,735円〜 マンション:4,400円
戸建て:5,720円
開通翌月~25カ月目:5,258円
26カ月目~: 5,698円
26,000円〜
固定IPの有無 あり なし あり あり
法人名義請求書
IPv6対応 あり プロバイダによる あり
対応エリア 北海道・関東
東海・関西・九州の一部
全国 全国 北海道・東北・関東
中部・近畿・中国・九州・沖縄
支払方法 クレジットカード
口座振替
銀行振込
クレジットカード
口座振替
口座振替
銀行振込
口座振替
クレジットカード

法人名義の請求書発行には、いずれも対応していますが、それ以外は違いあります。

こうた
こうた

それぞれの特徴を詳しく見てみよう!

法人向けサービスが充実!「NURO Biz」

NURO Biz
引用:NURO Biz

NURO Bizのおすすめポイントは以下の3点です。

POINT
  • 業界最速レベルの通信速度
  • 独自回線で混雑しにくい
  • セキュリティが強固
とくこ
とくこ

概要で費用をチェックしてみてね!

月額料金 20,735円〜
初期費用 165,000円 ※2年間利用で実質無料
事務手数料 3,300円
基本工事費 55,000円
対応エリア 北海道・関東 ・東海・関西・九州の一部
支払方法 クレジットカード 口座振替 銀行振込

NURO Bizは業界最速レベルの最大2Gbpsを誇っています。

最大速度はあくまでも理論値なので、実際にはそこまでの速さは出ません。

しかし、実際の速度を確認できるサイト「みんなのネット回線速度」を見ても、通信速度が速いです。

上り 下り
NURO Biz 409.49Mbps 468.34Mbps
ドコモ光 184.86Mbps 270.11Mbps
ビッグローブ光Biz 171.71Mbps 228.49Mbps

NUROは、フレッツ光でも光コラボでもない独自回線を使用しています。

こうた
こうた

光コラボの回線とは違って利用者が少ないから、回線が混みにくくて、通信が安定しやすいのが特徴だよ!

NURO Bizには「NUROセキュリティ」や「NUROクラウド」など、法人向けならではのセキュリティ管理やデータ共有などに便利なサービスが多数展開されています。

こうた
こうた

NUROセキュリティは6種類、NUROクラウドは8種類のサービスがあるよ

とくこ
とくこ

ビジネスの形態や、会社の規模などニーズによってカスタマイズできるのね

サービスの組み合わせや、会社に最適なプランがわからないという時のために「オンライン商談」のシステムも用意されています。

導入について、ネット上で相談申し込みができるので、迷った時はぜひチェックしてみてくださいね。

サービス提供エリアが限られているので、気になる場合は「NUROエリア判定」で確認してみましょう。

社用スマホもドコモならおすすめ!「ドコモ光」

ドコモ光のおすすめポイントは以下の3点です。

POINT
  • ドコモ光セット割が適用される
  • 工事費無料サービスがある
  • v6プラスが利用できる
こうた
こうた

概要もチェックしてみよう!

月額料金 マンション:4,400円
戸建て:5,720円
初期費用 事務手数料+工事費
事務手数料 3,300円
基本工事費 マンション:16,500円 戸建て:19,800円 (代表的な場合)
対応エリア 全国
支払方法 口座振替・銀行振込

ドコモのスマホを社用で契約している方や、インターネットの契約と同時に社用スマホの契約先も探している方におすすめなのが「ドコモ光」です。

スマホ1台につき、スマホの月額料金が最大で1,100円割引になる「ドコモ光セット割」のサービスを受けることができます。

こうた
こうた

最大20回線まで割引を適用できるよ!

とくこ
とくこ

1カ月あたり最大で22,000円も安くなるのね!

工事費無料サービスがあるので、初期費用も安く抑えることができます。

また、24種類のプロバイダから選ぶことができるのも、特徴のひとつです。

通信速度や月額料金、独自のキャンペーンなどに違いがあるので、プロバイダ選びにも注目してみましょう。

通信速度を重視するなら「GMOとくとくBB」というプロバイダが、特におすすめです。

通信が混雑しにくいv6プラスが利用できるので、どの時間帯でもインターネットを快適に使えますよ。

高速通信のIPv6接続で快適!「ビッグローブ光 Biz」

ビッグローブ光は、以下の3点に注目してみましょう。

POINT
  • 高速通信に対応している
  • ルータのプレゼントがある
  • 無料サポートが充実している
こうた
こうた

料金や支払い方法についてもチェックしよう!

月額料金 開通翌月~25カ月目:5,258円
26カ月目~: 5,698円
初期費用 事務手数料+基本工事費用
事務手数料 特典で0円
基本工事費 マンション:16,500円 戸建て:19,800円 (代表的な場合)
対応エリア 全国
支払方法 クレジットカード・口座振替

ビッグローブ光はプロバイダ業者として25年以上の歴史があり、信頼と実績があります。

高速通信の「IPv6接続」に対応しているので、通信速度が安定しているところも魅力。

IPv6接続を利用するためには専用のルータが必要ですが、ビッグローブ光はIPv6接続専用のルータをプレゼントしています。

とくこ
とくこ

ルータ選びって迷うから、専用のものがもらえるのはうれしいね!

初回限定で、オフィスや店舗にスタッフが訪問して光回線の接続設定を無料サポートしてくれるサービスもあります。

法人専用のサポート窓口があるので、利用開始後のもしもの時も安心です。

品質保証が充実!「光ビジネスアクセス NEXT」

光ビジネスアクセス NEXTの注目ポイントは、こちらの3点です。

POINT
  • 専有型光回線がリーズナブルに使える
  • 品質保証がある
  • 現地サポートがある
とくこ
とくこ

料金や対応エリアは表をチェックしてね!

月額料金 26,000円〜
初期費用 55,000円
事務手数料 3,300円
基本工事費 実費
対応エリア 北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・九州・沖縄
支払方法 口座振替・クレジットカード

光ビジネスアクセスNEXTは、高速の光回線を専有型で使えるのにリーズナブルな点が特徴です。

とくこ
とくこ

専有型って?

こうた
こうた

通常は複数のユーザーで使用する1回線を、自分の会社だけで独占できるんだ。

他のユーザーの影響を受けないから、通信が安定しやすいんだよ!

通信速度は保証できない「ベストエフォート型」でありながら、品質保証があるのもポイント。

「平均遅延時間」と「可用性」の2つの項目で基準の品質を下回ったときには、利用料金の一部が返金されます。

とくこ
とくこ

通信品質にストレスを感じたら、料金が返ってくるかもしれないということね!

24時間365日電話受付をしており、トラブルの切り分けや復旧支援などに対応しています。

状況によっては現地へ駆けつけてサポートする体制も整えているので、万が一の時も安心です。

法人向け光回線についてよくある質問

法人向けの回線を契約する時によく悩むポイントや、疑問をまとめました。

こうた
こうた

納得して契約を進めるためにも、気になる点は解決しておこう!

個人向けと法人向けの違いとは?

個人向けよりもセキュリティ体制を重視したサービスが充実しています。

固定IPの付与や、法人専用のサポート窓口などのサービスが展開されている場合も多いです。

個人向けとは何が違う?法人向け光回線を選ぶときの6つのポイント」でも、個人向けとは違う視点の選び方を詳しく解説しているので、チェックしてみてくださいね!

法人向けは料金で選んでいいの?

料金の安さだけで選ぶのはおすすめしません

「安さだけを判断材料にして選んだら、回線が遅かった」ということもあります。

仕事がスムーズに進まず、従業員の不利益になるかもしれません。

不正アクセスなどのネット犯罪に巻き込まれると、大きな損害を生む可能性もあるので、セキュリティやサポートに注目することも大切です。

法人向け光回線を選ぶときのチェックポイントは?

料金を抑えることも大事ですが、セキュリティや通信速度、法人向けサービスなどにも注目しましょう。

以下のポイントをチェックしてみてください。

とくこ
とくこ

個人向けの光回線を選ぶ時とは、注目するポイントが全然違うのね!

法人向けは個人向けより速度が速い?

法人向け専用の回線がある場合が多いので、一般向け回線の混雑の影響を受けず、速度が安定しやすい傾向にあります。

もし、通信トラブルなどで、つながらなくなってしまったり、速度が一時的に落ちてしまったりしても、法人向けサポートサービスがあれば、対応も迅速です。

まとめ

法人向けの光回線は安さよりも品質の高さで選びましょう。

法人向け光回線を選ぶ時のポイントのおさらいです。

上記のポイントを押さえたうえで、1番のおすすめは「NURO Biz」です。

法人向けサービスが充実!「NURO Biz」
NURO Biz

業界最速レベルの通信速度

  • 独自回線で混雑しにくい
  • セキュリティが強固
  • 2年利用で初期費用実質無料
NURO Bizの詳細
はこちらから

セキュリティサービスが充実しており、固定IPの付与や法人名義の書類発行なども対応しています。

当記事を参考にしながら、快適に使える法人向け光回線を見つけてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました