コロナ禍になりオンライン上でのさまざまな活動が主流になりつつある現在。その中でも、特に顕著な活動が「ライブや舞台の配信」ではないだろうか。 今まで現地に行かなくては観ることができなかったエンターテインメントのコンテンツが、家にいながら楽しめるようになっていることを知っている、もしくはすでに体験したことがあるという人も多いのではないだろうか。 2021年に行われた楽天インサイトの調査では、「普段音楽を聴く人のうち、オンラインライブの利用経験は19.7%、20代では3割超」という結果が出ているという。

それだけ私たちの生活に欠かせないものになっている「ライブ配信」。そうしたライブ配信において、「ファンとアーティストをテクノロジーでつなぐ」事業を行っているのが、サイバーエージェントとLDH JAPANの「CL」だ。 今回は、2022年8月に2周年を迎えた「CL」の概要、サイバーエージェントの取り組む「FanTech」とは何かについて、CL事業本部の伊達学氏とプロダクト開発局プロダクトオーナーの鈴村唯氏に聞いた。

  • 左から鈴村氏、伊達氏

リアルタイム字幕機能で「ファンとつながる」をサポートする

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する