競争優位性を構築する」に、パナソニック コネクト 現場ソリューションカンパニーでエグゼクティブコンサルタント/エバンジェリストの一力知一氏が登壇。「パナソニックが目指すオートノマスサプライチェーンへ向けて」と題し、その取り組みを語った。

製造業において、適切なサプライチェーンの構築が非常に重要であることは言うまでもない。だが、この当たり前のことを実現するのはなかなか難しい。作る、運ぶ、売るといったそれぞれのプロセスをそれぞれ可視化、最適化していく際のハードルは高いからだ。この課題に真っ向から挑んでいるのがパナソニックである。同社はサプライチェーンを最適化し、オートノマスサプライチェーンを目指す取り組みに力を入れている。

7月22日に開催されたセミナー「TECH+フォーラム 製造業 DX Day 2022 Jul. 持続的な 競争優位性を構築する」に、パナソニック コネクト 現場ソリューションカンパニーでエグゼクティブコンサルタント/エバンジェリストの一力知一氏が登壇。「パナソニックが目指すオートノマスサプライチェーンへ向けて」と題し、その取り組みを語った。

パナソニックが目指すオートノマスサプライチェーンとは

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら