KPMGコンサルティングは10月4日、「日本企業のグローバル経営におけるガバナンス体制の課題と展望~地政学・経済安全保障リスクへの対応」と題した記者勉強会を開催した。オンラインにて開催された勉強会には、同社 サステナビリティトランスフォーメーションサービス パートナーの足立桂輔氏が登壇。グローバル経営管理のトレンドや、日本企業が抱えるグローバル経営管理の課題の変化、今後のグループ経営・ガバナンスの潮流について解説した。

メガトレンドが促す日本企業のガバナンス再考

冒頭足立氏は、グローバル経営管理における4つのメガトレンドとして、地政学・経済安全保障リスク、サステナビリティ、デジタルを挙げた。これらのトレンドは「グレートリセット」と呼ばれ、企業のグローバル経営に大きな変化を与えている。同氏曰く、2~3年前までは「グローバル化の時代」と言われていた世界観が、「ブロック化の時代」へと変化する今、日本企業はグループガバナンスの在り方を再考する必要性に直面しているのだという。

例えば、従来行っていたような「日本から海外の生産拠点をコントロールし、日本人を現地に送り、本社とのブリッジにする」といった管理から、今後は「日本も一つの地域と捉える」「ハイブリッドワークとデータドリブンで管理する」といった具合に、グループガバナンスに対する基本的な思想を変える必要があると見解を示した。

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら