デル・テクノロジーズは、中堅企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するために必要な人材の育成を支援する「中堅企業DXエンジニア養成講座」を無償で提供している。これは、同社が中堅企業を対象に行った「IT投資動向調査」の中で、DX推進のカギは自社内の人材育成だと回答する企業が多かったためだ。

2020年には「機械学習実践教育コース編」が、2021年は「データ分析・AI活用編」、そして、2022年には「RPA/データ分析編」が、いずれも全8回(1回あたり1時間30分)、オンラインで実施された。

2022年の「RPA/データ分析編」は、6月23日に第1回を開催し、9月29日に最終回(第8回)を迎えた。RPAについては、マイクロソフトRPAツール「Power Automate」、 データ分析では同じくマイクロソフトのBIツール「Power BI」を活用している。

コースカリキュラム・日程表は以下の図の通りだ。

  • DXエンジニア養成講座2022 RPA/データ分析編のコースカリキュラム・日程表

    DXエンジニア養成講座2022 RPA/データ分析編のコースカリキュラム・日程表

なお、「中堅企業DXエンジニア養成講座」は、産学連携講座として実施しており、奈良先端科学技術大学院大学とdToshが協力し、講師を派遣している。

今回、9月29日の第8回の講義を取材する機会を得たのでレポートする。

「Power BI」でデータ分析を実践

第8回の講義は「データ分析実践」、「データの基本描画」、「移動平均」、「傾向と予測」という4つのPartに分かれていた。いずれも、「Power BI」を活用し、テーマパークのおみやげの売上データを分析して、将来の売上を予測するという課題に取り組んだ。

  • 第8回ではBIツール「Power BI」を使ってデータ分析のための4つのグラフを作成した。右は講師を務めた奥野敬太氏

講習は、受講者が講師の説明を聞きながら、同じ操作を自分のPCで実践する体験型講習になっている。

Part1のデータ分析実践では、今回の講義で使用するデータ分析用のExcelシートである「品目マスタシート」、「カレンダーシート」、「売上記録」シートという3つのファイルの内容を説明。

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら